当メディア記事内には一部広告を掲載しています。消費者庁の「ステルスマーケティング規制法」に基づいた表記をしておりますのでご安心頂ければと思います。気になる点がございましたらお問い合わせ頂ければ幸いです。
モバイルWi-Fiからおすすめの光回線へ乗り換え

Wi-Fiルーター

【※完全版】モバイルWiFiから乗り換えにおすすめ光回線【WiMAX含む】

更新日:

現状モバイルWiFi(モバイルルーター/ポケット型Wi-Fi/WiMAX)を使っていて、自宅もモバイルWiFiだけで済ませてる人が光回線へ乗り換え検討しているなら要チェック。

どの光回線へ乗り換えたら良いのか、キャリアと損しない最良窓口セットで解説します。

 

※急ぎで探してる人はチェック

 

TERU
私は元々ネット回線の代理店に勤務していて、訪問販売・電話営業・キャンペーンサイト運営経由で光回線含むネット回線を販売していました。

業界のプロである私が現状モバイルWi-Fiを使っていて、光回線に乗り換えるならどうするか目線で解説します

私の業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

モバイルWiFi(WiMAX等)から乗り換え光回線候補【※スペック徹底比較】

モバイルWi-Fiから乗り換え候補一覧

※当ページ上に掲載の料金・価格税込み表記(10%)となっています。
※↓各光回線名をタップクリック)すると詳細へ飛べます。

光回線名
(種類)
月額料金 事務手数料

新規工事費
(合計費用)
スマホセット割
(スマホキャリア)
キャッシュバック 解約金補填
キャッシュバック
最低利用期間
(違約金)
ドコモ光ドコモ光(光コラボ) 戸建5,720円
マンション4,400円
↑料金タイプA
※最安値は『タイプA』
3,300円
+
戸建22,000円
マンション22,000円
※工事費0円
合計3,300円
ドコモ光セット割
docomo
10,000円~
(当サイト限定)
最低●●,000円〜確定
15,000円
※キャッシュバック上乗せ
(金額一律支給)
GMOとくとくBB
公式特設サイト限定
CB特典のため注意
24ヶ月間の自動更新
(違約金)
戸建5,500円
マンション4,180円
GMOとくとくBB光
別名:GMO光アクセス

GMOとくとくBB光(光コラボ)
戸建4,818円
マンション3,773円
※↑当サイト経由限定の
最安値月額料金
3,300円
+
戸建26,400円
マンション25,300円
※工事費実質0円
合計3,300円
- 5,000円~
(当サイト限定)
最低●●,000円〜確定
最大●●,000円
※解約金を全額負担
最新の最大金額は↑の
公式特設サイト確認可能
契約期間なし
(違約金)
0円
ビッグローブ光ビッグローブ光(光コラボ) 戸建5,478円
マンション4,378円
新規1,100円
+
戸建28,600円
マンション28,600円
※工事費実質0円
合計1,100円
auスマートバリュー
au
自宅セット割
UQmobile
(公式特設サイト限定)
40,000円
(代理店の場合)
新規:25,000円前後
転用:10,000円前後
事業者変更:10,000円前後
※代理店の場合CB減額
窓口選びに注意が必要
0円 36ヶ月間の自動更新
(違約金)
戸建4,230円
マンション3,360円
※引越先で継続利用すると
引越し先の再工事費も無料
ソフトバンク光
ソフトバンク光(光コラボ)
戸建5,720円
マンション4,180円
3,300円
+
戸建31,680円
マンション31,680円
※工事費実質0円
合計3,300円
おうち割光セット
SoftBank
おうち割光セット(A)
Ymobile
(当サイト限定)
新規▼
40,000円
+
Wi-Fiルーター
転用▼
19,000円
+
Wi-Fiルーター
事業者変更▼
19,000円
+
Wi-Fiルーター
※Wi-Fiルーター市場価格
10,000円前後が目安に
(一般代理店の場合)

