『ハイテル』ネット回線総合メディア ~節約・仕事・投資~

Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル)

当メディア記事内には一部広告を掲載しています。消費者庁の「ステルスマーケティング規制法」に基づいた表記をしておりますのでご安心頂ければと思います。気になる点がございましたらお問い合わせ頂ければ幸いです。
関東地方でおすすめの光回線

通信・インターネット

【決定】関東地方におすすめの光回線を教えます【※東京近郊】

更新日:

関東地方(東京・千葉・神奈川・埼玉・群馬・栃木・茨城)で使える光回線でどこを選ぶべきかを解説します。

多く使える都心部でどの光回線を選べばいいか迷ってる人は参考にしてみてください。

 

 

TERU
私は元々光回線・ネット回線(Wi-Fi)の代理店に勤務していたので、キャンペーンサイトや電話営業・訪問営業で販売していました。

その経験から、私がこれから関東地方在住で光回線を契約するならどこにするか目線で解説します。

私の業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

YouTubeチャンネルで光回線の選び方を解説しました▼

↑のチャンネル登録しておくと便利です

合わせて読むべき記事↓

【厳選】関東地方で使える光回線比較表【※東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木】

※↓の「光回線名」などの水色をタップ・クリックするとキャッシュバック金額比較・詳細解説へ飛べます。

光回線名 月額料金 初期費用
▼内訳▼
(事務手数料)
+
(新規工事費)
スマホセット割
適用キャリア
キャッシュバック金額 最低契約期間 違約金 光回線の種類
ドコモ光
ドコモ光
戸建5,720円
マンション4,400円
※↑は最安料金のタイプA
3,300円
+
戸建22,000円
マンション22,000円
※工事費0円
docomo
▼セット割名▼
ドコモ光セット割
5,000円~前後
当メディア経由限定
●●,000円
↑最新金額はコチラ▶
24ヶ月間の自動更新型 戸建5,500円
マンション4,180円
NTT回線
※光コラボレーション
ビッグローブ光
ビッグローブ光
戸建5,478円
マンション4,378円
新規1,100円
転用2,200円
事業者変更3,300円
+
戸建28,600円
マンション28,600円
※工事費実質0円
au
▼セット割名▼
auスマートバリュー
UQmobile
▼セット割名▼
自宅セット割
40,000円
※代理店は少なくなります
36ヶ月間の自動更新型 戸建4,230円
マンション3,360円
NTT回線
※光コラボレーション
ソフトバンク光
ソフトバンク光
戸建5,720円
マンション4,180円
3,300円
+
戸建31,680円
マンション31,680円
※工事費実質0円
SoftBank
▼セット割名▼
おうち割光セット
Ymobile
▼セット割名▼
おうち割光セット(A)
~35,000円前後
当メディア経由限定
●●,000円
↑最新金額はコチラ▶
24ヶ月間の自動更新型 戸建5,720円
マンション4,180円
NTT回線
※光コラボレーション
GMOとくとくBB光GMOとくとくBB光 戸建4,818円
マンション3,773円
※↑は当メディア経由限定プラン
3,300円
+
戸建26,400円
マンション25,300円
※工事費実質0円
- 5,000円~
当メディア経由限定
●●,000円
↑最新金額はコチラ▶
- 0円 NTT回線
※光コラボレーション
auひかり
auひかり
戸建5,610円
マンション3,740円~5,500円
※マンションはプランで料金が異なる
3,300円
+
戸建41,250円
マンション33,000円
※工事費実質0円
au
▼セット割名▼
auスマートバリュー
UQmobile
▼セット割名▼
自宅セット割
50,000円前後~ 36ヶ月間の自動更新型 戸建4,730円
マンション2,730円
※戸建てプランは別途撤去費用31,680円が発生
KDDI回線
※独自光回線
NURO光
NURO光
戸建5,200円
マンション5,200円
3,300円
+
戸建44,000円
マンション44,000円
※工事費実質0円
SoftBank
▼セット割名称▼
おうち割光セット
45,000円前後 36ヶ月間の自動更新型 戸建3,850円
マンション3,850円
NURO回線
※独自光回線
@nifty光
@nifty光
戸建5,720円
マンション4,378円
3,300円
+
戸建22,000円
マンション22,000円
※工事費実質0円
au
▼セット割名▼
auスマートバリュー
UQmobile
▼セット割名▼
自宅セット割
10,000~30,000円前後 24ヶ月間の自動更新型 戸建4,400円
マンション3,300円
NTT回線
※光コラボレーション
So-net光プラス
So-net光プラス
戸建6,138円
マンション4,928円
3,500円
+
戸建26,400円
マンション26,400円
※工事費実質0円
au
▼セット割名▼
auスマートバリュー
UQmobile
▼セット割名▼
自宅セット割
40,000円前後 24ヶ月間の自動更新型 戸建4,580円
マンション3,480円
NTT回線
※光コラボレーション

