当メディア記事内には一部広告を掲載しています。消費者庁の「ステルスマーケティング規制法」に基づいた表記をしておりますのでご安心頂ければと思います。気になる点がございましたらお問い合わせ頂ければ幸いです。
ピカラ光から乗り換えにおすすめ光回線

ピカラ光

【※どれだ】ピカラ光から乗り換えにおすすめ光回線は?【解約金】

更新日:

現状ピカラ光を利用していて、コスト削減など、キャッシュバック特典などを検討して乗り換えする人必見。

今回は通信のプロである私がピカラ光乗り換え先を解説します。

 

※↓急ぎで乗り換え先を探している人は▼からチェック

 

TERU
私は元々光回線の販売代理店に勤務していて、訪問販売や電話営業などで光回線を販売しておりました。

プロ経験が長くあるので、私が現在ピカラ光を使っていてどこへ乗り換えるか目線で詳しく解説していきます。

私の業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

ピカラ光から乗り換え候補の光回線を徹底比較【※一覧表】

ピカラ光から乗り換え光回線候補

※当ページ上に掲載の料金・価格税込み表記(10%)となっています。
※↓各光回線名をタップクリック)すると詳細へ飛べます。

光回線名
【※光回線種類】
月額料金 事務手数料

新規工事費
【初期費用合計】
スマホセット割
【※スマホキャリア】
キャッシュバック 解約金負担・補填
キャッシュバック
最低利用期間
【※違約金】
ドコモ光ドコモ光【光コラボ】 戸建5,720円
マンション4,400円
↑料金タイプA
※最安値料金はAプラン
3,300円
+
戸建22,000円
マンション22,000円
※工事費0円
【合計3,300円】
ドコモ光セット割
docomo
10,000円~
▼当サイト限定▼
最低●●,000円〜確定
15,000円
※キャッシュバック上乗せ
(金額一律支給)
※GMOとくとくBB公式
特設サイト限定特典
24ヶ月間の自動更新
【違約金】
戸建5,500円
マンション4,180円
ビッグローブ光ビッグローブ光【光コラボ】 戸建5,478円
マンション4,378円
新規1,100円
+
戸建28,600円
マンション28,600円
※工事費実質0円
【合計1,100円】
auスマートバリュー
au
自宅セット割
UQmobile
▼公式特設サイト限定▼
40,000円
(代理店経由)
新規:25,000円前後
転用:10,000円前後
事業者変更:10,000円前後
代理店の場合大幅減額
窓口選びは注意が必要
0円 36ヶ月間の自動更新
【違約金】
戸建4,230円
マンション3,360円
※引越し時継続利用で
引越し先工事費も無料
GMOとくとくBB光
(GMO光アクセス)
GMOとくとくBB光【光コラボ】
戸建4,818円
マンション3,773円
※↑当サイト限定で
最安値料金プラン
3,300円
+
戸建26,400円
マンション25,300円
※工事費実質0円
【合計3,300円】
- 5,000円~
▼当サイト限定▼
最低●●,000円〜確定
最大●●,000円
※解約金全額負担
↑最新の最大補填金額は
公式特設サイト確認推奨
契約期間なし
【違約金】
0円
ソフトバンク光ソフトバンク光【光コラボ】 戸建5,720円
マンション4,180円
3,300円
+
戸建31,680円
マンション31,680円
※工事費実質0円
【合計3,300円】
おうち割光セット
SoftBank
おうち割光セット(A)
Ymobile
▼当サイト限定▼
新規▼
40,000円
+
Wi-Fiルーター
転用▼
19,000円
+
Wi-Fiルーター
事業者変更▼
19,000円
+
Wi-Fiルーター
※Wi-Fiルーター市場価格
10,000円前後目安
(一般代理店経由)
新規:37,000円前後
転用:15,000円前後
事業者変更:15,000円前後

