通信・インターネット

【解約金】AsahiNet光から乗り換え方法を解説【事業者変更承諾番号】

更新日:

2019年7月1日に、光コラボの乗り換えが解禁されました。
例、AsahiNet光⇒ドコモ光

 

 

今回は、AsahiNet光から乗り換える場合の注意点乗り換え先の最適化を解説!

 

 

このページでわかること↓

  • AsahiNet光の事業者変更方法
  • 事業者変更承諾番号発行方法
  • 解約時の違約金
  • 乗り換え先と違約金が出た場合の対処方法

 

TERU
通信系の代理店で5年間勤めてた経験があって、光回線の販売も訪問特典サイト経由の両方あるからその知識で解説します

業界歴:「光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

人気光コラボ
ドコモ×GMOとくとくBB

ドコモ光キャンペーン比較はコチラ▶▶

次に人気!
ソフトバンク人気特典サイト↓

ソフトバンク光キャンペーン比較はコチラ▶▶

AsahiNet光から事業者変更方法解説

👉 光コラボ以外へ乗り換えるならコレだ…

他社光コラボへ事業者変更手順↓

  1. AsahiNet光から事業者変更承諾番号を発行・取得
    ※事業者変更承諾番号は、15日間有効でそれ以降経過すると再発行が必要
    参考各事業者の転用承諾番号取得先一覧
    ⇒ 「事業者変更承諾番号を発行する
  2. 発行から15日間で、新しい光コラボへ事業者変更申し込み
    違約金が出る場合があるから、事業者変更でキャッシュバックがある特典サイトを経由推奨
    👉 「光コラボの推奨乗り換え先
  3. 切り替え当日に、AsahiNetのプロバイダから新しいプロバイダへ設定変更して乗り換え完了
    ※当日は物理的な工事は一切なく、ネットの利用できない期間も一切ない
  4. 事業者変更が完了したら、自動的にAsahiNet光は解約になる

 

TERU
AsahiNet光から事業者変更する方法はたったの4工程だけです。加えて、特に工事も挟まないので、乗り換えもスムーズです。AsahiNet光で利用してた自宅の固定電話(AsahiNet 光電話)もそのまま番号も継続できますし、アナログ戻し(NTTアナログ電話に戻す手続きのこと)も不要です

 

…ただし!!そう言っても、乗り換え時には、解約することになるから違約金が出るリスク注意点はある。

一緒に↓も合わせて読んでおくのがオススメです。

 

事業者変更前チェック↓

 



事業者変更承諾番号の発行

  • WEBのマイページ上から発行する

⇒ 「AsahiNet光のマイページへのログインはコチラ

※ちなみに電話して事業者変更承諾番号が取得できるかどうかは不明です。

 

【問い合わせ連絡先電話番号】

連絡先 0120-577-757
営業時間 10:00~17:00

 

TERU
AsahiNet光の事業者変更承諾番号の発行は、WEB上からできるのでかなり楽です。中には電話しないと発行してくれない光コラボもいくつかありますからね

 

解約時の違約金

【違約金】

契約期間 違約金
スタートキャンペーン適用時
開通月~12ヶ月以内

※新規契約時
9,500円
スタートキャンペーン適用時
開通月~12ヶ月以内
※転用契約時
2,500円
auセット割適用時
※適用から1年毎の自動更新型契約
9,500円

※事業者変更時には関係ないけど、完全に解約した場合には工事費残債があると一括支払いが発生します。

 

【工事費残債】

  • 戸建:最大18,000円
  • マンション:最大15,000円

 

TERU
基本的には、1年以上利用してれば違約金は発生しないようになってます。ただし、auスマホユーザーでauセット割を適用してる場合、1年毎の自動更新契約が発生するから、これで別途9,500円だけ発生します。つまり1年以内でauセット割適用してる場合、最大19,000円の違約金が事業者変更でも発生する可能性があります。

👉 「違約金が出る場合は乗り換え先でキャッシュバックを貰おう

 

