Wi-Fiルーター

【速度レビュー有】GMOのギガゴリWiFiをプロが解説!結果・・・

更新日:

追記

「50GB超プラン」は、月間無制限の使い放題です。

現状申し込む人は今後も無制限適用されますが、殺到してることをもあって以後申し込みした人は無制限じゃなくなることもあるそうです。

↑の理由もあって現状注文が殺到してるそうなので、検討中の人はお早めに決めることを推奨します。

ついにGMOまでSoftbankのレンタルWi-Fiサービス「ギガゴリWiFi」を開始。

※SoftbankレンタルWi-Fiサービスとは、Softbank回線のSIMを使ってモバイルルーターとして使うサービス。従来のWiMAXより瞬間速度は落ちるものの、コスパ・エリアの広さ・電波の通りの良さが強く人気。

 

契約に迷ってる人の疑問が全て解消できるページなので最後まで読んでみてください。

 

TERU
私は元々通信業界出身で光回線WiMAX他社モバイルWi-FiSoftbankスマホなどを販売してた経験があるから、自分が選ぶ目線で解説します。

 

注文殺到で予約注文になることも↑

ギガゴリWiFiのスペック

GMOのPV動画↑

スペック解説別↓

  1. 初期費用・月額料金【全プラン】
  2. 契約期間・解約金
  3. サービス提供企業

 

※↑を参考にまとめてます。
気になる部分は↑を確認推奨

 

詳しい内容を知りたい人は↓に料金・契約内容・運営企業別に解説してるので、読み進めてください。

 

ちなみに、私が今モバイルWi-Fiを探してるなら、どうかの判断は↓で詳しく解説してます。

⇒ 「業界人によるギガゴリWiFiの評価

 

項目 スペック
端末型番 FS030W
SIMカード形状 LTE対応microSIM
通信時間 約20時間
バッテリー容量 3,060mAh
充電用端子 microUSB
通信速度理論値 LTE対応↓
下り最大150Mbps・上り最大50Mbps
3G対応↓
下り最大42Mbps・上り最大5.76Mbps
国際ローミング 非対応
サイズ 高さ:約74mm × 幅:約74mm × 厚さ:約17.3mm
重量 約128g

⇒ ギガゴリWiFiのエリア確認はコチラ

(※↑はSoftbank LTE回線のエリア判定です)

 

↑は今回利用するギガゴリWiFiで無料レンタルされる「FS030W」のスペックです。

Softbank SIMのWi-Fiサービスを提供するのは、各社この端末が多いです。

 

実際に、私自身も「FS030W」を使ってますが、割と使えます。

一見スペックを見ると、「LTEで150Mbpsしか出ないの?遅くね?」とか思うかもですが、実測で20Mbps前後出るから動画視聴も仕事で利用も余裕で使えます。

⇒ 「速度レビュー動画

コレ以外にも、私はWiMAXも契約して使ってますが、実測値はWiMAXとほぼ同じで、電波はWiMAXより幅広く拾ってくれるイメージです。

※WiMAXは次の更新月で解約予定でSoftbankWi-Fiで一本化予定

 



初期費用・月額料金【全プラン】

初期費用

  • 契約事務手数料:3,000円(全プラン共通)
    ※クレジットカード支払い限定で、口座振替の場合契約事務手数料が20,000円になるのでクレカ推奨

通信端末

  • レンタル料金:0円
    ※購入型ではないので、解約時返却必須。期日までに返却なし端末破損した場合10,000円発生。
プラン 月額料金
※1年目
月額料金
※2年目以降
1年間
総額費用
※事務手数料含む
50GB超プラン
※使い放題プランから名称変更
3,050円 3,500円 39,600円
30GBプラン 2,650円 3,100円 34,800円
20GBプラン 2,350円 2,850円 31,200円

