通信・インターネット

光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

更新日:



TERU
こんにちはTERUです。

元業界人で、この業界で5年間居たから、知りたいことを解説していきます。

 

自分が経験した内容↓

  • 光回線訪問販売・営業マンション・戸建
    ※商材:フレッツ光コミュファ光auひかりソフトバンク光・So-net光・nifty光・その他光コラボ・トコちゃんねる静岡(CATV)
  • オーナー・管理会社へフレッツ光のマンションタイプ設置交渉~工事~各入居者へ営業し申込み
  • 不動産会社・引越し業者・引越し比較サイト(某引越し○)からの顧客紹介対応
  • 電話勧誘(個人・法人含むランダムリスト
  • ショッピングモールブース販売(光回線・ソフトバンクスマホMNP
  • 専門学校ブース販売(ソフトバンクスマホMNP
  • 法人携帯販売(ドコモ・au・ソフトバンク
  • ビジネスフォン販売(ナカヨとか) ← ガッツリやってないから忘れた
  • 法人複合機販売(京セラとか) ← あんまり詳しくない。丸投げで契約取ってた
  • WEB特典サイトの運営と受付コールセンターの対応
  • 商社(1次代理店)・キャリアとの交渉 ← ガッツリやってないので詳しくは不明

などなど・・・。

 

TERU
まぁ、おいおい中身は更新していくけど、気になることはコメント欄に書いてよ。気が向いたら更新しますから。

 

元業界人が選ぶネット回線↓

光回線のおすすめを選択した結果…【完全版】

このページは 引っ越し等で光回線を解約⇒新規契約 ネット回線の乗り換え で新しい光回線の選択の参考になる内容なので、ブックマークしておくと役立ちます。   光回線のオススメ暫定版を用途別に解 ...

続きを見る

 

今回はピックアップして、光回線の訪問販売について解説

(※ものすごく長い内容だから、目次から要点を調べておくのをオススメします。もしくはブックマークでもしてゆっくり読んでほしい

 

TERU
最後まで読むとネット回線系の勧誘耐性がものすごく高くなるよ!それだけめちゃくちゃ濃い内容書いてるから。

 

訪問販売時の経験を大公開

公開内容目次↓

  1. 営業トークを公開 
  2. 契約をとるためのコツ ★ 
  3. 狙われやすい物件 
  4. 代理店の取次手数料○万円

知っておくと気をつけられる

完全同業者向きな内容だから知る必要ない。興味があればみておく程度。

⇒ 「代理店にまつわる間違った知識

⇒ 「セールス・電話営業断る方法解説」(申し込みしてしまった人含む)

 

TERU
で!結論↑の経験があるからわかるけど、光回線契約するなら絶対にWEB特典サイト経由にした方がいいからね。

ただし、WEBの特典サイトもあくどい営業手法やってる代理店もあります。

※どことは名言しませんが

 

選ぶ時は顧客目線な内容になってるかを判断するのがすごく大切なわけです。

⇒ 「契約するならWEB特典サイトが良い理由

 

営業トークを公開

TERU
本題に入る前に光回線の訪問販売でやってた心得がある。話を聞いてくれた人反応してくれた人を逃さない!ことです。契約してくれない人は何しても契約してくれません。大体話せて数分でわかります。無理ならサッと引いて訪問効率を高めます。

それを知った上で↓の営業トークを参考に。(※比較的にマイルドな営業方法だったと思う)

 

パターン

TERU
(会社名)の○○と申します。先日、○○のネット回線の設備が導入されたので、ご挨拶に参りました。ご解錠お願いします。(代理店には導入日がわかるから具体的な導入された日付を言ったほうが、関係者に思われて解錠してもらえる率が高まります。)

↑はオープニングトークでオートロック付きのマンションでもこれで開けてくれる確率は高めでした。

(※「~よろしいでしょうか?」みたいな質問をすると大半断れられるので、「お願いします!」と言い切ることです)

「もう使ってるよ?何のようですか?」と返された場合

TERU
そうなんですね!○○のインターネットでお間違いないでしょうか?なるほど、承知しました。コチラの物件で契約していただくとキャッシュバックなどの特典がついてたので!ご挨拶させていただいてました。(とチラシ広告をカメラに見せながら、再度反応を見る。理由は面倒だから断り文句で嘘をついてる可能性があるから、特典に反応してくれたらラッキーくらいに。)

↑で反応が悪かったり、「もう使ってるから大丈夫だよ!」みたいな反応なら潔く引き下がります

反応が良かったり、オートロック解錠・玄関開けてくれた場合、現在使ってるネット回線の確認と他社で利用できるネット回線がないか調べて、使えなかったら諦めます。

解錠してくれたり、玄関先で話を聞いてくれる時点で、あとは顧客メリットが出せれば6割くらいは契約とれてた気がします。

 

TERU
自分は基本↑のやり方を一貫してました。まぁ最悪キャッシュバックするって手があったから↑のトークでまぁまぁ即決で契約とることが可能でした。

ちなみに、このトークはまだだいぶマシな方で訪問販売に特化した代理店の場合、えげつないトークを展開してたりします。

詳細まではわからないけど、オープニングトークとか紹介します↓。

 

