enひかり Marubeni光 nifty光 ソフトバンク ドコモ光 通信・インターネット

【再転用OK】光コラボ間事業者変更可能になるが…

更新日:

TERU
こんにちはTERUです。

 

前回の記事」で書いたように光コラボ間で(転用が可能になりました。

↓の点を中心に解説します。

 

この記事でわかる内容↓

  • 再転用のメリット・デメリット※今までとの違い
  • 注意点
  • いつから・事業者変更承諾番号取得方法・連絡先と手順
  • 乗り換え時のキャンペーン

 

再転用で人気光コラボ
ドコモ×GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの解説へ▶▶

次に再転用で人気!
ソフトバンク人気特典サイト↓

特典サイトエヌズカンパニー解説へ▶▶

光コラボ再転用解禁

光コラボ再転用

 

2019年7月1日から、光コラボ間で何度でも転用・再転用が可能に!(総務省が発表した)

総務省HP光コラボレーションモデルにおける「事業者変更」の対応について

 

要は、今使ってるキャリアの最低利用期間・更新月だけ守れば何度でも↓のようなイメージで転用できます。
※契約途中でも違約金を支払えば乗り換え転用は可能違約金については後述してます。

 

⇒ 「変更時の注意点

⇒ 「変更に必須!事業者変更承諾番号取得方法

 

TERU
変更手順・注意点・キャンペーン有無を解説するから全て目を通しておこう!

 

メリット・デメリット

動画でも解説↓

メリット

  1. 解約して撤去工事後、新規で申し込む必要がなくなり↓が可能になった
    1. 自宅の電話番号をそのまま継続アナログ戻し不要・光電話発番でもOK
      参考アナログ戻しについて
    2. 工事不要でネットが使えない期間がなくなりスムーズにキャリア乗り換え
      ※プロバイダ再設定は必要
    3. キャリア乗り換えがものすごく簡単
  2. 通信速度が遅かった光コラボ通信事業者から変更できる
  3. キャンペーンサイト経由でキャッシュバックが貰える

デメリット

  1. 基本、工事・工事費は不要だけどプロバイダ情報変更の設定だけは必要
  2. 追記場合によっては、光コラボ解約して新規申込みの方が還元特典は大きくなる
    ※転用じゃなく新規契約になるからキャッシュバック特典も大きいから

※変更先のキャリアで、光電話・テレビオプション(地デジ・BSが見えるサービス)を追加した場合、別途工事・工事費が発生します。

※工事費分割支払いしてる場合、残債分は次のキャリアで引き継がれます

 

TERU
今回の光コラボ事業者変更可能になったことで、ソフトバンク光からドコモ光のような転用が可能になりました

 

人気の組み合わせ↓

【乗り換えOK】ソフトバンク光からドコモ光へ!逆も…【転用手順・手続き】

  ついに!2019年7月1日から光コラボ同士で(再)転用が可能になります! ※従来は大元のフレッツ光から光コラボへ転用しか出来なかった。   業界歴:「光回線の訪問販売・電話勧誘 ...

続きを見る

 

光コラボ ⇒ フレッツ光」へ変更することは不可

まぁ、↑はメリットがほぼないので、必要ないですが。

 

今回の事業者間再転用は、何回でもできるし、基本メリットしかありません

強いて言うなら、事業者変更でプロバイダ変更も基本必須になるから、再設定の手間が発生します。

 

追記:解約⇒新規契約の方が還元メリットが出ることも

要するに…

  • 基本、面倒な人は今の光コラボから次の光コラボへ転用でOK
    ※10,000円以上の還元差は出る(新規の方が得)けど、ネットが使えない期間が出たり・再工事が必要になったりして面倒だから
  • ただし、還元メリットを考えると今の光コラボ解約後、新しい光コラボへ新規契約した方がお得になる場合がある。↓に新規契約の方がお得になる光コラボの特徴を解説。全部当てはまれば新規の方が2つ以上当てはまれば新規の方がお得になる可能性大。
    ※この場合、光電話の番号は継続できないし、一時的にネットが利用できない期間が発生する

