当メディア記事内には一部広告を掲載しています。消費者庁の「ステルスマーケティング規制法」に基づいた表記をしておりますのでご安心頂ければと思います。気になる点がございましたらお問い合わせ頂ければ幸いです。
BBIQから乗り換えにおすすめ光回線を解説

BBIQ

【※探せ】BBIQから乗り換えにおすすめ光回線を…【解約金補填】

更新日:

九州地方限定光回線のBBIQですが…。

BBIQから他社光回線へ乗り換えを検討している人へどの光回線が最適なのか?解説します。

 

急ぎでBBIQから乗り換え検討の人は▼から

 

TERU
私は以前光回線の正規販売代理店へ勤務しており、訪問販売や電話営業などで各社の光回線を販売していました。

プロ経験が長いので、私が今BBIQを使っているとして他社へ乗り換えるならどこにするか目線で解説していきます。

私の業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

BBIQから乗り換え候補の光回線一覧【※BBIQスペック比較】

BBIQから乗り換え光回線候補

※当ページ上に掲載の料金・価格税込み表記(10%)となっています。
※↓各光回線名をタップクリック)すると詳細へ飛べます。

光回線名称
※光回線種類
月額料金 事務手数料

新規工事費
※合計費用
スマホセット割
※スマホキャリア
キャッシュバック 解約金負担
キャッシュバック
最低利用期間
※違約金
ドコモ光ドコモ光※光コラボ 戸建5,720円
マンション4,400円
↑料金タイプA
※最安料金プランはA
3,300円
+
戸建22,000円
マンション22,000円
※工事費0円
合計3,300円
ドコモ光セット
docomo
10,000円~
▼当サイト特別限定▼
最低●●,000円〜確定
15,000円
※キャッシュバック上乗せ
(金額一律支給)
※GMOとくとくBB
公式特設サイト限定CB
24ヶ月間の自動更新
※違約金▼
戸建5,500円
マンション4,180円
GMOとくとくBB光
(GMO光アクセス)
GMOとくとくBB光※光コラボ
戸建4,818円
マンション3,773円
※↑当サイト限定最安値
月額料金プラン
3,300円
+
戸建26,400円
マンション25,300円
※工事費実質0円
合計3,300円
- 5,000円~
▼当サイト特別限定▼
最低●●,000円〜確定
最大●●,000円
※解約金全額負担
最新補填金額は↑の
公式特設サイト確認推奨
契約期間なし
※違約金▼
0円
ビッグローブ光ビッグローブ光※光コラボ 戸建5,478円
マンション4,378円
新規1,100円
+
戸建28,600円
マンション28,600円
※工事費実質0円
合計1,100円
auスマートバリュー
au
自宅セット割
UQmobile
▼公式特設サイト限定▼
40,000円
(代理店の場合)
新規:25,000円前後
転用:10,000円前後
事業者変更:10,000円前後
※代理店経由はCB大幅減額
窓口選びには注意が必要
0円 36ヶ月間の自動更新
※違約金▼
戸建4,230円
マンション3,360円
※引越し先で継続利用で
引越し先工事費無料
ソフトバンク光ソフトバンク光※光コラボ 戸建5,720円
マンション4,180円
3,300円
+
戸建31,680円
マンション31,680円
※工事費実質0円
合計3,300円
おうち割光セット
SoftBank
おうち割光セット(A)
Ymobile
▼当サイト特別限定▼
新規▼
40,000円
+
Wi-Fiルーター
転用▼
19,000円
+
Wi-Fiルーター
事業者変更▼
19,000円
+
Wi-Fiルーター
※Wi-Fiルーター市場価格
10,000円前後が目安
(一般代理店の場合)
新規:37,000円前後
転用:15,000円前後
事業者変更:15,000円前後
最大100,000円
※↑まで解約金全額負担
24ヶ月間の自動更新
※違約金▼
戸建5,720円
マンション4,180円
So-net光プラスSo-net光プラス※光コラボ 戸建6,138円
マンション4,928円
3,500円
+
戸建26,400円
マンション26,400円
※工事費実質0円
合計3,500円
auスマートバリュー
※au
自宅セット割
※UQmobile
0円 0円 24ヶ月間の自動更新
※違約金▼
戸建4,580円
マンション3,480円
@nifty光@nifty光※光コラボ 戸建5,720円
マンション4,378円
3,300円
+
戸建22,000円
マンション22,000円
※工事費実質0円
合計3,300円
auスマートバリュー
※au
自宅セット割
※UQmobile
20,000円 0円 24ヶ月間の自動更新
※違約金▼
戸建4,400円
マンション3,300円
auひかりauひかり※独自光回線 戸建5,610円
マンション3,740円~5,500円
※マンションは建物ごとで
月額料金変動する
3,300円
+
戸建41,250円
マンション33,000円
※工事費実質0円
合計3,300円
auスマートバリュー
※au
自宅セット割
※UQmobile
50,000円前後 最大30,000円
※↑まで解約金全額負担
36ヶ月間の自動更新
※違約金▼
戸建4,730円
マンション2,730円
※戸建ては別途撤去費
31,680円が発生
NURO光NURO光※独自光回線 戸建5,200円
マンション5,200円
3,300円
+
戸建44,000円
マンション44,000円
※工事費実質0円
合計3,300円
おうち割光セット
※SoftBank
45,000円 最大60,000円
※↑まで解約金全額負担
36ヶ月間の自動更新
※違約金▼
戸建3,850円
マンション3,850円
配線撤去必要時
別途11,000円発生
(戸建・マンションで共通)
BBIQビビック(BBIQ)※独自光回線
九州地方限定光回線
今利用中がコチラ
比較用
戸建5,830円
マンション4,510円
0円
+
戸建27,500円
マンション27,500円
※工事費実質0円
合計0円
auスマートバリュー
※au
自宅セット割
※UQmobile
最大30,000円前後 0円 24ヶ月間の自動更新
※違約金▼
1ヶ月分の月額料金
※配線を全撤去する場合は
別途11,000円
撤去費用発生

