通信・インターネット

【対処法】インターネット無料物件の速度が遅い理由は?【光回線・WiFi】

更新日:

昨今、インターネット(光回線・Wi-Fi)が無料のマンションが増えてます。(新築なら導入されてることが多い)

ということで、入居者なら一度は悩むネット無料物件の速度について解説します。

 

TERU
自分は元々通信業界で訪問販売キャンペーンサイトで販売してた経験があるのと、実際に今住んでる家もネット無料物件だから詳しく解説します。

業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

YouTube上でもネット回線の情報を発信中↓

チャンネル登録しておくと便利です

合わせて読むべき記事↓

インターネット無料マンション・アパートの種類

ネット無料マンション種類

ポイント↓

  • どこの光回線・プロバイダを使ってるか
    (NTT・KDDI・電力会社系光回線)
  • どこの業者が導入したか
    レオネットe-Broadギガプライズ【MyAgent・RentAgent・GIGASpeed】・NTT・エイブルネットなど)
  • ベストエフォート速度
    (1Gbpsか200Mbpsか100Mbpsか)
  • 無料なのか、格安なのか
    (有料の場合月額料金1,000円など)

 

※すでにインターネット無料物件マンションに住んでて速度が遅い理由を知りたい人は↓へ飛んでください。

⇒ インターネット無料物件の速度が遅い理由

 

大前提ですが、インターネット無料ってのは大家・管理組合が代わりに一括契約をしてて、利用料金を負担・安くしてくれるマンションのことです。

賃貸・分譲マンションの両方で存在してて、通常のマンションタイプで入居者が個別で契約する光回線とは違います。

 

ネット無料マンションへの入居メリット

  • 入居後スグにネットが使える
    ※すでにネットが開通してるから個別工事不要
  • 無料もしくは割安でネットが使える
    ※物件の大家次第で無料か有料かは変わる

 

大家によっては、利用料金を入居者に別途家賃に組み込んでる場合もありますが、個別で契約するよりも安いのが特徴です。

 

ただし、ネット無料物件でも業者によって通信品質は全然違います

当たりを引いた場合は、不便なく使えますが、ハズレを引いた場合は使い物になりません。

 

ネット無料マンションへの入居デメリット

  • 通信速度が遅く、品質が悪いと改善が困難

 

ネット無料物件と言っても、導入業者も乱立してて、種類・価格・品質も物件によって違うのでかなり深いです。

 

TERU
ここまでで何が言いたいかって言うと、ネット無料物件だから必ずしもラッキー!でなく、最悪ネット無料物件に住んだばっかりに他社の選択肢がなくなってネットが遅く不幸になることすらあるわけです。

もちろん、ネット利用料金無料で、通信速度もそこまで不満がないなんてパターンもあるので、メリットデメリットを先に紹介しました。

 




分譲マンションのネット無料は当たりが多い

高級マンションイメージ

物件選ぶ時のポイント

  • 分譲マンションが賃貸に出されてて、ネット無料物件の場合だと通信環境がしっかりしてることが多い
    ※導入業者がNTTであったり、導入光回線本数が多く、各部屋までしっかり光ファイバーが行き届いてる
  • 賃貸専用マンションは、あくまで部屋付用の「ネット無料」というスペックのため導入してることが多いから安価に済ませてるから
    ※何十世帯もあるのに光回線1本で分岐してたりするなど

 

TERU
昔、賃貸マンションに「ネット無料化」の設備導入の営業してた経験があるのと、今現在実際に「分譲マンションのネット無料物件」に住んでるからよくわかるけど、↑の点が多いです。

つまり同じ「ネット無料」物件であっても、中身が全然違うことはあります。

インターネット無料マンションで通信速度に不満を持ちたくない人は、分譲賃貸のマンションを選択すべきです。

 

そもそもインターネット無料物件の速度が遅い理由は、安価な設備を導入してるからです。

反対に、分譲マンション・高級賃貸マンションの場合、ネット設備もしっかり増強してて光回線も複数本しっかり入れてて速度低下が起きにくくなってます。

購入して住む前提になってる分譲マンションや高級賃貸マンションで、ネットが遅いでは物件評価が落ちてしまうため、そこにお金をかけるのは当然といえば当然です。

 

300戸世帯超えてる分譲マンションのネット無料設備速度実測↓

時間 ダウンロード アップロード Ping
2:56 184Mbps 91.4Mbps 5ms
19:23 186Mbps 89.6Mbps 5ms
4:24 79.0Mbps 94.5Mbps 5ms
18:59 32.1Mbps 59.1Mbps 6ms
1:56 182Mbps 87.6Mbps 6ms
22:19 31.7Mbps 69.6Mbps 5ms
22:23 13.4Mbps 13.0Mbps 5ms