    • 新規工事費が無料、もしくは実質無料
      【当てはまる人気光コラボ例↓】

      • ビッグローブ光実質無料
      • nifty光実質無料
      • ドコモ光期間限定無料
      • So-net光プラス実質無料
    • プロバイダ・代理店特典サイトのキャッシュバック還元が新規契約転用契約10,000円以上差がある
      【当てはまる人気光コラボ例↓】

      • ソフトバンク光差:20,000円前後
      • ビッグローブ光差:15,000円前後
      • @nifty光差:15,000円前後
      • So-net光差:10,000円前後
    • 公式キャンペーン(キャッシュバック・割引)でも新規契約転用契約で還元に差がある
      【当てはまる光コラボ例↓】

      • nifty光差:割引額

 

↑の結果から、還元額の面だけで見ると「解約後、新規で申込み直した方が還元額が大きい」のは↓の光コラボ回線※主要人気光コラボ)です。

 

解約新規がお得になる人気光コラボ

  • ビッグローブ光
  • @nifty光
  • So-net光

 

TERU
必ずしも↑だからって、転用より解約して新規の方が良い!ってわけじゃない(※手間がかかるから)けど、還元額重視ならオススメですソフトバンク光は、代理店キャッシュバックに大きな差があるけど、光コラボからの解約新規の場合、新規工事費24,000円が発生するから、お得にならない

 

↑の3つの光コラボを転用じゃなく新規で申込み直すなら、↓のキャッシュバック特典サイト窓口を参考に見つけましょう。

👉 「各光コラボキャッシュバック特典サイト窓口比較

 

注意点

  1. 乗り換え前のキャリアの変更違約金
  2. 変更先キャリアへのプロバイダ再設定必須
  3. 一部独自サービスの場合、電話番号が継続できない場合有り
    例、ソフトバンク光のホワイト光電話。光電話(N)は継続可能
  4. 再転用時の乗り換えは特典窓口活用推奨
    👉 「光コラボ乗り換え時キャンペーン適用OK

 

1番気になる問題が、転用時にかかる違約金問題です。

従来のフレッツ光から光コラボの場合、違約金不要で乗り換えできたけど、今回は契約内容次第で発生する。
※と言っても、フレッツ光の時も契約してたプロバイダを乗り換える場合、プロバイダの違約金は転用でも発生してた

 

更新月以外で転用時・違約金発生例↓

光コラボ 違約金
ドコモ光 最大13,000円
ソフトバンク光 最大15,000円
OCN光 11,000円
ぷらら光 最大9,000円
So-net光プラス 20,000円
※契約プランによる
ビッグローブ光 20,000円
※契約プランによる
楽天コミュニケーションズ光 9,500円
nifty光 最大20,000円
※契約プランによる
DMM光 9,500円
DTI光 0円
JOG光 最大14,500円
U-NEXT光 最大15,000円
エディオンネット 4,000円
enひかり 0円
Marubeni光 最大41,000円
クイック光 9,500円
Drive光 19,500円
※5年間の自動更新型契約↑
AsahiNet光 最大19,000円
Broad光 10,000円
※30ヶ月間の自動更新型契約
エキサイト光 0円
excite MEC光 0円

※↑以外にも申込み窓口によって、別途違約金が発生する場合もあります。詳細は各キャリアへ事前確認推奨

 

TERU
↑は1例だけど、だいたい多くの事業者が2年間もしくは数年間の自動更新型契約を設定してて、更新月以外で途中転用すると↑の違約金が発生するわけです

👉 「違約金を相殺するならキャンペーンサイト活用

 

乗り換え先キャリアのキャンペーンサイトを上手に活用すれば、いつでもリスクなく乗り換えできるかもです。

 



各事業者変更時の承諾番号取得方法

他社へ再転用手順↓

  1. 今利用してる光コラボ事業者で再転用番号(事業者変更承諾番号を取得
    ※事業者へ電話して発行する場合があります。詳細は↓を御覧ください。
  2. 乗り換え先の光コラボで申し込む ※ここで取得した転用番号を伝える
    ※申込み先は、キャリア公式・代理店窓口の2つあるが、基本独自特典が付く代理店窓口推奨
  3. 転用切替え日後、事前に書類で届くプロバイダ情報を入力
  4. 乗り換え完了!
    ※転用番号取得し、転用申込み切り替え後、今まで利用してた光コラボは解約になる

転用番号・・・事業者変更を同意した場合に発行されるスマホキャリアで言うところのMNP予約番号のこと

 

現在契約してる各キャリアで転用番号を取得必須です。

 

TERU
今回は、NTTから取得するのではなく各キャリアで直接マイページ上もしくは電話で取得する必要がある!

