『ハイテル』ネット回線総合メディア ~節約・仕事・投資~

Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル)

当メディア記事内には一部広告を掲載しています。消費者庁の「ステルスマーケティング規制法」に基づいた表記をしておりますのでご安心頂ければと思います。気になる点がございましたらお問い合わせ頂ければ幸いです。
ドコモ光『OCN インターネット』『GMOとくとくBB』比較

ドコモ光

【迷う…】ドコモ光『OCN インターネット』『GMOとくとくBB』比較【どっち】

更新日:

ドコモ光提携プロバイダの中でも高額還元の『OCN インターネット』と『GMOとくとくBB』。

今回はこれからドコモ光を契約検討してて、特典の強い2社プロバイダのどちらかで迷ってる人に向けて解説します。

 

TERU
私は元々NTTフレッツ光の販売代理店に勤務していて、キャンペーンサイト経由や訪問営業・電話営業経由で光回線の販売をしていました。

その見解と現状もネット回線メディアを運営しているので、私が「これからドコモ光を契約するなら…」いろんな目線で解説していきます。

私の業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

再生数7万回突破!
ドコモ光のプロバイダ選び方を私が解説した動画↓

合わせて読むべき記事↓

ドコモ光の『OCN インターネット』と『GMOとくとくBB』を比較

※当ページ上に掲載の料金・価格は税込み表記(10%)となっています。

ドコモ光
プロバイダ
OCN インターネット
OCN インターネット
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
月額料金
※料金タイプ
【1ギガ以下プラン】
戸建5,720円
マンション4,400円
【10ギガプラン】
戸建6,380円
マンション6,380円
※OCN インターネットは料金タイプA
【1ギガ以下プラン】
戸建5,720円
マンション4,400円
【10ギガプラン】
戸建6,380円
マンション6,380円
※GMOとくとくBBは料金タイプA
10ギガプラン
IPv6(IPoE)
IPv4 over IPv6対応可否

※自社のTier1IPバックボーン利用

※v6プラス利用
Wi-Fiルーター
(無線LANルーター)
提供サービス
【1ギガ以下プラン】
ルーターレンタル無料
【10ギガプラン】
優待販売サービスで8,980円にて販売
(30,000円前後の品)
【1ギガ以下プラン】
ルーターレンタル無料
【10ギガプラン】
月額レンタル料390円
309円に値下げされました
レンタルルーター
返却有無
1年間利用で返却不要
※10ギガは販売品なので返却不要
3年間利用で返却不要
キャッシュバック特典 【1ギガ以下プラン】
新規:37,000円
転用:32,000円
事業者変更:37,000円
【10ギガプラン】
※2024年4月1日から増額▼

新規:50,000円⇒55,000円
転用:32,000円⇒37,000円
事業者変更:37,000円⇒42,000円
【1ギガ以下プラン】
新規:10,000円~
転用:10,000円~
事業者変更:10,000円~
【10ギガプラン】
新規:30,000円~
転用:30,000円~
事業者変更:30,000円~
※有料オプション付与でキャッシュバック増額
▼当メディア経由限定特典はコチラ▼
【1ギガ以下プラン】
新規・転用・事業者変更
38,000円

【10ギガプラン】
新規・転用・事業者変更
51,000円

※他社から乗り換え時↑+15,000円増額
▲当メディア経由限定特典以上▲
ドコモ光公式キャンペーン 併用可能
(工事費無料)
(dポイントプレゼント)
併用可能
(工事費無料)
(dポイントプレゼント)

 

↑の比較表でわかりやすくドコモ光×OCN インターネットとドコモ光×GMOとくとくBBをまとめています。

まず先に、この2社では一概に「こっちの方が良い!」ってのが断定するのが難しいので、その点踏まえて自分に少しでも向いてると感じる方へ寄せていくのをおすすめします。

 

また大原則の共通事項で言えるのは、ドコモ光公式キャンペーンやドコモ光セット割等に関しては、「OCN インターネット」「GMOとくとくBB」のどちらであっても共通して適用可能です。

そのため、どちらかのプロバイダ・窓口のみでしか適用されないキャンペーンWi-Fiルーター提供サービスプロバイダ速度品質などを考慮して選ぶのが最良となるわけです。

 

