通信・インターネット

【事業者変更】Broad光から乗り換え解説【解約金】

更新日:

光コラボから他社光コラボへの乗り換えが可能になりました!(※2019年7月1日から

 

 

今回は、株式会社LinkLifeが出してる光コラボBroad光から乗り換える方法を解説!

 

このページでわかる内容↓

  • 事業者変更方法の流れ
  • 事業者変更承諾番号取得方法
  • Broad光の違約金
  • 次の乗り換え先の候補の提案

 

TERU
光回線の代理店で5年間勤務してて、訪問販売電話勧誘特典サイト経由販売全部やってきたので、その目線から書きました

業界歴:「光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

人気光コラボ
ドコモ×GMOとくとくBB

ドコモ光キャンペーン比較はコチラ▶▶

次に人気!
ソフトバンク人気特典サイト↓

ソフトバンク光キャンペーン比較はコチラ▶▶

Broad光から事業者変更方法

👉 光コラボ以外へ乗り換えるならコチラ

  1. Broad光で事業者変更承諾番号を発行・取得する
    参考各事業者の転用承諾番号取得先一覧
    ※事業者変更承諾番号…Broad光から他社へ乗り換えることを同意した承諾番号のこと
    ⇒ 「事業者変更承諾番号を発行する
  2. 発行から15日間で乗り換え先の光コラボへ事業者変更申し込み
    ※15日すぎると、再度事業者変更承諾番号を発行する必要アリ
  3. 切り替え予定日に、Broad光のプロバイダから新しいプロバイダを再設定して、乗り換え完了
    ※工事不要だからネットは当日まで利用でき、Broad光でんわの電話番号も次に継続できる
  4. 乗り換え完了と同時にBroad光は自動解約になる

 

TERU
事業者変更の最大のメリットは、大きくわけると↓3つです

 

事業者変更のメリット

  1. 光電話(自宅の固定電話)の番号を継続できる点
    光電話発番のものでもOKNTTアナログ戻し不要
  2. 切り替え当日までネットが利用でき、ネットが利用できない期間がなし
    ネットヘビーユーザーでも安心して乗り換え可能
  3. 代理店特典サイトなどを経由すると乗り換え先でキャッシュバックが貰える特典アリ
    光コラボの種類による
    ⇒ 「光コラボへ乗り換えた場合の特典

 

特に大きいのは、1・2の辺りでしょう。

今まで(2019年6月30日まで)はできなかったから

 

ただし!必ずしもデメリットがないわけじゃなく、乗り換え時に出る違約金問題があります。

詳しくは↓の記事も合わせてチェックしておきましょう。

 

事業者変更前チェック↓

 



事業者変更承諾番号を取得

  1. 電話して問い合わせする必要アリ
    ※おそらくWEBフォームのみでの発行はできない
    ⇒ 「Broad光の解約詳細はコチラ▶▶

問い合わせ先電話番号↓

連絡先 0120-789-262
営業時間 11:00 ~ 18:00
※月~土曜日(日・年末年始休み)

 

TERU
Broad光の事業者変更承諾番号の発行の仕方は、検索しても出てこないし、公式サイト上にも記載が見つかりません。(記載があるかもしれませんが、しばらく探しても見つからないから普通に探しても見つけるのが困難)ただし、解約方法の解説があって、「電話のみ」でしか対応してくれないので、事業者変更承諾番号も同じく電話して発行する形になると思われます

 

運営会社のリンクライフの問い合わせ窓口は、少し繋がりにくいという評判をたまに聞きますが、コツがあります。

フリーダイヤルなので、繋がらない時はひたすら通話をつなげたまま放置します。

おそらく長くて20分程度放置してれば繋がりますから。

 

TERU
オペレーターの口頭で事業者変更承諾番号を発行して貰うため、発行前に「解約しないでほしい」という引き止めにあうこともあるかもです。その場合「家族で決まったことなので…」と伝えて発行してもらうのが良いです

 

解約時の違約金

利用月数 1~29ヶ月目
※1ヶ月目は利用開始日の月
30~31ヶ月目 32~60ヶ月目 61~62ヶ月目
※以後繰り返し
違約金 10,000円 0円 10,000円 0円

【違約金】

  • 10,000円
    更新月以外に解約した場合。2年間の自動更新契約。↑の図を参照。

※「利用開始日」を1ヶ月目とした場合の30カ月目(満了月)31カ月目が更新月になる。32ヶ月目からはまた30ヶ月間の縛りがスタート。

※↑は事業者変更時にのみ発生するもので、解約時には工事費残債があると一括で請求されます。
工事費残債は最大24,000円。30ヶ月間×800円で分割してる事が多い

 

TERU
Broad光は少しだけ契約更新月が長く(30ヶ月設定されてます。違約金は光コラボでは並程度です。更新月が2ヶ月間しかないので、タイミングよく解約できる人はかなりラッキーです。万が一、更新月じゃなくても、事業者変更の乗り換え先でもキャッシュバックが貰える窓口があるから活用すれば、相殺補填は可能だから負担を減らせます

⇒ 「光コラボ乗り換えでキャッシュバックを貰う

 

月額料金

光コラボ クイック光
戸建
ファミリータイプ

ネット月額料金
5,180円
マンション
マンションタイプ

ネット月額料金
4,080円
工事費分割 800円×30ヶ月間
解約時に残債があると一括精算
転用時解約金 30ヶ月間自動更新プラン:10,000円
※更新月以外で転用した場合↑