備考

  • ネットのスペックはフレッツ光全戸型マンション+プロバイダOCNで、上り下り最大200Mbpsの分譲高層タワーマンションのスペックです。
  • 測定はスマホで無線(Wi-Fi)で計測。
  • 超有名YouTuberも住んでて使ってる光回線のスペックです。

 

TERU
今はテレワークが普及されてて、在宅率がアップしてるから時間によっては速度が十数Mbps台に落ちることはあります。

ただし、元々しっかりとしてフレッツ光のネット無料設備が導入されてることもあって、Ping値も落ちていないので、混雑時の時間帯でも特段オンラインゲーム・動画投稿・動画視聴にこまることはないです。

必ずしも全てのネット無料物件がダメってわけではないです。ここまで大規模物件であってもです。

 

ネット無料物件の通信速度が落ちる詳しい理由は、↓で解説するので、参考にしてみてください。

 

インターネット無料物件の速度が遅い理由

  1. 1本の光回線を全世帯で分岐してる
  2. 全世帯でネットが使えて負荷が大きい
  3. 通信方式がLAN方式が多い

※↑の順番で解説していきます。

 

インターネット無料、もしくは始めから使えるマンションの通信速度が遅い原因は↑の3つに尽きます。

改善策がスグに知りたい人は↓から飛んでみてください。

⇒ 速度改善の対処方法

 

1本の光回線を全世帯で分岐してる

要するに…

  • 1本の光回線を10数世帯で分岐させて使うから光回線のキャパオーバーになりやすい
  • 世帯数が多い物件には、2本・3本と光回線を追加する場合もあるが1光回線の割当世帯数が多いと遅くなりやすい

 

結論、ネット無料マンションで現状すでに速度が遅い場合、↑の現象で光回線のキャパオーバーが発生してるわけです。

これは通常の個別契約の光回線のマンションタイプでも同じことが言えます。

 

速度が遅い状況に陥った場合現状の光回線では、入居者側がどれだけ工夫しようが改善方法はありません

強いて言うなら、混雑がしにくい時間にネットを利用するしかないです。(平日の昼間など)

 

TERU
ちなみに、↑でも書きましたが分譲マンション高級賃貸マンションのような場合だと、しっかりネット設備にも力を入れてることが多く複数の光回線をしっかり導入してて混雑対策をしてる場合もあります。

自分の例で言えば、分譲マンションの300世帯を超える高層タワーマンションに住んでて、全部屋にNTTフレッツ光全戸型のネットが始めから使える設備が導入されてます。

300世帯もあるから常時混雑すると一瞬思いますが、実は滅多に混雑しません

フレッツ光の全戸型プランは、品質低下を抑えるためにそれだけしっかり複数本の光回線を導入してるからだと思います。

300世帯超えでもネットが低速にならないのはぶっちゃけかなりすごいと思います。

 

全世帯でネットが使えて負荷が大きい

要するに…

  • 仕組み上は通常のマンションタイプと同じですが、個別契約のマンションタイプは「世帯数=利用者」じゃなく「契約者=利用者」である
    ※20世帯のマンションの内個別契約者が10世帯なら、1~2本の光回線を10世帯で分割するからまだ軽い
  • 全部屋即使えるネット無料マンションは、「世帯数=利用者」になるから、個別契約のマンションタイプより混雑しやすい

 

速度が遅いと言われがちな理由は、「全世帯で光回線が使えるから」ってのが原因だったりします。

個別契約で有料の光回線のマンションタイプなら、契約した人だけで分配していくから「全世帯が利用者」にはなりません。

※入居者自体ネット使わない人もいるし、使ってもモバイルタイプの回線を使う人もいるから。

 

加えて個別の有料マンションタイプの場合、入居者全員が申し込みしても全員が使えるとは限らなく、分岐できるポートに限りがありポートが埋まると開通ができません

※世帯数20世帯であっても、マンションタイプは12世帯でしか分岐ができないってことがあります。この場合は最大でも12人で分岐になり20人で光回線を1本で分岐することにはならない。

 

TERU
反対に全部屋にネット回線が行き渡ってる「ネット無料」物件は、世帯数分利用可能です。

仮に1本の光回線を20世帯で分岐してたら当然遅くなるわけですし、安価なネット一括導入業者を選択してたら充分に有りえます。

 

ネットが始めから利用できる環境だったら、ネット使う予定のなかった人でも使うようになりますからね。

当然、1本の光回線にかかる負荷も大きくなるわけです。

 

通信方式がLAN方式が多い

ネット無料マンション接続イメージ

要するに…

  • 大本の共用部までは光回線が通ってるが共用部から各部屋まではLANケーブルで通っている
    ※各部屋まで光ファイバーよりは速度低下する
  • LANケーブルの種類によっては、100Mbpsが限度になってる設備もある
    ※カテゴリー5で導入されてるとLANケーブルの速度は100Mbpsが限界

 

集合住宅内で光回線を共用部から各部屋までに分岐をする場合に、1番伝損なく部屋まで通信できるのは「光ファイバー(光回線)」です。

LANケーブルで分岐をしてたりする場合には、多少速度低下する可能性があります。

 