悪質な訪問販売の会社がやってるトーク例↓

作業員風営業マン
(作業服を着て)こちらの周辺で電柱の工事が完了したので、終了のお知らせと説明に参りました

セールスマン
当物件の管理会社の依頼により、ネット回線を導入させていただきました。使い方の案内に参りました

セールスマン
当物件の工事が完了したので、あとは工事不要で切り替え案内の確認で利用開始になります。ご解錠お願いします

 

↑のトークは一例ですが、大体こんな感じです。

(※基本「」みたいな感じの状態で判断できないうちに指示して、従わせるからよくわからないうちに解錠しないこと)

 

TERU
ここからどうやって契約に持ってくんだよ!」って思うでしょ?でも、関係性を作ったら意外に契約してくれるんですよね。

 

もしくは、お客さんもよくわかってないまま「サインが必要です!」って言って、契約させるかなり悪質な代理店も存在します。

(※フレッツ光使ってる場合、光コラボへ転用させれば工事不要だから)

 

TERU
かなり遠回しにジャブトークから入ってくるから、初めての人はわからず申込書に名前書いちゃうリスクがあるね。

基本的に、「今ネット回線の契約ありますか?」なんて聞いてくる作業着・スーツを着た人には特に注意です。

 

最新の手口とかわかったら、書いてきます。

 

TERU
何度も言ってるけど、契約する時は訪問販売経由じゃなくて、WEBの特典サイト経由が1番還元率高くお得だから、営業が来ても、断っておきましょう

⇒ 「契約するならWEB特典サイト

⇒ 「訪問セールス・営業電話を断る方法

 




契約をとるためのコツ

  1. 基本、嘘偽りなく誠実に対応する。(※光回線の訪問販売は誠意が伝わった方が、契約がとりやすかった)
  2. 無理くり他社へひっくり返したり、メリットがでない提案は基本しない(※無理なら諦めてサッと引く)
  3. 出てきて、話聞いてくれる人がいたら、3割くらいは契約取れる可能性があるから逃さない
  4. 頑なに拒否する人は、長く相手にしない(※どうせとれないから、労力を割かない)
  5. メリットある提案はできたけど、迷ってて、即決はできない」なんて人には、とりあえず申し込み用紙だけ書いてもらう
    即決できない人に申込書書いてもらうトーク例↓
    ・「工事日までに時間があるから、○日までに検討してお教えください。進めるならそのまま工事がスムーズに取れますので。止める場合、キャンセルしてもキャンセル料は発生しないので。あとマンションタイプは全世帯が使えるわけじゃないから、ポート枠だけ抑えておきましょう。(※全世帯が使えるわけじゃないのは事実です)

※↑は工事前キャンセルしてもキャンセル料が発生しない光回線の場合

※「通常工事完了できるまでに、3週間程度かかるから先に枠取れる準備進めましょう!」といっておくと理解してくれたことが多かった

TERU
↑のトークしてOK貰えれば、キャンセルになる場合もあるけど、料金が安くなるメリットがあるなら、流れで工事進めてくれることも多くありました。

 

TERU
自分が意識してたのは、↑の5つだけです。とにかく回って話聞いてもらえる人に出会えるかだけ。出会えたら大体提案メリットが出せる光回線揃えてたから、あくまで誠実に対応です。

 

狙われやすい物件

  • 単身用マンション・アパート
  • 学生マンション ←ただし少し手間がかかる
  • 外国人の多い集合住宅
  • 光回線の設備が導入されたばかりの物件

絶対に行かなかった物件(狙われにくい物件)

  • 高齢者層が多い物件(高齢者専用住宅含む)
  • 分譲マンション

意外に取れる可能性がある

  • 戸建て

 

TERU
思い出しながらだけど、大体↑な感じだった気がします。

基本、入れ替わりの多い物件へ行くことが多いです。

 

単身用マンション・アパート・学生マンション

単身・学生マンションは、特に入れ替わりが多いし(特に4月)、決裁してくれます。(※学生の場合、親に許可を貰う必要が多い。親に電話してもらって、電話を代わって、許可取る工程があります。)

TERU
学生は自分のお金で払わないし、特典貰えるって言えばすぐOK出してくれます。ただ、契約名義が親になるから、電話で親にその場で納得してもらう必要があるわけです。

 

学生本人が後で親に説明しておくで、スムーズに進む場合もあるし、直接親御さんに説明する場合もあります。

親に電話する必要がある時は、ちゃんと会社名・ホームページなどを伝えた上で説明すればそのままOK貰えることも珍しくなかったです。

 

反対に単身の社会人なら、自分で決めてくれるから訪問販売の代理店は大体狙いに行きます

 

外国人の多い集合住宅

外国人はネットが必要な場合が多く、契約してくれる・もしくは乗り換えてくれる可能性は高めでした。(※ただし、一部プロバイダが外国人名義だと契約できない場合もあるから注意)

 

TERU
母国の家族とスカイプとかで通話する人が多いから、大体ネット回線が必要になるんだよね

あと、意外に他社訪問販売の代理店の人が来てなかったりするから、すんなり契約が取れたりします。(※外国人は契約取りづらいと思われてる節がある

 

