【解説】ドコモ光×シナプスは通信品質がやや惜しいんだ…

ドコモ料金タイプAのプロバイダ「SYNAPSE(シナプス)」。

シナプスのプロバイダを選択すべきか分析します。

 

このページでわかること↓

  • シナプスの利用者評価
  • 通信速度・品質は理論的に良いか
  • 私の評価
  • 独自特典の解説

 

TERU
過去勤めてた会社が光回線の代理店だったので、裏側を知ってる自分が選ぶなら目線で解説します。

 



SYNAPSE(シナプス)の評判

 

利用者評価ですが、、、利用してる人が少なすぎて全然見つかりません

一応、利用者の口コミは見つかったけど、参考になる内容ではありませんでした。

⇒ 「契約者口コミ

 

シナプスのプロバイダを検討してるなら、真っ先に通信方式を確認して、品質が良いかどうか判断できます。

詳しくは↓にまとめて解説してます。

 

IPv6・IPoE対応!だけど…

IPv4 over IPv6未対応

要するに…

  • シナプスはIPv6・IPoE接続に対応してる!
    ※PPPoE接続とは違って、IPv6サイトへのアクセスが混む時間に関係なく安定且つ高速で接続できる
  • 接続サービス名は「IPv6接続オプション」。
  • ただし、「IPv6接続オプション」は、「IPv4 over IPv6」に未対応
    ※IPv4専用サイトの閲覧は、PPPoE接続になるから従来と同じく混む時間は接続が遅くなる
  • ドコモ光人気プロバイダは、「IPoE」+「IPv4 over IPv6」の両方に対応してるから、シナプスは人気プロバイダより劣る
    ※「IPv4 over IPv6」は、IPv4専用サイトもIPv6用の接続方式へ変換して閲覧できる新方式。(新方式に対応してるプロバイダ例:GMOとくとくBB・ぷらら・ドコモnetなど)

 

シナプスは、IPoE対応、新方式の「IPv4 over IPv6」未対応です。

プロバイダの立ち位置としては非常に惜しいです。

 

厳密にはIPoEに対応してるだけ充分なのかもしれません。

でも、今ドコモ光で人気の主要プロバイダの大半は、「IPoE」+「IPv4 over IPv6」のダブル対応です。

IPv4・IPv6のサイトでもハイブリッドに安定した通信品質を実現してるわけです。

(※IPv4専用サイトでも、IPv6通信に変換して接続できるから快適に通信が可能)

 

「IPoE」+「IPv4 over IPv6」対応プロバイダ例↓

  • GMOとくとくBB
  • ぷらら
  • DTI
  • ドコモnet
  • BIGLOBE
  • @nifty
  • OCN

など。

 

シナプスの場合、IPv6対応サイトなら時間に関係なく安定した通信が可能です。

IPv4専用サイト閲覧時だと、従来のIPv4のPPPoE接続での接続が必要になるから、夜間だけ2Mbpsしか出ないなんてことも起こりうるわけです。

 

ドコモ光には、IPv6対応だけどPPPoE接続のみのプロバイダが存在します。

比較すると、PPPoE接続のみのプロバイダよりはマシです。

ただし、人気プロバイダよりは劣るといった中間の立ち位置です。

 

合わせてチェック↓

 

元業界人によるプロバイダ評価

結論、残念ながら最初に選ぶことはないです。いや、本当に品質面では惜しいです。

 

最初に選ばない理由↓

  1. IPv4 over IPv6未対応だから
  2. プロバイダ特典が非充実だから

 

一応、2つ理由を上げてますが、決定的なのは1です。

ものすごくわかりやすく言うと、ドコモ光のプロバイダの中には、シナプスと全く同じ月額料金で、1まで対応してて、2のプロバイダ特典も充実してるものが存在します。

(※プロバイダ特典の充実とは、キャッシュバックがもらえたり、高性能なIPv6対応無線LANルーターが無料でレンタルできたりすること)

↑がわかった状態で、わざわざシナプスを選択する必要があるかってことです。(しないですよね)

だから、最初に選ぶことがないわけです。

 

現状、シナプス光(光コラボ)や、フレッツ光でシナプスのプロバイダを使ってる人も、ドコモ光へ事業者変更・転用する場合は、プロバイダ毎乗り換え推奨です。

 

プロバイダ毎乗り換えメリット↓

  • プロバイダ・代理店特典でキャッシュバックがもらえる
    ※乗り換えないとシナプス間のプラン変更になり特典なし。
  • 通信品質をより改善できる

 