ただしぱっと見ただけでは、どちらを選択すればよいのか判断できない人も多いので↑の各4項目でそれぞれわけて解説しているので参考にしてみてください。

先に結果だけを知りたい人は↓から各プロバイダおすすめな人をまとめてるのでご参考にしてみてください。

⇒ ドコモ光『OCN インターネット』がおすすめな人

⇒ ドコモ光『GMOとくとくBB』がおすすめな人

 




月額料金で比較(料金タイプで比較)

ドコモ光
プロバイダ
OCN インターネット GMOとくとくBB
1ギガ以下・10ギガ
料金タイプ
A A
月額料金 【1ギガ以下プラン】
戸建5,720円
マンション4,400円
【10ギガプラン】
戸建6,380円
マンション6,380円
【1ギガ以下プラン】
戸建5,720円
マンション4,400円
【10ギガプラン】
戸建6,380円
マンション6,380円
Wi-Fiルーター(無線LANルーター)
レンタル月額料金
1ギガ以下:0円
10ギガ:8,980円にて販売
(30,000円前後の品なので2万円前後の割引優待)
※36ヶ月間の利用で考えると1ヶ月間レンタル料249円相当
1ギガ以下:0円
10ギガ:390円⇒309円

結論▼

  • 月額料金はドコモ光料金タイプAで両方同じのため全く同じ
  • ただし、10ギガプラン利用時のWi-Fiルーター提供サービスで『GMOとくとくBB』に関してはレンタル料金が発生し、『OCN インターネット』に関しては割引購入なのでそれぞれコスト比較をして検討することで、実質的な月額料金に多少差が生じる(考え方によっては毎月20円前後OCN インターネットが安く、長く利用すればするほど実質月額料金は安く、お得になる。)

 

月額料金面でみるとどちらのプロバイダもドコモ光提携プロバイダ最安値の「料金タイプA」なので戸建・マンションタイプどちらをとっても差はありません。

ただし、10ギガプランでの申し込みを考慮すると若干月額料金差が発生する可能性があります。
※1ギガプランに関しては両者レンタル料金は0円なので一切月額料金差は発生しない。

↑にまとめた通り、『OCN インターネット』に関しては格安販売、『GMOとくとくBB』に関してはレンタルなので長く利用すればするほどコスパが良いのは『OCN インターネット』になり安く使えます。

そのため『OCN インターネット』のWi-Fiルーター特典は人気があり、欠品で予約待ちになりがちなので検討している人は早めに抑えておくのを推奨します。

⇒ 【10ギガプラン】Wi-Fiルーター購入方法・流れ|OCN インターネット

 

ただし、そんな『OCN インターネット』にもデメリットはあり、購入後にメーカー保証を超える故障(=メーカー保証対象外)が発生した場合再度購入、もしくはドコモ光から10ギガ対応ルーターのレンタル(毎月550円)が必要になるため早期に壊れてしまった場合には高くなる場合もあります。

反面、『GMOとくとくBB』であればレンタル品なので故意的な故障でなければ交換対応などもしてもらえる安心感はあります。

 

TERU
とは言え、ここまで不確定要素な部分と微差の部分で迷うのは時間の無駄になるので、ここで決定的な優位はないように感じるので自分が「良い!」と思った方を優先するので良いです

 

通信速度品質で比較(1ギガ・10ギガ対応可否)

ドコモ光
プロバイダ
OCN インターネット GMOとくとくBB
ダウンロード 1ギガ以下プラン:最大1Gbps
10ギガプラン:最大10Gbps
1ギガ以下プラン:最大1Gbps
10ギガプラン:最大10Gbps
アップロード 1ギガ以下プラン:最大1Gbps
10ギガプラン:最大10Gbps
1ギガ以下プラン:最大1Gbps
10ギガプラン:最大10Gbps
IPv6(IPoE)
IPv4 over IPv6
対応◯
※自社のTier1IPバックボーン利用
対応◯
※v6プラス利用
運営会社 NTT docomo GMOインターネットグループ

結論▼

  • 『OCN インターネット』『GMOとくとくBB』共に最大10Gbpsに対応したプラン且つIPoEIPv4 over IPv6に対応しているので理論上のスペックは同等。
  • 運営している企業規模で考えてもOCN インターネットは天下のNTT docomoであるが、GMOとくとくBBも日本トップクラスの企業GMOインターネットグループなのでここも大差はない
  • 通信速度品質での差は特別なし、ケースバイケースでどちらかの方が快適になり得るため判断不可