 

数多くある光回線でその数無数ですが、、、実際には選択肢になるのは↑の比較表に書いたものが代表的な光回線です。

大手光回線なのでほとんどの人が知っているかもしれませんが、光回線の選び方はコレでよく、基本的に中小企業キャリアよりも大手企業キャリアを選択するのがベストです。

インフラの役目を持ってる光回線は、大手光回線を選択した方がスペック的にも勝っており、理屈的に中小企業キャリアでは勝負できません。

光回線の事業は基本的に最初はどこも赤字になることが多く、長く使ってもらうことで黒字化前提事業です。

それなのに近年は工事費無料であったり、Wi-Fiルーター無料提供、高額キャッシュバックまで登場して、違約金も高額で取れなくなっています。

資本力と体力のある大手なら、大きく構えて品質・満足度を上げて行けば良いですが、中小企業はそこまでできませんし、同じような戦略を持っていたら資金ショートして倒産リスクさえ出てきます。

ユーザーにとってどっちがいいのか?」を考慮すると当然スペックの強い大手になるわけです。

 

これらも踏まえた上で↓次の項目でより具体的にどの光回線を選択すればよいのかを解説していきます。

 




BBIQから乗り換えにおすすめ光回線4選!コレが最適

 

BBIQから乗り換え先光回線を厳選すると↑の4つの光回線にまで絞ることができます。

もうさらに絞るのであれば、各々今使っているスマホキャリアに応じて最適な光回線を選んでみてください。

なぜ、その光回線が良いのか?」についての詳細は↓の各項目で解説しているので、参考にしてみてください。

 

ドコモ光(必須スマホ:docomo)

評価:
▼▼
ドコモ光

ドコモ光限定キャッシュバック特典

docomoとドコモ光の月額料金例▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
ドコモ光
月額料金
5,720円 4,400円
ドコモ光セット割
※月額料金から割引される
-1,100円/docomo1台
※最大20台まで適用可能
最大-22,000円
-1,100円/docomo1台
※最大20台まで適用可能
最大-22,000円

ドコモ光セット割適用時▼
ドコモ光
実質月額料金
※◯台はdocomoの契約台数
ドコモ光セット割適用済み
1台4,620円
2台3,520円
3台2,420円
4台1,320円
5台220円
▼以下は実質無料になる▼
6台-880円


