仮想通貨・暗号通貨 税理士

【会社員・サラリーマン】仮想通貨の税金は確定申告必須だぞ!雑所得だから・・・

更新日:




TERU
WEBマーケティング(ブロガー・メディア運営)と投資家やってます!
TERU
どうもTERUです。

 

もうすぐ確定申告の時期ですよ~。

平成29年度(2017年1月1日~12月31日まで)の確定申告時期↓

  • 2018年2月16日(金)〜3月15日(木)

 

今年、税務署が注目してるのは、確実に仮想通貨で大儲けした人達からの税金です。

事業者・経営者の人はともかく(※彼らは自分で確定申告するか、税理士を付けてるから)、会社員・サラリーマンの方は特に注意

大儲けじゃなくてもしっかり条件満たしてたら、確定申告しないと後でとんでもないことになりますよ

⇒ 「自分で確定申告の仕方がわからない人へ

 

スポンサードリンク

【会社員】仮想通貨で確定申告が必要な条件

  • 給与所得(=会社から貰えるお給料や賞与)以外の副業収入(仮想通貨の確定利益含む)で年間20万円超えた場合※株の特定口座で源泉徴収アリの場合は除く

という結論です。(※主婦・学生のアルバイト【被扶養者】は仮想通貨利益38万円以内且つ給与所得65万円以内なら確定申告不要。

おそらく、2017年中に利確してる人は、年間20万円なんて軽く利益出てるでしょう。(※それくらいバブルで、買っておけば上がる相場が続いてますから…。

 

 

初心者向けに説明しますが、仮想通貨での利益は、雑所得という区分での扱いです。(その他例、給与所得⇒「会社員・アルバイトが給料で貰えるお金」、事業所得⇒「事業者が商売で得たお金」等

 

TERU
2017年は仮想通貨で20万円儲かったぜ!!

 

↑こんなことになれば、確定申告の対象です。(含み益の場合は、対象外。2017年は仮想通貨を買い続けたけど、一切売却・別の通貨に変換してない人はどれだけ利益が出ていても、2018年の確定申告は不要

ちなみに、「2018年1~3月に大損したから損切りしたぜ!」なんてものは、2017年の雑所得の利益から差し引きはできないので注意

 

 

まぁ、過去に確定申告をしたことがある人なら、自分でちゃちゃっとやっちゃいましょ。

ここまでラッキー相場だと、ギャンブラー学生フリーター何となく投資初めた会社員ニートの方々でも大儲けしてる可能性があります。

確定申告が必要になった人は、それぞれ挑戦してみて下さい。(※大儲けした人は、素直に税理士に確定申告だけしてもらうのが吉

 

少額なら自分で確定申告に挑戦

少額なら、計算すれば良いわけですが、仮想通貨から別の仮想通貨を購入した時は結構複雑です。「BTC(ビットコイン)⇒ETH(イーサリアム)」等

BTC⇒JPY(円)」、「ETH⇒JPY(円)」とかならまだ計算しやすそうですが。(※個人的にはコレでも計算するのしんどいと思いますが…

平均値の取り方参考サイト:「仮想通貨の利益の計算について|税理士ドットコム

 

 

よくわからない人は、自分の住んでる管轄の確定申告会場へ足を運びましょう

昨年TERUは、独立して初めての確定申告をしたんですが、確定申告会場へ行きました。

 

会場には、税理士さんがいるから、わからないことは相談するといいですね。

ただ、それでも基本複数の人を相手するわけだから、大した時間相談できません

結局は自分で計算しないとダメなわけです。(※会場にいる税理士は、確認程度に相談するだけ

 

わからない人は、確定申告の依頼だけでも自分で税理士へ依頼できるからそっちのほうが良いと思います。

 

【初心者向け】大儲けしたら、税理士へ相談

ぶっちゃけ白色の確定申告だけなら、数万円でやってくれるでしょう。(※ただ、年間の利益で異なる可能性があります。詳しくは各税理士と比較しましょう。)