新規:37,000円前後
転用:15,000円前後
事業者変更:15,000円前後
最大100,000円
※解約金を全額負担
24ヶ月間の自動更新
(違約金)
戸建5,720円
マンション4,180円
@nifty光@nifty光(光コラボ) 戸建5,720円
マンション4,378円
3,300円
+
戸建22,000円
マンション22,000円
※工事費実質0円
(合計3,300円)
auスマートバリュー
(au)
自宅セット割
(UQmobile)
20,000円前後 0円 24ヶ月間の自動更新
(違約金)
戸建4,400円
マンション3,300円
auひかりauひかり(独自光回線) 戸建5,610円
マンション3,740円~5,500円
※マンションは建物で
月額料金プランが別
3,300円
+
戸建41,250円
マンション33,000円
※工事費実質0円
(合計3,300円)
auスマートバリュー
(au)
自宅セット割
(UQmobile)
50,000円前後 最大30,000円
※解約金を全額負担
36ヶ月間の自動更新
(違約金)
戸建4,730円
マンション2,730円
※戸建プランは別途撤去費用31,680円が発生
コミュファ光
コミュファ光(独自光回線)
※東海地区+長野県限定
戸建5,170円
マンション4,070円
770円
+
戸建27,500円
マンション27,500円
※工事費実質0円
(合計770円)
auスマートバリュー
(au)
自宅セット割
(UQmobile)
20,000円前後 原則上限なし
※解約金を全額負担
24ヶ月間の自動更新
(違約金)
戸建5,500円
※戸建てプランは別途
撤去費用発生

マンション5,500円
eo光eo光(独自光回線)
※関西地区+福井県限定
戸建5,448円
マンション3,876円
※マンションは建物で
月額料金プランが別
3,300円
+
戸建29,700円
マンション29,700円
※工事費実質0円
(合計3,300円)
auスマートバリュー
(au)
自宅セット割
(UQmobile)
0円 最大60,000円
※解約金を全額負担
2年間
(違約金)
戸建5,110円
マンション1ヶ月分の月額料金
※戸建てプランは
別途撤去費用発生
※マンションは建物で
月額料金が変動
メガ・エッグメガ・エッグ(独自光回線)
※中国地区限定
戸建5,720円
マンション4,070円
3,300円
+
戸建38,500円
マンション最大38,500円
※工事費実質0円
(合計3,300円)
auスマートバリュー
(au)
自宅セット割
(UQmobile)
20,000円前後 戸建最大80,000円
マンション最大50,000円
※解約金を全額負担
24ヶ月間の自動更新
(違約金)
1ヶ月分の月額料金
※別途戸建は撤去費用発生
ピカラ光ピカラ光(独自光回線)
※四国地区限定
戸建5,720円
マンション4,400円
0円
+
戸建27,500円
マンション27,500円
※工事費実質0円
(合計0円)
auスマートバリュー
(au)
自宅セット割
(UQmobile)
25,000円前後 0円 2年間
(違約金)
1ヶ月分の月額料金
※別途戸建は撤去費用発生
BBIQビビック(BBIQ)(独自光回線)
※九州地方限定
戸建5,830円
マンション4,510円
0円
+
戸建27,500円
マンション27,500円
※工事費実質0円
(合計0円)
auスマートバリュー
(au)
自宅セット割
(UQmobile)
30,000円前後 0円 24ヶ月間の自動更新
(違約金)
1ヶ月分の月額料金
※別途戸建は撤去費用発生
NURO光NURO光(独自光回線) 戸建5,200円
マンション5,200円
3,300円
+
戸建44,000円
マンション44,000円
※工事費実質0円
(合計3,300円)
おうち割光セット
(SoftBank)
45,000円前後 最大60,000円
※解約金を全額負担
36ヶ月間の自動更新
(違約金)
戸建3,850円
マンション3,850円
※配線撤去希望時は
別途11,000円発生
(戸建・マンション共通)
モバイルWiFi
※WiMAX含む
モバイルルーター
(移動式通信)
※今使ってるのはコチラ
比較用
4,000~5,000円台
※各社で料金が異なるが
大体↑の月額料金幅
3,000円前後
+
端末代金
20,000~30,000円前後
※端末代金実質0円などもある
【WiMAXの場合】
auスマートバリュー
(au)
自宅セット割
(UQmobile)
10,000~20,000円前後
※キャリアによる
0円 キャリアによりバラバラ
(上限は月額料金1か月分)

※短期解約は端末代金残債
一括支払い必要になる

 

↑がモバイルWiFiから乗り換えに最適候補の光回線をピックアップしました。

モバイルWiFiに関しては、種類が多すぎてあくまで目安料金・初期費用(=光回線で言う工事費)を↑に掲載しました。

今自宅用でまともに使おうとするのであれば、基本的に月額料金は4,000~5,000円台になることが多く、他と比較するとわかるように光回線とほぼほぼ料金は変わりません
※場合によっては光回線より安くできるケースもある。

