『ハイテル』ネット回線総合メディア ~節約・仕事・投資~

Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル)

当メディア記事内には一部広告を掲載しています。消費者庁の「ステルスマーケティング規制法」に基づいた表記をしておりますのでご安心頂ければと思います。気になる点がございましたらお問い合わせ頂ければ幸いです。
月額料金7,000~8,000円で高い場合

通信・インターネット

【※待って】毎月7000円~8000円も光回線の料金払ってる…【高すぎ…】

更新日:

光回線の月額料金がなぜか毎月6,000円から9,000円くらいを支払い続けてる人!(6,000円は場合によっては適正値)

通信業界のプロがその理由と解決策を解説していきます。結論としては改善できる可能性大です。

 

※急ぎの人はまずはコチラをチェック▼

 

TERU
自分は元々ネット回線の代理店勤務しており、訪問営業を中心として多くの光回線を販売してきました。

そのプロ経験があるから、私が現状光回線が高い時に見直す点を含めて解説していきます。

自分の業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

光回線最安値を私が解説した動画です▼

合わせて読むべき記事↓

光回線が7,000円・8,000円・9,000円と高額になる理由

光回線が7,000・8,000・9,000円と高額になる理由

 

高額になる理由は大きくわけると単純で↑の3点のみです。

ということで、それぞれ見直す点や問題ない点を↓に解説していくのでそれぞれチェックしていきましょう。

 




光回線+プロバイダのベース料金が高い(10ギガプラン含む)

TERU
大いに改善余地アリ!

問題点と解決策をそれぞれ↓にまとめたので参考にしてみてください。

どういうことが考えられるか▼

  1. 光コラボではなく、まだ月額料金の高い組み合わせであるフレッツ光+プロバイダの契約を使っている
    ※フレッツ光+プロバイダの組み合わせで使っていると月額料金が高い傾向にある。
  2. 光コラボを契約していても、割高なプランキャリアを利用している。
    ※割高の目安は、税込みで戸建て利用で6,000円以上、マンション利用で4,500円以上の月額料金を支払ってる。(ただし、マンション利用の場合、戸建てプランしか使えない場合があるのでその場合は戸建て利用の目安になる)
  3. NTT系フレッツ光・光コラボを除く他社光回線(auひかり・電力会社系光回線・NURO光等)を使っていても↑同じ目安になる。
  4. 10ギガプランの光回線を利用している。
    ※基本1ギガプランよりも高速プランなので、各社割高になる。8割型の人は1ギガプランで事足りるので不要であれば1ギガプラン変更。

【解決策】

  1. フレッツ光から相性の良い光コラボ回線へ「転用」で乗り換える。他社光回線の選択肢もあるが、使えないケースもあるし、選択肢が少ないため原則光コラボを選択推奨。
  2. 同じく光コラボの見直しをして相性・コスパの良い光コラボへ「事業者変更」で乗り換える。「1」と同じ利用で原則光コラボを選択推奨。
    ※「1」「2」に合う転用・事業者変更で乗り換え先光コラボ回線は後半で解説しています。(※急ぎで知りたい人は↓から飛べます。)
    光回線の月額料金を安くするおすすめ乗り換え先
  3. 他社光回線を使っていて、月額料金が高いと感じるなら光コラボに変更して安い月額料金のものを探す。
  4. 今の使い方で10ギガプランが不要と感じるなら、1ギガプランへ変更して安くする
    ※これだけでも毎月1,000円前後安くなることがあるため。

 

案外多いのが月額料金の高い光回線を使ってるケースです。

この場合の結論は安いプラン、もしくは安い光回線へ乗り換えてしまう以外にありません。

ベースの月額料金が高い以上削減できる余地はしれてますから。

 

ただし、光回線の月額料金が高い場合であっても、スマホとのセット割を適用している場合はその限りではなくスマホの月額料金でキッチリ割引の恩恵を受けてる場合があるので乗り換えには注意が必要です。
(※場合によっては不要な乗り換えで高く付いてしまう可能性もあるため、チェックしておく必要があります。↓の項目をご参考に。)