と言っても、仮想通貨に詳しい税理士なんてほとんどいません。(※自身で取引してる人くらいじゃないですかね。)

 

まして、近所の税理士事務所を自分で探しても見つかりませんよ。まず。

仮想通貨に詳しい税理士を探す場合、税理士紹介サイトを活用すべき。(※それでも見つかるかわからないが、仮想通貨の相談が寄せられてるから見つかる可能性は1番高い

 

 主要人気税理士紹介サイト一覧↓

 

仲介のコンサルタントに・・・

 

会社員
会社員ですが、仮想通貨で儲かりすぎたので、確定申告を税理士さんにお願いしたい!できれば仮想通貨に詳しい人を紹介してください!地域は~…。

 

みたいな感じで相談すればOKなわけです。

 

【注意】2018年の損切りは合算不可!【雑所得だから】

雑所得は株や国内FXと違って、損失を年で繰越できません

すでに2017年12月31日までの利益・損失は確定してて、2018年の損失を合算することは不可

 

つまり、仮に2017年に・・・

 

会社員
2017年はモナコインの山が当たって1億円の現金をGETしたぜ!

 

だとしても翌年に

 

会社員
2018年2月に大暴落に巻き込まれ5,000万円損切りした・・・。あれ?でも雑所得だから今年の税金って・・・4,500万円なの?3,000万円で家買っちゃったよ。4,500万円なんてないよ・・・。

 

ということです。

フタを開けたら、1億稼いで5,000万円損失して5,000万円残るはずなのに、年をまたぐと500万円しか残りません。(※2017年の確定利益1億円分の税金がかかるから)

もし、1億円手にした時に3,000万円の家買っちゃってたら・・・即売却しないと払えないわけですよ・・・。

↑とは別で住民税10%も付きますから、完全終了です↑の例だと。

 

TERU
雑所得おそロシア・・・。税金ってこええええ。

 

早く分離課税が整って欲しい。(※そもそも整うかどうかも怪しいが)

 

まとめ

  • 自分の勤め先(会社員・フリーター・学生含む)からの給与・賞与以外年間20万円以上の利益を出したら確定申告必須!
  • 株の特定口座(源泉徴収アリ)と違うから、確定申告不要なんて事はない。
  • 自分で計算する時は平均値取りながら利益を出す。 ⇒ 「少額なら自分で確定申告に挑戦
  • わけがわからない時は、税理士に確定申告を依頼(帳簿作成等) ⇒ 「【初心者向け】大儲けしたら、税理士へ相談」※大儲けしなくても。

 

ちなみに、念押しますが未申告が1番ヤバいです。

年間20万円以上の利益が出てるにも関わらず・・・。

 

会社員
50万円くらいなら申告しなくてもバレないし、わざわざ徴収にもこないっしょ。笑

 

いや!バレます!絶対に!!

ニュースにもなってますが、国税はこの仮想通貨バブルで「またとない多額の税金徴収ができる!」と敏感になってます。

過去に例がないくらいのバブルだから、税務署もどのくらいの勢いでくるかわかりません。

 

当然知ってて申告しなければ、脱税で逮捕されます。

逮捕されたら当然会社はクビになりますからね・・・

 

少額なら大した納税額にならないから、しっかり申告はしましょう。

大儲けした人はしないと当然ヤバいですよ。

 

TERU
みんな!脱税で捕まんなよ(・∀・)!

 

スポンサードリンク

税理士紹介サイトを比較してみた…【評判をまとめた結果!?】

私は今、個人事業をしてます。 そこそこ事業も軌道に乗ってきたので、税理士を顧問契約したいなと。   税理士探しで人気比較サイトは↓ 追記:2017年4月 3月に日本税理士紹介ネットワーク(タ ...

続きを見る




-仮想通貨・暗号通貨, 税理士

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2018 AllRights Reserved.