絶対に行かなかった物件(狙われにくい物件)

  • 高齢者層が多い物件(高齢者専用住宅含む)
TERU
どう考えても、ネット使わない人が圧倒的に多いでしょう。。。よくわからず契約してくれたとら、なんか良心が痛むでしょ。その前に。。。

 

高齢者の人だとネット回線を契約してるはレア

固定電話を持ってる人は多くても、ネット回線は完全に不要な場合が多いから、基本契約とることは難しかった覚えがあります。(※あと十数年すれば時代は変わるかもしれませんが)

 

  • 分譲マンション
TERU
基本入れ替わりないし、マンションタイプだからネット回線で使えるのが限られてて、乗り換えも提案しづらいんだよね。あと即決も取りづらいからかな。

 

訪問販売がメインで活動してる代理店って、即決で契約を求められることが多いです。

分譲マンションは、ファミリー世帯が多く、「(決裁者の)旦那がいないからわからない」で逃げられることが多かったです。

 

TERU
それでも、「まず申し込みだけしておいてあとで許可取っておいてください!とれなければキャンセルします!」で取れてたんだけどね。

 




戸建て含むファミリー層物件は割と契約が取れる

  1. 朝・昼に一通り戸建賃貸ファミリー物件を訪問する
    ※賃貸のファミリー層物件はマンションでも入れ替わりがあり狙える
  2. (決裁者の)旦那さんが仕事でいない場合、帰宅時間を聞いてアポをとる
  3. (旦那さん)帰宅後、現在のネット料金のプランと照らし合わせながら提案

 

↑の方法で、順序よく提案すると意外にスムーズに契約が取れたりしました。

アポがあるかないかで全然違います

仕事終わるであろう時間にいきなり訪問しても大半聞いてもらえませんし、怒られる可能性大

 

TERU
分譲マンションと違って戸建は、光回線の乗り換え選択肢が広くて、賃貸マンションのファミリー物件は基本入れ替わりがあるから提案しやすい。

 

ただし、最低条件で「安くなったり」・「通信速度が良くなったり」・「特典が豪華」などの条件は必須です。(※商材が良いことが大前提じゃないと取れません)

ちなみに、賃貸マンションのファミリー物件なら、建物の構造でわかりやすい

  • 某T建社
  • 某D東K託社

↑の物件が、建物外観でわかりやすいし、ファミリー層が住んでるのもわかりやすかったです。

 

TERU
戸建でも朝から夕方までで1日3件の契約を取ったことがあるよ。

 

ファミリー層敬遠されがちだけど、ちゃんと安くなる提案ができれば乗り換えは充分あります。(※すでに光回線を使ってて、乗り換え提案が多くなります。)

節約志向が高いからです。

 

大切なのは、しっかり決裁者である旦那さん(たまに奥さんの場合も)に、切り替えメリットを理解してもらう必要があります。

現状、ネット回線の料金と比較して↓の部分をクリアすればそのまま乗り換えてくれます。

 

即決とるためにクリアすべき課題↓

  1. 現状と料金を比較して安くなる
  2. 通信速度の理論値が高くなる
  3. 現状の光回線解約時の解約金
  4. 提案してる光回線の初期費用の支払い

 

↑の1・2は商品力の強いネット回線ならクリアできて、3・4は最悪自社からキャッシュバック持ち出せば解決します。

 

TERU
ここまでやって即決してもらえない場合、連絡先だけ聞いて、後日電話で決裁を聞くことにしてました。それでも後日取れる場合もあるし、断られる場合もあります。

 

代理店の取次手数料は○万円

  • 光回線の種類によって全く違う。
    目安26万円前後

 

特典サイトを見れば、大体どこの光回線キャリアが多く代理店へ取次手数料を支払ってるかがわかります

光回線キャリアの代理店への手数料目安例↓

※代理店によって支払われる手数料は違うからざっくり参考程度に。

 

で、キャッシュバックしてる代理店が、良い代理店か見極める方法ですが、、、

適正なキャッシュバック金額適正な利益を残せてるかです。

※ちなみに、特典サイトの場合ならキャリアからの表彰された実績をサイトに掲載してるかどうかは大切な目安です。掲載がない場合、表彰されたことがないと言えるから。

 

TERU
仮に、「ソフトバンク光が手数料5万円出てるなら、45,000円くらいキャッシュバック貰えるっしょ!!」みたいな感じだと代理店の運営ができくなります

 

人件費・場所代・販促コスト・企業への内部留保させる資金などを考えると、代理店も1件利益で2万円程度は残す必要があるわけです。

健全な経営体質じゃない代理店で申し込むと、本来キャッシュバックが貰える時期になったら「会社が倒産してなくなってた…」なんてことも。(※過去に実際あった例です)

 

TERU
仮に倒産しなくても、理由付けてキャッシュバックしてくれないリスクもありますよ。「申請書類が届いてない」、「手続き頂いた情報に不備があった」等言われてね。実際に確認しようがないから、泣き寝入りしかできないこともあります。

 

↑の手数料・理屈を当てはめると、「最大○万円!・最大1○万円!」みたいな代理店がいかに還元する気がないフェイク金額かの見極めが付くわけです。

還元する姿勢のない「キャッシュバック無効リスク」がある代理店経由で申し込みするのは、気をつけた方が良いです。

 

合わせてチェック↓

【2種類】工事費無料の光回線を比較【選択する優先は…】

  以前光回線を販売してたので、詳しく解説します。 結論、光回線選びは、人によって最適なのが違います。   スマホセット割重視 通信速度重視 特典重視 など。   高還元 ...

