ビジネス

会社の給料が安い時は対処はするな!←【どうすれば?】

更新日:




こんにちは。

TERUです。

 

今日は愛知県では雪が降っています。

寒いですね。

 

すでに道路が凍結してるため、歩く時は転倒しないようにつま先歩きをしてます。

各所でもこれから雪が降るかもしれません。

かかとをつけて歩くと転倒するリスクが高くなります。

 

つま先歩きがオススメです。

 

ということで今日のテーマは「会社の給料が安い!」です。

 

スポンサードリンク




会社の給料が安い時

会社員

私もサラリーマン時代は、会社の給料が安くて不満に思ったことが多々ありました。

以前勤めていた会社では40歳手前の営業職で年収350万円程度でした。

今でこそ会社が負担する正社員の人件費が高く、給料アップが容易にできないことがわかりますが、当時は不満しか言えない立場でした。

 

よくインターネットで「会社の給料が安い」と調べると対処法が書いてるあるサイトを目にします。

でも敢えて私は「対処なんてするな!」なんてことを推奨したいと思ってます。

 

一般的な対処法

インターネットで対処法を調べようとすると、一般的な対処法が出てきます。

 

給料が安い時の一般的な対処法

  • 諦める
  • 成果を出してキャリアアップ
  • 転職
  • 残業
  • 副業
  • 労働組合
  • 上司に交渉

 

大々↑のような感じではないでしょうか?

ただどれも給料アップすることができる要素ですが、しっくりこないですよね。

 

そもそも残業とかキャリアアップ、労働組合、上司に交渉なんてものができたら誰でもやってますからね。

転職なんて手もありますが、これだけで解決するかどうかも微妙なところです。

 

せいぜい転職しても年収で100万円も上がったらすごい方ではないでしょうか?

仮に100万円年収が上がっても手元に残るお金なんて所詮わずかしかありません

 

対処しない事のススメ

結論としては対処しないことが良いわけなんです。

ただし、ここで言う対処しないってことは「会社に求める対処方法をしない!」という意味です。

 

会社に求めることとは、「今の勤めてる会社や転職先の会社に求めるな!」ということです。

ぶっちゃけ「会社の給料が安い!もっと給料が欲しい!」なんて思ってる時点ではこの問題は解決しません。

 

会社に頼らないお金の作り方

一言で言えば副業です。

ただし、株式投資、FX投資のようにお金を使ってお金を増やす投資は微妙なんです。

 

このお金の増やし方では心の安定がないからなんです。

仮に投資が大失敗したらどうでしょうか?

モデルケースで考えましょう。

 

投資大失敗のモデルケース)
元手100万円から↓のような資産遍歴を歩んだとします。

100万円→1,000万円50万円

 

初心者が投資に手をだすと↑のようになるケースは頻繁にあります。

1,000万円になった時は、気が大きくなります。

でもそこから50万円になったらどうでしょう?

 

おそらくさらに投資にチャレンジする相場から撤退するかの2択になると思います。

いずれの場合も精神状況が不安定なのは明白で、投資にキッチリとルール作りをしないと感情トレードになりうまく行かなくなります。

 

ここまでで何が言いたいかというと、仮に1,000万円に増やせても失敗したらすぐに心の安定がなくなってしまうことがまずいんです。

有から有を作ることはそんなに難しくはありません。

ですが、多くの人は給料を貰う以外で無から有を作り出すことができないことが問題なんです。

 

お金がなくなった時のリスクを常に考えるため、心の安定にたどり着きません。

 

無から有を作る訓練

大切なことは失敗してお金がなくなってからも無から有を作ることができる技術なんです。

多くの人は時間を削ることでしかお金を生むことができません。

 

だから◯◯◯万円貯めるには◯年間かかるっていう計算で考えてしまいます。

↑の例だったら、1,000万円から50万円になってるので、-950万円になっています。

 

時間を切り売ってしか無から有を作れない考えだと「950万円を取り戻すのに◯年間を犠牲にしなければならない」と考えてしまうんです。

こんなじゃ人生に絶望してしまいます。普通なら。

 

時間以外のものを社会に提供して、お金を作る訓練をオススメします。

この意味を理解すれば、「会社の給料が安い!」なんてことで悩むことはなくなります。

 

お金が欲しいなら・・・

無から有を作りだす技術を身に着けてから有からさらなる有を作り出す流れに移行することをオススメします。

無から有を作り出せれば、失敗を恐れなくなります。

 

失敗を恐れないことが心の安定に繋がります。

心の安定は投資のような正しい高度なスキルを身につけることに繋がります。

 

ここまでできれば会社の給料が安いなんて悩みがちっぽけなことだとわかります。

無から有を作り出せないと、どんなに給料の良い会社に就職しても悩みがお金の不安から解放されることはないと思います。

 

一般的な対処はせず、低資本でできる自分でお金を創る技術を磨きましょう。

これが「会社の給料が安い」と思った時の最高の対処法です。

 

まとめ

グラフ

給料が安くてお金に困ってる時のまとめでした。

対処方法は一般的な方法で対処しないことです。

 

ポイントまとめ

  • 転職やキャリアアップなど安易なことはしない
  • 会社に交渉なんてするだけ無駄
  • 副業することがいいけど、投資や時給の副業はしない
  • 低資本でできる無から有を創る技術を身につける
  • お金がたくさん欲しいなら、「無から有」→「有からさらなる有」にシフトする

 

なるべく1つの組織(=一般的には勤め先)に依存することだけはやめましょう。

多くの収入源を持つことこそが真の心の安定に繋がります。

 

ワーキングプアでお金が増えないなんて悩んでる人は、節約するよりも創ることに重きを置いていくことをオススメします。

 

 

スポンサードリンク




 

昨日の報酬

1月13日のアフィリエイト報酬:0円

-ビジネス

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2019 AllRights Reserved.