【備考】

  • ↑にある各スマホセット割適用可能な光回線は、割引適用前の料金になっているため、別途スマホ1台に対して毎月1,100円割引される仕組みになっています。

 

関東エリアで使える光回線の代表的なものをピックアップして上記にまとめました。

この他にも光コラボが利用できる時点で、選択肢は無数にありますが、ほとんどが比較対象にはならないので省いています。

それって本当に省いてもいいの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、インフラであるインターネット回線選びに関して言えば、必ず大手通信会社から選ぶべきだから問題ないわけです。

世の中に展開している光回線の大半が中小企業がキャリアの場合が多いので、9割型は省略できるわけです。

大手企業の方がいい理由は単純で、大手であれば品質管理・サポートに資本力を割くこともできるし、月額料金に関しても、ギリギリまで安くでき、キャッシュバックや工事費無料などの顧客還元も資本力があるから大きく還元できるからです。

 

TERU
中小企業がどれだけ一見安いとかすごそうなキャンペーンを展開していても、最終的には大手も寄せてくるので、その時の資本力勝負で勝てません。

結局総合的に考えると大手企業の光回線を選ぶことが正義になるのが現実ですし、長く利用するからその大手企業も最終的に潤って、生き残るのも大手企業になるのが光回線キャリアの歴史です。

↑にピックアップした光回線から選ぶことで失敗はないので、これだけで光回線選びは楽になります。

 




関東地方で光回線を選ぶポイント解説【優先順位版】

 

関東エリアで光回線を選ぶときの4つのポイントを↑でまとめました。

首都圏含むエリアなので、選択肢は豊富にあるところですが、原則↑の4つを当てはめていくと相当数絞ることが可能です。

これからどこの光回線を選ぶか迷ってる人は参考にしてみてください。

 

★大手スマホ5キャリアとセット割が組める光回線

詳細をまとめると…▼

  • 大手スマホ5キャリアdocomoauUQmobileSoftBankYmobileとそれぞれセット割が組める光回線を選ぶ。
  • スマホ1台に付き毎月1,100円割引されるセット割が各社あり、家族含めると最大20台(10台)まで適用できるので、家族全員スマホを統一していると、光回線の月額料金が実質無料なんてことも実現可能になるので最強の組み合わせになる。
    例、家族4人が全員大手5キャリアの同じキャリアで統一している場合、スマホ料金毎月4,400円割引されるイメージ。
  • 大手スマホ5キャリア以外の格安スマホキャリアを利用している人は、基本的にスマホセット割があっても毎月110円前後の割引しかないので加味せず、月額料金の最安値のものを選ぶのがおすすめ。
    ※その中でも途中で値上がりしないずっと安く使えるような光回線を選ぶと格安スマホと相性が良いです。

 