続きを見る

 




ネット上の間違った知識一覧

  1. 正規代理店は1次店のみで2次店以降はキャリアから正式な許可を得てない
    ⇒ 間違い:2次店までは正規代理店でキャリアの許可は得てるし、世の中に出てるほとんどの代理店が2次代理店という事実
  2. 家電量販店は代理店じゃない
    ⇒ 間違い:家電量販店も代理店(おそらく1次代理店)

 

TERU
それぞれ掘り下げて解説してます。興味ない人は↓に進んで下さい。

 

⇒ 「訪問販売・営業電話を断る方法

⇒ 「勧誘が多いキャリア

⇒ 「契約するならWEB特典サイト

 

A.正規代理店は2次店も含む

キャッシュバックイメージ

↑はソフトバンク光の場合のビジネスの流通

TERU
簡単に言うと、↑なイメージです。この場合だと挟んでる代理店は1社のみだから、1次代理店になるわけです。

ただし!

2次代理店も、正規代理店です。

 

1次代理店がさらに別の代理店へ拡販協力をしてもらう場合、協力した代理店が2次代理店になるわけです。

 

2次代理店になるには、基本ソフトバンク・KDDI・NTTなどの許可が必須ですし、それで始めて代理店コードが発行されます。

2次代理店以降は、キャリアから販売許可をとってない代理店!」は嘘で、世間で受付・顧客対応してる、ほとんどの代理店が2次代理店です。

 

TERU
ちなみに、ソフトバンク光で人気特典サイトのほとんどが2次代理店ですし、表彰されてる優良代理店だって2次代理店です。「キャリアから表彰されてるってことは許可出てるじゃん!」って、、、その通りです。

 

合わせてチェック↓

【驚愕】ソフトバンク光キャッシュバック比較!えっ…こんなにある…

当ページの活用方法 当サイトは、他のサイトと違って最大級の数の代理店を比較してます。(他サイトは1~5サイト程度) ひと目で代理店の条件がわかるようになってるので、活用してみてください。 (※また最下 ...

続きを見る

ソフトバンク光人気優良代理店例と解説↓

  1. エヌズカンパニー
  2. アウンカンパニー
  3. NEXT
  4. S&Nパートナー

 

TERU
1次代理店って意外にも大手が関わってて、トヨタ系・住友商事系・三菱商事系・丸紅系光通信系などあるわけです。分かる人にはわかると思うけど必ずしも1次店ならOKで、2次店ならダメってわけじゃないことがわかりますよね。

 

2次代理店になるメリットは?

代理店によっては、会社をわけて1次代理店コードと2次代理店コードの2つ持ってるところもあります

ただし、1次代理店の方が手数料が多いかというと必ずしもそうじゃないです。(※特に規模の小さい代理店は)

結局、大手商社(1次代理店)の傘下に入った方がベースの手数料が多いから、敢えて2次代理店コードしか使わないことが多いわけです。

TERU
基本、大手商社は自社で顧客対応・獲得はしないで、販売代理店が顧客営業してるんだよ。だから表に出てるほとんどの代理店は2次代理店が多いわけです。(※家電量販店のみ直接営業してる)

ちなみに光回線・通信系に多い大手商社は、大体が有名企業です。

1次代理店の商社例↓

  1. ティーガイア
  2. ITX
  3. U-NEXT系列
  4. 光通信(ハローコミュニケーションズなどグループ企業含む)
  5. MXモバイリング
  6. 大手家電量販店(ヤマダ電機・ビッグカメラ・ケーズデンキ・エディオン等)
  7. エフプレイン
  8. ALL CONNECT
  9. その他光通信系から出資を受けてる企業など

↑のクラスの企業は多くの2次代理店を束ねてるから、中小企業の1代理店の獲得件数の数十倍以上の取次してます。(※上場企業もしくは、上場企業のグループ会社です。)

結果的に桁違いのボリューム手数料がキャリアから出てて、1次代理店の傘下についた2次代理店の方が、自社1次代理店コードの手数料よりも多くなるわけです。

TERU
1次代理店・2次代理店どちらも正規代理店だから、どちらが良いとかではなく、↑の仕組みから大半の代理店は2次代理店で活動してる仕組みなんだよ。

 

3次代理店は微妙

  • 基本、キャリアが認めてるのは2次代理店制度までだから
  • 正規代理店で企業名を名乗れるのは2次代理店まで
TERU
ただし、3次代理店に関しては微妙かもしれません。

 

多くのキャリアは、基本2次代理店制度までは、認めてたりしますが、3次代理店は禁止してたりします。(※NTTは禁止してます。)

TERU
まぁ、多分これ以上下層代理店を付けると、管理しきれないからだと思います。

 