20台-16,280円
1台3,300円
2台2,200円
3台1,100円
▼以下は実質無料になる▼

4台0円

20台-17,600円

※「ドコモ光実質月額料金」はdocomoの台数分だけ割引。
例、5台の場合は毎月総額-5,500円割引される。
ドコモ光実質月額料金』=「ドコモ光月額料金」-「ドコモ光セット割金額」

 

docomoにドコモ光が必須な理由▼

  1. docomoとドコモ光の組み合わせで『ドコモ光セット割』が適用されて、家族含むdocomo最大20台まで1台につき各スマホ月額料金が毎月-1,100円の割引が適用され、割引金額がとにかく大きいから
    例、家族含めてdocomoユーザー5人の場合、各スマホ月額料金から合計で毎月-5,500円の割引が受けられるためマンションタイプなら無料以下で使えることになる
  2. BBIQから乗り換え時新規工事費完全無料
  3. 高額キャッシュバック特典がある
    ※ただし申込み窓口によって金額が変わるので窓口選びは慎重に。
  4. 一部プロバイダ限定で「3」に加えてBBIQで解約金が発生したら解約金負担キャッシュバックが上乗せされる。
    ※一部プロバイダ…GMOとくとくBBの公式特設サイト経由限定です。
  5. Wi-Fiルーターを無料レンタルしてくれる。
    ※プロバイダによってレンタル有無・スペックが異なる。規定期間使うことで返却不要で実質プレゼント。(ルーター返却不要詳細はコチラ
  6. 一部エリアで速度10Gbpsプラン対応

 

現状docomoを使っているのにBBIQの光回線を使ってる人はずばりもったいないです。

BBIQが悪いというわけではありませんが、↑にまとめた通りdocomoとドコモ光の相性があまりにも良いからです。

単身(1人)利用であっても、スマホセット割適用で実質月額料金は最安値級ですし、家族利用なら格安から無料以下になるというとんでもないスペックです。

加えて高額キャッシュバックを始めとした高還元特典も付いてるので鬼に金棒です。

 

ただし、docomoユーザー以外のドコモ光契約はおすすめできません。

ドコモ光セット割が適用できないだけでなく、Web特典サイトの申し込みも不可なので、ドコモ光の強いメリットがないのです。

docomoユーザー以外はそれ以外の光回線を選択した方がメリットが大きいと言えます。

 

ビッグローブ光(推奨スマホ:au・UQmobile)

評価:
▼▼
ビッグローブ光

ビッグローブ光公式×キャッシュバック

au・UQmobileとビッグローブ光の月額料金例▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
ビッグローブ光
月額料金
+
光電話
月額料金
5,478円
+
550円
4,378円
+
550円
各セット割引▼
auスマートバリュー

自宅セット割
※月額料金から割引される
【auスマートバリュー】
-1,100円/au1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【自宅セット割】
-1,100円/UQmobile1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【auスマートバリュー】
-1,100円/au1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円

【自宅セット割】
-1,100円/UQmobile1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
▼各スマホセット割適用時▼
ビッグローブ光
実質月額料金
※◯台はau/UQmobileの契約台数
auスマートバリュー
自宅セット割
適用済み
1台4,928円
2台3,828円
3台2,728円
4台1,628円
5台528円
▼以下は実質無料になる▼
6台-572円


10台最大-4,972円
1台3,828円
2台2,728円
3台1,628円
▼以下は実質無料になる▼

4台-528円

10台最大-6,072円

※各スマホセット割…auスマートバリュー・自宅セット割のこと。スマホセット割はビッグローブ光契約者のスマホに準じてどちらか1つのみ。
※「ビッグローブ光実質月額料金」はau/UQmobileの台数分だけ割引。
例、auスマートバリュー適用時au4台なら毎月最大-4,400円割引。自宅セット割適用時UQmobile2台なら毎月最大-2,200円割引。
ビッグローブ光実質月額料金』=「ビッグローブ光月額料金+光電話月額料金」-「auスマートバリュー・自宅セット割各金額」
auスマートバリュー・自宅セット割の適用にはそれぞれ光電話契約必須です。(どの光回線でもセット割適用に光電話契約が
必須になる)