そのため自宅でネット回線を使うことをメインにするのであれば、通信品質は大幅に安定・高速・快適になって月額料金はほぼ同じで使える

加えて端末代金残債などがあっても、上手に乗り換えればキャッシュバックでカバーできるので自己負担なく乗り換えは現実的に可能です。

 

ちなみに、光回線も乗り換え先は無数に存在しているので、↑で挙げた光回線以外にも当然選択肢はあります。

ただし!光回線事業のような先行投資が必要になるインフラでは、中小企業が運営しているものよりも大手企業が運営しているものを選択した方が全てにおいてスペックが勝るわけです。

資本力・運営体力を考えると大手であれば、ギリギリまで還元して、最低限の利益で黒字は向こう何年で回収すれば問題ないわけですが、中小企業ではそこまでの体力はありません。

単純にスペック勝負となると大手光回線キャリアの方が少し無茶なスペックを組めるので、月額料金が安く、工事費無料、高額キャッシュバック、セット割など実現可能です。

加えて、通信品質に関しても「黒字化するまで継続してもらう必要がある!」ため、長くユーザーでいてもらう努力を怠らない傾向が高いわけです。

結果的に無数にある光回線ですが、大手光回線利用者が大半を占める形になり、中小企業キャリアは撤退を余儀なくされてます。

ユーザー目線で見ても大手光回線を選択することが最良ってわけなので、↑の比較表にピックアップしたものは全て大手光回線ってわけです。

 

ということで実際にモバイルWiFiからもっと絞ってどこにしたらいいのか?を↓次の項目で詳しく解説していきます。

 




 

モバイルWiFi(WiMAX等)から乗り換えにおすすめ光回線ならコレ【※4選】

 

↑の4光回線がモバイルWiFiから乗り換えるなら推奨する光回線です。

選び方はシンプルで今ご自身が利用しているスマホキャリアに応じて、光回線を選択するだけです。

それだけで最良な組み合わせを選択可能です。

ただし、最適な光回線キャリアがわかっただけじゃなく、最良な申込み窓口を選択しないと大幅に損してしまうこともあるので必ず間違えずに選んでください

詳細は↓で各光回線毎に解説しているので読み進めてみてください。

 

ドコモ光【必須スマホdocomo】

評価
▼▼▼▼
ドコモ光

ドコモ光限定キャッシュバック特典

docomo・ドコモ光の実質月額料金▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
ドコモ光
月額料金
5,720円 4,400円
ドコモ光セット割
※↑の月額料金から割引
-1,100円docomo1台
※最大20台まで適用可能
最大-22,000円
-1,100円docomo1台
※最大20台まで適用可能
最大-22,000円

【ドコモ光セット割適用時】
ドコモ光
実質月額料金
※台数はdocomoの契約数
1台4,620円
2台3,520円
3台2,420円
4台1,320円
5台220円
▼実質タダになる▼
6台-880円


20台-16,280円
1台3,300円
2台2,200円
3台1,100円
▼実質タダになる▼

4台0円

20台-17,600円

※「ドコモ光実質月額料金」はdocomo契約の台数分だけ「ドコモ光月額料金」から割引される。
ドコモ光実質月額料金』=「ドコモ光月額料金」-「ドコモ光セット割金額」
例、家族含むdocomo契約数が4台の場合は毎月総額-4,400円割引されるイメージ。

 

docomo×ドコモ光が必須な理由▼

  1. docomo×ドコモ光で『ドコモ光セット割』が組め、家族含むdocomoユーザー最大20台分まで1台につき各docomo月額料金から毎月-1,100円の割引が受けられ、最強クラスの割引が適用できるから。
    例、docomoユーザーが家族含めて5人いた場合、各家族のdocomoの月額料金から総額で毎月-5,500円の割引が受けられるから、ドコモ光がタダ同然で使えてしまう。
  2. モバイルWiFiから乗り換え時の新規工事費完全無料
  3. 高額キャッシュバックが貰える(業界高水準)
    ※申込み窓口によってキャッシュバック金額・実施有無が異なるため注意。
  4. 「3」の高額キャッシュバックに加えて、モバイルWiFiで解約金(端末残債含め)が出た場合、解約金負担キャッシュバックが上乗せされる。
  5. 自宅に設置する高性能WiFiルーター(=無線LANルーター)無料レンタルできる。
    ※最終的にWiFiルーター返却不要で実質プレゼントなプロバイダもあり。返却不要ルーター詳細はコチラ
  6. 10ギガ対応エリアで10Gbpsプラン利用可能