じゃあ3次代理店以降が存在しないかというと・・・存在してたりします

この場合、2次代理店の名前・代理店コードを「業務委託」してる体裁でやってることが多いです。

 

3次代理店を見極める方法は、実は困難で、基本名刺も2次代理店の企業名が入ってたりします。
(※3次代理店は禁止だから、2次代理店の組織に入って活動してる)

蓋を開けて始めて、営業マンが2次代理店の企業じゃなく、全く別の企業(もしくは個人)に所属する人だったみたいな。(※これが裏で活動する3次代理店のことを指す)

 

↑の場合、自社の名前がないから強引な営業をすることがあるという理屈になるわけです。

TERU
・・・と言っても、1次・2次でも強引な営業・勧誘する所はいくらでもありますし、その逆もしかり。大事なのは○次代理店じゃなくて、代理店企業の在り方・体質です。

 

ただし、WEBサイトを運営してる代理店の場合、基本、1次店・2次店のいずれかです。

TERU
特典サイトを出すためには特商法表記しないといけないし、企業名を掲載する必要があるから、だましだましにはできないんだよね。

 

ひょっとすると、3次店が紛れる場合もありますが、基本キャリア審査が必要ですし、バレると1・2次店がペナルティを受けます

各通信キャリアも定期的にチェックするから、リスクあり・上位店に迷惑がかかるから3次代理店が、自社名でWEB特典サイトを運営することはまずないです。

 

 




A2.家電量販店も代理店

  • 家電量販店も1次代理店・もしくは2次代理店
TERU
まぁ、これはもう知ってる人も多いと思いますが、家電量販店も代理店です。

 

家電量販店の場合、全国に店舗もたくさんあるから、大体が1次代理店のコードを取得してると思われます。

⇒ 「1次代理店・2次代理店の解説へ戻る

 

家電量販店が1日に契約取れる件数予想

TERU
いや、個人的に実務したことないから、1店舗あたりどのくらい契約とれてるかはざっくりした予想だよ。
  • 約1,000店舗ある某家電量販店の予想

1店舗あたり光回線の契約5件の場合↓

5件×1,000店舗=5,000件

 

全店舗でざっと5,000件近くは何らかの光回線の契約は取れてるんじゃないかと思われます。

めちゃくちゃなボリュームです。(いや、実際にはこんなにも取れてないと思いますが、近い数値は出てる気がします。)

 

↑だけの件数が取れてれば、家電量販店は1次代理店として充分にやっていけると思います。

 

自社単独で契約件数がたくさん取れるなら1次代理店が良い理由↓

  • 1次代理店は、直接キャリアからコードを卸してもらうから手数料の中抜きがない
  • 多く件数が出せるようであれば、2次代理店もつけてさらに件数アップを狙い、ボリューム手数料を貰いに行く
    (※キャリアは多く件数を取ってくれるところにより多くの手数料を支払うから)
  • ボリューム手数料(1件契約あたりの手数料単価)が増えれば、優秀な代理店を自社の傘下へ迎え入れる提案がしやすくなる
    ⇒ 「1次代理店・2次代理店の解説
  • さらにボリューム手数料が出る以後繰り返し

 

ただし、家電量販店で光回線を契約するよりも、WEBのキャンペーンサイト経由で契約した方がお得です。

⇒ 「契約するならWEB特典サイト

 

訪問セールス・営業電話を断る方法

 

基本的なオススメ断り文句

  • ほとんど家にいないからインターネット使ってませんし、使う予定も一切ありません。
  • 無料の光回線が使えてる(※レオパレスなど始めから使えるネット回線がある。バレなければ、混乱して撤退するはず)
  • オーナーが光回線契約して支払ってくれてる(※決裁権が別にあると思うから、撤退する)
  • 会社の社宅で、会社が契約してくれてる(※↑と同じ理屈)

 

TERU
↑は、実際に自分が言われて困って諦めたパターンでした。基本的には、ネット回線使ってるとかいうと、無理くり乗り換え提案してくれるから面倒です。

 

今だと光コラボが主流だから、「一旦解約して新規で契約し直しましょう!」みたいに無理くり提案してくる代理店もあるって聞いてます。

 

TERU
決裁が自分じゃない」とか、「ネット料金は自分以外の人」が支払ってるって言われると複雑で即決も不可能だから諦めて帰ります

 

しつこい場合は勧誘停止登録

※光コラボは、フレッツ光の設備を使ってますが、各光コラボキャリアが管理してるので勧誘停止登録も各光コラボキャリアで必要です。

フレッツ光

  • NTT西日本:0120-019-390
    受付時間 9:00~17:00(休み:土日祝日・年末年始)
  • NTT東日本:0120-849-994
    受付時間 9:00~17:00(休み:土日祝日・年末年始)

auひかり

  • KDDIカスタマーセンター:0077-777
    受付時間 9:00~20:00土日祝日受付可能

ドコモ光

  • ドコモ インフォメーションセンター↓
発信電話 電話番号
ドコモの携帯電話 151
9:00~20:00
※年中無休
一般電話 0120-800-000
9:00~20:00
※年中無休