有料オプション↓

有料オプション 月額料金
安心サポート 300円
※最大2ヶ月無料
安心サポートワイド 500円
初月:0円
2ヶ月目:200円

【備考】

  • 契約途中のプラン変更は現状できません
    不可の例:50GB超プラン ⇒ 20GBプラン
  • 初めて契約する時、有料オプションで「安心サポート」もしくは「安心サポートワイド」に加入必須です。
    • 安心サポート:故障対応無料(紛失・水濡れ・故意の破壊は対象外
    • 安心サポートワイド:水濡れ・故障対応無料(紛失・故意の破壊は対象外
  • この手の端末補償オプションが不要な人はBBnaviGMOの管理画面)より2ヶ月目から解約申請しましょう。(※初月は無料
    ※ちなみに、私ならどのWi-Fiサービスも補償オプションは不要だから最短で解約します。

ギガゴリWiFiは、1年間の自動更新型契約です。

2年目以降から料金が約500円前後アップするから、個人的には1年目の更新月で一旦解約して契約し直すのを推奨します。

 

ギガゴリWiFiの月額料金は、20GB・30GB・50GB超プラン全て安いです。

契約縛りはあるものの、1年間だけなので契約自由度は比較的高めです。

 

自宅に固定の光回線を持ってない人なら、「50GB超プラン」を選択して、光回線がある人で外で大容量使わないなら、「20・30GBプラン」を選択するのが有りです。

 

契約期間・解約金

【契約期間】

  • 1年間の自動更新型契約
    ※端末発送月含む12ヶ月間のサイクル

【違約金】

  • 最大18,000円(※↓の詳細を参考に
契約期間 1ヶ月目(端末発送)~12ヶ月目 13ヶ月目
※更新月
14ヶ月目~24ヶ月目
25ヶ月目
※更新月
違約金 18,000円 0円 8,000円 0円

【備考】

  • 26ヶ月目以降から以後繰り返しで、更新月以外に解約すると8,000円の違約金が発生

 

ギガゴリWiFiは契約縛り自動更新型契約)があります。

ただし、最近の3年間自動更新型契約がモバイルWi-Fiルーターでは当たり前の中1年間は珍しいです。

 

1年間だけなら、深く考えず契約できるメリットはあります。安いですし。

 

サービス提供企業

GMOの本社オフィスビル↑

会社名 GMOインターネット株式会社
所在地 〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号
セルリアンタワー
4~14階・総合受付11階
設立日 1991年5月24日
事業内容 インターネットインフラ事業
インターネット広告事業
インターネット金融事業
仮想通貨事業
資本金 50億円
従業員 6,058人
コーポレートサイト https://www.gmo.jp/

 

ギガゴリWiFiのサービス提供企業は、今や知らない人はいないんじゃないかなと思ってるけど、念の為簡単な紹介だけしておきます。

光回線・WiMAXのネット回線の販売・プロバイダサービス(GMOとくとくBB)を展開してます。

 

GMOインターネットの代表的な商品↓

  • GMOとくとくBB×ドコモ光
  • GMOとくとくBB×WiMAX

※いずれも業界でトップクラスの人気。

 

GMOはネット回線だけじゃなく金融(FX・仮想通貨)などのサービスも展開してます。

東証一部に上場してる企業なので、Softbank Wi-Fiで大手企業の参入は初かもです。

 

他の分野でもGMOはトップクラスのシェアだから、Softbank Wi-Fiでも今後人気になると思われます。

 



ギガゴリWiFiのメリット・デメリット

メリット

  • プランが細かく分かれてるから、外出時小容量使いたい人でも契約しやすい
  • 50GB超プランがあるから、自宅用回線にもなる
  • 先にサービス展開してる競合他社より月額料金が安い
  • 競合他社より契約縛りが短い
    ※他社は2年・GMOは1年
  • Softbank回線だから、提供エリアが広く・電波が強い

デメリット

  • 最低1年間だけど契約縛りがある
    ※競合他社で契約縛りがない場合もある
  • SIMのみレンタルはなし
  • 2年目から月額料金が高くなるから、基本1年で解約推奨な点
    ※ずっと使いたくても一旦解約後、再度契約し直した方がいい

 

他社モバイルルーターと比較するとコスパ・品質もいいから、デメリットだけ補足します。

先行で多くの中小企業が、Softbank Wi-Fiサービスを展開してます。

当サイトでもタイアップした「ハッピーWi-Fi」もその1つです。

※無数にあるSoftbank Wi-Fiレンタル事業者の中でもハッピーWi-Fiは最安値クラス

 