最大100,000円
※解約金全額負担
24ヶ月間の自動更新
【違約金】
戸建5,720円
マンション4,180円
@nifty光@nifty光【光コラボ】 戸建5,720円
マンション4,378円
3,300円
+
戸建22,000円
マンション22,000円
※工事費実質0円
【合計3,300円】
auスマートバリュー
【au】
自宅セット割
【UQmobile】
20,000円前後 0円 24ヶ月間の自動更新
【違約金】
戸建4,400円
マンション3,300円
auひかりauひかり【独自光回線】 戸建5,610円
マンション3,740円~5,500円
※マンションは建物別で
月額料金が変わる
3,300円
+
戸建41,250円
マンション33,000円
※工事費実質0円
【合計3,300円】
auスマートバリュー
【au】
自宅セット割
【UQmobile】
50,000円前後 最大30,000円
※解約金全額負担
36ヶ月間の自動更新
【違約金】
戸建4,730円
マンション2,730円
※戸建は別途撤去費用
31,680円が発生
NURO光NURO光【独自光回線】 戸建5,200円
マンション5,200円
3,300円
+
戸建44,000円
マンション44,000円
※工事費実質0円
【合計3,300円】
おうち割光セット
【SoftBank】
45,000円前後 最大60,000円
※解約金全額負担
36ヶ月間の自動更新
【違約金】
戸建3,850円
マンション3,850円
※配線撤去必要時は
別途11,000円発生
(戸建・マンション共通)
ピカラ光ピカラ光【独自光回線】
現在利用中はコチラ
(比較用)
戸建5,720円
マンション4,400円
0円
+
戸建27,500円
マンション27,500円
※工事費実質0円
【合計0円】
auスマートバリュー
【au】
自宅セット割
【UQmobile】
25,000円前後 0円 2年間の最低利用期間
【違約金】
1ヶ月分の月額料金
※別途戸建は撤去費用
11,000円発生

 

ピカラ光から乗り換え候補になる光回線を↑の比較表にまとめたわけですが、基本的に光回線は無数に存在しています。

ただし、無数にあるからといって全て一から十まで比較する必要はありません。

光回線はインフラを担っているので、何かあった時を考えると大手企業のキャリアを選択しておくのが無難です。

むしろ、月額料金・工事費・スマホセット割・キャッシュバック特典・契約内容などを総額的にスペック比較をしても圧倒的に大手キャリアの方が強いです。

光回線の運営事業をするには、キャリア側先行投資が多く最初は赤字続きです。ここに加えて工事費無料やキャッシュバックなどがあると申込みが多くなるたびにキャッシュアウトします。

中小企業キャリアの場合、体力的に厳しいので大盤振る舞いはできないので現実的なスペックになりますが、大手企業の場合は資本力があるため「そこまでやれるの?」ってくらい豪華特典・月額料金を実現できているわけです。
※大手企業は長年使ってもらって、黒字化を目指すため早期解約されないように品質向上にも力をしっかり入れている

 

↑で掲載している光回線は全て大手光回線なのでその点は安心できます。

ということで実際にどの光回線を選択すれば良いのかについては↓に詳しく掲載したので、参考にしてみてください。

 




 

ピカラ光へ乗り換えにおすすめ光回線はコチラ

 

ピカラ光から乗り換えるのであれば、↑の4つの光回線まで厳選できます。

全員4種類の光回線のどれかに分類できるので、今自分が使ってるスマホキャリアに応じて選択してみてください。

どのぐらい安いのか、なぜお得なのかを↓の各詳細項目で解説しているので参考にしてみてください。

 

ドコモ光【スマホキャリア:docomo】

評価:

ドコモ光

ドコモ光限定キャッシュバック特典

docomo×ドコモ光実質月額料金▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
ドコモ光
月額料金
5,720円 4,400円
ドコモ光セット割
※月額料金から割引します
-1,100円/docomo1台
※最大20台まで適用可能
最大-22,000円
-1,100円/docomo1台
※最大20台まで適用可能
最大-22,000円

ドコモ光セット割適用時▼
ドコモ光
実質月額料金
※◯台はdocomoの契約台数
ドコモ光セット割適用済み
1台4,620円
2台3,520円
3台2,420円
4台1,320円
5台220円
▼以下実質無料▼
6台-880円


20台-16,280円
1台3,300円
2台2,200円
3台1,100円
▼以下実質無料▼

4台0円

20台-17,600円

※「ドコモ光実質月額料金」はdocomoの台数分だけ割引。4台なら毎月総額-4,400円割引。
ドコモ光実質月額料金』=「ドコモ光月額料金」-「ドコモ光セット割金額」