 

docomoユーザーならドコモ光1択ですし、それ以外の選択肢はないと言っても過言ないです。

大きな点を言うと、ドコモ光セット割docomoユーザー限定キャッシュバックが貰えるからです。

それ以外の面でも工事費完全無料であったり、高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる点などもあります。

仮に単身(1人だけ)で、ドコモ光セット割の適用が1台だけであっても、ドコモ光の実質月額料金が最安値クラスになりますし、家族含めてスマホセット割が複数適用できるのであれば実質月額料金が半額~無料レベルにもなります。

これはどれだけ安い光回線が今後登場しても勝てないと断言できます。

 

ただし!docomo以外のキャリアの人はドコモ光を選ぶべきじゃないです。

理由は単純でドコモ光セット割の適用不可と高額キャッシュバックがもらえないからです。

高額キャッシュバックが適用できない理由は、docomoユーザー以外↑のようなWEB特典サイト経由で申込みできないからで、docomoユーザー以外がドコモ光を申込みするにはドコモショップへ足を運ぶ必要があるのです。(ショップ経由の場合はキャッシュバックなし)

この点を考慮すると結果的に他社ユーザーはドコモ光を選ぶべきじゃないという結論に至ります。

 

ビッグローブ光【推奨スマホau/UQmobile】

評価
▼▼▼▼
ビッグローブ光

ビッグローブ光公式×キャッシュバック

au/UQmobile・ビッグローブ光の実質月額料金▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
ビッグローブ光
月額料金
+
光電話
月額料金
5,478円
+
550円
4,378円
+
550円
各セット割引▼
auスマートバリュー

自宅セット割
※↑の月額料金から割引
【auスマートバリュー】
-1,100円au1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【自宅セット割】
-1,100円UQmobile1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【auスマートバリュー】
-1,100円au1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円

【自宅セット割】
-1,100円UQmobile1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【各スマホセット割適用時】
ビッグローブ光
実質月額料金
※台数はau/UQmobileの契約数
1台4,928円
2台3,828円
3台2,728円
4台1,628円
5台528円
▼実質タダになる▼
6台-572円


10台最大-4,972円
1台3,828円
2台2,728円
3台1,628円
▼実質タダになる▼

4台-528円

10台最大-6,072円

※各スマホセット割…auスマートバリュー・自宅セット割のこと。スマホセット割はビッグローブ光契約者のスマホに準じてどちらか1つのみ適用可能。
※「ビッグローブ光実質月額料金」はau/UQmobile契約の台数分だけ「ビッグローブ光月額料金」から割引される。
ビッグローブ光実質月額料金』=「ビッグローブ光月額料金+光電話月額料金」-「auスマートバリュー・自宅セット割各金額」
例、ビッグローブ光契約者がauユーザーならauスマートバリュー適用で家族含むau4台なら毎月最大-4,400円割引されるイメージ。
auスマートバリュー・自宅セット割の各セット割適用にはどちらも光電話契約必須です。(どの光回線であってもセット割適用には光電話契約が
必須

 

au/UQmobile×ビッグローブ光が推奨な理由▼

  1. au×ビッグローブ光で『auスマートバリュー』、UQmobile×ビッグローブ光で『自宅セット割』のどちらか1つが組め、家族含むau/UQmobileユーザー最大10台分まで1台につき各au/UQmobile月額料金から毎月最大-1,100円の割引が受けられ、強大な割引が適用できるから。(ビッグローブ光契約者のスマホキャリアに準じてどちらかのセット割が適用される)
    例、auユーザーが契約者と家族含めて4人いた場合、各家族のau月額料金から総額で毎月最大-4,400円の割引が受けられるから、ビッグローブ光が実質タダ同然で使えてしまうことになる。
  2. モバイルWi-Fiから乗り換え時の新規工事費実質無料
  3. 高額キャッシュバックが貰える(業界高水準)
    ※申込み窓口によってキャッシュバック金額・実施有無異なるので注意
  4. 契約途中で引っ越しが発生してもビッグローブ光継続利用で引っ越し先工事費もキャリア負担で無料
    ※他社光回線は基本的にこのパターンは全額自己負担になるので、ビッグローブ光の強みで引っ越しが多い人にもおすすめできる。
  5. 10ギガ対応エリアで10Gbpsプラン利用可能