ただし、契約縛りがなしを売りにする代わりに初期費用が高かったり、月額料金が少しだけ多めに設定されてました。

あと、ハッピーWi-Fiは通信容量無制限ではなく月間300GBがMAXです。

 

比較して同じ条件の「端末(FS030W)レンタル+Softbank SIM」だと、契約縛りあるからGMOの「ギガゴリWiFi」の方が安くなってます。

1年間50GB超で使う人はギガゴリWiFiを選択した方が良いし、もっと短期間で使いたい人は他社の方が良いってことです。

 

あとギガゴリWiFiは、他社よりも20・30GBと容量がさらに細かく分かれてるので調整しやすいです。

競合他社にNEXT mobileがありますが、契約期間2年間且つ料金はギガゴリWiFiより高いので、ギガゴリWiFiの完全勝利です。

 

ギガゴリWiFiの速度レビュー動画

↑の動画はギガゴリWiFiのサービスではなく「ハッピーWi-Fi」という全く同じ端末・同じ通信環境(Softbank Wi-Fi)です。

ギガゴリWiFiと全く同じモノだからギガゴリWiFiも全く同じ使用感・速度です。

※過去に使ってるギガゴリWiFiではない全く同じものがあったので、それで測定しました。最新の速度測定は↓に掲載した動画内で計測してます。

 

ぶっちゃけ、従来まで流行ってたWiMAXよりも実用性があって、今では割とSoftbank Wi-Fiを選択する人が増えてきたと思う。

GMO自体、業界トップで販売してたWiMAXに加えて、Softbank Wi-Fiを実際に販売し始めましたからね。

 

話は反れましたが、速度は充分出ます。

他の回線情報がまとめてあるメディアでは、「WiMAXの方が速度が速いし、キャッシュバック含めると総額安いからいい!」なんて書いてあるものもありますが、アレはWiMAXを売りたいだけ

それこそ騙されるな!…ですよ。笑

 

FS030WとSoftbankWi-Fiをいろんなところで使ってますが、電波の入りも良いし、実際速度もそこそこ出る。(※WiMAXも発表スペックは大きいけど対して速度でない

旅行とか行くなら、絶対に持ってくほど実用性は高いです。

※電波が拾いにくい地方だとWiMAXだと通信が拾えないことがたまにあるから

 

ギガゴリWiFiの評判

ポイント↓

  1. 事前評判ではそこそこ評価が高い
  2. まだ契約者の口コミは見つからず

 

登場したばかりなので、事前評判しか見つかりませんが、好評な気がします。

あと、まだ知名度が高くないです。

 

多分1番魅力的な理由が、Softbank Wi-Fiシリーズで50GB超をやってる所が少なく、現状登場してるサービスの中で最も安く契約縛りも短いからだと思います。

ちなみに、気になる評判を見つけたので↓に貼っ付けて解説します。

 

2年後はさらに4G・LTE回線が安くなってる可能性はあります。

実際、2年前にWiMAXよりも安く・実用性のあるサービスが登場するなんて誰も考えてなかったと思います。

 

ちなみに、FujiWiFiの50GB1年おまとめ払いは、実質1ヶ月2,480円です。

月間通信容量が、20GB以上50GB未満で使う人はFujiWiFiを選択するのも有りです。

ただし、一括で32,760円支払うのって結構リスキーかもですが。。。

 

契約者口コミ

  • 現状契約者の口コミは見つかりません。

 

まだ登場したばかりなので、今後見つかり次第掲載していきます。

ちなみに、、、すでに契約した!なんて人がいたら当ページでも口コミ等情報交換を自由にできるコメント欄を最下部に開設したのでご活用ください。

⇒ コメント欄はコチラ

 

業界人によるギガゴリWiFiの評価

YouTube動画でもギガゴリWiFiを評価・解説↓

↑13:18から実測値測定してます

結論、ギガゴリWiFiをメインモバイルルーターの選択はかなりアリだと思います。

↓の人ならギガゴリWiFiの選択すると良いです。

 