 

docomoにドコモ光が最適な理由▼

  1. ドコモ光とdocomoで「ドコモ光セット割」が組め、家族含むdocomo契約20台まで1台につき毎月-1,100円の割引が受けられるため、契約者が多いと割引額がとんでもなく大きくなるから。
    例、家族3人全員docomoユーザーの場合、それぞれのdocomoの月額料金から割引され、合計毎月-3,300円割引されることになるため、ドコモ光が実質半額以下で使えるイメージ。
  2. ピカラ光から乗り換え時新規工事費完全無料
  3. 高額キャッシュバック特典有り
    ※一部の申込み窓口限定なので、選択ミスに注意
  4. 「高額キャッシュバック」に加え、ピカラ光で解約金が発生したら解約金負担キャッシュバック上乗せされる。
    ※こちらの特典はGMOとくとくBB公式特設サイト経由限定。
  5. 高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
  6. 速度10ギガプラン対応
    ※一部のエリア限定。愛媛は2025年対応

 

ピカラ光使っていてdocomoユーザーならドコモ光にすれば安くなるでしょう。

仮に単身世帯だとしても、ドコモ光セット割適用だけでドコモ光が光回線最安値水準で利用できますから。

加えて、乗り換え特典、解約金補填キャッシュバックなど豊富にあるので乗り換え時のリスクはほぼないどころかキャッシュバックで潤ってしまいます

 

docomoユーザー以外の場合、ドコモ光セット割だけじゃなく高額キャッシュバックも対象外なので、ドコモ光を選択するのは非推奨です。

 

ビッグローブ光【スマホキャリア:au・UQmobile】

評価:

ビッグローブ光

ビッグローブ光公式×キャッシュバック

au・UQmobile×ビッグローブ光実質月額料金▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
ビッグローブ光
月額料金
+
光電話
月額料金
5,478円
+
550円
4,378円
+
550円
各セット割引▼
auスマートバリュー

自宅セット割
※月額料金から割引します
【auスマートバリュー】
-1,100円/au1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【自宅セット割】
-1,100円/UQmobile1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【auスマートバリュー】
-1,100円/au1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円

【自宅セット割】
-1,100円/UQmobile1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
▼各スマホセット割適用時▼
ビッグローブ光
実質月額料金
※◯台はau/UQmobileの契約台数
auスマートバリュー
自宅セット割
適用済み
1台4,928円
2台3,828円
3台2,728円
4台1,628円
5台528円
▼以下実質無料▼
6台-572円


10台最大-4,972円
1台3,828円
2台2,728円
3台1,628円
▼以下実質無料▼

4台-528円

10台最大-6,072円

※各スマホセット割…auスマートバリュー・自宅セット割のこと。
※「ビッグローブ光実質月額料金」はau/UQmobileの台数分だけ割引。5台なら毎月最大-5,500円割引。
ビッグローブ光実質月額料金』=「ビッグローブ光月額料金+光電話月額料金」-「auスマートバリュー・自宅セット割各金額」
auスマートバリュー・自宅セット割の適用には光電話契約必須です。(どの光回線でもセット割適用に光電話契約が
必須

 

au・UQmobileにビッグローブ光が最適な理由▼

  1. ビッグローブ光とauで「auスマートバリュー」、UQmobileで「自宅セット割」がそれぞれ1つだけ組めて、家族含むau・UQmobile契約10台まで1台につき毎月-1,100円の割引が受けられるので、契約者と同じスマホキャリアが多いと割引額も大きくなるため。
    例、家族5人のうちauユーザー4人(ビッグローブ光契約者含む)UQmobileユーザー1人の場合、それぞれのauの月額料金から割引されて、合計毎月最大-4,400円割引されることになり、ビッグローブ光が実質無料レベルで使えるイメージ。
  2. ピカラ光から乗り換え時の新規工事費実質無料
  3. 高額キャッシュバック特典がある。
    ※申込み窓口で金額が異なるため注意
  4. 契約途中で引っ越しが必要になった場合継続すれば、何度でも引っ越し先の工事費が無料。
    ※他社光回線は継続しても引っ越し先は工事費全額自己負担が通常なので、引っ越しが多い人も安心して使える
  5. 速度10ギガプラン対応
    ※一部のエリア限定。愛媛は2025年対応