 

自分は通信速度の品質を重視するから優れてる方を選択したい!」なんて思ってる人もいると思いますが、結論その判断でどちらか1つを選択するのは難しいです。

まず表面スペックはどちらも同じですし、OCN インターネットのIPoEは世界トップクラスのバックボーンを利用しているというものですが、それがあるからGMOとくとくBBより通信実測が絶対に優れてるわけではないからです。

結局のところ、ここまでのレベルの争いであれば環境下の相性みたいなものに左右され、実際使ってみないとわからないってのが客観的な判断になります。

ただし、1つ言えるのはどちらをとっても優れた競争なので失敗はないのでご安心を。

 

TERU
企業規模で言えばNTT docomoが大きいわけですが、GMOインターネットグループも当然日本トップクラスの大手企業の1つです。

ここの部分で決めるならお好きな方を選択すれば良いと思います。

人によっては「それなら光回線・プロバイダも全てNTT docomo!」だからOCN インターネットを選択する人もいますし、「GMOとくとくBBの方が速いイメージがある!」でGMOとくとくBBを選ぶ人もいますから。

 

Wi-Fiルーター提供サービスで比較

Wi-Fiルータースペックで比較

ドコモ光
プロバイダ
OCN インターネット GMOとくとくBB
1ギガ以下プラン レンタル無料
※1年間利用でプレゼント(返却不要)
(NEC)
レンタル無料
※3年間利用でプレゼント(返却不要)
(BUFFALO・NEC・ELECOMから選択)
10ギガプラン 市場価格30,000円程が8,980円で優待販売
※24ヶ月で考えると1ヶ月間コスト374円目安で以後0円
(BUFFALO)
レンタル月額料金390円⇒309円
※3年間利用でプレゼント(返却不要)
(BUFFALO)

結論▼

  • ここにも大差はないし、比較したがたいので↓のそれぞれの情報を見てお好きな方を選択すれば良い
  • 1ギガ以下プランで考えると、レンタル料はどちらも無料なので同じ。1年間利用で貰えるOCN インターネットは凄い。GMOとくとくBBは3機種から選べるため選択肢の自由度は優勢。スペック自体は若干OCN インターネットのほうが良いけど微差なので、実測が変わるほどではない。
    ※Wi-Fiルータースペックの差は↓をご参考に。
    参考【おすすめ】ドコモ光ルーターレンタルはコレ…※料金・交換・購入
  • 10ギガプランで考えると、購入か有料レンタルかなので利用期間で考えるといい。仮に2~3年使うことを考えるとOCN インターネットの方がコストは微妙に安い。スペック自体はOCN インターネットの方が若干良いがこれも微差。
    ※仮に1年以内の解約をする場合であっても、OCN インターネットで購入したWi-Fiルーターが不要ならフリマアプリなので売却できるのでコスパ面は短期間であってもOCN インターネットが良い。(Wi-Fiルーターが3万円前後のものと考えると中古であってもそれなりの高額で売却可能。中古で2万円前後の売買実績有りなので実質無料以上に儲かってしまう。

 

Wi-Fiルーター提供サービスに関して言えば、どちらも同じような条件・スペックを用意しているので、優劣つけがたいところです。

ただし、厳密にいうとスペック自体は1ギガ・10ギガそれぞれ微妙に『OCN インターネット』が勝ってますが、GMOとくとくBBも1ギガなら選択できる点を考慮すると自由度があってこちらも強みがあると言えます。

10ギガプランのWi-Fiルーター提供サービスで言えば、『OCN インターネット』は格安購入、『GMOとくとくBB』は有料レンタルなのでそれぞれ特性が違います。

コスパの観点では長く利用することを考えると『OCN インターネット』が優勢な印象はあります。逆に短期間お試しの意味ではGMOとくとくBBの方が気軽です。

 

ちなみに、OCN インターネットの1ギガ・10ギガのWi-Fiルータースペック、GMOとくとくBBの1ギガ・10ギガのWi-Fiルータースペックの詳しい比較詳細は↓の記事で詳しくまとめてるので具体的なスペックを知りたい人は確認推奨です。

 

合わせて読むべき記事↓

 

TERU
ここに関しても両者プロバイダ善戦をしているので、お好きな方を選択すれば良いです。

どちらを選択しても失敗はないですからね。

 