光回線が高額でもスマホセット割適用ならOK

 

ただし!この基準だけではとてもじゃないですが、月額料金が7,000円・8,000円・9,000円以上になることは珍しいのでそれ以外の要因も考えられます。

次に考えられるのが↓の項目です。

 

工事費残債の分割費用の上乗せ

TERU
改善の余地はアリです。

なぜ高くなるのか?▼

  1. 新規契約時に発生する新規工事費(目安22,000円前後)が発生して分割支払いにしていると毎月500~800円前後(24ヶ月から36ヶ月間続く)が月額料金に上乗せされ請求されているため高額になってしまう。
    ※新規工事費残債は光回線キャリアによって異なるため、明細を確認推奨。

【解決策】

  1. 現状契約している光回線の新規工事費残債があるのはどうしようもないので、他社光回線(光コラボ)へ乗り換えて、キャッシュバック特典解約金キャッシュバック特典を活用して他社光回線(光コラボ)へ乗り換え一括精算する。
    参考【乗り換え】違約金・解約金負担がある光回線【インターネット】
  2. 乗り換え先はフレッツ光⇒光コラボ、光コラボ⇒光コラボであれば、工事費0円で、他社光回線⇒光コラボであれば、乗り換え先光回線が工事費無料光回線を選択すれば工事費自己負担は実質なくなり、毎月の月額料金が安くなる。
    参考【2種類】工事費無料の光回線を比較【選択する優先は…】

 

現在契約している光回線の新規契約時の工事費残債が分割支払いされてるから、月額料金が高額になってるケースも多く見受けられます。

会社員
契約時に思ってた月額料金よりもはるかに高い請求金額が来て、引き落としされてる!

↑なんてパターンの人は大抵工事費残債の分割費用が上乗せされてるか、もしくは次の項目で解説している「不要な有料オプションに加入」のどちらかだと言えます。

 

事前予防策で注意しておきたい点は↓1点です。

 

工事費残債の上乗せで気をつけるポイント▼

  1. 光回線を契約する時に工事費無料でない光回線を選ばないこと。
    キャリア側が工事費無料特典を付けて負担してくれる光回線を選ぶこと。

トータルバランスの取れてる人気光回線を選択すれば必ずと言っていいほど、工事費はキャリア負担してくれる工事費無料特典が付いてます。

そのため、「工事費自己負担である光回線を選ばない!」ということだけで工事費残債分割支払いによる上乗せを予防できます。

 

とは言え、ここではすでに契約してしまったケースの話なのでどうしようもないわけで、分割費用をなんとかするには支払い切る乗り換えて一括精算する以外に方法はありません。

今回↑の【解決策】でまとめてるのは、他社光コラボへ乗り換えてしまって、乗り換えのキャッシュバック特典を活用して一括精算且つ乗り換え先の工事費無料で工事費完全精算する方法です。

↓の記事を見ると意外と大手光コラボ回線で乗り換え時の高額キャッシュバックや違約金キャッシュバックをしてくれるキャリアがあるのがわかります。

 

 

TERU
ということで工事費残債をすぐに何とかしたい人は他社光コラボへ乗り換えるのが手っ取り早いし、今よりもさらに月額料金の安い光コラボへ乗り換えてしまえば一石二鳥になるわけです。

 

不要な有料オプションに加入(光電話等)

TERU
割とすぐに改善できる可能性アリです。

すぐに見直したい人は↓をチェック!

