【プロが解説】ドコモ光で@TCOMはアリ?【速度高品質】



ドコモで料金タイプBのプロバイダ「@TCOM」。

@TCOMを選ぶかどうかわかるまで分析!

 

このページでわかること↓

  • @TCOMの評判・利用者の実測
  • 通信速度は理論的に速いか解説
  • 私が選ぶかどうかの評価
  • @TCOMの特典

 

TERU
以前に光回線の代理店で働いてたので、自分が選ぶ目線の解説していきます

 

@TCOMの評判

 

結論、評判はv6プラスで利用してるなら、悪くないような印象です。

一部遅い!って声はあるにはあるが、PPPoE接続で利用してる可能性もありますから。

※PPPoE接続で利用してると、ドコモ光のどのプロバイダでも大体遅い

 

実際、使ってて満足してる人の声もあるから、多くのプロバイダ評判を調べた中ではまともな方だと思います。

⇒ 「利用者口コミ

 

v6プラスでIPv6対応!IPoE接続!

要するに…

  • @TCOMは「v6プラス」のIPoE接続対応
  • IPoE接続だけじゃなく、IPv4 over IPv6にも対応してる
    (※IPv4対応サイトもIPv6用に変換して閲覧できるようにするサービス)
  • 「v6プラス」は大手人気プロバイダも利用してるサービス。(例、GMOとくとくBB・@niftyなど)
  • 通信速度を重視する選択ならアリ

 

ドコモ光のプロバイダの中には、まだIPoE接続に対応してなくてPPPoE接続のみで提供してるものが多くある。

PPPoE接続の場合、実測値が最大約200Mbpsで通信速度制限されます。

 

IPoE接続なら、1Gbps近くまで通信速度が安定的に出るようになるわけです。

実際、当初から「v6プラス」を提供してたGMOとくとくBBは、通信速度には定評がありトップクラスの人気です。

 

@TCOMは、その同じ「v6プラス」を提供してるから、通信速度はプロバイダの中ではマシな部類です。

 

元業界人によるプロバイダ評価

自分なら真っ先に選択することはないけど、選択検討の余地があるプロバイダな気がします。

 

アリだけど最初に選ばない理由↓

  1. 料金タイプBだから
  2. IPv6対応Wi-Fiルーターの無料レンタルがないから
  3. プロバイダ独自のキャッシュバック特典もない

大きく分けると↑の3つです。

ドコモ光のプロバイダタイプBはタイプAより月額料金が200円高いです。

タイプAで、2・3を満たして且つ、「IPoE」+「IPv4 over IPv6」も対応してるプロバイダがいくつかあります。

充分@TCOMでも速度的な面は、満足できる利用はできそうですが、真っ先に選択するメリットまでは無い気がします。

 

反対に、@TCOMで今までプロバイダを使ってて、メールアドレスを継続したいから、ドコモ光+@TCOMとかで継続利用するならアリかなと。

(※ドコモ光でプロバイダを@TCOM以外を選択して、@TCOMのメールアドレスを残す場合、「メールコース」月額料金300円で継続可能

TERU
ただ自分なら仮にフレッツ光+@TCOM使ってて、「ドコモ光へ転用しよう!」ってなっても、プロバイダは他社へ変更するかな。他社プロバイダなら転用特典でキャッシュバック貰えるから

どんな状況であっても、自分なら料金タイプA「IPoE」+「IPv4 over IPv6」対応特典充実してるプロバイダを選択するってことです。

 

⇒ @TCOMのキャッシュバック金額・条件を見る

 



契約者口コミ

 

@TCOMの通信速度に関する利用者口コミを集めました。

賛否両論あるけど、だいぶ解き明かせそうな内容だったので、わかりやすく一口解説しました。

参考にしてみてください。

 

通信速度が遅いから改善したい

↑は、すでに「v6プラス」が対応になってる時期ですが、遅いという声です。

あくまで推測ですが、多分v6プラスを使ってなくて、PPPoE接続で利用してるんじゃないのかなと思います。

 

IPoE接続なら、ストレスがたまるほどの低速にはならないと個人的には感じますから。(真実はわかりませんが

 