月額料金

光コラボ クイック光
戸建
ネット月額料金
5,180円
※2年間は割引で
4,250円
※↑はauセット割と併用不可
マンション
ネット月額料金
4,080円
※2年間は割引で
3,400円
※↑はauセット割と併用不可
工事費分割 500円×30ヶ月間
再転用時解約金 12ヶ月以内に解約:2,500~9,500円
auセット割の1年間自動更新型:9,500円
※更新月以外で転用した場合↑

※光電話・テレビなどのオプションは共通の料金です

 

TERU
2年間は無条件でかなり安くなります。一応、契約縛り自体はかなり緩いです。比較的自由に事業者変更がしやすいです

 



光コラボの推奨乗り換え先

人気光コラボ
ドコモ×GMOとくとくBB

ドコモ光キャンペーン比較はコチラ▶▶

次に人気!
ソフトバンク人気特典サイト↓

ソフトバンク光キャンペーン比較はコチラ▶▶

要するに…

合わせてチェック↓

 

TERU
光コラボ間で乗り換えるなら、せっかくだから光回線×スマホのセット割が適用できる組み合わせを選択するのが良い。ちなみにAsahiNet光でもauセット割が適用できるが、auスマートバリューを希望するなら、他社へ乗り換える必要がある。還元率を重視したいなら、一旦解約して、新規契約なんて裏技もあるけど、面倒な人はそこまでしなくても良い。普通に事業者変更だけしておくだけでも十分メリットがあるから

 

そこまで還元率重視するなら、光コラボ以外の選択肢も視野に入れると良いです。

 

光コラボ以外の推奨乗り換え先

デフォルトで2Gbpsの光回線
NURO光人気特典サイト↓

NURO光キャッシュバック比較はコチラ▶▶
※Softbankスマホとのおうち割光セット適用可能↑

専用回線だから安定!特典は最高峰
auひかり人気特典サイト↓

auひかりキャッシュバック比較はコチラ▶▶
※auスマホとのauスマートバリュー適用可能↑

要するに…

  • 光コラボ以外の方が通信速度もより速く特典も圧倒的に豪華(工事費無料・高額キャッシュバック・違約金補填制度などだったりする。
    ※NURO光はデフォルトで2Gbps・auひかりキャッシュバック最大52,000円
  • Softbankauスマホならセット割も適用できる組み合わせもあるから、月額料金もコスパよし!
  • デメリットは、対応エリアが圧倒的に狭いこと。
    ※使いたくても使えないことは多々ある

 

TERU
個人的には、対応エリアなら光コラボ以外の選択肢も積極的に取り入れるのもアリ。ただし、docomoユーザーに限りドコモ光しかセット割が組めないからドコモ光を推奨

 

↑が使えなくても、現状は光コラボでもIPv6対応が増えてるから、充分高速通信で利用できるようにはなってます。

余裕がある人は、↑の選択肢も視野に入れる程度でOKです。

 

TERU
ちなみに、自分が住んでるエリアと環境でどのネット回線が最適かわからない人は↓の記事内にある診断ツールを活用すると、2分程度でわかります

 

最適ネット回線診断ツール↓

光回線のおすすめを選択した結果…【戸建・アパートマンション】

  光回線のオススメ暫定版を用途別に解説しました。   光回線選択ポイント↓ ※急ぎの方は光回線オススメ診断↓ 住居別でオススメ 通信速度重視で選ぶ 加入特典重視で選ぶ スマホセッ ...

続きを見る

 

まとめ

 

TERU
AsahiNet光を利用してる人って既存のauスマホユーザーが多い気がします。複数台スマホの契約・家族全員auスマホなどの状況なら、auセット割からauスマートバリューが適用できる光回線へ乗り換えるほうが断然コスパがよくなるので、その辺踏まえ検討すると良いでしょう

 

参考にしてください。

※この記事が役立ったら、↓のSNS拡散コメント欄に感想をいただけたら嬉しいです。

 

合わせてチェック↓

【再転用OK】光コラボ間事業者変更可能になるが…

  「前回の記事」で書いたように光コラボ間で(再)転用が可能になりました。 ↓の点を中心に解説します。   この記事でわかる内容↓ 再転用のメリット・デメリット(※今までとの違い) ...

続きを見る



-通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2019 AllRights Reserved.