当メディア記事内には一部広告を掲載しています。消費者庁の「ステルスマーケティング規制法」に基づいた表記をしておりますのでご安心頂ければと思います。気になる点がございましたらお問い合わせ頂ければ幸いです。
スリム光から事業者変更で乗り換え

通信・インターネット

【※超技ッ】スリム光から事業者変更・乗り換え解説【承諾番号発行】

更新日:

スリム通信ネットワーク株式会社が運営している光回線の「スリム光」。

今回はこの光回線から他社へ事業者変更する方法に加え、損しない【超技】を引っ提げ解説します。

 

TERU
私は以前に光回線の販売代理店に勤務していて、訪問販売キャンペーンサイト運営経由で販売していました。

プロの経験と今ネット回線メディアを運営しているので、自分がこれからスリム光から事業者変更するなら目線で解説します。

業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

光コラボ【最安値】をYouTubeチャンネルで解説した動画↓

合わせて読むべき記事↓

スリム光から事業者変更前に要チェック

※当ページ上で記載ある価格・料金は全て税込み(10%)表記です。

光回線名 スリム光
初期費用 【契約事務手数料】
880円
【新規工事費】
戸建:19,800円
マンション:16,500円
※新規工事費は新規契約のみ発生
月額料金 戸建:6,105円
マンション:5,225円
※プロバイダスリムBB(IPv6)Zプランで合算計算
(スリム光はプロバイダ別契約)
スリム光回線のみ↓(プロバイダ契約別途必要)
戸建:4,730円+プロバイダ料金
マンション:3,850円+プロバイダ料金
スマホセット割 なし
スリムモバイルとのセット割はなし
通信速度 最大1Gbps
対応エリア フレッツ光対応エリア
※光コラボが使えるなら利用可
キャッシュバック金額 なし
最低利用期間 不明
※記載なし。ただしプロバイダスリムBBは解約金有りと記載有り。期間不明
違約金 なし
※記載なし。ただしプロバイダスリムBBは解約金有りと記載有り
スリムBB:11,000円(2022年6月30日までの契約者)
※2022年7月1日以降は法律改正により月額料金1ヶ月分が上限に
解約金
※工事費残債含め
戸建:最大30,800円
マンション:最大27,500円

 

スリム光の月額料金は他社光回線と比較して高めな設定になっています。(プロバイダと別契約なので合算すると高額化)

プロバイダはスリムBB以外を選択することも可能になると思われますが、月額料金に大差はありません。(プロバイダ利用料目安は大抵が1,000~1,300円前後)

加えて、スリムモバイルというスマホサービスもありますが、特別スリム光とはスマホセット割がないため、そのままの月額料金を比較して安くなるものを探すだけなので乗り換えやすい光回線です。

ちなみに、月額料金は大幅に削減可能です。

 

気になる点は、公式サイト上に違約金・契約期間の情報が載ってない点です。(※通常であれば公式サイト上に記入されていて誰でもわかるようになっている)

プロバイダのスリムBBに関しては、解約金がある旨の記載がありますが、2022年6月30日以前の電気通信事業法の法律改正前の情報です。
参考電気通信事業法における消費者保護ルール

契約時の書類や問い合わせしてみて、今の契約での解約金を直接聞いてみるのが無難です。

 

スリム光は、NTTのフレッツ光回線を使った光コラボレーションモデル(通称光コラボ)なので、同じく光コラボやフレッツ光などに乗り換える場合事業者変更が可能です。
参考光コラボレーションモデルってなあに? |総務省

事業者変更は、光回線・通信機器をそのままで利用できるため、物理的な工事不要・立会い不要・作業員訪問不要で乗り換え可能です。

 

また、スリム光で利用しているスリム光電話やスリム光テレビ(NTTのフレッツ・テレビのこと)は、他社光コラボに事業者変更しても工事不要・同料金・同電話番号で継続できます。

フレッツ光が大元で提供しているサービスは、全て他社光コラボでも継続可能なので安心して乗り換えできます。

反対に、スリム光が独自に提供しているサービスは、乗り換えてしまうと解消になるため注意が必要です。

 




 

スリム光の事業者変更手順【※承諾番号即日発行は…】

要するに…

  1. スリム光で事業者変更承諾番号電話で発行してもらう。(※公式サイト上に記載がないため解約と同じ方法で行う。即日発行されるか不明。)
    ※事業者変更承諾番号…スリム光とユーザー間で他社光コラボへ乗り換えることを合意した証明になる番号。乗り換え先の申し込み時に番号の提出が必須。
    参考スリム通信ネットワーク株式会社|NTT西日本
  2. 発行された事業者変更承諾番号は15日間の有効期限なので、それまでに次の光コラボで「事業者変更」申し込みを済ませる
    ※承諾番号は16日経過すると、再発行が必要になるため注意。
  3. 切り替え日当日に、スリム光から乗り換え先の光コラボへ自動的に切り替わる
    ※物理的な工事・工事立会い・作業員訪問一切不要。
  4. 新しい光コラボのプロバイダ設定変更が必要になるが、乗り換え先がIPv6・IPoEなら設定不要
    ※反対に乗り換え先光コラボでIPv4・PPPoEで利用するなら設定が必要
  5. 今まで使っていたプロバイダの解約連絡を忘れずに行う。
    ※解約せずに使い続けると、プロバイダ料金がずっと請求され続けるため要注意。

