通信・インターネット

【必須】ozzio光から乗り換えたい!損しない事業者変更なら・・・

更新日:

PCデポが運営してる光コラボのo'zzio光オッジオ光)から事業者変更する人は必ず最後までご覧下さい。

2019年から光コラボから他社光コラボへ工事不要で乗り換え可能になってます。

 

PCデポでパソコン買う際にセットで入ったけど、ぶっちゃけ高いから乗り換えたい!」なんて人は今こそ乗り換えましょう。

 

このページでわかる内容↓

  1. 事業者変更の方法・解約時の違約金など
  2. 次選ぶべき光コラボのポイント
  3. 光コラボに捕われず選ぶ

 

TERU
自分は元々光回線の代理店で働いてた経験と、現状ネット回線のメディアを運営してるから詳しく解説します

業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

合わせて読むべき記事↓

o'zzio光から乗り換え手順

⇒ 光コラボ以外の光回線も乗り換え検討中の人はコチラ

確認ポイント↓

  1. 事業者変更承諾番号発行方法
  2. 解約時のo'zzio光・違約金
  3. o'zzio光の月額料金(乗り換え前に確認)

乗り換えまでの流れ↓

  1. o'zzio光へ問い合わせをして事業者変更承諾番号を発行取得する
    ※事業者変更承諾番号…キャリア・利用者がともに乗り換えを同意した場合に発行される証明番号で、事業者変更に必須の番号
    参考記事各事業者の転用承諾番号取得先一覧
    ※承諾番号発行方法は↓にも解説してます。
  2. 承諾番号発行後の15日間で次の乗り換え先光コラボへ事業者変更申込みをする
  3. 切り替え当日は事前に送られてくる契約書類に従ってプロバイダ設定の変更などをする
    ※PPPoE接続なら事前にプロバイダのID・PASSWORDが何らかの手段で送られてくる
  4. 切り替え完了後、o'zzio光は自動的に解約になる
    ※中にはo'zzio光を解約しても継続する有料オプションがあるかもしれないので、念の為承諾番号発行時に確認推奨

 

まず、光コラボ間で乗り換え・再転用(事業者変更)したい人は、↑の3つを念の為確認しておくのをおすすめします。

ぶっちゃけ、乗り換えは超簡単です。物理的な工事も一切必要ないからです。

 




事業者変更承諾番号発行方法

要するに…

※ひょっとしたら店舗でもやってくれるかもしれませんが、記載がないので電話して確認推奨(とは言え引き止めに合うので必ず電話で番号を発行しましょう)

o'zzio光(PC DEPOT)のコールセンター連絡先↓

電話番号 0570-020-320
※PHS・IP電話は↓
045-330-1383
受付時間 10:00~20:00

 

o'zzio光から乗り換える場合、必ず電話で確認するのをおすすめします。

公式サイト上にも詳しい事業者変更方法の記載がありませんし、マイページもなさそう。

 

TERU
o'zzio光自体の申込みが店頭のみでしたが、事業者変更承諾番号の発行自体は電話で取得可能だと思われます

 

解約時のo'zzio光違約金(契約期間)

契約期間 2年間の自動更新型契約
違約金 10,000円
※更新月以外の解約

注意点

  • o'zzio光契約してる人の大半が、PCデポでパソコンなどの家電製品を同時契約割引購入してる可能性があり、指定期間内に解約した場合↑以上の違約金が発生する場合があります。解約時に必ず違約金がいくらになるか確認しましょう。
  • ↑の違約金とは別でo'zzio光の初期工事費残債がある場合解約時に一括精算する必要があります。(最大18,000円)

 

o'zzio光は、基本2年間の自動更新型契約です。

ただし、パソコンとセットで購入した場合に限り3年間使わないと違約金が発生するケースもあります。

 

TERU
PCデポが運営してる光コラボだから、家電量販店と同じで抱き合わせ割引契約してることが多いので契約したばかりの人は要注意です。

 

o'zzio光の工事費・月額料金(乗り換え前に確認)

