【Ledger Nano S】ハードウェアウォレットジャパンの評判と見解!【株式会社Earthship】




ハードウェアウォレットジャパンというLedger Nano Sの販売サイトを運営してる株式会社Earthship。

 

(※すでに正規販売店でも品薄になってるそうです。)

 

多分、「この会社で買っても大丈夫?」と迷ってる人も多いから、参考にしてみて下さい。

 

スポンサードリンク

ハードウェアウォレットジャパンの評判

レジャーナノS

購入者からは日本語サポートもされてると評判は良い印象

⇒ 「購入者の口コミ

ちなみに、管理人の私もハードウェアウォレットジャパンで購入しました。

様子と理由&見解は↓にまとめておきました。

⇒ 「管理人が購入した理由&見解

 

ただし、購入してない人からの評価は良くない印象

  • 正規代理店だからって信用はできない!通貨抜かれるリスクあるから、メーカー以外から直接買い付けるのはリスクでしかない!
  • 代理店からの製品だとMade in Chinaと記載があったそうだから、信用できない!
    ⇒ 「Ledger Nano Sは中国製なのか聞いてみた!

↑みたいな意見です。

なるほど。確かに不安になりますわね~。

 

ごもっともだと思います。

 

運営会社Earthshipまとめ

会社名 株式会社 Earth Ship
本社所在地 茨城県常総市水海道宝町2868-5
横浜支社
(ハードウェアウォレットジャパン登録地)
神奈川県横浜市神奈川区栄町8-1
ヨコハマポートサイドビル11A
会社設立 2010年2月22日
資本金 4740万円
事業内容 販売事業部
マーケティング事業部
サポート事業部
ロジスティクス事業部
旅行事業部
コーポレートサイト http://earthship.co.jp/

零細企業ではなく、一般的な中企業です。

10年弱程度の企業歴史もあるようですから、怪しいとかそういった所は特に無いと思います。

※この辺りもリサーチして自分も購入してます。

 

ちなみに、会社の登記は茨城県ですが、ハードウェアウォレットジャパンとしての登録は横浜支社の住所で登録されてます。

たまに、「仏Ledger社の登録住所と違う!」みたいな指摘はありますが、↑を調べてない人が見切り発車で発言してるだけです。

横浜支社の所在地でハードウェアウォレットジャパンは登録されてます。

⇒ 仏Ledger社の正規代理店一覧はコチラ

 

管理人が購入した様子&見解

まぁ、この手の内容って実際買ってみないとわかりませんし、できれば早く仮想通貨をウォレットに収納したかったからですね。(※常に他の取引所も狙われてる)

どうしても迷ってる人は「迷ってる人の判断基準」を読んで参考にしてみて下さい。

 

ハードウェアウォレットジャパン販売サイトで注文

ハードウェアウォレットジャパン

早速、注文したんでその様子をまとめました。

追記

現在ハードウェアウォレットジャパンのLedger NanoSの注文が殺到して、品薄になってるようです。

※↓ハードウェアウォレットジャパンの公式Twitterアカウントで状況報告されてます。

↑少し発送が遅れてた理由は、注文の殺到が原因のようです。(※私の場合はすでに手元に届きましたが。

 

USB Type-C付きかどうかは別にどちらでも問題ないです。

個人的には今後普及してくから変換コネクタがほしくて、こちらを選択しました!(※すでに私が選択した+USB type-Cの在庫が切れてるようです・・・

 

支払いはAmazonで出店してることもあってAmazonアカウントで支払いできます。

どちらでも良いですが私はAmazon Payで支払いました。

 

Amazonアカウントがあれば、住所入力・決済情報の入力を省略できます!

 

注文するをクリックすれば完了です!

 

支払いが完了したら、Amazon Payから↑のようにメールが届くから確認しましょう。

 

スポンサードリンク

発送完了

数日後、ハードウェアウォレットジャパンの運営会社「Earth ship」から発送完了のメールが届きます。

佐川急便を使って商品を送ってくれるようなので到着を待ちます。

 

LedgerNanoS到着!

レジャーナノS2

注文が殺到してるのでしょうか??

注文から到着まで、4日経過してから到着しました!(※以前までは、2日後に到着してることが多いと口コミがあったので

 

明細書

中身は、本体の箱とお買上げ明細書が入ってました。

開封しました!

フランスLedger社が公式でも発表してるように、封印シール等は元々ありません

仮にあったとしても、簡単に偽造できるからという見解なんだそうです。(※まぁ、確かに物理的なシールなんて複製できますからね

 

特にいまの所特に気になる所はありません。

ということで、早くCoincheckにあるXRP(リップル)が取り出せるようになって欲しいところです。

 

今回は取り急ぎ、ハードウェアウォレットジャパンで注文したレジャーナノSが到着したので、追記しました!