不要な有料オプションとは▼

  1. 使ってないサポート系の毎月課金されるオプション
    例、NTTフレッツ光の場合リモートサポート等
  2. 使っていない光電話(固定電話)サービスを契約していたり、光電話サービスのオプションパックまで加入している
    例、毎月500~2,000円前後光回線に上乗せされて使ってるケースがある

解決策はコチラ

 

不要な有料オプションが付いてて気が付かずに支払い続けてる人の大半が契約時に、申込み手続きした窓口が何かの条件で有料オプションを付与してしまっていて、解約忘れて使い続けてるケースです。

意外と本人も気づいてないだけこのパターンは多いです。

TERU
私が訪問販売をしていて、他社光回線から乗り換えてもらう営業をしていた時に「毎月、月額料金が高いんだよね」と言われるお客さんの明細書を見ると大体このパターンで高くなっていました。

加えて本人も気づいてないことが大半なので、要注意です。

このパターンの場合であれば、割とすぐに月額料金を安くできるのでまずはここからチェックするのが良いと思います。

↓の項目でも1番最初にチェックする項目として解説しています。

スグ光回線の月額料金6,000円以下に安くする方法

 

光回線が高額でもスマホセット割適用ならOK

要するに…▼

  1. 工事費残債や不要な有料オプションはなく光回線単体の月額料金が高いけど、スマホとのセット割が適用されていて、割引金額も加味してトータルで安くなってるのなら問題なし
  2. 大手スマホキャリアとのセット割が適用される光回線の場合、月額料金単体は並程度で安いわけじゃないが、スマホの月額料金割引を加味すると破格の安さになるから。
    例、ドコモ光・ソフトバンク光などは他社光コラボと比較しても月額料金は並程度ですが、スマホセット割を適用するとものすごく安くなる。
  3. ただし、スマホセット割適用されててありなのは、割引金額の大きく、家族含むスマホ複数台割引される大手スマホキャリアとのセット割のみで、格安スマホなどのスマホセット割の場合毎月100円前後光回線のみにしか割引されないので、スマホセット割重視よりも単純に光回線の月額料金が安く、還元の大きいものを選ぶのが最良
    ※複数台割引がされる大手スマホキャリアとのスマホセット割種類の参考と割引金額は↓の一覧表をご参考に。

大手スマホキャリアとのセット割の効果▼

※当ページ上に掲載の料金・価格は税込み表記(10%)となっています。

セット割可能
スマホセット割名
※セット割光回線
docomo au UQmobile SoftBank Ymobile
ドコモ光セット割
※ドコモ光
irumo・eximoプランも対象)
スマホ1台に付き
毎月1,100円割引
※家族含む最大20台まで適用可
最大毎月22,000円割引
- - - -
auスマートバリュー
※ビッグローブ光
- スマホ1台に付き
毎月1,100円割引
※家族含む最大10台まで適用可
最大毎月11,000円割引
- - -
自宅セット割
※ビッグローブ光
- - スマホ1台に付き
毎月最大1,100円割引
※家族含む最大10台まで適用可
最大毎月11,000円割引
- -
おうち割光セット
※ソフトバンク光
- - - スマホ1台に付き
毎月1,100円割引
※家族含む最大10台まで適用可
最大毎月11,000円割引
-
おうち割光セット(A)
※ソフトバンク光
- - - - スマホ1台に付き
毎月1,650円割引
※家族含む最大10台まで適用可
最大毎月16,500円割引

 

注意すべき点としては、「今使ってる光回線が安くない!高い気がする!」からと言って実はすでに大手スマホキャリアとの割引が適用されていて、光回線とスマホの月額料金が実質的にかなり安くなってるなんてこともあります。

そのため↑の表でまとめたような割引がされてる場合は、光回線単体の月額料金だけ見て「高いかも!」と判断しないように注意しましょう。

スマホ1台で毎月スマホ料金が1,100円前後安くなっていますし、家族も同じスマホキャリアで統一していて仮に家族5人全員割引されてると、光回線の月額料金が実質的に無料になってることも珍しくないです。
※5人分のスマホ料金が毎月5,500円割引されてるから、光回線の月額料金よりも安くなる場合もある。

 