⇒ プロの私が乗り換えるおすすめ光コラボはコレ

 

【スリム光事業者変更承諾番号問い合わせ先】

電話番号 0120-930-961
受付時間 10:00~19:00
※土・日・祝日・年末年始を除く

 

スリム光の事業者変更承諾番号発行方法は、直接スリム光へ電話して「他社光コラボへ乗り換えたいので、事業者変更承諾番号発行お願いします」と伝えましょう。

ただし、電話だから即座・即日中に承諾番号を教えて貰えるとは限りません。

光コラボのキャリアにとっては解約手続きを書面上の手続きが必要であり、書類の送付に時間がかかり、申請から最短でも1週間前後かかってしまうこともあります。

他社光コラボへ事業者変更申し込みする時点で、手元に番号がないとできないので、発行に時間のかかるキャリアだった場合少し厄介な部分があります。

 

特に、乗り換え先光コラボで「今月までの限定キャンペーン」などがある場合で、月末に滑り込み申し込みを検討している人は、手元に承諾番号が届いてなかったら申し込みすらできません

乗り換え予定月の中旬前後から、申請をしておくのが無難です。
(※予定より早く発行できた場合でも15日間猶予があるので、問題なし)

 

光コラボの事業者変更について詳しく知りたい人は↓の記事にまとめてあるので、参考にしてみてください。

 

 

スリム光から乗り換え注意点

※↓の項目をタップクリックすると詳細解説まで飛ばすことができます。

  1. 高額な解約金が出てくる

 

スリム光から事業者変更時の注意点は↑の1点のみです。

特別注意すべきことはないですが、強いていうと解約金についてです。

 

↓により詳しい内容と対処方法をまとめたので、参考にしてみてください。

 

高額な解約金が出てくる

要するに…

  • スリム光の解約で違約金は不明(プロバイダは出る可能性有り)ですが、新規契約者の新規工事費残債を一括精算する必要があり、高額な解約金が発生する可能性大。
    ※ただし、転用・事業者変更でスリム光を契約した人は、工事費残債はないので違約金のみ。
  • 長く使おうが、工事費残債は全額自己負担なので、解約金が0円になるタイミングを待つのは非推奨で、最短翌月からでも安くできる光コラボへ変更推奨
    ※そもそも月額料金が高いので、長く使えば使うほどコストも大きくなる。高額な解約金の対処方法は↓に掲載。

【スリム光の高額な解約金対処方法

  1. 次に乗り換える光コラボの事業者変更特典「キャッシュバック」を使って、スリム光の解約金を相殺補填し、自己負担0円で乗り換える。

 

高額な解約金はなんとかなります

ただし!原則高額な解約金が発生した場合も支払う必要があるわけですが、上手に乗り換えることで自己負担0円は可能です。

仮に、スリム光の最大解約金であっても、事業者変更でそれ以上にキャッシュバックが貰える光コラボキャリアは存在しているので、それほど問題がないわけです。

 

TERU
とは言え、光コラボであればどこでも事業者変更でキャッシュバックをしてくれるわけじゃないので、↓に実際に事業者変更でキャッシュバックが貰える光コラボキャリア・窓口をまとめてるので参考にしてみてください。

 

スリム光解約金負担キャッシュバック【※超技】

スリム光解約金負担キャッシュバック

要するに…

  1. 超技】次に乗り換える光コラボの事業者変更特典で貰えるキャッシュバックをもらって、解約金を自己負担なしで乗り換えてしまう。
    ※解約金が0円の場合、貰えるキャッシュバックはそのまま懐に入れて、自由に使って問題なし
  2. ただし、事業者変更でキャッシュバックが貰える光コラボキャリア・窓口はかなり少なく、大半がキャッシュバックが1円もないため、厳選して選ぶ必要がある。
    ※同じ光コラボキャリアであっても、申し込み窓口が異なるだけで、1円すら貰えないところと数万円貰えるところなんて例もある。
  3. どこの光コラボキャリア・窓口でキャッシュバックが貰えるか知らない人は、↑の「キャッシュバック金額」一覧をご参考に。
    ※キャッシュバックが貰える光コラボキャリアだけじゃなく、最良の申し込み窓口もわかるので活用推奨。

 

超技】である事業者変更キャッシュバックは、事業者変更する人ならみんな例外なく貰うべきです

いや、正しく言うならほとんどの光コラボが事業者変更でもキャッシュバックはないので、「キャッシュバックが貰える光コラボを選ぶべき」です。

 