光コラボ o'zzio光
※プロバイダ利用料込
戸建
ネット月額料金
5,500円
※工事費分割含めると6,000円
マンション
ネット月額料金
4,500円円
※工事費分割含めると5,000円
工事費分割 戸建:500円×36ヶ月間
マンション:500円×36ヶ月間
※↑36ヶ月間で分割した場合の支払い金額
事業者変更時解約金 10,000円
  • 光電話・テレビなどのオプションは、他社光コラボ・フレッツ光と共通の料金です
  • 工事費残債例、10ヶ月間使って事業者変更すると工事費残債は26回×500円=13,000円。違約金と合わせると23,000円が解約金になるイメージ。

 

o'zzio光の月額料金・工事費どちらを合わせても、他社光コラボよりも高いと思います。

マンションタイプでもプロバイダセットで毎月4,500円もします。(例、ドコモ光4,000円・ソフトバンク光3,800円)

 

TERU
元々月額料金の高い光コラボだから、事業者変更すれば大体コストダウンは可能です。ただし、解約時の違約金が高くなる可能性があるので、解約金10,000~20,000円くらいであれば、次乗り換える光コラボのキャッシュバックで相殺できるから、結果的にo'zzio光で高い月額料金を払い続けるよりはマシです。

 

他社光コラボへ乗り換えてキャッシュバックGET【※選び方】

要するに…

  1. 人気光コラボへ乗り換える場合、必ずキャンペーンサイト経由で申込みして、キャッシュバックを受け取るべき
    ※家電量販店・訪問販売・電話勧誘などの類で事業者変更は絶対にしない(キャッシュバックが貰えないから)
  2. 基本的に選ぶ光コラボは必ずスマホとセット割があるものを優先する
    (大手スマホキャリア【docomoauSoftbankYmobile】を利用してる場合。現状楽天モバイルはセット割なし)

  3. 格安スマホを使ってる場合、セット割を考える必要がないから通信品質・還元率の良い光コラボを選択すると良い
    ※厳密に言うと格安スマホも一部はセット割があるけど、100~300円程度の割引しかないから優先する必要はない
    選び方参考記事高額キャッシュバック付人気光コラボ

 

o'zzio光から他社光コラボへ乗り換える前に、必ず知っておくべきポイントは大きく分けて2点です。

 

光コラボ間での2つの乗り換えポイント↓

  1. 申込み先は必ずキャンペーンサイト(公式・代理店運営等)を経由する
    ※家電量販店・訪問販売・電話勧誘・ブース・その他の勧誘を経由しないこと
  2. 大手スマホキャリア利用中の人は、必ずセット割が組める光コラボを選択する
    ※docomo:ドコモ光、Softbank・Ymobile:ソフトバンク光、au:ビッグローブ光等

 

1は、キャンペーンサイト経由の場合の方が、キャッシュバックなどで還元率が高いからです。

反対に家電量販店のような店舗系は、人件費・店舗代が余分にかかるから自ずと還元があっても低いし、訪問販売・電話勧誘なんて論外で1円も還元しません

 

TERU
とは言えキャンペーンサイトならどの代理店窓口でもいいかといえば全く違って、世の中にある9割以上のキャンペーンサイトがキャッシュバックに条件を付けて結局1円も貰えないことが当たり前です。↓で紹介してるYouTube動画で代理店キャッシュバックの闇を解説してるので、ご覧下さい。

やってることは訪問販売・電話勧誘と全く変わりません。(元々訪問販売・電話勧誘が厳しくなってキャンペーンサイトをやりだした代理店が多いから)

キャンペーンサイトといえど1割以下の優良代理店を選択する必要があるので、↑で紹介してる人気代理店を選択しましょう。

 

You Tube動画で解説した
代理店キャンペーンサイトの裏側↓

 

2は、無数にある光コラボから選ぶ最も合理的に選ぶ方法が、スマホとのセット割です。

大手キャリア利用者であれば、組み合わせれば1番コスパの良い光コラボになると思います。

(例、docomo×ドコモ光で家族4人docomoスマホ4台ならスマホ月額料金が最大1,000円(最小500円)×4人で4,000円(2,000円)もコストダウン可能だから)

 