反対に大手スマホキャリアとは違い格安スマホキャリアのスマホセット割は、光回線単体に対しての割引且つ割引金額も毎月100円前後しかないものばかりです。

元々安い格安スマホなので、大手スマホキャリアと同じような割引は現実難しいわけです。

この程度の割引であれば、単純に光回線単体の月額料金の安い光コラボを選択するのが最良となるわけで、格安スマホキャリアの人はスマホセット割を加味する必要なしです。

 




スグ光回線の月額料金6,000円以下に安くする方法

今スグ光回線を安くする方法

今スグ可能!要チェック項目▼

  1. 不要な有料オプション解約する。
    ※使っている光回線キャリアによって解約方法は異なるが、Web上から解約、電話でのみ解約など様々あるため確認推奨。

【不要な有料オプション例】

  1. 光電話サービス(光電話のオプションパック系も含む)
    ※ただし、auスマートバリューや自宅セット割、おうち割光セット(A含む)のスマホセット割適用に光電話の契約が必須な場合があるためその場合は「不要」な有料オプションではなく「必要」な有料オプションである。
  2. 電話サポート系オプション(NTTフレッツ光のリモートサポートなど)
  3. セキュリティオプション(PC・スマホのセキュリティだが基本現代では不要)
  4. 生活サポート系オプション(クーポンや自転車事故・盗難などの保険オプションだが、ネット回線の契約では不要)
  5. 映像配信系オプション(ひかりTV・U-NEXT・DAZN等。見ていなければ不要)

 

毎月の月額料金が高額になってる人の大半が不要な有料オプションに加入している人が多いので、↑の方法を取ることで最短翌月から月額料金を削減できる可能性が高いので要チェックです。

代表的な不要な有料オプションは↑に挙げたような4点が挙げられますが、それ以外にも明細書を見てよくわからないオプションに課金されてる場合は確認して解約検討するのを推奨します。

 

ただし「1」に関しては、スマホセット割の適用条件で必要だったりすることもあるので、光電話(固定電話)サービスを利用していなくても、それ以上の恩恵を受けてるので安易な解約には注意が必要です。

光電話サービスの中には、固定電話の◯分の無料通話分、転送電話、迷惑電話お断りサービスのような使ってもないのにオプションパックに加入していることもあります。

その場合基本プラン(=通常プラン)に戻し、光電話の最低基本料金のみにして削減は可能です。

 

TERU
「1」以外の有料オプションは基本的に不要な人が多いので、「使いこなしてない」「入ってること自体しらなかった」なんて人は即刻解約すべきです。

人によってはこれだけで1,000~2,000円それ以上毎月安くなる場合もあるからです。

 

ちなみに、サポート系オプション全般やセキュリティオプションは最初契約時の特典条件でつけてたり、窓口側がやや強引に付けてたりで契約していることが多いので大半の場合は不要です。

 

光回線の月額料金を安くするおすすめ乗り換え先

乗り換え先におすすめ光コラボ

※各↓の項目をタップクリック)すると詳細まで飛べます。

  1. ドコモ光docomoユーザー推奨光回線)
  2. ビッグローブ光auUQmobileユーザー推奨光回線)
  3. ソフトバンク光SoftBankYmobileユーザー推奨光回線)
  4. GMOとくとくBB光格安スマホユーザー推奨光回線)

↑のそれぞれの解説先は1番還元が大きいお得になる窓口もプロが厳選しているので比較することなく1番お得になる窓口です。

 

大前提光回線(+プロバイダ)のベース月額料金が高い場合は、料金の見直しをする必要があります。

結局見直すとなると光回線を乗り換えるのがてっとり早いわけですが、乗り換えに付き物なのが、解約金+乗り換え先の工事費問題です。

これらを含めた上で月額料金も安くできるものを↑でそれぞれピックアップしたので、自分が該当するスマホキャリアの人はそれぞれの光回線を選択しても、解約金をカバーできるキャッシュバック特典や乗り換え先の工事費が無料なので自己負担なく乗り換え可能です。

また各社申し込み窓口もたくさんあるので損しない窓口もプロがピックアップしているので、迷うことなく最良な窓口を選択できます。

 