キャッシュバック特典で比較

ドコモ光
プロバイダ
OCN インターネット
OCN インターネット
GMOとくとくBB
1ギガ以下プラン 【OCN インターネット公式特設サイト経由限定】
新規:37,000円
転用:32,000円
事業者変更:37,000円
※他窓口経由の場合↑は対象外なので注意
【当メディア経由限定特典の場合】
新規:38,000円
転用:38,000円
事業者変更:38,000円
※通常サイトから申し込みすると▼になるため注意
新規:10,000円
転用:10,000円
事業者変更:10,000円
10ギガプラン 【OCN インターネット公式特設サイト経由限定】
新規:50,000円⇒55,000円
転用:32,000円⇒37,000円
事業者変更:37,000円⇒42,000円
※他窓口経由の場合↑は対象外なので注意
【当メディア経由限定特典の場合】
新規:51,000円
転用:51,000円
事業者変更:51,000円
※通常サイトから申し込みすると▼になるため注意
新規:30,000円
転用:30,000円
事業者変更:30,000円
有料オプション付与の有無 不要 不要
※通常サイトは選択型でつけることで増額する
乗り換え解約金
キャッシュバック特典

※乗り換え時解約金発生時↑の金額+15,000円増額
キャッシュバック
申請手続き
必要 必要
キャッシュバック
振込時期
4ヶ月後 5ヶ月後
最良の特典窓口
※選び方の解説・特典がわかる

結論▼

  • 1ギガ以下プラン・10ギガプランで貰えるキャッシュバック金額は異なるが、どちらをとっても微妙にGMOとくとくBBの方がキャッシュバック金額は大きいので単純にキャッシュバック重視で「1円でも多く貰える方が良い」と思う人はおすすめ。
    ※ただし、当メディア経由限定特設サイトを活用しないとOCN インターネットの方がキャッシュバック金額は大きい。
  • OCN インターネットもキャッシュバック金額水準は最高峰間違いないが、GMOとくとくBBで「乗り換え解約金キャッシュバック特典」対象の人の場合、圧倒的にGMOとくとくBBの方がキャッシュバック金額は大きくなる
  • キャッシュバックが貰える時期が早いのはOCN インターネット

 

キャッシュバック特典をこの2社で比較するとかなり善戦しているわけですが、GMOとくとくBBが勝っています。

ただし!GMOとくとくBBは通常サイトで申し込みする場合だと、OCN インターネットよりも大幅にキャッシュバック金額が減ってしまうため当メディア経由限定キャッシュバック特典を活用する前提です。

また人によっては「新規契約だから乗り換え解約金もないし、GMOとくとくBBと1,000円しか差が出ないからOCN インターネットで良い」なんて判断できる場合もあります。

 

ちなみに、両者プロバイダ共にドコモ光のキャッシュバックが貰えるキャンペーン窓口としては最高峰です。
※OCN インターネットは公式特設サイト経由、GMOとくとくBBは当メディア経由限定特設サイトを経由する前提での話なので、違う窓口を選択すると↑の最高額のキャッシュバック金額はないため注意。

他窓口経由でキャッシュバック特典の有無、金額相場は↓の記事を参考にしてみてください。

 

 

TERU
キャッシュバック金額自体どちらを選択しても最高峰なので、失敗はありません。

場合によっては金額に大差はないので、キャッシュバック金額だけを主体で決めるより総合的に判断して選択するのが良いかと思います。

 

ということで次の項目からはそれぞれのプロバイダどっちを選択したら良いかの判断が難しいこともあるので、各プロバイダおすすめな人をそれぞれまとめました。

ここまででどちらを契約するか迷ってる人は参考にしてみてください。

⇒ ドコモ光『OCN インターネット』がおすすめな人

⇒ ドコモ光『GMOとくとくBB』がおすすめな人

 




ドコモ光『OCN インターネット』がおすすめな人

OCN インターネットがおすすめな人

OCN インターネットが推奨な人▼

  1. Wi-Fiルーター提供サービスを活用して最良スペックなものを希望する人。
    ※Wi-Fiルーター提供サービスの中でスペックが1番高い
  2. 10ギガプランWi-Fiルーター提供サービスの『優待販売』を受けて安く10ギガ対応ルーターをお得に購入したい人。
    ※優待販売は本当に安いのもあり物凄く人気のため、よく欠品予約待ちになっている。3万円前後のものが2万円以上割引されて購入でき、中古で2万円ぐらいで売れる実績があるため、実質+1万円いつ終わるか不明なので検討中の人はお早めに
  3. 1ヶ月でも早く高額キャッシュバック特典が欲しい人
  4. ドコモ光利用なので、プロバイダもNTT docomoでドコモ光と統一したい人。
  5. 過去にGMOとくとくBBでドコモ光の申し込みをしたことのある人。
    ※一度GMOとくとくBB×ドコモ光でキャッシュバックを貰ってる人はキャッシュバック対象外のため