受取りまでは、比較的スムーズだったと思います。(※4日程度ですが、自分は品切れする前に注文できたからですね。

 

検討中の人は参考にしてみて下さい。

 

正規代理店経由で購入を決断した理由

  1. 1秒でも早く安全な場所へ資産を保管する必要があるから(※仏Ledger社は最短でも数ヶ月後になる)
  2. 正規代理店でも今後品薄になる可能性大
  3. 本当に正規代理店は信用できないのかが知りたかった

1番大きな要因は、1・2番ですね。

早く買っとかないと意味ないと思ったんですよ。

 

TERU
ココ最近、取引所狙われすぎじゃね??ハッカーか知らんけど・・・。

 

コインチェックだって今でこそボロクソ言われてますが、今まで一般ユーザーからは結構信用されてたんですよね。↓

 

まぁ、ぶっちゃけ国内の他取引所だって明日狙われるかもなんですよね。

仮想通貨やってる以上は早急に手を打っておくべきだと判断しましたね、私は。

数ヶ月も流石に待てないし、数ヶ月後、確実に手に入るかも不明です。(※個人発注、代理店からの発注も多そうですから

 

ちなみに3に関しては、「実際買ってみてどうだった?」的なネタになると思った程度で、おまけです。

 

購入者の口コミ

 

coincheckのNEM580億円分流出騒動がきっかけで、多くの人が急いでハードウェアウォレットを購入してる印象です。

中には、「正規代理店だからといって信用できない!」と直接海外メーカーへ予約注文してる人もいます。(※品切れですぐ手に入らない)

 

追記

ハードウェアウォレットジャパン(株式会社Earthship)は、日本総代理店ということもあってヨドバシカメラへも出荷してるそうです。

ヨドバシカメラも、ハードウェアウォレットジャパンから仕入れてると思うと安心感は増します。

※船原氏は、株式会社Earthshipの人です。

 

スピードを取るか、絶対的な安心を取るかといった所ですね。

 

まとめ

 

ハードウェアウォレットは、慎重に購入が必須です。

残念ながら、絶対安全なんてものはどの場合も判断難しい気がします

 

最終的には自己判断になりますが、購入の参考に活用頂ければと思います。

 

 

迷ってる人への判断基準

物凄く慎重に考えてる人は、直接仏Ledger社から買い付けることをオススメします。(※ただし、現時点では品切れ中で購入不可)

⇒ 仏Ledger社の公式サイトはコチラ

 

個人的には、仏Ledger社から正規代理店認定されてる企業が悪用するとは考えにくいと判断し、代理店から購入しました。(※送金方法・心配になってる人へのフォローもしっかり記述してある正規店もあるから

⇒ 「管理人が購入した様子&見解

ただし、絶対ではありません。(※正規代理店になるための難易度等も不明だから

 

また、今回のようなハッキングリスク・取引所破綻リスクは常にあります。

すぐにでも仮想通貨を安全な場所で保管したい!」を優先した次第です。

 

↑の点も合わせて購入を検討してみることをオススメします。

 

 

スポンサードリンク




 

追記:Ledger Nano Sは中国製?

ハードウェアウォレットジャパン

実際に日本総代理店のハードウェアウォレットジャパンに問い合わせて聞いてみた!

 

結論から言うと、Leger Nano Sの製造はLedger社が中国の工場で生産してるそうです。(※直接メーカーから買付けしても同じ

【仏Ledger社から購入の経路↓】

  • Ledger社の中国工場 ⇒ フランスLedger社 ⇒ 日本

【日本総代理店ハードウェアウォレットジャパンからの購入の経路↓】

  • Ledger社の中国工場 ⇒ 日本

↑の流れから品切れ時に、仏Ledger社で直接購入すると若干遅くなるようです。(一度フランスに渡るから)

じゃあ、不安か?というのもあるかもしれませんが・・・、結論、利用者の実績があるから、個人的には問題ないとみてます。(※結局、メーカーから購入しても生産は中国工場ですし

少なくてもリップルホルダーのハードウェアウォレットは、みなLedger Nano Sですから。(※現状これしかないと思われる

それに実際、購入して使ってる人は結構多いですし

⇒ 「購入者の口コミ

 

いや、もっというと私達の身の周りのものは、中国製もたくさんあるから少しシビアになりすぎかも。

だってもし、ハードウェアウォレットジャパンが悪徳な業者だったと仮定したらわざわざ「Made in China」なんてラベルを残さないでしょうし。

 

購入が危険なのは、出処のわからないハードウェアウォレットを使うことですからね

そこのところの判断は正しくしておきたいですね。

 

 

 

スポンサードリンク

【仮想通貨】ハードウェアウォレットへ封印!おすすめと徹底比較【購入するなら…】

大きく下落(特に急激な下落)すると、取引所が破産するリスクもあります。 ⇒ 「破産する理由」   自分の場合、取引所に300万円以上資産を置いてたから、流石に倒産は困るわけです。 ここまで来 ...

続きを見る

 

合わせて読まれる記事一覧



更新日:

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2018 AllRights Reserved.