ドコモ光(docomoユーザー推奨光回線)

乗り換えも
▼経由なら無条件で高額キャッシュバック▼
ドコモ光

ドコモ光

なぜdocomoユーザーはドコモ光か▼

  1. 家族含むdocomoスマホ1台に付き毎月1,100円割引され、最大20台分まで割引されるため、結果的にドコモ光の月額料金以上に割引されるケースもある驚異の割引があるから。
  2. 新規契約でも工事費完全無料
    ※転用・事業者変更で乗り換えの場合はそもそも新規工事費は0円。契約後すぐ解約しても違約金の支払いのみで解約が可能。
  3. 契約時のキャッシュバック特典が業界最高峰
    ※ただし申し込み窓口を間違えると1円もキャッシュバックがないので注意が必要。
  4. ↑経由のGMOとくとくBB限定で解約金発生時に「3」に加えてキャッシュバック金額が増額する
    ※解約金負担キャッシュバック特典アリ。
  5. 高性能無線LANルーター(Wi-Fiルーター)無料レンタルされる。
    ※ただし選ぶプロバイダによって異なるため厳選する必要がある。↓の記事をご参考に。
    参考【おすすめ】ドコモ光ルーターレンタルはコレ…※料金・交換・購入
  6. 一部エリアで10ギガ(Gbps)プランに対応している。
    ※10Gbpsの速度プランを希望している人はありがたい。

ドコモ光の月額料金イメージ▼

※↓の「実質月額料金」が実際の月額料金になります。

契約内容 戸建てタイプ マンションタイプ
月額料金タイプA
※タイプAが最安値プラン
1ギガ以下:5,720円
10ギガ:6,380円
1ギガ以下:4,400円
10ギガ:6,380円
ドコモ光セット割 -1,100円/スマホ1台
※家族含む20台まで適用可能
-1,100円/スマホ1台
※家族含む20台まで適用可能
実質月額料金 1ギガ以下:4,620円
10ギガ:5,280円
※docomoスマホ1台追加に付き↑から
さらに-1,100円割引される
1ギガ以下:3,300円
10ギガ:5,280円
※docomoスマホ1台追加に付き↑から
さらに-1,100円割引される

 

docomoスマホユーザーであれば、ドコモ光にすることこそ1番月額料金のトータルを削減できる方法です。

ドコモ光セット割が適用できるのがそれだけ大きいメリットで有る反面、特別ドコモ光単体の月額料金が安いわけじゃないのでdocomoユーザー以外の人にとってはおすすめできるわけじゃないです。

 

ドコモ光は新規契約時の工事費無料特典や高額キャッシュバック特典があるので、今使っている光回線の解約で高額な解約金が出ても自己負担なく乗り換え可能です。

一部地域で対応している10ギガプラン対応光コラボなので、「今まで10ギガプラン使ってて次も10ギガプランが良い!」なんてことも実現可能。

とにかくdocomoユーザーにとっては考える必要なくドコモ光を選択しておくことが未来永劫最強と言えます。

ただし、ドコモ光はプロバイダを自分で選択するタイプの光コラボになってるので、そのあたりが気にある人は↓の記事も合わせて読んでおくのをおすすめします。

 

 

TERU
ちなみに、↑の記事を読まなくてもピックアップしている窓口を選択すれば最良の窓口とプロバイダになっているので問題はありません。

 