とは言え、キャッシュバックをベースに乗り換え先を選ぶわけじゃないって思われますが、実際乗り換え先としてふさわしい(品質・月額料金・サポート面)など含めて考えると実はそういったキャリアはキャッシュバックをやってる大手だったりします。

反対に、キャッシュバックをやってないのはユーザー数が少なく、規模も小さい中小企業キャリアが運営している光コラボです。

光コラボのようなネットのインフラ的な契約をするなら基本的に大手に越したことないです。

そのためキャッシュバックで選べば自ずと他の面もついてくることが多いわけです。

 

TERU
ということで、実際にプロである私がどこの光コラボを選ぶのかについて↓の項目で解説していきます。

ここまででどこに乗り換えるか迷ってる人は参考にしてみてください。

 

スリム光から乗り換えにおすすめ光コラボ

結論、私がスリム光から事業者変更するならGMOとくとくBB光を選びます。

理由は↓に箇条書きでまとめてるので参考にしてみてください。

 

スリム光からGMOとくとくBB光を選ぶ理由↓

  1. 事業者変更のキャッシュバック特典の金額が最高峰
    ※ただし通常解約金0円の場合大幅減額しますが、当メディア経由限定高額水準のまま受け取れる
  2. 光コラボの中でも月額料金が最安値級である
  3. 容量・速度制限がない
    ※通信使い放題
  4. 違約金0円(契約縛りなし)の光コラボ
    ※乗り換え後即解約しても解約金0円
  5. プロバイダに速度品質の定評があるGMOとくとくBB
  6. 大手キャリア運営なので、品質強化・維持がしっかりしている
    ※中小企業キャリアの場合、ユーザーが増えると品質管理に資本を入れられず、速度低下などが起こる可能性有り

↑の6点を踏まえると該当する光コラボはGMOとくとくBB光のみだからです。

ちなみに、単純に「2」「3」「4」が該当する光コラボであれば、他にも選択肢は存在していて、以前に↓の記事でまとめてるので参考にしてみてください。

↑の記事を見るとわかりますが、中小企業から大手キャリアまで様々リリースしています。

ただ、最安値級且つ契約縛りなしまではあっても、高額キャッシュバック新規工事費無料まで提供できているのは大手キャリアであるGMOとくとくBB光くらいであることがわかりますし、今後も中小企業キャリアでは真似できないと思います。

最安値級光コラボはただでさえ利益を最小限にしてますし、契約縛りもないのでユーザー定着率も一般の光回線よりも低いです。

つまり、契約者が取れても長い間使ってくれないと黒字化できないし、そもそもユーザーが増えるだけでは赤字になる可能性もあるので、中小企業キャリアにとって一大決心で運営しています。
(※契約縛りなし、最安値級光コラボが主流になってるので、同じようなスペックを出さないとユーザーを増やせないので苦肉の策としてリリースしてるのが大半)

ここに加えて、大手資本力を持つGMOとくとくBB光は「高額キャッシュバック」や「新規工事費無料」までやってるわけですが、しばらくは赤字でも問題ないほどの資本力を持つから可能です。

加えて長く使ってもらえるように通信品質強化にもお金を使えてるので、契約縛りはないものの、ユーザー定着率が高いわけです。

中小企業キャリアがここまで真似することができないので、実際にキャッシュバックはやってません。

TERU
もちろんひとによっては「品質よりも料金!」って場合もあると思いますが、それでもGMOとくとくBB光が圧倒的に良いです。

仮にGMOとくとくBB光よりも月額料金が220円安かったとしても、1年間で2,640円の差で、10年使っても26,400円の差です。

そもそも10年も同じ光回線を使い続けることなんて珍しいし、GMOとくとくBB光のキャッシュバックならもっと多く貰えます。

仮にキャッシュバック金額の差を回収できずに乗り換えたら結果的に損してることがわかります。

ということで再現性の高い失敗のない選択肢なので、迷ってる人は参考にしてみてください。

 

まとめ

  • スリム光は他社光コラボと比較してプロバイダ別契約もあり月額料金が高めな設定になってる。セット割もないので、乗り換えてコスト削減が容易に可能。
  • 事業者変更承諾番号の発行方法は、電話のみ。即日発行されるか不明なので、早めに行動しておくのがおすすめ。
  • 乗り換え時の注意点は、高額な解約金の発生。
  • 次乗り換える光コラボは事業者変更のキャッシュバックをくれるキャリアを選択推奨。
  • 自分ならGMOとくとくBB光を選ぶ

 

TERU
スリム光はプロバイダと別契約なので、他社光コラボと比較して高額化しやすい光コラボです。

他社光コラボへ事業者変更することで大幅にコスト削減が可能なので、月額料金で気になってる人は参考にしてみてください。

他にも他社光コラボの安い月額料金の参考になるので、↓を参考にしながら選んでみてください。

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2023 AllRights Reserved.

▼光コラボ乗り換え先で迷ってる人必見▼
【最安値】光コラボはコチラ
▼光コラボ乗り換え先で迷ってる人必見▼
【最安値】光コラボはコチラ