※光電話・テレビなどのオプションは共通の料金です

 

TERU
月額料金は、他社光コラボと比較すると、高くもなく安くもないといった感じです。セット割などが適用できれば、悪くない感じですが、現状はずっと利用し続けるメリットは大きくはないかもです

 

リンクライフが提供してる「Broad WiMAX」は、結構知名度も高く人気で利用者も多いから、コレとセット割組めるだけでもメリット有る気がしますが。
※現状WiMAXとのセット割も特になし

 

BroadWiMAXの強みはコレ↓

WiMAXの違約金負担キャッシュバックについて【プロバイダ乗り換え】

  他社WiMAXを解約時に出る違約金を負担してもらう方法を解説。 イメージは↓です。 今使ってるWiMAX解約 ⇒ 新しいWiMAX契約 ←今使ってるWiMAXの違約金をキャッシュバックし ...

続きを見る

 



光コラボへ乗り換え先

人気光コラボ
ドコモ×GMOとくとくBB

ドコモ光キャンペーン比較はコチラ▶▶

次に人気!
ソフトバンク人気特典サイト↓

ソフトバンク光キャンペーン比較はコチラ▶▶

要する…

 

TERU
乗り換え先候補になる主要の光コラボなら、代理店特典サイトを経由すると事業者変更でもキャッシュバックをGETできます。必ず特典サイトを経由して事業者変更推奨!また、少し応用編になるけど、光コラボは事業者変更より新規契約の方が還元率が大きいです。よって一旦Broad光を解約して、次の光コラボへ新規契約した方がお得になるケースもあります。全部じゃないけど、還元率にこだわる人は選択肢にアリです

 

乗り換え検討中の人は、基本事業者変更一本でOKですが、「高額キャッシュバック命!!」みたいな人は解約新規も検討するのも有りです。
※自分なら、そこまでやらず事業者変更で進めます。面倒だから

 

光コラボ以外への乗り換え先

デフォルトで2Gbps!高速光回線
NURO光人気特典サイト↓

NURO光キャッシュバック比較はコチラ▶▶
※Softbankとセット割可能↑

独自回線だから速度安定!特典も最高峰
auひかり人気特典サイト↓

auひかりキャッシュバック比較はコチラ▶▶
※auとセット割可能↑

要するに…

  • フレッツ光回線網の「光コラボレーション」とは違って、専用の設備で光回線を提供してる業者を選択する
  • 専用設備だから通信速度が安定速い特典キャッシュバック・工事費・違約金補填・スマホセット割などが充実してる
  • デメリットは、提供エリアが狭いこと。
    ※普及させたNTTと違って自社設備だから普及しづらい。

 

TERU
光コラボ以外を選択すると、↑も選択肢に入ります。もちろん光コラボじゃないから、光電話の番号継続はできませんが、通信速度も速く特典も圧倒的に豪華ですもし提供エリアなら選択肢に加えるのも充分アリでしょう

 

ちなみに、自分のエリア・環境でどのネット回線が最適かわからない人は、↓の記事内にある最適ネット回線診断ツールを使うと2分で判断できます。

迷ったら活用してみてください。

 

最適ネット診断ツール↓

光回線のおすすめを選択した結果…【戸建・アパートマンション】

  光回線のオススメ暫定版を用途別に解説しました。   光回線選択ポイント↓ ※急ぎの方は光回線オススメ診断↓ 住居別でオススメ 通信速度重視で選ぶ 加入特典重視で選ぶ スマホセッ ...

続きを見る

 

まとめ

  • Broad光は、30ヶ月間の自動更新型契約だが、違約金は他社光コラボと同額程度で比較的容易に事業者変更しやす
    ⇒ 「Broad光から事業者変更方法
    ⇒ 「解約時の違約金
  • 事業者変更承諾番号は電話でのみ取得可能!電話が繋がらない時は、フリーダイヤルだからしばらく放置(繋がるまで)しておこう
    ⇒ 「事業者変更承諾番号を取得
  • 光コラボへ乗り換える場合、事業者変更でもキャッシュバックが貰えるから、必ず特典サイトを経由!光コラボによっては解約新規の方が還元率が高いことも
    ⇒ 「光コラボへ乗り換え先
  • 光電話の番号継続が必須じゃなければ、乗り換えの選択肢には、他社光回線も視野に入れるといい!圧倒的にスペックが高いことも有る速度・特典など)
    ⇒ 「光コラボ以外への乗り換え先

 

TERU
Broad光の事業者変更番号取得方法損しない乗り換え方法の解説でした。Broad光は強い継続メリットはないものの、比較的乗り換えやすいスペックの光コラボです。検討中の人は↑の窓口を活用しながら乗り換えするのをオススメします

 

参考にしてみてください。
※この記事が役に立ったと思ったら、↓からSNS拡散コメント欄で感想をよろしくおねがいします。

 

合わせてチェック↓

【再転用OK】光コラボ間事業者変更可能になるが…

  「前回の記事」で書いたように光コラボ間で(再)転用が可能になりました。 ↓の点を中心に解説します。   この記事でわかる内容↓ 再転用のメリット・デメリット(※今までとの違い) ...

続きを見る

 



-通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2019 AllRights Reserved.