ドコモ光

【比較】DMM光からドコモ光へ乗り換えると…【事業者変更・転用】

更新日:

2019年7月1日から光コラボ間の事業者変更が可能に!

 

 

今回は、DMM光・ドコモ光間での事業者変更(転用)の分析・比較・方法を解説します。

 

この記事でわかること↓

  • DMM光とドコモ光の乗り換え比較
  • どっちがオススメかの結論
  • 事業者変更の方法と注意点
  • 損しないための乗り換え方法

 

TERU
自分は5年間ネット回線の業界で、訪問販売特典サイト経由で販売に携わってたので、自分が選ぶなら目線で解説します

業界歴:「光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

ドコモ転用で人気特典サイト
GMOとくとくBB

ドコモ光キャンペーン比較はコチラ▶▶

DMM下記限定
公式特設キャッシュバックサイト↓

限定特設サイトはコチラ▶▶

DMM光とドコモ光比較

光コラボ ドコモ光 DMM光
戸建
ネット月額料金
タイプA:5,200円
タイプB:5,400円
4,820円
マンション
ネット月額料金
タイプA:4,000円
タイプB:4,200円
3,780円
セット適用に
光電話契約
有無
不要 不要
スマホとの
セット割
ドコモセット割
※割引率はプランで異なる
参考ドコモ光セット割のプラン別割引額
👉 割引シミュレーションはコチラ▶▶
DMM光モバイルセット割
※DMMモバイルをセット利用で
DMM光の月額料金が500円安くなる
参考スマホセット割ネット回線と組み合わせ一覧
再転用時の費用 3,000円
※光電話・テレビ追加時は別途費用発生
2,000円
※光電話・テレビ追加時は別途費用発生
転用時解約金 戸建:13,000円
マンション:8,000円
↑契約更新月当月・翌月・翌々月以外での転用した場合
2年以内の解約:9,500円
※更新月以外で転用した場合↑
工事費残債がある場合別途発生

※光電話・テレビなどのオプションは共通の料金です

 

セット割を考慮せず、純粋に比較すると圧倒的にDMM光の方が安い

DMM光にもセット割があるから、現状ドコモ光利用者で、スマホがDMMモバイルならDMM光が強いです。
※さらに500円安くなるから鉄板の組み合わせ

 

また、DMM光から事業者変更する場合、2年以上経過していれば一切解約金が発生しません

 

TERU
違約金を気にせず事業者変更できる数少ない光コラボだよ。DMM光は。

 

ちなみに、事業者変更する時は必ず特典サイトを経由して乗り換えしましょう。キャッシュバックが貰えますから。

👉 「乗り換えキャッシュバック特典

 



docomoユーザーは迷わずドコモ光

要するに…

  • ギガホ・ギガライトプランなら複数台docomoスマホがあれば、各スマホ台数割引対象になる※1台最大毎月-1,000円割引
    ※旧プラン「カケホーダイ&パケあえる」は、1セットでの割引になるが、最大毎月-3,500円の割引がある(ウルトラシェアパック100の場合)
  • ギガライト3GB以上あれば最低でも1台毎月-500円の割引が適用でき、DMM光よりも安くなる
  • docomoスマホ以外のユーザー(au・SoftBank・格安スマホ)なら、docomoへ乗り換えるもしくは、他のセット割ができる光回線にする
    参考【スマホセット割比較】ネット回線と組み合わせ一覧【格安SIM含む】
  • 全くセット割がない格安スマホを使ってる場合(あってもメリットが弱い)、通信速度・エリア・特典の観点で決めるといい

光セット割適用時【戸建タイプA】↓

光コラボ ドコモ光
※ドコモ光セット割適用
DMM光
※DMMモバイルセット割適用
戸建
ネット月額料金
5,200円 4,820円
セット割引額
※家族4人ドコモユーザーの場合
ギガホ」「ギガライト」利用と仮定
-3,000円
※2人が1,000円割引で
2人が500円割引としたプランの場合
参考ドコモ光セット割のプラン別割引額
-500円
実質月額料金 2,200円 4,320円

👉 ドコモオンラインショップでMNP
※docomoスマホへMNPは、docomo公式オンラインショップで可能↑

👉 DMMモバイルへMNP

 

docomoスマホ×ドコモ光のセット割を適用すると、家族利用してれば、↑も非現実的な割引額じゃない。

仮に単身でdocomoスマホを利用してても、500円なら現実的に安くなる範囲です。

 

 

反対に、今DMMモバイルとドコモ光を使ってて、DMM光へ事業者変更しようと検討してるなら、500円は確実に安くなります。
※DMMモバイルのセット割複数台契約があっても500円の割引だけです

割引額は高くないけど、もともと安い組み合わせだからコスパはかなり良いです。

 

↑2キャリア以外のスマホユーザー(auSoftBank)なら、ドコモ光やDMM光以上に良い組み合わせが存在します。

どれを選択したら良いかわからない人は、↓の最適ネット診断ツールを活用しましょう。

 

最適ネット診断ツール↓

光回線のおすすめを選択した結果…【戸建・アパートマンション】

  光回線のオススメ暫定版を用途別に解説しました。   光回線選択ポイント↓ ※急ぎの方は光回線オススメ診断↓ 住居別でオススメ 通信速度重視で選ぶ 加入特典重視で選ぶ スマホセッ ...

