Mac

アフィリエイト

【SEO対策の極意】狙ったキーワードを上位表示させるための近道とは!?②

更新日:

こんにちは。

TERUです。

 

珍しくこの時間に今日の仕事が終わっています。

ということで残りの時間でじっくりとブログに費やすことができそうです。

 

しばらく時間が経ちましたが、今回は「【SEO対策の極意】狙ったキーワードを上位表示させるための近道とは!?②」です。

→「【SEO対策の極意】狙ったキーワードを上位表示させるための近道とは!?パート①」はこちらから

 

SEO対策で最短で上位表示をさせるキーワードの見つけ方

パソコン女性

SEO対策をしないで最短で上位表示させるキーワードの見つけ方があります。

ということで前回までの復習を簡単にします。

 

前回までの復習

前回最短でサイトを上位表示をさせるには、ライバルが少ないキーワードで狙っていくことを説明しました。

ライバルがいないキーワードであればそのキーワードに対する内容をかけばすぐに上位表示する可能性が高くなるからです。

 

反対にライバルが強いキーワード・・・例えば「脱毛サロン」(アフィリエイトで稼げるジャンルの1つ)です。

このキーワードで上位表示するには、相当な時間と技術が必要になります。

 

では「脱毛サロン TERU」なんてキーワードだったらどうでしょうか?

おそらくこのキーワードをタイトルにして作ったサイトはかなり少なくなります。(実際に調べていないのでここでは少ないと仮定します。)

そのためそのサイトのタイトルとH1(HTMLの大見出しこのこと)に「脱毛サロン TERU」というキーワードを入れればすぐに上位表示する可能性が高くなります。

 

これがライバルの少ないキーワードで狙っていくことでした。

ただし、そもそも「脱毛サロン TERU」で検索する人が少ないため、上位表示してもあまり意味がありません

ここまでが前回までの復習でした。

 

そこそこ検索されていてライバルがいないキーワードを探せ!

ではここからが本題です。

そこそこ検索されていてライバルが少ないキーワードの探し方をまとめたいと思います。

 

これは2つの無料ツールを使います。

 

【ライバルが少ないキーワード探すツール】

  1. 関連キーワードツール
  2. キーワードプランナー(グーグルアドワーズのサービス)※会員登録必須

 

関連キーワードツール

私がよく使うのは関連キーワード取得ツールです。

まずこちらで自分が狙いたいメインのキーワードを入れます。

ここではわかりやすく商標ワードにして解説します。

ということで腕時計のOMEGAを例にしてみましょう。(腕時計が好きなので)

 

関連キーワード取得ツール使い方

 

↑のようにたくさん「オメガ ◯◯」という候補が出て来るのがわかります。

これがいわゆるよく検索されているキーワードなんです。

結論この中からライバルの少ないお宝キーワードを探すわけです。

ただし、これ莫大な数なためある程度検索ボリュームを絞り出す必要があります。

そこで次に使うツールがキーワードプランナーになります。

 

キーワードプランナー

キーワードプランナーはグーグルアドワーズという広告のサービスに登録する必要があります。(ここでは登録方法は割愛します。急ぎの人はググって下さい。)

先程関連キーワード取得ツールで調べた候補をキーワードプランナーで絞り出します。

「ここでコピーができます」と囲った部分がテキストになってるため「Ctrl+A」で全選択してコピーします。

 

コピーしたらキーワードプランナーに行きます。

そしてコピーしたキーワードを以下のように貼り付けて下さい。

 

キーワードプランナー使い方

 

ペーストした後に検索すると・・・

キーワードプランナー使い方

このように結果が表示されます。

赤で囲ってあるのは月間でどれだけ検索されてるかの目安です。

当然「検索数の多いキーワード=ライバルが強い」と思ってほぼ間違いありません。

もしこの「オメガ」というキーワードで狙うなら検索数が少なくライバルも少ないキーワードを探します。

キーワードプランナー使い方3

こんな感じにキーワードの候補を探していきます。

実際に検索して市場調査

ということでいくつか↑のように探していくつかキーワードの候補を見つけたら、今度は実際にグーグルで検索します。

そこでライバルが少なければ「サイト作成GO!」になるわけです。

 

ということで実際に検索した結果がこちらです。

 

グーグル検索結果

 

これは結論としては・・・狙い目で即座に「サイト作成GO!」になります。

理由としては、独自ドメインの専用サイトが見つからないからです。

 

一般的にSEO業界では以下のようなサイトはSEO勝負では狙い目と言われます。

 

SEO対策で上位表示を逆転できる狙い目のドメイン

  • 無料ブログのサブドメイン
  • ヤフー知恵袋や教えてgooなどのサブドメイン
  • 2chまとめサイトや2ちゃんねるのサブドメイン
  • タイトルに狙ったキーワードが入ってるサイトが少ない場合

 

以上のようになります。

基本的にサブドメインは狙い目と言われてますが、今回は検索1位がヤフー知恵袋です。

これならすこし力を入れて記事をかけば上位表示する可能性が高くなります。(必ずではないですが)

 

そこそこ検索されやすいキーワードで上位表示もさせやすいためアクセスを集めやすいんですね。

これがライバルの少ないキーワードを見つける方法になります。

 

キーワードの選定はこんな感じにすればOKです。

独自ドメインのサイトで埋め尽くされていても実際にサイトの中身を確認して、「自分の方がいいサイトを作れる!」と思えば勝負するのもありです。

 

キーワード選定は以上になります。

あとは実際のサイトの中身次第でいくらでも報酬を増やすことはできます。

 

「【SEO対策の極意】狙ったキーワードを上位表示させるための近道とは!?」編は以上になります。

 

次回以降はどういった記事をかけばいいかなどを書いていきます。
 

 

スポンサードリンク




 

昨日の報酬

11月26日のアフィリエイト報酬:0円

 

タコってしまいました。ლ(´ڡ`ლ)ლ(´ڡ`ლ)ふわっ。

-アフィリエイト

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2018 AllRights Reserved.