ビジネス

お金を稼ぐことが楽しいと思う感覚が超重要なワケ【20代から…】

更新日:

こんにちは。

TERUです。

 

今日のテーマは、

お金を稼ぐことの楽しさ」について。

 

多くの人がこの感覚を実は身につけてません。

私は昔「RPG」を始めとしたゲーム好きでした。(※現在は全くやりません)

周りが引くくらい極めてましたからね。

ドラクエ7で言えば、すべての職業をマスターしたほど。

 

実は、RPGゲームとお金稼ぎ(=ビジネス)は似ています。

私がゲームをやらなくなった理由は、ビジネスというゲームにはまってるからです。

 

スポンサードリンク




 

楽しいと思うことが重要な理由

男性

事業をしてる管理人も脱サラ・独立して1年になりますが、

お金を稼ぐ楽しさを知って本当に良かったと思える点をまとめます。

 

  • お金で困ることが減った
  • 投資力が身につく
  • 働くことが苦でなくなる

 

こんな感じです。

かく言う自分も、1年前のサラリーマン時代は、

働くことが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

 

全く持って働く喜びを感じません。

まぁ今思えば理由は単純です。

完全固定給・低賃金・長時間労働環境だったからですが。

 

お金で困ることが減る

もちろん辞めた当初はほぼ貯金はなかったので、

お金に困りました。

 

ただ独立後は、時給で仕事してるわけではないので、

ひたすら仕事してました。

 

始めの頃は時給0円ですが、徐々に成果が出始めると時給(換算)は1,000、2,000、3,000円・・・と

増えていきました。

 

結果的に今の私は、時給10,000円以上のパフォーマンス

できるようになったわけです。

 

自分の価値がダイレクトに短期間で上がることを実感すると、

時間で働くことと違って、短期間でも大金を作れることを理解します

 

参考:「自分の価値は自分で決めるものさ!【byプロブロガーTERU】

 

投資力が身につく

ビジネスは投資と回収の理論で成り立っています。

 

会社の社長であれば、従業員に固定給料・社会保険料などで投資します。

従業員がそれ以上のリターン(=稼ぎ)をしてくれれば、回収OKというわけです。

 

当然この理屈を考えれば、従業員が・・・

 

「働きに対して、給料が見合ってない!」

 

なんてことは当たり前なんですよね。

 

で!この社長がやってるような、事業投資の感覚が身につきます。

この感覚は会社の仕事では、滅多に身につかないでしょう

 

身銭を切ってやるからこそ、感覚が研ぎ澄まされますし、

株やFXのようなギャンブル要素の高い投資とはわけが違います。

 

 

大金を稼いだら、また再投資!

これの繰り返しです。

 

 

これがわかると事業投資にお金を渋らなくなります。

そのため、もっと大きなリターンが返ってきます。

 

この投資力が付くことって、ものすごく楽しいんですよね。

うまく軌道に乗れば、普通では手に入らないお金を稼ぐこともできます。

 

働くことが苦でなくなる

もはやプライベートってなに?って感じですね。

何が仕事で何が遊びかわからなくなります。

 

ビジネスっていうゲームが楽しいから、

それって1種の遊びに似た感覚なんです。

 

「働く」って苦労する言葉ですが、

自分は、働くなんて捉えてません。

 

ただ、「人生をもっと盛り上げるためには、どうしよっかな〜?

くらいの感覚です。

 

当然苦にならないですよね。

 

まとめ

グラフ

といった感じでした。

自分はこの感覚を27歳で身につけましたが、

もっと早くから身につけると、もっと充実しますよね。

 

もちろん30・40代の人だって全然遅くないです。

多くの人は、一生この感覚を知らずに人生を終えていきますから

 

お金を稼ぐことが楽しい理由を一言でいうと、

 

人生を盛り上げる要素が増えるから

 

です。

 

単に人生をめちゃくちゃ楽しくしたいと思ったら、

この選択しかなかったんです。

そして今、過去にないくらいに楽しいですし、

自分にとって「この選択が正しかったんだ!」と実感できたわけです。

 

ちなみに、独立を推奨してるわけではありません。

 

会社員としてでもコミッション制度の高い仕事なら同じ感覚が身につきますから。

金融や不動産などの営業職ってこういった要素が強いので、

 

「独立思考はないけど、お金を稼ぐ楽しさを身に着けたい!」

 

なんて人はオススメですよね。

 

まぁ、きっと↑のような感覚が身につくと自然と独立したい!

って思えるかもしれませんが・・・。

 

 

関連記事:「転職するならどんな職種がオススメ!?【TERUなら…】

 

 

スポンサードリンク




-ビジネス

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2018 AllRights Reserved.