ビッグローブ光(au・UQmobileユーザー推奨光回線)

au・UQmobileユーザーに最適
業界最高峰のキャッシュバック金額が貰える▼
ビッグローブ光

ビッグローブ光公式×キャッシュバック

なぜau・UQmobileユーザーはビッグローブ光か▼

  1. auの「auスマートバリュー」、UQmobileの「自宅セット割」のどちらか1つ各セット割が適用でき、家族含むスマホ1台につき毎月最大1,100円割引され、最大10台まで適用できる驚異のセット割引があるから。
    ※仮に、家族4人全員auユーザーだとした場合、auスマートバリューの適用で実質毎月4,400円割引されるので、ビッグローブ光がタダみたいなものになる。
  2. 新規契約でも工事費実質無料
    ※転用・事業者変更での乗り換えであれば、そもそも新規工事費は0円。
  3. 契約時のキャッシュバック特典が業界最高峰
    ※ただし、申し込み窓口によっては全くキャッシュバックが貰えない、貰えても少額なことがあるため注意
  4. 契約途中で引っ越しが発生しても、何度でも引っ越し先の工事費が無料
    ※通常の光回線は引っ越し先の工事費は全て自己負担なのでビッグローブ光唯一の強み。
  5. 一部エリアで10ギガ(Gbps)プランに対応している。

ビッグローブ光の月額料金イメージ▼

※↓の「実質月額料金」が実際の月額料金になります。

契約内容 戸建てタイプ マンションタイプ
月額料金
1ギガ以下:5,478円
10ギガ:6,270円
1ギガ以下:4,378円
10ギガ:6,270円
ビッグローブ光電話
※auスマートバリュー・自宅セット割適用に
必須オプション
+550円 +550円
auスマートバリュー
自宅セット割
-最大1,100円/スマホ1台
※家族含む10台まで適用可能
-最大1,100円/スマホ1台
※家族含む10台まで適用可能
実質月額料金 1ギガ以下:4,928円
10ギガ:5,720円
※au・UQmobileスマホ1台追加に付き↑から
さらに-1,100円割引される
1ギガ以下:3,828円
10ギガ:5,720円
※au・UQmobileスマホ1台追加に付き↑から
さらに-1,100円割引される

 

auユーザー、UQmobileユーザーであれば、それぞれスマホセット割適用可能な光回線であるビッグローブ光を選択するのが最良です。

基本的には↑でまとめたようにスマホセット割を適用することで、驚異の割引金額の恩恵を得られるからです。

…と、詳しい人なら「auスマートバリューも自宅セット割もビッグローブ光以外でも適用できる光コラボありません?」という意見が聞こえてきそうですが、そこをカバーするくらいに強いのがビッグローブ光で、キャッシュバック金額を筆頭にトータルバランスが1番取れています。

↓に各スマホセット割適用可能光コラボを比較した記事があるので参考にしてみてください。

auスマートバリュー適用可能おすすめ光コラボ

自宅セット割適用可能おすすめ光コラボ

 

TERU
他にも拮抗する光コラボはありますが、結局月額料金のバランスなども加味していくと最終的にビッグローブ光が最良だとプロの私は判断しました。

 

ソフトバンク光(SoftBank・Ymobileユーザー推奨光回線)

ソフトバンク系スマホ最強
ソフトバンク光で1番高還元な窓口▼
ソフトバンク光

ソフトバンク光

なぜSoftBank・Ymobileユーザーはソフトバンク光か▼

  1. SoftBankの「おうち割光セット」、Ymobileの「おうち割光セット(A)」のどちらか1つのスマホセット割を適用でき、家族含むスマホ1台につき毎月最大1,650円割引されるため、驚異の割引金額になる。(各セット割スマホ最大10台まで適用可能)
    ※特にYmobileに関してはソフトバンク光が唯一スマホセット割を適用できる光回線。
  2. 新規契約でも工事費実質無料
    ※転用・事業者変更の契約なら新規工事費は0円。
  3. 契約時のキャッシュバック特典が高額
    ※ただし申し込み窓口が多数あるため、窓口によってはキャッシュバックが貰えないこともあるため注意。
  4. 違約金負担キャッシュバック特典がソフトバンク光の公式キャンペーンであり、「3」と併用可能
  5. 一部エリアで10ギガ(Gbps)プランに対応している。