※↑は、docomoの総合カスタマーセンターになるから、「ドコモ光の勧誘停止登録を希望します」とでも伝えておくと良いです。

⇒ 「docomoお問い合わせ一覧

So-netSo-net光プラス・NURO光

ソフトバンク光

  • ソフトバンク光サポートセンター:0800-111-2009
    受付時間 10:00~19:00土日祝日受付可能
    ※ソフトバンク光は勧誘停止専用窓口がないから↑で伝える必要がある。

ビッグローブ光

  • BIGLOBEカスタマーサポート:0120-86-0962
    受付時間 9:00~18:00土日祝日受付可能
    ※ビッグローブ光は勧誘停止専用窓口がないから↑で伝える必要がある。

nifty光

  • @niftyカスタマーサービスデスク:03-5860-7600
    受付時間 10:00~19:00土日祝日受付可能

OCN光

  • カスタマーズフロント:03-5860-7600
    受付時間 10:00~19:00(休み:日・祝日・年末年始)

コミュファ光

  • コミュファ コンタクトセンター:0120-816-538
    受付時間 9:00~21:00年中無休

 

TERU
↑の各キャリアで勧誘停止登録・もしくはクレームを入れること営業禁止物件リストとして各販売代理店へ共有され、来なくなります

 

代理店も、営業禁止物件へ訪問販売した場合、代理店コードを剥奪されるリスクがあるから行きません

 

TERU
ただし、代理店は複数の光回線を扱ってるから、絡め合わせて抜け道で来ることはあります。例えば、ソフトバンク光は勧誘停止登録してるけど、ビッグローブ光は勧誘停止してないとかね。

 

↑は一例ですが、各キャリアがわかったら直接キャリアへ連絡して勧誘停止物件登録してもらいましょう。(※光コラボは無数にあるから各社へ連絡する必要あり)

(※各社勧誘停止ダイヤルは、気が向いたら更新していきます。)

 




申し込んだらキャンセル

キャンセルの優先手順↓

  1. 必ずキャリアへ直接連絡してキャンセル手続き
    (※どこの企業の代理店で申し込みしたか伝える・わからない場合は自分の情報を伝える)
  2. ↑でまだ受付されてない場合、申し込みした代理店へ連絡
  3. 代理店の連絡先がわからない場合、キャリアへ連絡して事情を説明して受け付けないようにしてもらう

 

TERU
訪問セールスに押されて、申込書を記入してしまったけど、あとで冷静に考えて止めたいと思ったら↑の方法でOKです。

あと、キャンセル後、他社代理店を経由してキャンセルした光回線に申し込み直すことは可能です。(※特典サイトのキャンペーンが欲しいから申し込み直すのOKです。)

 

注意点

原則、工事前のキャンセル料・違約金はかかりません

ただし、光回線キャリアによっては、キャンセル料がかかる場合もあるのでキャンセル前に確認キャリアへ事情の説明をすることをオススメします。

 

工事完了後止めたい場合

  1. 工事から8日間以内なら初期契約解除制度で解約(※期間内なら消費者都合でキャンセルできる制度)
    ※ただし、契約事務手数料・工事費は支払う必要があります。(違約金は不要)
  2. 解約金キャッシュバックしてくれる光回線へ乗り換える
    ※期間を過ぎた場合、基本解約したら解約金(工事費残債・違約金)が必要

 

TERU
初期契約解除制度はクーリングオフに近い制度で、違約金は支払う必要ありません。ただし、工事費・契約事務手数料は支払う必要があります。

 

初期契約解除制度適用可能期間内なら、活用すべきですが・・・

期間外なら基本どうしようもないです。

総務省HPより初期契約解除制度について

 

TERU
もちろん明らかに代理店側が嘘を付いて契約させたとかがあれば、対応してもらえる可能性はありますが。

 

ただし、基本工事をしてしまった後は同意の元だから、取り消すのは原則どうしようもないです。

 

唯一、自己負担なく対処する方法は、他社光回線へ乗り換える方法です。(※光回線キャリアがどうしても嫌な場合に限る)

光回線のキャリアには、公式特典で解約金を負担してくれるキャリアがあります。(※別途代理店キャッシュバックもつく

 

合わせてチェック↓

【乗り換え】違約金・解約金負担がある光回線【インターネット】

  ネット回線乗り換え時の違約金を負担してくれる且つ代理店からキャッシュバックが貰えるキャリアを解説! (※つまり乗り換えたら、単純に数万円のキャッシュバックがGETできる可能性アリ) &n ...