 

au・UQmobileユーザーであれば数多くスマホセット割が適用できる光回線ある中で最良なのはビッグローブ光です。

月額料金・工事費無料・高額キャッシュバック・品質などのバランスが1番取れているからです。

スマホセット割適用時のスマホの月額料金の割引がとにかく大きいので、各ユーザーは各セット割を適用するのは必須なわけですが、ビッグローブ光以上に最適なバランスを持ってる光回線はないです。

特にビッグローブ光限定でやってる何度引っ越ししても工事費無料があるのは安心感も抜群です。

 

ちなみに、モバイルWi-Fiで現状WiMAXを使ってる人の場合、au・UQmobileで同じスマホセット割を適用していると思います。

光回線へ乗り換えても同じく適用できるので、そのあたりは安心して乗り換えて問題有りません。

 

ソフトバンク光【推奨スマホSoftBank/Ymobile】

評価
▼▼▼▼
ソフトバンク光

ソフトバンク光

SoftBank/Ymobile・ソフトバンク光の実質月額料金▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
ソフトバンク光
月額料金
+
指定オプション
月額料金
5,720円
+
550円
4,180円
+
550円
各セット割引▼
おうち割光セット


おうち割光セット(A)】
※↑の月額料金から割引
【おうち割光セット】
-1,100円SoftBank1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【おうち割光セット(A)】
-1,650円Ymobile1台
最大10台まで適用可能
最大-16,500円
【おうち割光セット】
-1,100円SoftBank1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【おうち割光セット(A)】
-1,650円Ymobile1台
最大10台まで適用可能
最大-16,500円
【各おうち割光セット適用時】
ソフトバンク光
実質月額料金
※台数はSoftBank/Ymobile契約数
【おうち割光セット】
1台5,170円

2台4,070円
3台2,970円
4台1,870円
5台770円
▼実質タダになる▼
6台-330円


10台最大-4,730円
【おうち割光セット(A)】
1台4,620円
2台2,970円
3台1,320円
▼実質タダになる▼
4台-330円

10台最大-10,230円
【おうち割光セット】
1台3,630円

2台2,530円
3台1,430円
▼実質タダになる▼

4台-330円

10台最大-6,270円
【おうち割光セット(A)】
1台3,080円
2台1,430円
▼実質タダになる▼
3台-22円
4台-1,672円

10台最大-11,770円

※各スマホセット割…おうち割光セット・おうち割光セット(A)のこと。スマホセット割はソフトバンク光契約者のスマホに準じてどちらか1つのみ適用可能。
※「ソフトバンク光実質月額料金」はSoftBank・Ymobileの契約台数だけ「ソフトバンク光月額料金」から割引される。
ソフトバンク光実質月額料金』=「ソフトバンク光月額料金+指定オプション月額料金」-「おうち割光セット」(「おうち割光セット(A)」)
例、ソフトバンク光契約者がSoftBankユーザーなら家族含むSoftBank3台なら毎月最大-3,300円の割引されるイメージ。
※各おうち割光セットの適用には各指定オプションの契約が必須です。(おうち割光セット適用可能な光回線共通で指定オプション【光電話】が必須

 

SoftBank/Ymobile×ソフトバンク光が推奨な理由▼

  1. SoftBank×ソフトバンク光で『おうち割光セット』、Ymobile×ソフトバンク光で『おうち割光セット(A)』のどちらか1つ組めて、家族含むSoftBank/Ymobileユーザー最大10台分まで1台につき各au/UQmobile月額料金から毎月最大-1,100円(Ymobileは毎月最大-1,650円)の割引が受けられ、大きな割引が適用できるから。(ソフトバンク光契約者のスマホキャリアに準じてどちらか1つのセット割が適用される)
    例、Ymobileユーザーが契約者と家族含めて3人いた場合、各家族のYmobile月額料金から総額で毎月最大-4,950円の割引が受けられ、実質的にソフトバンク光が実質タダ同然で使えてしまうほどの割引になる。
  2. モバイルWiFiから乗り換え時の新規工事費実質無料
  3. 高額キャッシュバックが貰える(業界高水準)
    ※貰えるキャッシュバック金額・特典実施有無は窓口によって異なる。
  4. 「3」の高額キャッシュバックとは別で、モバイルWi-Fiで解約金(端末残債含め)が発生したら、解約金負担キャッシュバックで全額補填してもらえる。
  5. 10ギガ対応エリアで10Gbpsプラン利用可能