 

au・UQmobileにビッグローブ光が推奨な理由▼

  1. auとビッグローブ光で『auスマートバリュー』、UQmobileとビッグローブ光で『自宅セット割』が適用されて、家族含むau(UQmobile)最大10台まで1台につき各スマホ月額料金が毎月最大-1,100円の割引が適用されて、割引金額が大きいため
    (どちらか1つのセット割りのみ適用されるが、ビッグローブ光契約者のスマホキャリアに準ずる。)
    例、家族5人でauユーザー3人(契約者含む)UQmobile2人の場合、auスマートバリューが適用され、auスマホ月額料金から合計で毎月-3,300円の割引が受けられるのでビッグローブ光が実質格安で使えてることに。
  2. BBIQから乗り換え時新規工事費実質無料
  3. 高額キャッシュバック特典がある。
    ※ただし申込み窓口を間違えるとキャッシュバックが少ないことがあるため注意。
  4. 契約途中で引っ越しが発生しても継続利用すれば引っ越し先再工事費は何度でも無料
  5. 一部エリアで速度10Gbpsプラン対応

 

現状au・UQmobileユーザーであれば、BBIQでも同様にスマホセット割を適用していると思いますが、乗り換え後も同じように適用するためビッグローブ光がおすすめです。

乗り換えメリットは、ベース月額料金も少し安くなりますし、撤去費リスクがなくなり、高額キャッシュバックによりお釣りが出てお財布が潤うなんてこともあります。

加えて、今後引っ越しなど発生した場合のリスクもビッグローブ光なら大幅緩和されるのでおすすめできます。

 

ソフトバンク光(推奨スマホ:Softbank・Ymobile)

評価:
▼▼
ソフトバンク光

ソフトバンク光

SoftBank・Ymobileとソフトバンク光の月額料金例▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
ソフトバンク光
月額料金
+
指定オプション
月額料金
5,720円
+
550円
4,180円
+
550円
各セット割引▼
おうち割光セット


おうち割光セット(A)】
※月額料金から割引される
【おうち割光セット】
-1,100円/SoftBank1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【おうち割光セット(A)】
-1,650円/Ymobile1台
最大10台まで適用可能
最大-16,500円
【おうち割光セット】
-1,100円/SoftBank1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【おうち割光セット(A)】
-1,650円/Ymobile1台
最大10台まで適用可能
最大-16,500円
▼各おうち割光セット適用時▼
ソフトバンク光
実質月額料金
※◯台はSoftBank/Ymobile契約台数
おうち割光セット
おうち割光セット(A)
適用済み
【おうち割光セット】
1台5,170円

2台4,070円
3台2,970円
4台1,870円
5台770円
▼以下は実質無料になる▼
6台-330円


10台最大-4,730円
【おうち割光セット(A)】
1台4,620円
2台2,970円
3台1,320円
▼以下は実質無料になる▼
4台-330円

10台最大-10,230円
【おうち割光セット】
1台3,630円

2台2,530円
3台1,430円
▼以下は実質無料になる▼

4台-330円

10台最大-6,270円
【おうち割光セット(A)】
1台3,080円
2台1,430円
▼以下は実質無料になる▼
3台-22円
4台-1,672円

10台最大-11,770円

※「ソフトバンク光実質月額料金」はSoftBank・Ymobileの台数だけ割引される。
例、ソフトバンク光契約者含むYmobile4台なら毎月最大-6,600円の割引。ソフトバンク光契約者含むソフトバンク3台なら毎月最大毎月最大-3,300円の割引。
ソフトバンク光実質月額料金』=「ソフトバンク光月額料金+指定オプション月額料金」-「おうち割光セット」(「おうち割光セット(A)」)
※各おうち割光セットの適用には各指定オプションの契約が必須です。(おうち割光セット適用可能な光回線共通で指定オプション【光電話など】が必須です)

 