続きを見る

 

最終手段は↑くらいです。

ただし、今使ってるネット回線を使いたいけど、「他社代理店経由が良かった!」とかはできません。諦めましょう

NG例解約:ソフトバンク光新規契約:ソフトバンク光 ※工事費2重でかかって損します。)

OK例解約:So-net光 ⇒ 新規契約:ソフトバンク光

 

勧誘が多いキャリア

 

TERU
↑の光回線は、取次手数料目安の所でも解説してるけど、手数料が多めだからね。

⇒ 「代理店が貰える光回線の取次手数料は1件○万円

⇒ 「勧誘停止したい場合

 

訪問販売・電話勧誘する場合、代理店は基本キャッシュバックはしない方針だから、丸々利益を取ってくわけです。

 

↓では、いかに訪問の勧誘で入るのが馬鹿らしく思えるようなキャッシュバックがあるか紹介します。

⇒ 「特典サイト経由がキャッシュバック多く貰える理由とかの解説はコチラ

 




ソフトバンク光

ソフトバンク光
人気特典サイトの1つ↓

【特典サイト限定のキャッシュバック金額】

  • 新規:35,000円
  • 転用:15,000円

※↑とは別でソフトバンク光公式キャンペーンは併用されます

 

【キャッシュバック申請手続き】

  • 不要

 

【貰える時期】

  • 工事月+翌々月末日に銀行振込
    (最短2ヶ月後)

 

TERU
ソフトバンク光の特典サイトは、光コラボの中でもトップクラスのキャッシュバック金額だよ。優良代理店は多くもらった手数料を多く顧客還元してます。

 

ただし、反対に最大6万円!!とかやってるソフトバンク光の代理店は注意が必要になるわけです。
※代理店が貰える取次手数料と還元金額が明らかに合わないから

⇒ 「取次手数料目安の確認へ戻る

 

auひかり

auひかり
人気特典サイト↓

【特典サイト限定のキャッシュバック金額】

  • ネット:43,000円
  • ネット+光電話:50,000円

※↑とは別でauひかり公式キャンペーンは併用されます

 

【キャッシュバック申請手続き】

  • 不要

 

【貰える時期】

  • 工事月+翌月末日に銀行振込
    最短1ヶ月後

 

TERU
auひかり人気代理店特典サイトを見るとわかりますが、還元率が高いです。つまり圧倒的に代理店へ支払われる手数料が大きいわけです。

以前までは、力を入れてる代理店は少なめでしたが、最近では家電量販店もauひかりの販売に力を入れてます。

 

ただし、以前から圧倒的に力を入れてて、毎年表彰されてる人気特典サイトの方が圧倒的に還元率が良いです。

 

合わせてチェック↓

auひかりのキャッシュバックを比較するぞ!【えっ?マジ…】

緊急告知 代理店NNコミュニケーションズ・NEXTの2社が期間限定キャッシュバック金額増額中!(※終了時期は未定ですが、突然終了する可能性あるので検討中の人はお早めに) ※↑は全て別途代理店キャッシュ ...

続きを見る

 

NURO光

NURO光
人気代理店特典サイト

【特典サイト限定のキャッシュバック金額】

  • ネット:30,000円
  • ネット+光電話:35,000円

※↑とは別でNURO光公式【共通】キャンペーンは併用されます

 

【キャッシュバック申請手続き】

  • 不要

 

【貰える時期】

  • 工事月+翌月末日に銀行振込
    最短1ヶ月後

 

TERU
ネットのみのキャッシュバック金額・人気はNURO光限定特典サイトの方が高いけど、個人的には↓の点がネックだと思う。

 

NURO光公式限定特典サイトのメリット・デメリット↓

NURO光公式限定特典サイト↓

メリット

  • NURO光公式だからスムーズ
  • ネットのみでキャッシュバック35,000円

 

デメリット

 

TERU
↑があるから、NURO光公式限定サイトが必ずしもいいわけじゃないんだよね。公式ということもあって1番人気だけど

 

↑の辺は、NURO光特典サイト窓口を比較して決めると良いです。

 

合わせてチェック↓

【3万円確保】NURO光のキャッシュバック比較8社!|おすすめ代理店はコチラ

追記 2019年3月28日から九州地方(福岡県・佐賀県)へ拡大しました。 【九州地方】NURO光が福岡へエリア拡大進出、受付開始… NURO光公式特設サイト・代理店特典サイト経由のどちらでも受付可能且 ...

続きを見る

 

TERU
まぁ、個人的には、還元時期が圧倒的に早いし、アウンカンパニーがオススメかも。光電話付けて35,000円キャッシュバック貰えるし、ソフトバンクスマホユーザーなら「おうち割 光セット」適用で、どっちにしろ光電話が必要だからね。

 

電力会社系光回線

 

TERU
電力会社が運営してる光回線も結構代理店勧誘が強めです。

特に、この辺のキャリアになると戸建へ訪問営業することが多いです。(※マンションの場合使えないことが多いため)

 

TERU
ちなみに、自分は名古屋に住んでた時、コミュファ光で戸建の訪問販売をやってたよ。自分の勤めてた代理店はキャッシュバックとか顧客還元やってたけど、到底↑の特典サイトで還元してる金額にかなうレベルじゃなかったね。出せてもキャッシュバック10,000円だったかな。

 

訪問販売来ても基本的には、お断りするスタンス推奨です。

ちなみに、通常の代理店に下りるコミュファ光の手数料は、せいぜい20,000円前後です。(※1次代理店で)

ただし、大手商社の2次代理店で活動すると、30,000円前後貰えてました

 

大手商社と代理店の仕組みについて↓

 

優秀な代理店の場合、4~5万円前後の手数料が支払われてたと思われます。

 