 

SoftBank・Ymobileユーザーなら同じ会社のソフトバンク光です。

特にYmobileにはソフトバンク光以外でスマホセット割が組める光回線はありませんし、割引金額が圧倒的に大きいので適用しない選択肢はありません。

貰えるキャッシュバック金額であったり、モバイルWiFiの端末残債含む解約金を全額補填してもらえるので自己負担なく乗り換えできるのは抜群に素晴らしいポイントです。

むしろ高額キャッシュバックも別で貰えるので、乗り換えてえたら「むしろ財布が潤ってしまった…」なんてことになるでしょう。

 

GMOとくとくBB光【最適スマホ格安SIM】

評価:
▼▼▼▼
GMOとくとくBB光
(別称:GMO光アクセス)

GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光の月額料金▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
GMOとくとくBB光
月額料金
4,818円 3,773円

※格安SIMとのセット割はないので、純粋なGMOとくとくBB光の月額料金です。

 

格安SIMユーザー×GMOとくとくBB光が最適な理由▼

  1. 月額料金が光回線の中でも最安値級なので、元々安く使える格安SIMとの相性が抜群に良いから
  2. モバイルWi-Fiから乗り換え新規工事費実質無料
  3. 高額キャッシュバックが貰える(業界高水準)
    ※申込み窓口によって金額は異なるので窓口選びに注意
  4. 「3」の高額キャッシュバックに加えて、モバイルWi-Fiで解約金(端末残債含む)が発生したら解約金負担キャッシュバックが上乗せされる。
  5. 契約縛りなし・違約金0円
  6. 自宅に設置する高性能Wi-Fiルーター(無線LANルーター)無料レンタルでき、規定期間利用すると最終的にプレゼントされる。
  7. 10ギガ対応エリアで10Gbpsプラン利用可能

 

大手スマホキャリア以外の人である格安SIMユーザーならば、上記3光回線ではなく最安値級の光回線であるGMOとくとくBB光がおすすめです。

とは言え、この月額料金帯の光回線は↓の記事でまとめたように他にも選択肢はあります。

 

ただし、以下の内容で群を抜いてGMOとくとくBB光が優れています。

 

GMOとくとくBB光が他社より優れてる点▼

  1. 契約縛りなし・違約金0円
  2. 高額キャッシュバック
  3. 解約金負担キャッシュバック
  4. 高性能Wi-Fiルーター無料レンタルとプレゼント
  5. 10ギガ対応

↑の全てを兼ね備えた最安値級光回線は他にないでしょう。

 

以上の4光回線がモバイルWiFiから乗り換えるのにおすすめキャリアでした。

プロが自身もって推奨できるので、急ぎの人は参考にしてみてください。

 

ちなみに、自分で光回線を選んでみたい!なんて人は↓で詳しくポイントをまとめてるので合わせて参考にしてみてください。

 

モバイルWiFiから乗り換え前の注意点と選び方とは

 

↑の3点のポイントを抑えておけばモバイルWiFiからの乗り換えであっても失敗なく選ぶことが可能です。

各項目でより詳細に解説しているので合わせて参考にしてみてください。

 

スマホセット割適用可能光回線を選択(※大手スマホのみ)

要するに▼

  1. 大手スマホを利用している人は必ずスマホセット割適用可能光回線から選ぶこと。格安SIMユーザーの人はスマホセット割は考えなくて問題なし。
    ※大手スマホキャリア…docomo・au・UQmobile・SoftBank・Ymobile。それ以外のユーザーをここでは格安SIMユーザーと定義。
  2. 格安SIMユーザーにも稀にスマホセット割はあるが、大手スマホのような大きな割引且つ複数契約台に適用されることはなく毎月最大100~300円程度の割引しかされないため。

 

