ドコモ光

ドコモ光の電話勧誘がしつこいと話題!詐欺ではないが…

更新日:

TERU
こんにちはTERUです

 

最近、増えてるドコモ光の電話勧誘について解説します。

 

このページでわかる内容↓

  • 勧誘電話は詐欺かどうか
    (勧誘元の会社の詳細解説など)
  • しつこい勧誘電話を一発で止める方法
  • ドコモ光を勧誘電話経由で申し込みしてはダメなワケ

 

TERU
以前に5年間、光回線の代理店で電話勧誘訪問販売特典サイト経由での販売の経験があるから、業界人目線で解説します。

業界歴:「光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

ドコモ人気プロバイダ
GMOとくとくBB特設サイト

GMO特典の詳しい解説はコチラ▶▶

ドコモ光の電話勧誘は詐欺じゃない

 

TERU
まず結論ですが、余裕で詐欺じゃないです。(…と言っても中には本当にdocomoと嘘を付いて詐欺をする悪質業者もいるかもしれません)まぁ、あくまで今回は評判で多く見られる電話勧誘に関しては詐欺ではないです

 

会社員
何かドコモコンサルティングサービスみたいに名乗ってくるんだけど、これでも詐欺じゃないの?これって本当にdocomoが掛けてるの?実際掛けてきた会社を聞くと「カスタマーリレーションテレマーケティング」って名乗るからdocomoじゃないよね?なのに何で俺の個人情報電話番号知ってるの?docomoが漏らしてるの?

⇒ 「カスタマーリレーションテレマーケティングとは?

 

TERU
まぁまぁ、落ち着いて!まず嫌だったらちゃんと今後一切営業電話が来ないように止めることが可能だよ!あと、君の電話番号を知ってる理由は簡単でdocomoユーザーだから、NTTdocomoから直接連絡先を「カスタマーリレーションテレマーケティング」に依頼されてるんだ…で、カスタマーリレーションテレマーケティングって企業は、docomoから直接「業務委託契約営業代行)」を受けて事業をしてて、「代理店事業」とは少し違うんだよねdocomoの監督の元、docomoの名前を借りてコールセンターを代行してるわけだ

⇒ 「営業電話を止める方法

 

ポイント
同じ営業代行でも「業務委託事業」と「代理店事業」の違い

契約種類 業務委託事業 代理店事業
NTTdocomo
として営業代行

※docomoとは名乗れない
自社ブランドで
集客して営業代行

docomoからリスト
共有されるから集客不要
契約1件に付き
手数料が支払われる

※代理店の方が多め
顧客向け独自特典
※公式キャンペーンは除く

勝手に公式特典以外はできない

※自社が販売窓口だからOK
営業代行可能な
審査基準

審査が厳し目で選ばれた企業のみ

ドコモ光の代理店自体厳しめだけど
業務委託よりは審査は易しめ
  • 業務委託契約は、docomoの名前で営業ができ「NTTdocomoです!」と名乗っても言いように本部から厳しい監督の元、営業代行してる。NTTdocomoが自社で直接営業行為をしてないため、コールセンター事業をやってる企業に依頼することがある。ただし、運営会社を聞かれた時には正しく答える義務もある。
    ※docomoの個人情報は厳しく管理されてるため、あくまで業務委託してる企業はこの目的の電話をかけるためだけしか使うことができない規則になってるはず
TERU
余談だけど、以前ワイは、docomoじゃないけど、NTTの業務委託事業はやったことがある。その時の顧客情報は絶対に他の事業のために使うことはできませんし、ある程度信用がある企業じゃないとそもそも業務委託事業を請け負うことができなかった
  • 代理店事業は、docomoの名前で営業ができないし、docomoから個人情報の開示はされない。あくまで自社の名前を使って、集客してドコモ光の契約を取っていくから難易度は高め。その代わり業務委託契約とは違って手数料が多く支払われる

 

会社員
ん~何か難しい…。とにかく怪しい会社じゃないって認識でいいわけ?

 

TERU
↑のような流れでやってる業務委託企業なら、docomoもものすごく慎重に委託できる企業を選定してるから、詐欺とか怪しいって企業ではないことは間違いないよ。ただし、本当に↑の種類になりすまして悪事をするやつらもいるかもしれないから、その辺までは見抜けない。1つ言えるのは、どっちにしろ電話勧誘経由でドコモ光を契約してもメリットないから、断っておくのが無難だよ

👉 申し込むなら絶対に営業経由は止めるべき

 

↑の比較表で見た通り「顧客向け独自特典」がなく、申し込むメリットが希薄だからです。

簡単に言うと、ドコモ光へ申し込みしても電話勧誘経由だと「現金キャッシュバック」が貰えません

 



営業を止める方法

要するに…

  • 前もって勧誘停止登録をdocomo本体に依頼しておく

    発信電話 電話番号
    ドコモの携帯電話 151
    9:00~20:00
    ※年中無休
    一般電話 0120-800-000
    9:00~20:00
    ※年中無休

    ※↑は、docomoの総合カスタマーセンターになるから、「ドコモ光の勧誘停止登録を希望します」とでも伝えておくと良いです。

    ⇒ 「docomoお問い合わせ一覧

  • もしくは、電話勧誘が来た時に「金輪際、ドコモ光の営業電話はやめてください!」とその場で伝える。
    ※業務委託業者も、docomoと顧客リストを共有してるから、勧誘停止してくれる可能性があります。

参考しつこい場合は勧誘停止登録

 