 

↑の5点のどれかに該当している人はドコモ光×OCN インターネットを選択すると良いと判断できます。

特にOCN インターネットの強みはドコモ光と同じ運営プロバイダなので品質担保と、Wi-Fiルーター提供サービス(特に10ギガ)高額キャッシュバックです。

GMOとくとくBBと比較すると高額キャッシュバックの金額を超えるのは難しいわけですが、微差である場合もあります。

キャッシュバック特典の優先順位を少し落とすのであれば、OCN インターネットの選択は充分にありです。

 

TERU
同じNTT docomoで統一したいし、Wi-Fiルーターも最良のものを使って満足した通信品質が良い!って人は少しでもOCN インターネットを選択するのはおすすめです。

 

ドコモ光『GMOとくとくBB』がおすすめな人

GMOとくとくBBがおすすめな人

GMOとくとくBBが推奨な人▼

  1. キャッシュバックを1円でも多く欲しい人。
  2. 他社ネット回線からの乗り換えで、解約金が1円でも発生した人
    ※この場合通キャッシュバック金額に上乗せされ貰える金額がさらに高額になるから。
  3. 1ギガプランでWi-FiルーターをNEC以外から選択したい人
    ※OCN インターネットはNECだけですが、GMOとくとくBBは3社から選ぶことができるから。
  4. 過去にドコモ光×GMOとくとくBBを申し込みしていない人
    ※申し込みしたことある場合キャッシュバック対象外になるため。

 

↑の4点のうち1~2点該当する場合はGMOとくとくBBを選択すると良いと感じます。

「4」に関しては、過去にドコモ光×GMOとくとくBBで申し込みするとキャッシュバック対象外になってしまうため、「4」であることは最低限必須です。

また「2」の要素も出てくると圧倒的にGMOとくとくBBがOCN インターネットのキャッシュバック金額と差をつけるので、解約金発生する乗り換えでドコモ光を契約する人はおすすめと言えます。

Wi-Fiルーター自体は、速度品質はOCN インターネットのレンタル品の方がスペックは良いのであくまで「NEC以外から選びたい!」って人向けです。

 

TERU
GMOとくとくBBは、ドコモ光でトップクラスの人気プロバイダとして君臨し続けてるのは、品質の良さと還元が常に大きいからです。

とにかくキャッシュバック重視で初めてのドコモ光×GMOとくとくBB契約ならおすすめです。

 

業界人がドコモ光を契約時どちらのプロバイダを選ぶ?

冒頭に書いた通り、「どちらのプロバイダを選ぶか?」の結論は非常に難しいです。
(最後に結論を書いてるので、工程を読んでる暇のない方は読み飛ばして、セリフ吹き出しの結論を読んでみて下さい。)

個々人が重視する内容・状況・過去ドコモ光を契約したことがあるか?などで変わってくるからです。

そのため↑で書いた通り、OCN インターネットがおすすめな人GMOとくとくBBがおすすめな人でそれぞれ該当する点から消去法で選んでいけば最適解が見つかるわけです。

とは言え、業界のプロとして自分の場合ならどうするか?という回答を出さなければ行けないので↓のようなケースで回答します。
(回りくどい説明で結論が遠のいてるのは状況によって結論が変わるし、それだけ判断が拮抗するからです。)

 

私がドコモ光契約時に重視する点▼

  1. 通信速度品質(↓がポイント)
    1. プロバイダ運営元の大きさ
    2. IPv6(IPoE)、IPv4 over IPv6対応
    3. Wi-Fiルーター提供サービスのスペック
      ※特に10ギガプランはこの点重要
  2. キャッシュバックが実際に自分が貰える金額
    ※10ギガプランのWi-Fiルーター提供サービスも考慮して考える
  3. キャッシュバック振込までの期間