ソフトバンク光の月額料金イメージ▼

※↓の「実質月額料金」が実際の月額料金になります。

契約内容 戸建てタイプ マンションタイプ
月額料金
1ギガ以下:5,720円
10ギガ:6,380円
1ギガ以下:4,180円
10ギガ:6,380円
【指定オプション】
ホワイト光電話など含む
※おうち光セット割・おうち割光セット(A)適用に
必須オプション
+550円 +550円
おうち光セット割
おうち光セット割(A)
【おうち光セット割】
-最大1,100円/スマホ1台

※家族含む10台まで適用可能
【おうち光セット割(A)】
-最大1,650円/スマホ1台
※家族含む10台まで適用可能
【おうち光セット割】
-最大1,100円/スマホ1台
※家族含む10台まで適用可能
【おうち光セット割(A)】
-最大1,650円/スマホ1台
※家族含む10台まで適用可能
実質月額料金 【おうち光セット割】
1ギガ以下:5,170円
10ギガ:5,830円
【おうち光セット割(A)】
1ギガ以下:4,620円
10ギガ:5,280円
※SoftBank・Ymobileスマホ1台追加に付き↑から
さらに-最大1,650円割引される
【おうち光セット割】
1ギガ以下:3,630円
10ギガ:5,830円
【おうち割光セット(A)】
1ギガ以下:3,080円
10ギガ:5,280円
※SoftBank・Ymobileスマホ1台追加に付き↑から
さらに-最大1,650円割引される

 

SoftBank・Ymobileユーザーであれば、自社のソフトバンク光で統一してスマホセット割を組むのが最良です。

スマホセット割の割引金額も↑で紹介しているドコモ光・ビッグローブ光同様馬鹿にできないほど高額且つ、家族含めて複数台分割引適用も可能です。

注意すべき点は2つあり、1点目は各スマホセット割適用には月額料金500円前後のオプションが必要になるので、↑で挙げた「不要な有料オプション」として認識して誤って解約しないことです。
※それを付けてもスマホセット割の割引金額の方が大きいから有料オプション以上の恩恵になる。

2点目は、転用・事業者変更時のキャッシュバック特典がソフトバンク光の場合は新規契約と比較して減額する点です。

それでも「4」のソフトバンク光公式キャンペーンの違約金負担キャッシュバックはあるので、元使っていた光回線の解約金が高くて乗り換えできないことはないのでご安心を。

 

TERU
とは言え、SoftBank・Ymobileユーザーであればソフトバンク光を選択しておけば失敗はないので、現状ソフトバンク光を利用していないSoftBank・Ymobileユーザーは乗り換え必須です。

 

GMOとくとくBB光(格安スマホユーザー推奨光回線)

格安スマホユーザー向け
月額最安最強キャッシュバック還元窓口▼
GMOとくとくBB光

当メディア経由限定GMOとくとくBB光公式特設サイト

なぜ格安スマホユーザーはGMOとくとくBB光か▼

  1. 格安スマホユーザーにはスマホセット割がないものが多く、あっても少額の割引にしかならないので、光回線単体の月額料金が安いもの(還元なども含めてコスパの良いもの)を選択するのがコスト削減に最重要になるが、GMOとくとくBB光は業界最安級の月額料金。
  2. 新規契約の工事費実質無料
    ※転用・事業者変更での契約は工事費0円。
  3. 最安値なのに高額キャッシュバックが貰える。
    ※ただし申し込み窓口を間違えると少額になるので注意が必要。↑をご参考に。
  4. 「3」に加えて乗り換え時に解約金が発生すると解約金負担キャッシュバックで増額する。
    ※この部分の補填金額も業界最高峰に大きいので基本的に解約金カバーできないことはないし、「3」を加味するとお釣り超えてお小遣いが残ります。
  5. 契約縛りなしのため、違約金設定0円。
  6. 高性能無線LANルーター(Wi-Fiルーター)無料レンタル可能。
  7. 一部エリアで10ギガ(Gbps)プランに対応している。

