フレッツ光法人契約 通信・インターネット

【法人・個人】フレッツ光の契約の違いを正しく知っておきたいが…

更新日:

法人対象】フレッツ光
人気キャンペーンサイト

おすすめの人気窓口の比較結果

法人契約・個人契約の違いってどんな感じなんでしょうか?

まぁ、そもそも事業をやってなくて家庭で使うなら、

個人契約一択のみですが・・・。(※請求書名だけ、屋号にすることはできます。)

 

個人契約の人向け↓

【プロ推奨】光回線のおすすめを選択した結果…【完全版】

追記:2022年6月17日 このページは↓ 初めて光回線を新規契約 引っ越し等で光回線を解約⇒新規契約 ネット回線の乗り換え で新しい光回線の選択の参考になる内容なので、ブックマークしておくと役立ちま ...

続きを見る

 

TERU
私は元々フレッツ光の代理店に勤めてて、個人・法人の両方に光回線の販売をしてました。

その経験からわかりやすく解説していきます。

業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

ということで、フレッツ光の法人契約のメリットをまとめました。

 

YouTube上でも光回線の最新情報を解説してます↓

チャンネル登録しておくと便利です。

合わせて読まれる人気記事↓

法人・個人の違いとは?

TERU
本題に入る前に、元々これはフレッツ光の法人・個人契約の違いを書いてますが、基本的に光コラボシリーズも同じことが言えます

法人契約だから月額料金が異なるとかは基本なく、全て同じ月額料金で利用可能です。

では本題へ↓。

アドバイザー

結論から言えば、利用環境に差はありません

普通に利用するだけなら、月額料金・初期費用も同じなわけです。

 

※ただし、ひかり電話オフィス(3回線1番号以上)を契約した場合、電話基本料金は異なります。

ひかり電話オフィス参考サイト↓
光IP電話、ひかり電話オフィスタイプ|NTT東日本
ひかり電話オフィスタイプ(IP電話サービス)|NTT西日本

 

残念ながら、法人向けの割引なんかも基本ありません

 

法人・みなし法人(個人事業者)のメリットは、請求書も法人名で請求できます。

経費にできます

※個人契約であっても事業利用の目的であれば、↑の法人契約と同様に経費に可能です。

 

割引はありませんが、↑のことから事業やってる方は、

普通法人契約にします。

 

スポンサードリンク




契約方法に差がある

個人契約で必要なもの

  1. 契約者の本人性確認書類(代理人の場合、委任状など)

本人性確認書類

  • 免許証
  • パスポート
  • 住基カード
  • 住民票・保険証+顔写真の付いた公的書類

↑のいずれかです。

 

法人契約で必要なもの

  1. 登記簿謄本(法人の場合)・開業届(個人事業者の場合)
  2. 申込者の本人性確認書類
  3. 名刺

 

法人・個人ともに代表・本人でなくても契約可能です。

ただし、事業をやってる証明のため、

登記簿謄本開業届のコピーが要ります。

 

また、法人の場合は組織の一員であることを証明する名刺も必要です。(※不要な場合もあるそうです。)

この辺は、個人契約と少し違いますね。

 

⇒ 本人確認書類については「フレッツ光の本人確認書類って何…【メール?FAX?で送るの?】」で詳しくまとめました。

 

一部法人契約に未対応なプロバイダも

基本はどこのプロバイダもフレッツ光の法人契約で使えます。

しかし、稀に法人契約できないプロバイダも存在します。

 

代表的なプロバイダにYahoo!BBがありますね。

(※みなし法人ならOK)

 

まぁ契約する時にここが障害になることは、

ほとんどありませんが。

 

参考までに知っておきましょう。

 

代理店経由での申し込みは優遇

1番の目玉はフレッツ光契約の特典優遇です。

⇒ 「特典付き人気キャンペーンサイト一覧まとめ

 

光コラボ含む人気優良代理店まとめ↓

 

契約後の優遇はとくに受けられませんが・・・。

契約時の優遇は受けられます

 

ちなみに現在のフレッツ光は、

個人契約では大したキャンペーンがありません!※ほとんど光コラボにもってかれてます。

※個人契約で家庭での利用が目的の場合は、↓で紹介してる代理店キャッシュバックが貰えません。ただし、事業・副業利用が目的ならキャッシュバック対象になる。

 

ただ、法人・みなし法人契約は優遇されてますからね。

ぶっちゃけ、これ知らないことが1番の損です。

 

 

まとめ

女性

フレッツ光の法人契約・個人契約の違いまとめでした。

 

法人契約にできる条件が整ってるなら、

無条件にしておけば良いです!

 

法人契約にしといてデメリットは基本ありませんからね。

 

ちなみに、もし廃業してしまった場合ですが・・・

個人名義に変更可能です。

 

もちろん、名義変更なだけなので違約金などのペナルティもありません。

 

だからこれから事業を始める人は、

法人契約にしておきましょう。

 

関連記事:「事務所で光回線の工事をする、3つの注意点【確認しておきたい…】

 

 

スポンサードリンク




-フレッツ光法人契約, 通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2022 AllRights Reserved.