例、ドコモ光から他社へ転用する場合、ドコモのマイページ上から転用番号を取得

 

光コラボ事業者って超マイナーなものまで合わせると物凄くあります!

メジャーなものだけ↓に紹介します。

 

各キャリア転用番号取得マイページ↓

光コラボ マイページURL
ドコモ光 https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/
ソフトバンク光 https://www.softbank.jp/mysoftbank/
OCN光 https://mypage.ntt.com/
ぷらら光 https://www.plala.or.jp/my_page/
So-net光プラス https://www.so-net.ne.jp/mypage/
ビッグローブ光 https://mypage.sso.biglobe.ne.jp/
楽天コミュニケーションズ光 https://comm.rakuten.co.jp/hikari/customer_center.html
nifty光 https://support.nifty.com/support/
DMM光 https://hikari.dmm.com/beginner/collabo_change_out/
DTI光 https://oc.dti.ne.jp/cgi-bin/uss/index.cgi
JOG光 https://jog-shinseikatsu.com/joghikari/contact.php
U-NEXT光 https://bb.unext.co.jp/contact/
エディオンネット
旧:エディオン光
https://flets-w.com/collabo/list/detail.php?bpid=124
※エディオン光は↑の連絡先に電話する必要アリ
enひかり https://enhikari.jp/
※↑に書いてある連絡先に電話する必要アリ
Marubeni光 https://www.mtc.co.jp/marubenihikari/inq.html
※↑の問い合わせフォームから
「事業者変更承諾番号発行希望」と伝える
クイック光 https://secure-co.jp/domain/quick-hikarijp/contact/index.html
※↑の問い合わせフォームから
「事業者変更承諾番号発行希望」と伝える
Drive光 https://drive-net.jp/contact/
※↑の問い合わせフォームから
「事業者変更承諾番号発行希望」と伝える
※↑から電話してもOK
AsahiNet光 https://asahi-net.jp/support/account/others.html#mark03
※↑の事業者変更承諾番号の取得から手続き
Broad光 https://support.broad-isp.jp/broad-hikari/cancel/flow.php
※↑の連絡解約先へ電話する必要アリ
「事業者変更承諾番号発行希望」と伝える
0120-789-262
エキサイト光
excite MEC光
https://ssl2.excite.co.jp/idc/login/
※↑のマイページへログインして手続き

 

マイナーな光コラボ事業者を利用してる人は、↓の一覧から調べてください。
※NTT西日本のホームページですが、東日本エリアの人も共通してます

 

参考NTT西日本光コラボ事業者一覧

参考NTT東日本光コラボ事業者一覧

 

TERU
NTT西日本のホームページは、事業者の連絡先電話番号まで丁寧に記載されててわかりやすい

 

光コラボ乗り換え時キャンペーン適用OK

要するに…

 

今の光コラボ事業者から他社光コラボ事業者へ乗り換え転用する場合、↑でまとめたキャンペーンサイトを活用しましょう。

再転用でもキャッシュバックが出るからです。

 

TERU
もし光コラボにこだわってなくて、「もっと高速通信が実現できるネット回線が良い」・「もっと高額キャッシュバックがほしい!」・「ネット回線乗り換えるなら最適なのが良い!」なんて思ってる人は↓の診断ツールを使ってみるのをおすすめする!人によって最適なネット回線は違うからね

 

最適ネット回線ツール付↓

光回線のおすすめを選択した結果…【完全版】

このページは 引っ越し等で光回線を解約⇒新規契約 ネット回線の乗り換え で新しい光回線の選択の参考になる内容なので、ブックマークしておくと役立ちます。   光回線のオススメ暫定版を用途別に解 ...