大手キャリアと光回線とのセット割はとにかく恩恵がでかいので、光回線を選ぶ上で絶対に無視できません。

反対に上に挙げたスマホキャリアユーザー以外の格安SIMユーザーであれば、とにかく光回線単体で安く、総合的にバランスの取れてるスペックで選ぶだけで良いです。

ちなみに大手スマホキャリアとのセット割が組める光回線は、総合的にバランスが取れてるのでさすが大手といった感じです。

 

光コラボの光回線を選択

要するに▼

  1. NTTのフレッツ光回線を使った光コラボシリーズの光回線から選ぶべき。提供エリアも全国で1番広く、フレッツ光利用可能なら利用できるから。
  2. 反対に自社でやってる独自光回線の場合、提供エリアが限定的且つベースの工事費が高く設定され、解約時には配線撤去費が必要になったりするなど光コラボにはない出費もあるので基本推奨しない。
    ※独自光回線例…auひかり、電力会社系光回線、NURO光、CATV系光回線等
  3. スマホセット割の観点でも、docomo・Ymobileに関しては独自光回線で適用できるものがない
  4. 光コラボが使えず、独自光回線のみ使える場合にのみ独自光回線を選ぶのが無難。

 

光コラボとか独自光回線複雑になってきましたが、「原則光コラボ!」とおぼえておけば全く問題ありません。

というより仮に「独自光回線を使いたい!」となっても使えない人の方が多いレベルです。

光コラボよりも独自光回線を優先して選ぶメリットが現状はなく、光コラボが登場した2015年頃は「光回線をシェアしている光コラボより、独自光回線の方が快適!」なんて言われてました。

ただし、現状はIPv6標準化され、バックボーンの強化もされてる反面、独自光回線はユーザー増加による圧迫もあるので、品質を考えても優先する必要はないです。

 

端末代金など解約金をカバーできる光回線を選択(※自己負担なし光回線)

要するに▼

  1. モバイルWiFiを解約する際に、違約金・端末分割支払い残債の合算した解約金が高額になるリスクがある。
  2. 次に乗り換える光回線で高額キャッシュバックをもらうことで、解約金が高額化してもリスクなく乗り換えできるため、最短翌月から乗り換えしてみるのも有り。

 

長くモバイルWi-Fiを使っていたり、端末は自分で用意した場合には解約金が高額化することはありませんが、契約したばかりの人は端末残債があるので高額化します。

とは言え、充分カバーできるくらいのキャッシュバックは光回線契約で貰えるので必ず活用しましょう。(解約金がなくてもキャッシュバックは貰える)

このことを知らずキャッシュバックがもらえない光回線や窓口で申込みすると、仮に月額料金が安くなっても乗り換えコストが高すぎて、「元を取るのに数年かかる…」なんて事故みたいな現象が発生しかねませんからね。

 

以上の3点を抑えて光回線を探せば最終的に「モバイルWiFi(WiMAX等)から乗り換えにおすすめ光回線ならコレ【※4選】」の項目でピックアップした光回線にたどり着くわけです。

ご参考にしてみてください。

 

まとめ

  • モバイルWi-Fiから乗り換え候補になる光回線は厳選できる。無数に光回線はあるが基本的に大手キャリアからピックアップして比較検討すればよく、中小企業キャリアはスペックが弱いので比較しなくても良い。
  • 乗り換えにおすすめできる光回線は最終的に4つの光回線にまで厳選でき、今使ってるスマホキャリアに応じて選ぶ光回線が決まる。
  • 自分で光回線を選ぶ場合には、3点の注意点を抑えておくといい。

 

モバイルWi-Fiから光回線へ乗り換える場合には、大掛かりでコストもかかるイメージを持つ人もいるかもしれません。

ただし、実際にはそうではなくコストは同等むしろ安くなるなんてことも充分ありえます。

工事内容自体も機械・器具でガチャガチャやるわけじゃないので至ってシンプルです。

通信品質も確実にモバイル回線より大幅によくなるので、不満に思ってる人も思い切って乗り換えてみましょう。

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。
※気になる点・不明点などあれば当ページ最下部にあるコメント欄へ自由に書いてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-Wi-Fiルーター

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2024 AllRights Reserved.

▼モバイルWiFiから乗り換えにおすすめ▼
【最強】光回線4選をチェック
▼モバイルWiFiから乗り換えにおすすめ▼
【最強】光回線4選をチェック