SoftBank・Ymobileにソフトバンク光が推奨な理由▼

  1. Softbankとソフトバンク光で『おうち割光セット』、Ymobileとソフトバンク光で『おうち割光セット(A)』が適用され、家族含むSoftbank(Ymobile)最大10台まで1台につき各スマホ月額料金が毎月最大-1,100円(毎月最大-1,650円)の割引が適用される。
    (どちらか1つのセット割りのみ適用されるが、ソフトバンク光契約者のスマホキャリアに準ずる。)
    例、家族4人でSoftbankユーザー2人(契約者含む)Ymobile2人の場合、おうち割光セットが適用され、Softbankスマホの月額料金から合計で毎月最大-2,200円の割引が受けられる。
  2. BBIQから乗り換え時新規工事費実質無料
  3. 高額キャッシュバック特典が貰える。
    ※ただし申込み窓口によって貰える金額が異なるので窓口選び間違えるともらえないため注意。
  4. 「3」とは別でBBIQで解約金が発生したら解約金負担キャッシュバックが貰え、解約金は全てカバーできる。
    ※3の高額キャッシュバック特典と2重取りできるので解約金が上回ることはない。
  5. 一部エリアで速度10Gbpsプラン対応

 

Softbank・YmobileユーザーでBBIQ使ってるならソフトバンク光へ乗り換えするのを強く推奨します。

まず、乗り換え時の解約金負担リスクはないですし、窓口別で貰える高額キャッシュバック特典を活用すると潤ってしまいます。

加えてスマホセット割の適用で今よりも実質月額料金が安くなるので、積極的な乗り換えでも良いです。

 

GMOとくとくBB光(最適スマホ:格安SIM)

評価:
▼▼
GMOとくとくBB光
(GMO光アクセス)

GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光の月額料金▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
GMOとくとくBB光
月額料金
4,818円 3,773円

※↑は純粋なGMOとくとくBB光の月額料金。元々安いため格安SIMと相性がいい。

 

格安SIM(スマホ)にGMOとくとくBB光が最適な理由▼

  1. 月額料金が最安値級で、スマホセット割のない格安スマホとの相性が格段にいいから
  2. BBIQから乗り換え時新規工事費実質無料
  3. 高額キャッシュバック特典がある。
    ※ただし申し込み窓口を間違えると大幅減額するため注意。
  4. 「3」の高額キャッシュバック特典に加えて、BBIQで解約金が出たら解約金負担キャッシュバックが上乗せされる。
  5. Wi-Fiルーター無料レンタル可能で、指定期間使うと貰える。
  6. 契約縛りがなく、違約金なし
  7. 一部エリアで速度10Gbpsプラン対応

 

格安スマホユーザーならスマホセット割を考慮することないので、単純に月額料金が安いものに乗り換えることでお得です。

BBIQよりも安く、BBIQの解約金を負担できて、撤去費リスクなどもない光回線に選出されるのがGMOとくとくBB光。

大幅に月額料金も安くなるので、最短翌月にでも乗り換える価値はあります。

 

以上4つの光回線がBBIQから乗り換え先としておすすめの光回線でした。

では、実際にどうやってこの4つの光回線へ至ったのかを↓で選び方を詳しく解説しているので、より理解を深めたい人は参考にしてみてください。

 

BBIQから乗り換え前の注意点・光回線選び方

 

BBIQから乗り換え検討しているのなら↑の3点は知っておくべきです。

特に乗り換え先選びで失敗しないために全て抑えておくと良いです。

↓でより詳しい内容を解説しているので参考にしてみてください。

 

スマホセット割可能光回線から選ぶ

理由▼

  1. 大手スマホ5キャリアは、光回線とのセット割を適用すると割引金額がとにかく大きく、光回線の実質月額料金が無料になるレベルにもなるので、必ず適用できる光回線を選択する。
    ※大手スマホ5キャリアとは…docomo・au・UQmobile・Softbank・Ymobileのことで、それ以外のキャリアはここでは「格安SIM」と言います
  2. 上記以外の「格安SIM」利用の人は、原則スマホセット割がないか、あっても毎月100円前後の割引程度なので考慮せず、単純に月額料金が安く、還元の大きい光回線を選択するのが最良。

 

大手スマホ5キャリアのユーザーは必ずスマホセット割が適用できるものを選びましょう。

現状BBIQ利用中の場合、auの「auスマートバリュー」かUQmobileの「自宅セット割」のどちらかがセットで組めてるはずです。

au・UQmobileユーザーが乗り換えるのであれば、次も同じスマホセット割が適用できる光回線を選択すると継続して利用可能です。

それ以外のスマホユーザーであれば、スマホセット割の適用などでコスト削減は容易に可能です。

 

「光コラボ」シリーズの光回線から選ぶ(※独自光回線は推奨しない)