契約するならWEB特典サイト

WEB特典サイト経由が1番良い3つの理由

  1. 販促コストが最もかからなず高還元できるから
  2. サイト上に条件が明記されてるから、誤解が生じにくい(※ただし、それでもややこしいものはたくさんある)
  3. 自分のタイミングで申し込めるから(※対面だと相手のペースに飲み込まれる可能性が高くなる)

※ただし、最近はもともと訪問販売してた代理店がWEB特典サイトを展開してます。キャッシュバックがもらえないリスクもあるから注意必須

キャリアからの表彰実績がない代理店は注意が必要です。表彰された代理店は特典サイト上に掲載してることが多いからわかりやすいです。

 

プロ直伝ネット回線診断ツール↓

光回線のおすすめを選択した結果…【完全版】

このページは 引っ越し等で光回線を解約⇒新規契約 ネット回線の乗り換え で新しい光回線の選択の参考になる内容なので、ブックマークしておくと役立ちます。   光回線のオススメ暫定版を用途別に解 ...

続きを見る

 

TERU
以前、WEB特典サイトを運営してるスタッフとして働いてたけど、間違いないね。

 

TERU
まぁ、1番の理由は、1番目の最も高還元でキャッシュバックとか貰えるからですかね。

理由があって、↓の各代理店の営業方法の中で、唯一インバウンド(お客さんからアクションをする)営業だからです。

  1. 訪問販売
  2. 電話勧誘
  3. 家電量販店(※たまにインバウンド営業になることもある)
  4. 不動産会社・引越し会社経由の代理店からの営業
  5. WEB特典サイト

ちなみに、家電量販店と比較になるけど、WEB特典サイトの方が良いと、以前ピカラ光(四国地方限定のネット回線)の解説で深掘り解説しました。

 

 

インバウンド営業の方がアウトバウンド(営業マンから働きかける)営業よりも、人件費コストも時間効率も良いです。

コストがかからない分だけ、顧客へ還元できるメリットが大きくなるわけです。(※還元方法はキャッシュバック)

⇒ 「取次手数料と各社特典サイトキャッシュバック額はコチラ▶▶

 

光回線の優先順位↓※最適診断ツールアリ

 

TERU
ただ、最近は訪問営業・電話勧誘への風当たりが強くなったこともあって、WEB特典サイトを使って集客する代理店が増えてきました。(元々訪問営業してた代理店がWEBサイト集客へ移行してるから)

 

で!!

絶対に、元々↑のような代理店の運営するWEB特典サイトで申し込みはすべきじゃないってことです。

 

TERU
特典サイトにキャッシュバック掲げてるのに、最悪・・・ってか普通にキャッシュバック貰えない可能性高いから

 

キャッシュバック貰えない可能性大な代理店の見極め方↓

  • 最大○万円キャッシュバック!明らかに他社と比較して高額表記
  • 高額還元なのに人気がない
    (魅力的な特典が書いてあるのに、他社光回線含むキャリア表彰実績がない)
  • よく条件みると、掲載金額通り貰えない
  • 貰える時期が6~12ヶ月以上も後
  • 申請手続きがかなり複雑
    (※↑クリアできないようにする)
  • 郵送・FAXなどの紙でキャッシュバック申請が必要
    (※↑本来こんなものは不要で、還元しようと思ってたらすぐ還元できるから)
  • 詳細条件はオペレーターにお聞き下さい」と特典サイトに記載がない

 

ざっと↑な感じです。

TERU
今は、キャッシュバック申請不要で確実にキャッシュバックする代理店特典サイトがあるのに、未だに↑のような仕組みでやってる特典サイトは本当に避けた方が良いです。

⇒ 「各光回線の手数料とキャッシュバック窓口比較へ戻る

 

合わせてチェック↓

光回線のおすすめを選択した結果…【完全版】

このページは 引っ越し等で光回線を解約⇒新規契約 ネット回線の乗り換え で新しい光回線の選択の参考になる内容なので、ブックマークしておくと役立ちます。   光回線のオススメ暫定版を用途別に解 ...

続きを見る

 




まとめ

 

光回線の訪問勧誘とかの裏話をだいぶぶっちゃけました。

まぁ、ここまで読んだあなたはだいぶ勧誘耐性が強くなったはず

 

ネット上の間違った知識一覧」とかは今後も更新してくと思うからお楽しみに!

 

まぁ、光回線自体種類が多いし、そこから窓口も探すとなると素人にはかなり大変ですわね。

迷ったら↓の記事の優先順位で選択しておくと良いです。

合わせてチェック↓

【優先確認】光回線が使えない地域・マンションに住んでる対処法

  光インターネットが使えない場合の対処法と確認事項を元業界人が解説します! ちなみに、光回線で提供エリアが違うので、真っ先に全てチェックすることから始めましょう!   光回線が全 ...

続きを見る

他社から乗り換え検討は↓

【乗り換え】違約金・解約金負担がある光回線【インターネット】

  ネット回線乗り換え時の違約金を負担してくれる且つ代理店からキャッシュバックが貰えるキャリアを解説! (※つまり乗り換えたら、単純に数万円のキャッシュバックがGETできる可能性アリ) &n ...

続きを見る

スポンサードリンク




-通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2019 AllRights Reserved.