ちなみに、組み合わせられる光コラボは主要人気光コラボなので、キャンペーンサイトキャッシュバックなども高還元です。

TERU
一見、選択肢は無数にあるけど選び方はシンプルで大半は人気光コラボに偏ります。「穴場的な目立たない光コラボで実は良いのないかな?」みたいな疑問に思う人は全くそんなことないので大丈夫です。
会社員
俺、コスパ恐だからさ、格安スマホ使ってて、できれば安くて契約縛りの少ない光コラボが良いんだけど、そういうのない?
TERU
あるよ安くて契約縛りない光コラボ。格安スマホユーザーならその選択肢は正解かもね。↓に参考記事を掲載しておくよ。元々安くて縛りもない分高還元とかはない光コラボキャリアだけど、コスパは最強だと思う。

 

 

会社員
うお!こりゃすごい!俺にとっては最適な選択肢だよ。

 

光コラボ以外の光回線へ乗り換えはコチラ

要するに…

  • 光コラボ以外の専用設備・独自光回線を持ったキャリア(auひかり・NURO光・電力会社系光回線)の光回線へ乗り換える
  • メリット①ネットユーザーの大半が使ってるフレッツ光設備を使わないので通信速度が安定・高速で、工事費無料・キャッシュバックなどの還元も圧倒的に高い
    (還元特典例、超高額キャッシュバック・工事費実質無料・乗り換え時の違約金補填等)
  • メリット②Softbank・auはセット割が適用できる光回線がある(Softbank:NURO光・au:auひかり・電力会社系光回線)
    ※docomoはドコモ光のみしかセット割が組めない
  • デメリット①フレッツ光・光コラボと違って圧倒的に利用できるエリアが制限されてて狭いから使えないことが多い
  • デメリット②光コラボ間の乗り換えと違って、新規で光回線を引き直すので乗り換え完了までに時間がかかる

 

光コラボ以外でも契約できる可能性のある人は、光コラボ以外の光回線も合わせて検討した方が良いです。

TERU
最近の光コラボもIPoE接続に対応したこともあるから、だいぶ通信品質が高くなってきてるし、キャッシュバックなどの還元も多くなってきたけど、もしNURO光・auひかりとかが使えるなら合わせて検討したくなるよね。

何よりキャッシュバックが高額で、auひかりなら5万円NURO光でも4万円代貰えます。工事費は両方とも実質無料ですし

ただし、新規契約となると申込みから1ヶ月以上はかかる場合もあります(特にNURO光で、auひかりや電力会社系光回線なら1ヶ月以内で完了する場合もある)

 

専用設備使ってるから、提供エリアだとしても自分が住んでいる住所で使えないこともあります。

 

光コラボ・他社光回線含めて最適なネット回線を選ぶなら↓の記事内にある診断ツールを使えばOKです。

光コラボ系以外の光回線へ乗り換えたい人は、必見です。

 

 

TERU
そもそも提供エリアじゃない可能性の方が高いから、まずは↑で調べてみて選択肢がなければ普通に光コラボ間で事業者変更すればOKだね。

 

まとめ

  • o'zzio光から他社光コラボへ乗り換える場合、基本2年間の自動更新型契約がありますが、PCとセット割引購入してると高額な違約金が出る場合もあるので確認推奨。
  • o'zzio光自体月額料金が高額だから、他社へ乗り換えるだけでも大きくコストダウンデキる可能性有り
  • 他社光コラボへ乗り換える場合、必ずキャンペーンサイトを活用して選ぶこと
  • 光コラボ以外の光回線も視野に入れると、還元率・通信品質が向上することもある。
  • 反対に、提供エリアが狭くて契約できないことや、開通までに時間がかかるデメリットもある

 

以前、o'zzio光の契約してる人で、セキュリティソフトの有料オプションなど含めて毎月料金7,000円以上支払ってる人もいました。

PCデポでセット契約されると知らず知らずの間に数年間高額支払いを続けてることもあります。

 

TERU
個人的な意見ですが、o'zzio光でPC購入時に加入してから、最低利用期間を使ってたら即座に他社光回線・光コラボへ乗り換えた方が良いです。元々月額料金もo'zzio光は高いので安くなりますから。

本当にo'zzio光を使ってる人は注意してほしい。正直、価格に見合うメリットがない光コラボだと思います。

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 




 

コメント欄↓(o'zzio光の疑問質問等自由に書込みください)

-通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2020 AllRights Reserved.