続きを見る

 

TERU
↑の診断ツールを使うと、月額料金(セット割)・通信速度・エリア・キャッシュバック特典などを考慮して総合的に良い組み合わせを見つけられます

 

事業者変更方法【転用】

  1. 現状使ってる光コラボで事業者変更承諾番号を発行・取得
    事業者変更承諾番号…光コラボから乗り換えに同意した証明番号のこと。発行後は15日以内に申込みしないと無効になる
    参考各事業者の転用承諾番号取得先一覧
  2. 事業者変更承諾番号を持って、15日以内に新しい光コラボへ申込む
    ※15日経過後、再度事業者変更承諾番号を発行する必要がある
  3. 切り替え日、事前に届く新しいプロバイダ情報を再設定
  4. 事業者変更完了!
  5. プロバイダ契約が別の場合、プロバイダのみ解約申請
    ※事業者変更後、光回線は自動的に解約になるが、ドコモ光のようにプロバイダ契約が別の場合は、プロバイダに解約申請が必要な場合も。

 

👉 DMM光で事業者変更承諾番号を発行する
※DMM光から他社光コラボへ乗り換える場合は↑

👉 ドコモ光で事業者変更承諾番号を発行する
※ドコモ光から他社光コラボへ乗り換える場合は↑

 

事業者変更は、基本工事はなく、工事業者も来ません。
※ネット周辺機器はそのまま利用できる

 

光コラボ事業者変更のメリット・デメリット」で解説してますが、電話番号も継続できるし、切り替え当日中もネットが使えスムーズに乗り換え可能です。

 

TERU
基本、事業者変更のデメリットはなく、ユーザーにとってはメリットしかないかな。変更時に各違約金だけ気をつければ問題ないと思う。ちなみに、事業者変更でもドコモ光・DMM光各事業者ともに、キャッシュバック特典があるから活用必須です

 



乗り換えキャッシュバック特典

ドコモ転用で人気特典サイト
GMOとくとくBB

ドコモ光キャンペーン比較はコチラ▶▶

DMM下記限定
公式特設キャッシュバックサイト↓

限定特設サイトはコチラ▶▶

要するに…

  • 代理店(プロバイダ含む)特典サイト限定で各キャリア事業者変更時でも乗り換えキャッシュバック特典がある!
    ※DMM光のみ代理店制度自体ないから、↑のページ限定特設サイト経由なら特別特典がある
  • 店舗(ドコモショップ・家電量販店)・電話勧誘等を経由して、ドコモ光を申込みしてもキャッシュバック特典はないから注意(※ドコモ光の公式キャンペーンのみ
    ※仮にキャッシュバックをしてもらえても、販促コストが大きいため還元率は低いから非推奨
    参考契約するならWEB特典サイトの理由

光コラボから転用時の特典サイトキャッシュバック相場

光コラボ ドコモ光 DMM光
戸建
キャッシュバック金額
最大20,000円 3,000円
マンション
キャッシュバック金額
最大20,000円 3,000円

※変更になる場合もあるから、最新の情報は各キャンペーンサイト上で確認ください。相違がある場合、キャンペーンサイト上が最新の正しい情報です。

 

事業者変更をする時は、必ず代理店(プロバイダ含む)が運営する特典サイトを活用すべきです。

公式キャンペーン+特典サイト独自キャッシュバック2重取りができるからです。

 

今回はドコモ光のみ代理店制度があるから、ドコモ光へ乗り換える場合、各キャッシュバックが貰える特典サイトを比較して選択しましょう。

 

ドコモ光特典サイト比較↓

【代理店】ドコモ光でキャッシュバックがある【プロバイダ変更でも…】

追記 期間限定で新規契約時の公式キャンペーンで新規工事費0円になってます。突然終了する可能性があるのでお見逃しなく!(※特典サイト独自キャッシュバック併用可能)     ということ ...

続きを見る

 

TERU
ドコモ光もプロバイダが運営してる特典サイト代理店が運営してる特典サイトの2つあり、選択に迷います。個人的に選択するならプロバイダGMOとくとくBBの特典サイトです。プロバイダ自体もドコモ光で通信速度に定評があるし、特典も豪華だから

 

まとめ

 

DMM光・ドコモ光間で乗り換える際に、知っておくべきまとめでした。

ちなみに、キャリアによっては、事業者変更するより解約して新規で申込み直した方が還元額が高くなるものもあります。
例、ビッグローブ光・nifty光等

 

TERU
だけど、ドコモ光・DMM光に関しては、事業者変更をそのまました方がお得です!乗り換えを検討してる人はそのまま乗り換えて問題ないです

 

参考にしてください。

 

合わせてチェック↓

【爆速】ドコモ光×GMOとくとくBBのWiFiルーターどっちがおすすめ【新端末】

  今回は、ドコモ光のGMOとくとくBBで無料レンタルできるWi-Fiルーターを解説!   GMOとくとくBB専用 特設サイトはコチラ▶▶ ※ドコモショップ・家電量販店経由で とく ...

続きを見る

【再転用OK】光コラボ間事業者変更可能になるが…

  「前回の記事」で書いたように光コラボ間で(再)転用が可能になりました。 ↓の点を中心に解説します。   この記事でわかる内容↓ 再転用のメリット・デメリット(※今までとの違い) ...

続きを見る

【比較】DMM光からソフトバンク光へ乗り換えすると…【事業者変更・新規】

光コラボ間の事業者変更(転用)が2019年7月1日に解禁!   光コラボ事業者変更の詳細↓ 【再転用OK】光コラボ間事業者変更可能になるが…   今回は、格安で話題のDMM光と人気 ...

続きを見る



-ドコモ光

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2019 AllRights Reserved.