★をつけて最も光回線選びで重要なポイントにしてるのは↑のようにうまく絡まれば割引威力が半端ないからです。

基本的に多くのスマホユーザーが大手スマホ5キャリアに該当している人が多いので、各種セット割が適用できる光回線の組み合わせから選ぶだけで問題ありません。

ただし、一部のキャリアの場合セット割が適用できる光回線の選択肢が複数あるのでその中から厳選する必要があります。(※↓の表を参考にしてみてください。)

 

大手スマホ5キャリアのセット割名と適用可能光回線▼

スマホキャリア セット割名 光回線名
docomo
irumo・eximo含む
※ahamoは適用されません
ドコモ光セット割 ドコモ光
au auスマートバリュー ビッグローブ光
他に適用できる光回線一覧へ▶
UQmobile 自宅セット割 ビッグローブ光
他に適用できる光回線一覧へ▶
SoftBank おうち割光セット ソフトバンク光
NURO光
Ymobile おうち割光セット(A) ソフトバンク光

 

↑のスマホキャリアに該当していない格安スマホキャリアユーザーにも一部光回線とのセット割が存在していますが、基本的にここは加味しなくても大丈夫です。

↓の記事にまとめてるようなずっと安く使えるような光回線格安スマホを組み合わせるのが1番お得です。

 

 

独自光回線よりもNTT系光回線の光コラボ

詳しく解説すると▼

  • 光回線には全国で1番提供エリアの広いNTTのフレッツ光回線網それ以外の独自光回線網(KDDI・NURO・ケーブル会社系光回線・電力会社系光回線等)がある。
  • 関東エリアで光回線を契約するのであれば、まずNTTのフレッツ光回線網を使った光コラボシリーズから探す
    ※光コラボシリーズはフレッツ光が利用可能であれば利用可能なので。また光コラボシリーズであれば大手5キャリアとセット割が組める光回線がある
  • 現状独自光回線を使うメリットよりも光コラボシリーズを選んだ方が、提供エリア・品質・月額料金・セット割・還元(キャッシュバック等)のトータルバランスが良い
  • もしも光コラボシリーズが使えないエリアだった場合に、独自光回線が使えるかを調べて使えるならそちらを使う

 

最初の項目で解説した通り、スマホセット割が組める光回線を選ぶときにNTTフレッツ光回線網である光コラボシリーズから選ぶことを推奨します。

↑に書いた通りまず光コラボシリーズから選ぶようにしましょう。

以前までは、「独自光回線の方が利用者が少ないので快適な通信を使うことができたし、月額料金も安く、キャッシュバックなども多い!」なんて言われてましたが、現状光コラボがそれに負けてないどころかそれ以上のメリットがあります。

特にdocomo・Ymobileスマホユーザーは光コラボシリーズでしかスマホセット割が適用できないのでこの時点で独自光回線の選択は不利なわけです。

そのあたりは↑の比較表を見ればわかると思いますが、独自光回線に光コラボが負けてるようなスペックでないことは明らかでしょう。

 

提供エリアも圧倒的にNTT光回線の方が広いわけですが、稀にNTT光回線が使えなくて、独自光回線が使えるなんて状況はあるのでその場合はそのあたりから選択すればよいわけです。

ちなみに、NTTの光回線は↓のそれぞれ下記管轄から調べられるので、提供エリア内であれば光コラボも利用可能です。

⇒ NTT東日本・フレッツ光の提供エリア判定はコチラ

⇒ NTT西日本・フレッツ光の提供エリア判定はコチラ

 

初期工事費用実質無料・完全無料の光回線

初期工事費用無料の光回線とは▼

  • 新規契約や他社からの乗り換え時、光回線の引き込み・機器設置にかかる派遣含む工事費用のこと。
  • この工事費は概算目安20,000~40,000円前後し、原則全額ユーザー負担になるが、一部キャリアの場合工事費を全額負担してくれるのでそちらを選ぶ
    ※工事費無料の光回線を選択するだけでスタート地点で数万円分損得差が出るため
  • 工事費無料には「工事費実質無料」と「工事費完全無料」2種類存在するが、どちらであってもユーザー側にはメリットである。
    ※2種類の工事費無料については↓の記事をご参考に。
    参考【2種類】工事費無料の光回線を比較【選択する優先は…】
  • 大手光回線キャリアであるほど大抵光回線工事費無料キャンペーンを実施しているから選びやすい