ギガゴリWiFiが向いてる人↓

  • 月間通信容量使い放題希望
    ※300GB以上利用する人
  • 自宅にメイン固定回線があり、外出用で20~30GBのモバイルルーター希望
  • Softbank SIMが使えるWi-Fi端末を持ってない人
    ※レンタルルーターが無料で付くから

ギガゴリWiFiが向いてない人↓

  • 1年よりもっと短期間でしか使わない
    ※使い放題ではないが、他社は契約縛りなし
  • 契約縛りが嫌
  • 月間300GB以下で充分且つ、SoftbankSIMで使えるモバイルルーター端末を持ってる
    ※他社は100~300GBプランでSoftbank SIMのみレンタルがやってるから

 

個人的には数年前に登場してたら絶対に契約してました。

(※昔はモバイルルーターをメイン回線にしてて余裕で月間300GB以上使ってたから)

 

現状は、YouTuberやってて自宅に光回線があるから、通信容量使い放題は不要なわけです。

ただし、月間20~30GB程度なら今後も使うので視野に入れても良いかもです。

 

今回のギガゴリWiFiのプランは、中小企業が先に出してた月間最大300GB・契約縛りなしをライバルにしてないです。

↑のプランは、契約縛りはないけど、初期費用が異様に高かったり、使い放題プランがありません。

モバイルルーターで使い放題プラン1択なら、ギガゴリWiFiです。

 

クラウドSIM(実質SoftbankSIM)のどんなときもWiFiは、月額料金が高いし、契約縛りも2年間です。

どんなときもWiFiも登場した時は、業界を揺さぶる勢いでしたが、今はギガゴリWiFiの方がスペックが高いと思ってます。

 

ギガゴリWiFiが、全ての競合商品を超越して、全員におすすめできるWiFiサービスってわけではないので該当する人は選択をおすすめします。

 

ギガゴリWiFiのよくある質問

ギガゴリWiFiには通信制限がありますか?

20GB・30GBプランは月間容量を超えると、128Kbpsに制限されます。

使い放題プランは、月間容量制限はありませんが、著しく通信容量を使った場合に、制限されることもあります。(通常の使い方をしてたらまず制限はかかりません)

 

20GBから使い放題プランのような契約後に、プラン変更はできますか?

契約後のプラン変更はできません。

ただし、今後できるようになる可能性はあります。

 

20GB・30GBプランで通信容量の追加購入はできますか?

できません。

大容量通信をする人は使い放題プランを選択しておくのが無難です。

 

解約時にはモバイルルーター端末は返却する必要がありますか?

モバイルルーター端末は全部レンタルのため返却必須です。(どれだけ利用しても)

【返却先】〒132-0024
東京都江戸川区一之江2丁目11-13
ギガゴリWiFi 解約返却窓口宛

 

モバイルルーターの端末を無くしてしまいました。

端末損害金は10,000円(税抜)が発生します。

端末紛失は安心サポート(ワイド)対象外です。

まとめ

  • ギガゴリWiFiは1年間の契約縛りはあるが、通信「50GB超プラン」があって、「月額料金も競合より安い」スペック。
    ※Softbank Wi-Fiレンタルサービス後発だから、より良い条件でリリースした
  • 通信速度品質は、すでに全く同じスペック環境を実測してるが、高い。個人的には全国出張する場合必需品。
    ※電波が拾いやすいから、新幹線の中でも使いやすい
  • 現状契約者の口コミは見つかりませんが、今後Softbank Wi-Fiでもトップクラスになると予想。
    ※GMOは資本力が高いから、サービス面で他社に負けないスペックにする傾向がある。実際今回のスペックがソレ
  • 個人的には、今自宅に光回線があるからモバイルルーターの優先度は落ちたけど、光回線引いてないならギガゴリWiFiを契約してた

 

ギガゴリWiFiの全解説でした。

ぶっちゃけ、かなりいい商品なのでおすすめです。

 

SoftbankのレンタルWi-Fiって多くが零細クラスの企業がやってます。

良い企業もたくさんありますが、サポート面ではGMOにはかなわないと思います。

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 



コメント欄↓(※ギガゴリWiFiの情報交換で自由に活用下さい

-Wi-Fiルーター

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2020 AllRights Reserved.