@TCOMからGMOとくとくBBへ乗り換え改善

@TCOM・PPPoE接続

ダウンロード 1.49Mbps
アップロード 30.2Mbps

GMOとくとくBB・IPoE接続

ダウンロード 90.1Mbps
アップロード 35.0Mbps

PPPoEとIPoEの圧倒的に違いを見せてくれた例です。

現状は、TCOMもIPoE対応してますが、対応ルーターの無料レンタルはやってません。

GMOとくとくBBのレンタルルーターは、10,000円前後する高性能なものだから尚良です。

 

 

常時90Mbpsくらい出て安定してる

↑の人もいつも90Mbpsくらい出るって言ってるから、v6プラスで使ってる可能があります。

 

@TCOMに変えてから悩まされることがなくなった

時期的にまだPPPoEで使ってそう。

ただし、悩まされることがないって言ってるので必ずしもみんな不便してるわけじゃないってことかも。

 

夜になると極端に遅くなる

↑は、ほぼ確実にPPPoEだと思います。

制限のかからない時間帯は、200Mbps前後出るけど、遅い時は2Mbps前後になるのは典型的なIPv4通信の特徴です。

 

TCOMはv6プラス対応してるけど、対応ルーターは結構高い

TCOMはv6プラスに対応してるけど、対応ルーターは自分で用意する必要がある点はデメリットかな。

ちなみに、自宅がマンションタイプVDSL方式(最大100Mbps)なら、v6プラスとか意味ないかもです。

(※ただし、通信速度は安定するからv6プラスにしておいた方がいい)

 

以上!

 

TCOMの口コミは参考になるものが多いです。

今は、v6プラスがあるから通信品質は充分だと思います。

 

キャッシュバック金額・条件

TCOM

【キャッシュバック金額】

  • 0円
    ※新規・転用・事業者変更共通です

 

@TCOMはプロバイダ独自のキャッシュバック特典やWi-Fiルーター無料レンタルをやってません。

特典重視の人は、他社プロバイダを選択した方が良いです。

 

ただし、キャッシュバック特典に関しては、代理店が運営してるドコモ光キャンペーンサイトを経由すれば、代理店からもらうことは可能です。(Wizで6,000円)

@TCOM申し込むなら必ず代理店キャンペーンサイトを活用しましょう。

(※@TCOMを申し込みできる窓口は、ドコモショップ・ドコモ公式サイト・家電量販店・代理店が運営してるドコモ光キャンペーンサイトの4つ)

 

 

まとめ

  • @TCOMの評判は悪いものもあるが、たいていがIPoE接続で使ってないもので、解決策がある
  • v6プラス採用で、人気プロバイダと同じくらいの通信品質を担保できるようになった
  • 自分なら真っ先には選択しない。料金タイプBで、特典も非充実してるから
  • キャッシュバック特典はプロバイダではないが、代理店経由することで代理店から貰える

 

個人的には、ドコモ光のプロバイダの中では優先順位は「中の上」くらいの立ち位置です。

通信品質は、担保できてるから選択の余地あり。

 

ただし、料金タイプBでプロバイダ特典も非充実のため、「上の上で最優先!」にはならないかな。

検討してる人は参考にしてほしい。

 



合わせて読まれる記事一覧



【人気オススメ記事BEST5】

1

このページは 引っ越し等で光回線を解約⇒新規契約 ネット回線の乗り換え で新しい光回線の選択の参考になる内容なので、ブックマークしておくと役立ちます。   光回線のオススメ暫定版を用途別に解 ...

2

BIGLOBEmobile今月の特典はコレ↓ さらに!紹介コード:「15410875288」を 入力すると、1ヶ月間月額料金が値引き適用! ほー、情報あざます(´ω`)b 昼間遅いんや(´ω`) ちな ...

3

最近、資産運用・節税対策を徹底的に調べてるTERUです。   誰にでもメリットのある節税対策↓ ふるさと納税   ウェルスナビはすぐに出金できるから預けやすいメリットがあると個人的 ...

4

3年間で最安のSo-netWiMAX↓ 1年10ヶ月後に無料で途中端末乗り換え可能↑ 還元率最強!1番人気のWiMAXはとくとくBB↓ キャッシュバック還元なら最強!   今日のブログは自分 ...

5

ビジネスゴールド今の通常キャンペーン↓ 個人用ゴールドカードの通常キャンペーン↓   要チェック↓ ⇒ 【コチラ限定】ビジネスゴールドの初年度年会費無料▶▶ ※↑は通常のページ経由で申込みす ...

更新日:

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2019 AllRights Reserved.