また、古い設備の場合だとLANケーブルのスペック自体が最大100Mbpsまでにしか対応していないこともあり、そもそも通信速度のベストエフォートが小さいこともあります。

 

TERU
この3つ目の理由はおまけ程度でどちらかと言えば、利用者が多いのに光回線を1~2本だけで分岐させてるってことがメインの原因だったりします。

 

速度改善の対処方法【※ほぼない…】

 

ぶっちゃけ、今ネットが即無料で使える物件に住んでて、通信速度が遅い場合は改善策はほぼないと言っても過言じゃないです。

唯一できることは宅内のネット環境の見直しくらいですが、そもそも外部に問題がある場合には全く意味がありません

 

TERU
ここまでで説明してきた通り大体は、外部に問題があるから今のネット環境で速度改善ができるかというとほぼできない可能性大です。

とは言え、ひょっとすると宅内のネット環境が充分満たしてない可能性も0じゃないので一応書いておきます。

条件を満たしてても速度改善しない人は、諦めて遅いネット環境のまま使うか個別で光回線を契約するかの2択です。

 

宅内の無線LANルーター・LANケーブルの見直し

無線LANルーター変更イメージ

見直すポイント↓

  1. IPv6対応の無線LANルーターで市販5,000~10,000円くらいのスペックに変更
    ※すでに使ってる場合はそのままでOK
  2. LANケーブルのカテゴリー5e以上のものを使う

 

見直しと言っても↑の2点だけです。

多分、最近ネット環境を整えた人なら、市販品を適当に購入すれば1・2は満たしてます。

 

TERU
ここが原因で速度低下してる人は、10年以上前のネット環境をそのまま継続してるとかくらいかな。

正直最近整えた人ならここで間違った選択をしてる人はほほいないと思います。

 

結局ここまでバッチリな状態にしててネットが遅い場合は、、、その光回線を使わない!しか方法がないわけです。

 

光回線を個別契約する(これが確実)

ネット回線選び

結論

  • 個別で有料の光回線を契約するしかない
  • マンションタイプが導入されてればそれでOKですし、なければ戸建プランで引き込む

 

元々、ネット無料物件であれば使おうが使わまいがコストは0円です。

始めからネット無料設備がなかったと割り切って、個別で光回線を契約するしか方法はないです。

 

インターネット無料マンションだからといっても、NTTのマンションタイプ・KDDIのマンションタイプ・電力会社系光回線マンションタイプなどが入ってる可能性はあります。

マンションタイプが導入されてれば許可不要で光回線を契約できます。

 

マンションタイプが導入されてない場合は、戸建てプランを引き込むしか方法はないです。

 

大家(オーナー)に交渉方法例

TERU
今導入されてる光回線が通信速度があまりにも遅くて使い物になりません。個別で光回線を契約しても良いですか?

↑のような感じに提案するのが良いです。

伝え方としては、「通信速度が遅すぎて仕事にならず困っている」、学生なら「オンライン講義が受けられず困ってる」など伝えるといいです。

いきなり「通信速度が遅いから、個別契約させてくれ!」と連絡が来ても、大家からすれば「こちらがお金払って光回線設備引いとるのに何で個別で契約許す必要がある?」ってなるわけです。

※個別で戸建てタイプを引き込むと壁にビス止めが必要になるケースもあり、外観の見栄えが悪くなる可能性もあるから大家許可が必要になるし、嫌がる大家も居る。

 

TERU
通信速度が遅すぎて、仕事としても使えません。スマホで通信するより遅いので個別で契約させて下さい。

 

みたいに言えば理解してくれる可能性はあります。

 

元々、ネット無料物件なら月額料金がかかってないから本当に通信速度が低下して使い物にならない場合は、個別でネットの契約をするのをおすすめします。

 

まとめ

  • インターネット無料物件でも導入業者・光回線・プロバイダで全く性質が違い、備え付けのインターネットは全てがハズレではない
  • 特に分譲マンション・高級賃貸マンションには始めからネットを使える環境が備えついてるが、設備にお金をかけてるから通信速度も比較的安定してる
  • ネット無料物件は通信速度が遅いと言われる理由は、1本から数本の光回線で全世帯に分岐してて、光回線のキャパが限界になってるから
  • すでに通信速度が遅い環境に住んでる人の改善策は、基本は個別で光回線を契約するしかない

 

小規模で低価格帯の賃貸物件であればあるほど、ネット回線の速度低下が顕著に出てきます。

低価格家賃だと、大家(オーナー)自体が、ネット環境の設備に大きく設備投資できないから、光回線1本で安価な設備導入になりがちだからです。

 

常時ネットが数Mbpsしか出ないような場合には、改善策は個別で光回線を契約するしかありません。

困ってた人は参考にしてみて下さい。

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2021 AllRights Reserved.