TERU
まぁ、基本ドコモ光の電話勧誘する窓口って、他社光コラボと違って圧倒的に少なく限られてます。しかも業務委託契約した窓口なら対応はものすごく丁寧なはずです。(強引な営業行為を行うとdocomoから怒られて業務委託事業ができなくなってしまうリスクがあるから

 

ドコモ光は、本当に特殊で代理店でさえも多く存在しません。

で、業務委託となるとほぼ数社しかないです。

 

TERU
それだけ、docomoは代理店制度にも慎重ですし、業務委託ととなるともっと慎重になります。↑の手続きをしっかりすれば、勧誘はなくなります。

 

ターゲットはdocomoユーザー

要するに…

  • 勧誘連絡が来るのは、docomoスマホユーザーで、ドコモユーザーじゃない人
  • NTTdocomoからすれば、docomoユーザー×ドコモの契約の両方を囲いたいから

 

TERU
どこかの光コラボの零細企業の代理店がやってるのと違って、ドコモ光への勧誘電話は決してランダムで行ってるわけじゃないです最終的にドコモが親元だから、悪質なパターンは大きくはないと思います。(docomoは大手スマホ通信キャリアの中でも1番勧誘などに厳しいキャリアだから

 

…とは言っても、グーグル検索のサジェストで↓のように出てきます。

 

ドコモ光 電話勧誘の結果

 

TERU
勧誘が来ると多少なりとも構えてしまうから、会社名とかいろいろ聞いたらdocomo本体じゃないってことがわかって、↑のように調べる人も多いだろうね。特に個人情報が全く知らない会社が知ってるってなるのはビックリするからね。ただし、一応正式な手順を踏んで、電話してきているのは間違いないから安心してほしい

 

カスタマーリレーションテレマーケティングは何?

立花孝志氏の元に来たドコモ光
勧誘電話とのやりとり↑
※↑がカスタマーリレーションテレマーケティング

会社名 株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング
所在地 〒530-0057
大阪府大阪市北区曾根崎1-2-9
梅新ファーストビル9F
設立 2007年4月
資本金 90,000,000円
事業内容 CRM事業
アウトバウンド事業
インバウンド事業
人材派遣業
生命保険・損害保険の募集業務及び付帯業務
コーポレートサイト https://www.crtm.co.jp/

 

TERU
カスタマーリレーションテレマーケティングは、いろんな企業からコールセンターの外注先として依頼されてる事業者です。docomoからもアウトバンド・インバウンドの両方を依頼されてるわけです

 

まぁ、企業の内部まではわかりませんが、一応docomoから信頼され依頼されてるので、怪しい企業ではないです。

 



申し込むなら絶対に営業経由は止めるべき

ドコモ人気プロバイダ
GMOとくとくBB特設サイト

GMOとくとくBB以外で
プロバイダを選択するなら↓

要するに…

  • どんなことを言われても電話勧誘経由では申し込むべきじゃない
  • 公式キャンペーンでdポイントプレゼント工事費無料などの特典はあるが、現金キャッシュバックがないから
    ※プロバイダ・代理店経由なら現金キャッシュバックがある。新規・転用・事業者変更であっても。
  • どこの窓口で契約してもそれ以降の料金プラン・サポートは全て同じ

 

結論、電話勧誘・訪問販売経由でドコモ光を申し込むのは完全な情弱になってしまいます。

↑のキャンペーンサイト経由で契約すれば、新規・転用・事業者変更他社光コラボからの乗り換え)のどれであっても窓口限定のキャッシュバックが貰えます。
※ドコモ光の公式キャンペーンとは別で貰える

 

 

TERU
ちなみに、これは電話勧誘に限らず、店舗ドコモショップ・家電量販店経由訪問販売経由においても言えますドコモ光の加入は断然プロバイダ含む代理店特典サイトを経由した方がお得になるので、それ以外で申し込むのオススメできません。仮にキャッシュバックとか個別でやってくれても、販促コストの都合上還元率が特典サイト経由よりも低くなるからです。

⇒ 「契約するならWEB特典サイトの理由

 

ドコモ光のキャッシュバックが貰えるWEB特典サイトは、だいぶ少ないけど、自分で比較して決めたい人は↓の記事が参考になります。

 

ドコモ光特典サイト比較↓

【代理店】ドコモ光でキャッシュバックがある【プロバイダ変更でも…】

追記 期間限定で新規契約時の公式キャンペーンで新規工事費0円になってます。突然終了する可能性があるのでお見逃しなく!(※特典サイト独自キャッシュバック併用可能)     ということ ...

続きを見る

 

まとめ

 

TERU
最近は、事業者変更も可能になったこともあって、余計に電話勧誘が盛んになってる可能性もあります。楽天のスマホキャリア参入ももうすぐだから、必死なんでしょう。ただし、以前と流れに流されず自分で調べて、自分で特典サイトを使って申し込むのが1番お得です。それだけは絶対に忘れないようにしておきましょう。

 

参考にしてみてください。
※今回の記事が役に立ったら、↓でSNS拡散コメント欄に感想をお願いします。

 

合わせてチェック↓

光回線のおすすめを選択した結果…【戸建・アパートマンション】

  光回線のオススメ暫定版を用途別に解説しました。   光回線選択ポイント↓ ※急ぎの方は光回線オススメ診断↓ 住居別でオススメ 通信速度重視で選ぶ 加入特典重視で選ぶ スマホセッ ...

続きを見る

 



-ドコモ光

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2019 AllRights Reserved.