 

光回線の工事費は馬鹿にできないくらい大きい金額です。(※さらに2024年2月から物価高騰により工事費も値上がりしました。NTTの工事費は10年くらいずっと値上がりなんてしなかったのについに値上げしました)

とは言え、値上げなどあっても依然として光回線キャリアによっては工事費無料キャンペーンは継続しています。

本来工事費自己負担の場合、月額料金に加えて+工事費分割費用を毎月数百円上乗せで支払う必要があるため、この負担が一切ないものを選ぶに越したことがないわけです。

 

TERU
朗報なことに工事費無料キャンペーンを展開しているのは、大抵大手光回線キャリアだったりするのでここまで満たしているものは同時に工事費無料キャンペーンもやってるケースが多いわけです。

加えて、大手光回線キャリアであればあるほど通信品質も伴っていることが多いので、「還元が大きい=通信品質が悪い」ではないわけです。

 

大手光回線を選択すれば還元だけじゃなく自然と品質も付いてきます。

 

契約でキャッシュバック特典が貰える光回線(★申し込み窓口選び)

キャッシュバック特典貰うポイント▼

  • 選ぶ光回線キャリア、申し込み窓口によってキャッシュバック有無、金額が異なる。
  • その中で少しでもキャッシュバックが多く貰える光回線キャリア申し込み窓口を選ぶのが必須。
  • 大手光回線キャリアであれば、大体高額キャッシュバックもやってたりする。
    ※さらに別途で工事費無料もやってるので、この時点で工事費無料や高額キャッシュバックをやってない時点で5万円前後損得が発生する

 

↑で紹介したポイントの「工事費無料」と併用して貰えるのが高額キャッシュバック特典です。

しかも大手の光回線キャリアであればあるほど、高額キャッシュバック特典を期待できますので、実は全て解説してきたポイントを取ることも可能です。

ただし重要なポイントは、高額キャッシュバックの光回線キャリアを選んで終わりではなく、その中で複数ある申し込み窓口で1番キャッシュバックが多く貰える窓口を活用することです。

 

TERU
光回線キャリア選びがしっかりできても、申し込み窓口選びを失敗するだけでせっかく高額キャッシュバックが貰えた光回線キャリアなのに、1円も貰えないなんて恐ろしいことすらありますからね。

ということで実際に、関東地方での光回線を選ぶポイントを踏まえた上でどの光回線キャリア・どこの窓口が最強なのか?を詳しく↓で解説していきます。

選び方はわかったけど、結局どこに申し込みすればいいの?」と迷ってる人は↓を参考にしてみてください。

 




関東地方でおすすめ光回線ランキング【※結論はココ】

 

大半の方は↑の4光回線まで絞れますし、間違いなく失敗しない選択肢です。

重要なのは選び方のポイントでも解説した通り、スマホキャリアによります。

それぞれの光回線と1番お得になる還元窓口もそれぞれ厳選しているので、「なんでこの光回線?」と疑問に思ってる人、「結局どこの窓口で申し込むのが1番お得なの?」と思ってる人は↓の各項目を参考にしてみてください。

 

ドコモ光(docomoスマホ)