続きを見る

 

店舗系家電量販店・スマホショップ等)・押売系の代理店訪問販売・電話勧誘)の代理店経由でも、事業者変更は可能だけど、↑のようなキャッシュバック特典はないです。

詳細は↓に書いておくので、勧誘されても必ず断りましょう
※事業者変更解禁後は、必ず勧誘トラブルがつきもの

 

営業勧誘トラブルが多くなる予感

要するに…

  • フレッツ光から光コラボレーションが解禁(通常の転用)された時も無数の代理店訪問販売電話勧誘を多発した
  • ↑の理由は、フレッツ光ユーザーを一気に契約変更できるから、代理店にとって宝の山状態でビジネスチャンスだったから
  • 今回の光コラボ間転用(事業者変更)解禁も同じで、今まで乗り換えしたかったユーザーを契約変更できるチャンス。(※代理店にとって
  • 結果、多くの代理店が電話勧誘訪問販売を強化してくる可能性大
  • ただし、↑でも書いたようにどんなに良いこと(今限定キャッシュバック付く)を言われても、断って自分でキャンペーンサイトを使って申込むべき!

 

光コラボ間転用・事業者変更が可能になったことで、ユーザーにとっては切り替えるきっかけになります。

この時期に、勧誘・営業を主にしてる代理店は、営業強化して切り替えを促してきます。

 

TERU
その中でも特に注意なのが、「今しか適用されない!」・「今なら特別にキャッシュバックをつける」とか言って、判断を急かす代理店がある点ですもし言われて迷っても、↑の各光コラボがやってるキャンペーンサイト比較一覧を見て冷静に判断してください。確実に↑よりも還元率低いですから

 

リアル営業してる代理店の方が販売コストがかかってるから、ネット営業してる特典サイトよりも還元率が低くなるわけです。もっと詳しい理由は↓の記事を参考にしてください。

 

 

TERU
結論…「店舗・電話・訪問勧誘されても全部断れ!!!」です。自分で各人気代理店のキャンペーンサイトを使って申込みましょう

 

 

まとめ

  • 2019年7月1日から光コラボ同士でも転用ができるようになり、自由に乗り換え可能に
    ⇒ 「光コラボ再転用解禁
  • スムーズに乗り換え可能になったけど、今まで使ってた光コラボの契約内容によっては違約金が発生する
    ⇒ 「注意点
  • 乗り換えには、今利用してる光コラボの転用番号の取得が必要且つ、各事業者で取得する必要がある
    ⇒ 「各事業者変更時の転用番号取得方法
  • 再転用する場合も、キャンペーンサイトを活用することで独自キャッシュバックが貰える!
    ⇒ 「光コラボ乗り換え時キャンペーン適用OK

 

転用する前に、全て目を通しておきましょう!(※変更点がある場合、更新するので当ページをブックマーク推奨

 

TERU
今まで光コラボのプロバイダによっては、通信速度が遅い問題もあったけど、再転用で解決できます。気になってた人は積極的に活用しましょう

 

合わせてチェック↓

【乗り換えOK】ソフトバンク光からドコモ光へ!逆も…【転用手順・手続き】

  ついに!2019年7月1日から光コラボ同士で(再)転用が可能になります! ※従来は大元のフレッツ光から光コラボへ転用しか出来なかった。   業界歴:「光回線の訪問販売・電話勧誘 ...

続きを見る

【転用するなら…】ドコモ光とOCN光を比較!【メールアドレス残存方法】

  ドコモ光とOCN光は同じNTTグループの光コラボです。 どっちがいいかの比較部分を解説します。   ドコモ光 人気プロバイダ特典サイト↓ ドコモ光キャンペーン比較はコチラ▶▶ ...

続きを見る

ドコモ光とぷらら光を比較結果発表!【乗り換え・転用するなら…】

同じNTTグループの光コラボですね。   前回のNTT光コラボ↓   前回は同じくNTTグループの人気光コラボOCN光と比較してます。   ドコモ光人気プロバイダ GMO ...

続きを見る



-enひかり, Marubeni光, nifty光, ソフトバンク, ドコモ光, 通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2019 AllRights Reserved.