自分なら、今までシナプスを使ってても、ドコモ光ではプロバイダ毎乗り換えます

シナプスのメールアドレスをどうしても継続利用したい人

シナプス・チョイス」にプラン変更すれば、月額料金500円でメールアドレスが残せます。

ただし、月額料金500円は高いので、できればシナプスのメールアドレスは捨ててしまってプロバイダ変更に依存しないGmailかヤフーメールを使うのを推奨します。

ちなみに、自分なら迷わずこの機にメールアドレスは捨てて、ドコモ光では他社プロバイダへ乗り換えします。

それくらいに通信速度の安定を図るために、「IPoE」+「IPv4 over IPv6」が必須だからです。

 

⇒ シナプスのキャッシュバック金額・条件を見る

 



契約者口コミ

 

口コミが少ないってことは、単純に利用者人口が少ないととって問題ないです。

めちゃくちゃ参考になる口コミはなかったけど、契約者はいました。

軽く解説もしたので、参考に。

 

シナプスのプロバイダを使ってる

数少ないシナプス愛用者の口コミです。

特に不満もなさげなツイートです。

 

シナプスは九州の会社

↑の口コミは使用感ではなく、シナプスの運営会社について言及。

鹿児島のプロバイダ会社です。

 

IPv6通信が可能になったので申し込み

IPoE接続が可能になれば、従来のPPPoE接続よりは快適になります。

あとは、「IPoE」+「IPv4 over IPv6」がほしいところです。

 

以上!

 

今後、シナプスの利用者の口コミが見つかったら掲載していきます。

 

独自キャッシュバック特典

シナプスキャッシュバック

【キャッシュバック金額】

  • 0円
    ※新規・転用・事業者変更の全てに共通して0円です。

 

シナプスのプロバイダでは、独自のキャッシュバック特典はありません

だけど、キャンペーンサイトを運営してるドコモ光の代理店経由で申し込めばもらえます。(代理店のWizならネットのみで、6,000円もらえる

(※代理店が、プロバイダに関係なくドコモ光を取次ぐことで手数料がもらえるからその一部をキャッシュバック還元してる)

 

他社人気プロバイダ経由なら無料レンタルしてくれるWi-Fiルーターはありません

 

 

まとめ

  • シナプスの評判は利用者が少なすぎて、参考になる口コミが見つからなかった
  • 通信速度は、IPoE対応だから理論的には悪くない…が、新方式に未対応なのが少し残念。
  • 自分ならシナプスは残念ながら選ばない。新方式対応プロバイダで月額料金が同じものを優先する
  • キャッシュバック特典はシナプス独自のはないが、代理店経由ならもらえる

 

シナプスのプロバイダ解説でした。

選択判断ができるところまで記載出来たと思います。

 

現状、特別にシナプスを選択しなくちゃいけない!理由がないところが決定打です。

まずは新方式に対応後、特典の充実化をしてくれれば、人気プロバイダと一緒に紹介できるかもです。

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSでシェアしてみてください。

 



合わせて読まれる記事一覧



【人気オススメ記事BEST5】

1

このページは 引っ越し等で光回線を解約⇒新規契約 ネット回線の乗り換え で新しい光回線の選択の参考になる内容なので、ブックマークしておくと役立ちます。   光回線のオススメ暫定版を用途別に解 ...

2

BIGLOBEmobile今月の特典はコレ↓ さらに!紹介コード:「15410875288」を 入力すると、1ヶ月間月額料金が値引き適用! ほー、情報あざます(´ω`)b 昼間遅いんや(´ω`) ちな ...

3

最近、資産運用・節税対策を徹底的に調べてるTERUです。   誰にでもメリットのある節税対策↓ ふるさと納税   ウェルスナビはすぐに出金できるから預けやすいメリットがあると個人的 ...

4

3年間で最安のSo-netWiMAX↓ 1年10ヶ月後に無料で途中端末乗り換え可能↑ 還元率最強!1番人気のWiMAXはとくとくBB↓ キャッシュバック還元なら最強!   今日のブログは自分 ...

5

ビジネスゴールド今の通常キャンペーン↓ 個人用ゴールドカードの通常キャンペーン↓   要チェック↓ ⇒ 【コチラ限定】ビジネスゴールドの初年度年会費無料▶▶ ※↑は通常のページ経由で申込みす ...

更新日:

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2019 AllRights Reserved.