ドコモ光

※通常サイトとの違いは↑をご参考に

ドコモ光の最新のキャッシュバック金額は↑で確認

ドコモ光がdocomoユーザーにおすすめな理由▼

  1. docomoスマホとセット割が組めるが、家族含めて最大20台までセット割が組めて、スマホ1台あたり毎月1,100円割引されるから。(最大毎月22,000円割引なんてことも)
    ※うまく使いこなすとドコモ光の月額料金が実質無料レベルになるほどの割引額になる。(例、家族4人docomoユーザーなら4,400円割引等。)
  2. 契約時の新規工事費完全無料のキャンペーンをやっている。
  3. 光回線キャリアの中でも高額水準のキャッシュバック還元をやってる。
    ※ただし、窓口選びを間違えると貰えないので注意。↑の当メディア経由限定のキャンペーンサイトが最も高還元です。
  4. 提携プロバイダによっては1万円前後する高性能無線LANルーターを無料レンタルしている。
    ※GMOとくとくBBのプロバイダは3年間利用したら、返却不要になるので実質プレゼント
  5. 一部エリアで10Gbpsプランも展開している。
  6. 国内最大手の通信会社NTT docomo運営なので、通信品質も良い

 

docomoスマホユーザーであれば問答無用で選択肢はドコモ光です。

docomoユーザーにとってこれ以上にバランスの取れた最強光回線はないので、迷うことなくドコモ光をお選びください。

ただし、ドコモ光の場合プロバイダ選びが必要になりますが、その部分も↑の最も高還元の窓口を選ぶことで解決します。

ドコモ光のプロバイダの選び方については、↓の記事を参考にしてみてください。

⇒ ドコモ光のプロバイダ選び方はコチラ

ちなみに、docomoスマホユーザーなので、irumo・eximoプランであっても割引対象です。(※詳細は↓をご覧ください)

 

 

ただし、ahamoに関しては同じNTT docomoではありますが、別キャリア扱いになるのでドコモ光セット割は適用できず、ahamo光が別で用意されています。

ただし!コレに関しても原則選び方のポイント「★大手スマホ5キャリアとセット割が組める光回線」で解説したように、大手5キャリア以外の格安スマホなのでahamo光を選ぶ必要はなくこのあと解説する「格安スマホユーザー」と同等の基準で選べば問題ありません。

 

ビッグローブ光(au・UQmobileスマホ)

ビッグローブ光公式×キャッシュバック

※ビッグローブ光の還元相場は↑の記事をご参考に

ビッグローブ光がau・UQmobileユーザーにおすすめな理由▼

  1. auスマホは「auスマートバリュー」、UQmobileスマホは「自宅セット割」それぞれどちらか1つの割引が適用でき、家族含めてスマホ1台につき最大毎月1,100円割引されるから。
    (最大10台まで適用可能なので、ビッグローブ光の月額料金を実質無料にすることも実現可能。)
  2. 契約時の新規工事費用が実質無料になるキャンペーンがあるから。
  3. 光回線の中でも高額キャッシュバックが貰える
    ※ただし、申し込み窓口を間違えると最高峰のキャッシュバック金額が貰えないため注意。
  4. 一部エリアで10Gbpsプランも展開している。
  5. KDDIグループのプロバイダなので、通信品質が高い。
  6. 契約途中で引っ越した場合、引越し先の光回線工事費用をビッグローブ光が負担してくれる。(何度でも)
    ※原則引越し先の工事費はユーザー負担だが、ビッグローブ光は何度引っ越ししてもキャリアが負担してくれるので転勤族も安心して契約ができる。

 

au・UQmobileユーザーであれば、ビッグローブ光を選択すれば間違いないです。

auユーザーやUQmobileユーザーの各セット割はビッグローブ光以外でも適用できますが、1番トータルバランスが取れてるのがビッグローブ光です。
(※トータルバランス…工事費無料・月額料金・品質・キャッシュバック金額・サービス)

ビッグローブ光もまた高額キャッシュバックをやってる光回線なので、必ず1番お得になる窓口を活用するのを推奨します。

また、契約途中や工事費残債がある中で引っ越しが発生した場合であっても、引越し先の工事費をビッグローブ光が負担してくれるという神施策もあるので安心して契約可能です。

 

光コラボで他にも同じセット割が適用できるものはありますが、↓の各記事で比較しているので参考にしてみてください。

⇒ auスマートバリューにおすすめの光コラボ比較へ

⇒ 自宅セット割におすすめの光コラボ比較へ

 