理由▼

  1. NTTのフレッツ光回線を使ってる光コラボは、提供エリアが1番のフレッツ光が利用できれば利用できるが、BBIQのような自社で光回線を設備している独自光回線は、提供エリアが限定的で使えないことが多い
  2. スマホセット割が使える独自光回線は偏りがあるし、docomo・Ymobileユーザーで言えばセット割組める独自光回線はなし。
  3. 光コラボは原則ベースの工事費が抑えめである反面、独自光回線は高い
  4. 独自光回線は解約時に配線撤去費などが必要になることが多く、光コラボと比較すると解約金が高額になるリスクがあるため。
  5. 光コラボと独自光回線を比較して、優先的に独自光回線を選択するメリットは大きくない。

 

BBIQから乗り換えるのであれば、原則光コラボシリーズから選ぶべきです。

そもそもBBIQから乗り換えるにあたって、他社独自光回線が平行して使える可能性も高くないですし。

独自光回線を再度選ぶデメリット自体は↑で書いた通りですが、未だに独自光回線が良いと思って選ぶ人が一部おられます。

その背景には、光コラボ登場当初の2015年頃には「NTTフレッツ光回線を使ってる光コラボは、ユーザーが多く、回線をシェアしているが、独自光回線は独占で使ってるから快適に使える」なんて風説があったからです。

ただし、現状は光コラボのIPv6標準化、バックボーン強化による大幅強化と、独自光回線のユーザー増加など重なって当然そんなことはなくなっています。

当たり前ですが、世の中の光回線ユーザーの大半がNTT回線を使ってるので、安心して使える要素の方が多いわけです。

今は独自光回線から独自光回線へ乗り換えるメリットは当然ないので、乗り換えるなら光コラボを選択しましょう。

ちなみに、月額料金が大きな削減にならなかった場合でも、光コラボへ乗り換えることで今後の解約時撤去費支払いリスクがなくなる点を考慮すると大幅なメリットがあります。

 

BBIQの解約金を負担できる光回線(※解約金キャッシュバック)

理由▼

  1. BBIQを解約した場合、違約金と工事費残債と配線撤去費などを合算した解約金が高額化することがあるから。
  2. 大手光回線キャリアであれば、高額な解約金が発生しても高額キャッシュバックをやってるため、乗り換えに自己負担が一切なく可能
    ※場合によっては高額な解約金以上にキャッシュバックが残ることも珍しくないので、逆に乗り換えで潤ってしまうなんてことも。
  3. このことを理解していれば、契約したばかりであってもいつ乗り換えても損しないのでタイミングを気にする必要がない。

 

BBIQを解約する時にタイミングによっては高額な解約金が発生することがあります。

ただし、上手に乗り換えれば解約金を全く心配することなく、自己負担0で乗り換え可能です。

知ってると知らないだけでここで大きく差が付きますし、乗り換え先で工事費も支払ってたらもっと大きな差になるのでマストで抑えておきましょう。

 

以上の3点がBBIQから乗り換える時の注意点・選び方のコツになります。

この3つを抑えておくことで最終的に「BBIQから乗り換えにおすすめ光回線4選!コレが最適」の項目で挙げた4光回線にたどり着くので参考にしてみてください。

 

まとめ

  • BBIQから乗り換えにおすすめ光回線候補は大手光回線キャリアに厳選できる。光回線の選択肢自体は無数にあるが中小企業キャリアは選択肢から外すことができるので、全て比較する必要はない。
  • 今使ってるスマホキャリアに応じて選ぶべき光回線が異なってくる。
  • 自分でBBIQから乗り換えき先光回線を選ぶなら3点のコツを抑えて選べば失敗なく選択できる。

 

BBIQから他社光回線へ乗り換えて今より安くしたり、お得にしたいと思ってるのであれば、参考にしてみてください。

特に現状スマホセット割の適用がされてないのであれば、乗り換えることで見直すチャンスですからね。

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。
※気になる点・不明点などあれば当ページ最下部にあるコメント欄へ自由に書いてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-BBIQ

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2024 AllRights Reserved.

▼ピカラ光から乗り換えにおすすめ▼
【最強】光回線4選をチェック
▼ピカラ光から乗り換えにおすすめ▼
【最強】光回線4選をチェック