1つずつ解説していきます。

「1」の1番優先すべき点に関しては、OCN インターネットとGMOとくとくBBで大差はありません。強いて言えば提供Wi-Fiルータースペックは1ギガ以下プラン、10ギガプランともにOCN インターネットのもの方が若干良い

ただし、これで実測値がOCN インターネットの方が速くなると断言できるわけじゃないのであくまで参考ベースです。

 

「2」のキャッシュバック金額は原則GMOとくとくBBに軍配が上がります。…が!それだけで決めてはダメで新規契約なら1,000円差のみですから。

また他社ネット回線から乗り換えでドコモ光に契約して1円でも解約金が発生するのか?発生するなら圧倒的にGMOとくとくBBが還元が大きくなります。

ただし!キャッシュバック金額だけでは測れない部分もあり、それは10ギガプラン選択時のOCN インターネットのWi-Fiルーター優待販売サービス』活用時です。

30,000円前後するWi-Fiルーターを実質20,000円前後の割引がされて、最後このWi-Fiルーターをフリマアプリなどで売却すると20,000円前後で売却できてしまいます。

つまり…最終的に、優待販売価格-8,980円+20,000円前後=+約1万円前後!とキャッシュバック金額とは見えないところで10ギガのOCN インターネットは1万円ほどプラス還元されてることがわかります。

この点を考慮すると場合によってはGMOとくとくBBよりも還元金額が多いなんてこともあります。
例、新規契約(他社解約金なし)+10ギガプランの場合、GMOとくとくBBは51,000円、OCN インターネット50,000円+10,000円前後

とは言え↑の要因は限定的なので単純にキャッシュバック金額であればGMOとくとくBBの方が多いし、多くの場合GMOとくとくBBの方が還元は大きくなります。

そのため、キャッシュバック金額至上主義の人は過去にドコモ光×GMOとくとくBBの申し込みがなければそちらで良いかと思います。

 

「3」に関しては1ヶ月間の差しかないわけですが、貰える金額が1,000円の差しかないような新規契約の場合なら「早く貰えるなら早いの方が良い」ということでOCN インターネットを選択するのもありです。

私の結論

TERU
結局、私だったらどうするか?ですが、大前提品質重視なので「1」が少しでも高い方を重視します。その場合大差はないですがOCN インターネットです。相性的な面でみても光回線・プロバイダの両方をNTT docomoで統一するのはバランスが良いと感じますから。(※ただしこの部分は縁起を担ぐ要素に近く、統一する必要はまったくないです。)

ただし、「2」の要素も捨てられないのでキャッシュバック金額差が10,000円以内に収まりそうであれば、OCN インターネットのまま続行で良いと判断します。

反対に10,000円以上還元金額差が出る契約の場合GMOとくとくBBを選択します。これが結論です。

※ドコモ光×GMOとくとくBBを過去に申し込みしていない前提です。過去に契約したことが有る場合キャッシュバック対象外になるのでOCN インターネットを選択します。

 

まとめ

  • ドコモ光提携プロバイダ『OCN インターネット』と『GMOとくとくBB』の2代人気プロバイダを比較してもスペックが拮抗している。通信品質・Wi-Fiルーター提供サービス・キャッシュバック特典の辺りを見て比較すると良い。
  • 『OCN インターネット』がおすすめな人は5点のポイントのうち1点でも該当する人
  • 『GMOとくとくBB』がおすすめな人は4点のポイントのうち1~2点該当する人
  • 業界人の自分が選ぶなら通信品質を重視するのが最優先なのでわずかにリードするOCN インターネットだが、キャッシュバック金額差が10,000円以上出るならGMOとくとくBB

 

TERU
非常に難しいドコモ光人気トッププロバイダ2選の比較・どっちがいいの?解説でした。

万人に『OCN インターネットが良い』『GMOとくとくBBが良い』とかはなく、各人の状況によって変わってくるのでそのあたりは慎重に吟味すると良いです。

とは言えこの記事でまとめた内容をしっかりと理解して頂けたら迷うことなく選べると思います。

細かい内容となってるので、1回・2回で理解ができなかった場合はブックマークなどして頂いて繰り返し読んで少しずつ「自分の状況と最適なプロバイダ」を理解していけばよいと感じます。

ご参考にしてみてください。

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-ドコモ光

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2024 AllRights Reserved.

▼ドコモ光当メディア経由限定特典アリ▼
▼ドコモ光当メディア経由限定特典アリ▼