TERU
多く適用できる光回線の中で最もビッグローブ光が良いので、迷った方はご参考に。

 

ソフトバンク光(SoftBank・Ymobileスマホ)

ソフトバンク光

↑経由限定増額するので詳細は↑をご参考に

ソフトバンク光還元相場を知りたい人は↑を確認。

ソフトバンク光がSoftBank・Ymobileユーザーにおすすめな理由▼

  1. SoftBankユーザーは「おうち割光セット」、Ymobileユーザーは「おうち割光セット(A)」それぞれのスマホセット割が適用でき、家族含むスマホ1台につき毎月最大1,100円割引されるから。(※他と同じく最大10台までセット割が組めるので、家族がSoftBankユーザーで統一、もしくはYmobileユーザーで統一されてれば、ソフトバンク光の月額料金が実質無料なんてことも実現する)
  2. 契約時の新規工事費用が実質無料キャンペーンをやってるから。
  3. 光回線の中でも新規契約は高額なキャッシュバック金額である
    ※ただし、窓口選びを間違えると1円もキャッシュバックが貰えないこともある。また転用・事業者変更に関してはキャッシュバック金額が減額します。
  4. 一部エリアで10Gbpsプランを展開している。
  5. 最大手の通信会社のプロバイダなので、品質はトップクラスに良い
  6. 一部の窓口でキャッシュバックに加えて無線LANルーターが貰える

 

大原則SoftBank・Ymobileユーザーであればソフトバンク光を選ぶのが良いです。

ただし、1点だけ注意点があるのは、事業者変更・転用の申し込み且つ1台のみのスマホセット割の適用であれば、必ずしもソフトバンク光にこだわる必要はないかもです。

理由は、おうち割光セット割(A含む)を適用するには毎月550円の有料オプション付与が必須なので、この場合だとそこまで安い恩恵を受けられないからです。

また、事業者変更・転用の申し込みだとキャッシュバック金額が新規契約よりも半額くらいになってしまうのも理由になります。

2台以上のスマホをセット割組めるのであれば、積極的にソフトバンク光で大丈夫です。

 

反対にソフトバンク光が微妙だった場合はどれにしたらよいのか?ということですが、それは格安スマホユーザーと同じく光回線単体で最安値で使えるものを選択すれば良いです。

TERU
↓に格安スマホユーザーにおすすめの最安値光回線と最良の窓口を解説しているので合わせて参考にしてみてください。

 

GMOとくとくBB光(格安スマホ)

当メディア経由限定GMOとくとくBB光公式特設サイト

※通常サイトと違いについては↑をご参考に

GMOとくとくBB光が格安ユーザーにおすすめな理由▼

  1. スマホセット割が必要ないくらいに月額料金が光回線単体で最安値クラス。
  2. 契約時の新規工事費が実質無料キャンペーンが適用できる
  3. 光回線の中でも最高峰キャッシュバック金額が貰える
    ※ただし、GMOとくとくBB光も申し込み窓口を間違えるとキャッシュバック金額が大幅減額するので↑をご参考に。
  4. 高性能無線LANルーターが無料レンタルできる。
    ※3年以上利用すると返却不要になり実質的にプレゼントになる。
  5. 契約縛りがないのでいつでも解約できる。
    ※新規工事費の残債があると工事費支払いが必要になるため注意。転用・事業者変更ならいつ解約してもペナルティ無し
  6. 一部エリアで10Gbpsプランを展開している。
    ※10GbpsプランはGMOとくとくBB光10Gをご参考に
  7. 国内トップクラスのプロバイダ企業が運営なので、通信品質が高い

 

格安スマホユーザーであればとにかく最安値の光コラボを選択するのが1番相性がいいです。

多くある安い光回線の中でも最も人気があるのが、GMOとくとくBB光です。

月額料金が最安値クラスなのに、工事費実質無料、契約縛りなし、高額キャッシュバック(当メディア経由限定プラン)が付いてるわけですが、こんなのはGMOとくとくBB光以外存在しません