 

au・UQmobileユーザーなら現状ピカラ光でも各スマホセット割を適用していると思います。

ビッグローブ光へ乗り換えることで継続利用可能です。

加えて月額料金が安くできたり、解約リスク(撤去費)がなくなり、引っ越し時の継続不可リスクも低くなるため乗り換えるのはかなり有りです。

高額キャッシュバック特典があるので、解約時の自己負担はなしか、お釣りが残る可能性もあります。

 

ちなみに、各スマホセット割は他の光回線も選択肢にありますが、1番バランスが取れてておすすめなのがビッグローブ光です。

 

ソフトバンク光【スマホキャリア:SoftBank・Ymobile】

評価:

ソフトバンク光

ソフトバンク光

SoftBank・Ymobile×ソフトバンク光実質月額料金▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
ソフトバンク光
月額料金
+
指定オプション
月額料金
5,720円
+
550円
4,180円
+
550円
各セット割引▼
おうち割光セット


おうち割光セット(A)】
※月額料金から割引します
【おうち割光セット】
-1,100円/SoftBank1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【おうち割光セット(A)】
-1,650円/Ymobile1台
最大10台まで適用可能
最大-16,500円
【おうち割光セット】
-1,100円/SoftBank1台
※最大10台まで適用可能
最大-11,000円
【おうち割光セット(A)】
-1,650円/Ymobile1台
最大10台まで適用可能
最大-16,500円
▼各おうち割光セット適用時▼
ソフトバンク光
実質月額料金
※◯台はSoftBank/Ymobile契約台数
おうち割光セット
おうち割光セット(A)
適用済み
【おうち割光セット】
1台5,170円

2台4,070円
3台2,970円
4台1,870円
5台770円
▼以下実質無料▼
6台-330円


10台最大-4,730円
【おうち割光セット(A)】
1台4,620円
2台2,970円
3台1,320円
▼以下実質無料▼
4台-330円

10台最大-10,230円
【おうち割光セット】
1台3,630円

2台2,530円
3台1,430円
▼以下実質無料▼

4台-330円

10台最大-6,270円
【おうち割光セット(A)】
1台3,080円
2台1,430円
▼以下実質無料▼
3台-22円
4台-1,672円

10台最大-11,770円

※「ソフトバンク光実質月額料金」はSoftBank・Ymobileの台数だけ割引されます。Ymobile5台なら毎月最大-8,250円の割引。
ソフトバンク光実質月額料金』=「ソフトバンク光月額料金+指定オプション月額料金」-「おうち割光セット」(「おうち割光セット(A)」)
※各おうち割光セットの適用には各指定オプションの契約が必須です。(おうち割光セット適用可能な光回線共通で指定オプション【光電話など】が必須です)

 

SoftBank・Ymobileにソフトバンク光が最適な理由▼

  1. ソフトバンク光とSoftBankで「おうち割光セット」、Ymobileで「おうち割光セット(A)」がそれぞれ1つだけ組め、家族含むSoftBank・Ymobile契約10台まで1台につき毎月-1,100円、Ymobileは1台につき毎月-1,650円の割引が受けられ、契約者と同じスマホキャリアの家族が多いと割引額も大きくなるため。
    例、家族6人のうちSoftBankユーザー2人、Ymobileユーザー4人(ソフトバンク光契約者含む)の場合、それぞれのYmobileの月額料金から割引され、合計毎月最大-6,600円割引されるため、ソフトバンク光が実質無料以下で使えることも。
  2. ピカラ光から乗り換え時新規工事費実質無料
  3. 高額キャッシュバック特典がある。
    ※申込み窓口で金額が異なる。
  4. 「高額キャッシュバック」とは別でピカラ光の解約金が出たら、全額解約金負担キャッシュバックをしてくれる。
    ※高額キャッシュバックも2重取りできるのでむしろ解約金以上に余裕でお金が残る。
  5. 速度10ギガプラン対応
    ※一部のエリア限定。愛媛は2025年対応