GMOとくとくBB光の月額料金イメージ▼

契約内容 戸建てタイプ マンションタイプ
月額料金
1ギガ以下:4,818円
10ギガ:5,940円
1ギガ以下:3,773円
10ギガ:5,940円

 

GMOとくとくBB光は格安スマホユーザーの味方といって過言ない光回線で、とにかくベースの月額料金が安いです。

それだけじゃなく、「2」~「7」に及ぶ強みがあり、最安値級の光回線でここまでを実現している光回線は他にないです。(※光回線の最安値の比較は↓の記事をご参考に。)

 

 

格安スマホユーザーにおすすめできる最安値級光回線は従来「安いから利益率が低いので、工事費自己負担、契約縛り必須、キャッシュバックなし!」が常識でした。

それを覆したのがGMOとくとくBB光で、他社では絶対に真似できない高額キャッシュバックや解約金負担キャッシュバックまで同時展開しています。

通信品質の面をみても10ギガプランに対応していることもあるため、速度面も期待できますし、当然通信制限などなく月間使用量も無制限です。

 

TERU
スマホとのセット割がない、もしくはあっても月間数百円程度の割引であれば、GMOとくとくBB光を選択した方がもっと安くできるのでとにかくおすすめです。

 

以上!

 

光回線の月額料金ベースを下げるのであれば、この4パターンに収束するので、基本的に大部分の人が現状よりも安くできる可能性があります。

月額料金のベースを安くし、不要なオプションを無くせば月額料金も適正値になります。

 

光電話サービス(基本料のみ)を使っている場合は戸建てタイプ月6,000円前後以下、マンションタイプ5,000円前後以下であれば充分適正値です。

光電話サービスがない場合は戸建てタイプ5,000円代、マンションタイプ4,000円代以下であれば充分適正値です。

そこに加えて、スマホセット割があると思うので↑から最低でも1,000円前後実質的に割引されることを加味すれば、7,000円8,000円、ましてや9,000円なんて絶対にいかないわけです。
(※戸建てタイプで地デジ・BSテレビ視聴対策系オプションに入っていても↑に800円前後上乗せされるだけです。)

ということで、ここまで書いた上でなぜ今光回線の月額料金が高いのかわからない人は当ページの最下部にあるコメント欄などに自由に書き込みしてみてください。

わかる範囲で回答できるかもしれません。(※必ず回答できるわけじゃないのでご容赦ください。)

コメント欄はコチラ

 

まとめ

  • 光回線が7,000円~8,000円と高くなっている原因には大きくわけると3点にわかれるが、8,000円を超える場合は不要な有料オプションに多く入ってる可能性大。
  • 光回線の月額料金が高額であっても、スマホセット割が適用されてる場合は実質料金で考える必要があるし、実質料金が安ければ問題なし
    例、光回線が6,000円代の請求でもスマホの料金から毎月1,000~2,000円割引されてれば、実質的な月額料金は4,000~5,000円なので安いと言える。
  • 今スグ高い月額料金を安くする方法は不要な有料オプションを即解約すること。これだけでも1,000~2,000円安くなる可能性も。
  • ベースの光回線月額料金が高い可能性もあるため、この場合はそれぞれ4パターンの光回線へ乗り換える

 

必ずしも6,000~7,000円の月額料金になってるのが悪いわけではありませんが、8,000~9,000円とかはいくら何でも高すぎです。

スマホセット割に必要なオプションや光電話や光テレビ(戸建ての地デジ・BS視聴に必須オプション)を使っていても、8,000円を超えてるのは流石に高いです。

当記事を参考にして頂き、早速月額料金の削減にお取り組みしてみてください。

 

TERU
大手スマホキャリア利用者はまずはスマホセット割の適用!格安スマホユーザーは↓のようなずっと安く使える光回線の契約を忘れずに!

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2024 AllRights Reserved.

▼てっとり早く安くする方法(お得情報)▼
【最強コスパ】光回線4選はコチラ
▼てっとり早く安くする方法(お得情報)▼
【最強コスパ】光回線4選はコチラ