月額料金だけで比較すると、似たような価格帯の月額料金の光回線は存在しているわけですが、GMOとくとくBB光のように還元も強いものはありません。

最安値の光回線を多くある光コラボの中から探す人は↓の記事を参考にしてみてください。

 

 

↑の記事を見ると同じような最安値級光回線がありますが、いかにGMOとくとくBB光が凄いのかがよくわかりますから。

 

TERU
ということで↑で解説した通り、SoftBank・Ymobileユーザーであっても、適用が1台のみのスマホであればGMOとくとくBB光を選択するのはアリです。

 

以上!

 

関東エリアに住んでる人であれば、どの光回線とってもNTTのフレッツ光が利用できれば使えるので、再現性が高くおすすめできます。

光コラボじゃないと全てのスマホキャリアのセット割が組めないので、光コラボ1択になるわけです。

 

関東地方で使える独自光回線を使わない理由【auひかり・NURO光など】

要するに…

  1. 関東地方でもauひかりやNURO光などの独自光回線は使えるが、提供エリアが圧倒的に限定的なので、使えない人も多いので、まずは光コラボを優先。
  2. 以前までは独自光回線の方が「ユーザーが少ないので快適に使えた」などあったが、現状はユーザーも増え、光コラボも品質強化されてるので大差はない。
  3. 月額料金の安さ、工事費実質無料、高額キャッシュバック、スマホセット割の観点で考慮しても光コラボの方が強い。
  4. 10Gbpsプラン希望者であっても光コラボで10Gbpsが始まってる。

 

一言で伝えると、独自光回線のメリットが少なくなったのと現状で言えば独自光回線を選ぶ方が光コラボよりもデメリットが大きいことすらあります。

東京などの都心部であれば、「どの光回線にしよう?」と迷うこともできますが、ほとんどの人が光コラボしか使えないなんてことがあります。

むしろNTT回線が利用できないのであれば、他社光回線も使えないケースが多いわけですから。

 

TERU
原則どの観点で考えても独自光回線から調べる必要はないです。

また独自光回線の場合、光コラボなどと違って工事手配するルートも変わるため、「申し込みはしたけどすぐに工事ができず時間がかかる!」なんてことも起こりうるので基本は光コラボ1択です。

 

どうしても「独自光回線から選びたい!と思ってたけど、この話を聞いて迷ってる・質問相談したいです!」なんて人は当ページ上の最下部にあるコメント欄を活用してみてください。
(※誰でも自由に書き込みしても大丈夫です。)

⇒ コメント欄はコチラ

 

まとめ

  • 関東地方で使える光回線は首都圏なので多くあるが、厳選すると大きく絞ることが可能。
  • 関東で光回線を選ぶポイントは大きくわけると4点アリ。1番重要なのはスマホセット割が適用される光回線を選ぶ。
  • 本当におすすめできる光回線は4キャリア。各スマホユーザーによって振り分けられる。
  • 光回線キャリアだけじゃなく、申し込み窓口選びも重要で間違えると、数万円単位の損得発生するため注意。
  • 独自光回線は光コラボ(NTT光回線)が使えない場合にのみ探せばよい。

 

TERU
都心部である関東だからこそ選択肢がものすごくあって、光回線選びも複雑になるのか?と思いきや、実はそこまで難しくなく単純に選びやすいです。

インフラである光回線は基本的に大手キャリアから選択するのが最良なのは前述していますが、その結果通りになってるのがわかります。

光回線キャリア自体は無数に存在していますが、掘り込む必要はなく大手光回線と1番お得になる窓口を選択すれば失敗がありません

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2024 AllRights Reserved.

▼急ぎの人はコチラからチェック▼
【最適】厳選した光回線はコレ
▼急ぎの人はコチラからチェック▼
【最適】厳選した光回線はコレ