 

ピカラ光ユーザーでSoftBank・Ymobileを使ってるならソフトバンク光へ乗り換えないともったいないです。

特にYmobileユーザーであれば大幅な割引を受けられる可能性もあります。

乗り換えコストはソフトバンク光の豊富な特典で自己負担なく乗り換え可能です。

加えて高額キャッシュバックもあるので、乗り換えることで潤ってしまいます。

 

2スマホユーザーであれば同じ会社のソフトバンク光が最良です。

 

GMOとくとくBB光【スマホキャリア:格安SIM】

評価:

GMOとくとくBB光
(GMO光アクセス)

GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光の最安値級月額料金▼

契約プラン▼ 戸建てタイプ マンションタイプ
GMOとくとくBB光
月額料金
4,818円 3,773円

※格安SIMにはスマホセット割がないが単体で、他社と比較して安いのがわかります。

 

格安SIMにGMOとくとくBB光が最適な理由▼

  1. 光回線単体で月額料金最安値級なので、セット割のない格安SIMとは相性がいい。
    ※格安SIMでも稀にセット割があるが、毎月100円前後の割引程度なので度外視で考えれば問題なし
  2. ピカラ光から乗り換え時新規工事費実質無料
  3. 高額キャッシュバック特典がある。
    ※申込み窓口によって貰える金額が異なるので窓口選びに注意
  4. 「高額キャッシュバック」に加えて、ピカラ光で解約金が発生したら解約金負担キャッシュバックが上乗せされる。
  5. 高性能Wi-Fiルーター無料レンタルされ、規定期間使うと返却不要でプレゼントされる。
  6. 契約縛りなし且つ違約金0円
  7. 速度10ギガプラン対応
    ※一部のエリア限定。愛媛は2025年対応

 

格安SIMスマホユーザーであれば、とにかく月額料金が最安値の光回線を選択するのがベストです。

その中でも工事費無料や高額キャッシュバック、解約金負担キャッシュバック、契約縛りなし、高性能Wi-Fiルーター無料レンタルなど、鬼に金棒状態の最強光回線がGMOとくとくBB光です。

同じような月額料金帯の光回線は他にもありますが、↑まで還元のあるものは他にありません。

 

以上、4光回線がピカラ光から乗り換える時のベストな組み合わせです。

プロの私ならここに当てはめて乗り換えるわけですが、私なら格安SIMユーザーなのでGMOとくとくBB光に該当するわけです。

次の項目では「なぜ、この光回線になったのか?」をもう少し詳しく解説しましたので、理解を深めたい人は↓を参考にしてみてください。

 

ピカラ光から乗り換え前の注意点と選び方コツはコレだ

 

ピカラ光から乗り換えるのであれば、↑の3点を考慮して乗り換えてみるのをおすすめします。

3点しっかり抑えておけばピカラ光からの乗り換えで失敗なく乗り換え可能です。

↓の各項目で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

スマホセット割が組める光回線【※大手限定】

なぜ?▼

  1. 大手スマホキャリアを使っている人は必ず各スマホとセット割が組める対になる光回線を選択すること。
    ▼大手スマホキャリアとスマホセット割例▼

    1. docomo…ドコモ光セット割
    2. au…auスマートバリュー
    3. UQmobile…自宅セット割
    4. Softbank…おうち割光セット
    5. Ymobile…おうち割光セット(A)
  2. 上記以外のスマホキャリアの人は、格安SIMユーザーなので原則スマホセット割はないか、あっても毎月100円前後の割引しかないので考慮しなくて良い
  3. 格安SIMユーザーに相性が良いのは、純粋に月額料金の安い光回線で還元率も高く、品質も良いバランスの取れた光回線。

 

基本的にピカラ光から乗り換える時に次光回線を選ぶなら↑の点をしっかりと意識して選ぶのがベストです。

ちなみに、現状au・UQmobileユーザーであればピカラ光と対になるので、すでにauスマートバリュー自宅セット割を適用していると考えられます。

その場合、次も同じスマホセット割が適用できる組み合わせを選択すれば、継続して割引を受けられるので必須で選択推奨です。

 

au・UQmobileユーザー以外の人であれば、各スマホセット割が適用できる光回線へ乗り換えることで大幅に実質月額料金を削減可能です。

格安SIMユーザーの人であっても、ピカラ光よりも月額料金の安い光回線を選択することでコスト削減可能です。

 

独自光回線ではない光コラボの光回線

なぜ?▼

  1. 光コラボシリーズは全国提供エリア1番のフレッツ光回線を使っているため、フレッツ光が利用できれば利用可能だが、ピカラ光などと同じように独自光回線は提供エリアが限定的で利用できない可能性が高い
  2. 独自光回線は提供エリア以外に、↓のような問題がある
    独自光回線の問題点▼

    1. スマホセット割選択肢の幅が狭い
    2. ベース工事費が高い
    3. 解約時に撤去費が請求されることがある
    4. 品質などで光コラボよりも特別優位な点はない

 

一言で言うと独自光回線は、光コラボシリーズと比較するととにかく制限が多いです。

スマホセット割に関しても独自光回線は選択肢が少なく、docomo・Ymobileで言えば独自光回線で対になる光回線がありません。

 

制限が多いのはわかったけど、それ以上にメリットもあるんじゃないの?」と思ってる人がいるかもしれませんが、正直特別ないです。

光コラボが登場したばかりの2015年前後に「光コラボはユーザーが多く、シェアしている光回線だから圧迫されて速度が遅い!反面独自光回線は専用の光回線を使ってるから快適に使える!」なんて神話がありましたが、現状は全くそんなことないです。

むしろ、光コラボはIPv6標準化、バックボーン強化されて、独自光回線はユーザーが多くなり圧迫されるようになっています。

結果として通常速度品質に大差はなくなっていますし、光コラボの方が快適に使えることすらあります。

 

ピカラ光解約金負担キャッシュバックできる光回線

なぜ?▼

  1. ピカラ光を解約する時、違約金・工事費残債に加えて撤去費も発生することがあり、解約金が高額化するがある。
  2. いつのタイミングで高額な解約金になっても、自己負担なく乗り換えるためには、乗り換え先光回線の高額キャッシュバックを活用するのが必須
  3. 場合によっては解約金以上にキャッシュバックが残るため、自己負担どころか儲かってしまうこともある。

 

独自光回線から乗り換える場合、解約金の中に光コラボではない撤去費が余分に発生することがあり、高額な解約金になりがちです。

ただし、次の乗り換え先光回線で高額キャッシュバックが貰えるキャリアを選択すれば、この心配は無用です。

むしろ解約金以上にキャッシュバックが残ってしまうこともあるので結果的に乗り換えてお得になってしまうなんてこともあります。

加えて、独自光回線の撤去費支払いリスクをカバーできる点を考えるとメリットは大きいです。

 

以上の3点を踏まえて光回線を選ぶと最終的に「ピカラ光へ乗り換えにおすすめ光回線はコチラ」の項目で選定した光回線がピックアップされるわけです。

自分で改めて選んでみたい人はこの点を踏まえて探してみてください。

 

まとめ

  • ピカラ光から乗り換える光回線の候補は、基本的に大手キャリアの光回線であること。選択肢自体は無数にあるが実際全て比較する必要はなく、中小企業キャリアの光回線はスペックで大手に勝てないので比較不要。
  • 選ぶ基準はスマホキャリアに応じて選ぶべき光回線が異なる。スマホセット割重視で選択推奨
  • ピカラ光から乗り換える注意点とコツは全部で3点。

 

ピカラ光から乗り換えて少しでも今よりもお得にしたいというのであれば参考、比較しながら選んでみてください。

利用しているスマホキャリアによって変わりますが、大抵の人はメリットを充分出せると言えます。

近い内に乗り換えを検討している人は当記事をブックマークしておくと便利です。

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。
※気になる点・不明点などあれば当ページ最下部にあるコメント欄へ自由に書いてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-ピカラ光

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2024 AllRights Reserved.

▼ピカラ光から乗り換えにおすすめ▼
【最強】光回線4選をチェック
▼ピカラ光から乗り換えにおすすめ▼
【最強】光回線4選をチェック