Wi-Fiルーター

【楽天回線】Rakuten WiFi Pocketが0円!早速契約レビュー【4G・5G速度】

更新日:

告知

  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金3カ月無料キャンペーン2021年4月8日から開始しました。検討中の人はお早めに!
  • Rakuten UN-LIMIT プラン料金1年無料キャンペーン」は2021年4月7日で終了しました。

Rakuten UN-LIMIT Ⅴ(楽天モバイル)の「Rakuten WiFi Pocket」を契約しました!
※2021年4月1日から料金改定によりRakuten UN-LIMIT Ⅵ自動グレードアップします。(5から6になる)

ということで、「何でモバイルWiFiすでに持ってるのに契約したの?」って思う人にもわかる解説をします。

結論は0円だからです!いや1年間全て無料だから!初期費用・月額料金・端末全て。

 

↓250万回線突破!(4/7で終了決定

※300万回線で↑は終了のためお早めに!

 

TERU
自分は元々通信業界で働いてたので、ネット回線の品質契約にはかなりシビアです。

そんな自分が選択したネット回線の1つということで参考にしてみてください。

業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

楽天ひかりとセットで揃えるとネット料金も
1年間無料になる↓

合わせて読むべき記事↓

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocketを契約【開封】

Rakuten WiFi Pocket外箱

Rakuten WiFi Pocketスペック

端末(型番) Rakuten WiFi Pocke
対応回線 4G
※5G非対応
メーカー Shenzhen Harvilon Technology
「ハーヴィロン」
ブラック / ホワイト
サイズ
(幅 × 高さ × 奥行)
94.5 x 61.2 x 17.1 mm
バッテリー 3,000mAh
最大連続稼働時間 約10時間
連続待受時間 約300時間
接続数 最大10台まで
USB接続 Type-B
SIMスロット数 1
※標準SIMサイズ
ダウンロード 最大150Mbps
アップロード 最大50Mbps

 

東京都内だからなのか申込みしてからなんと2日で届いた

厳密に言うと、1月14日の0時過ぎ(夜中)に申込みして当日の20時に発送~1月16日15時の到着と速攻で届きましたwはやいw

 

TERU
↓で届いて開封から楽天モバイルのSIMカード設置から端末立ち上げ設定までするので、届いたレビューがみたい人はこのまま御覧ください。

反対にRakuten WiFi Pocketの速度実測が見たい人は↓に数値をまとめたのでそちらから飛んで下さい。

⇒ 実測速度レビューへ

 

Rakuten UN-LIMIT Vっていうプラン名なのに、今回の「Rakuten WiFi Pocket」は5G非対応ですw

あくまで今回は4G回線で利用するWiFiなのと、5Gエリア自体がまだかなり限定的だから仕方ないと思います。

参考5Gサービスエリア|Rakuten Mobile

 

Rakuten WiFi Pocket外箱2

箱を開封すると本体端末とSIMカードが見える↑

楽天SIM

同封されてる楽天SIMカード↑

Rakuten WiFi Pocket外箱

外箱もしっかりとした感じでかっこいい↑

Rakuten WiFi Pocketブラック

本体登場!思ってたよりもしっかりして大きい

Rakuten WiFi Pocket一式

他にも充電ケーブル・アダプター・バッテリー・取説が入ってます↑

充電ケーブルType-B

登場したばかりの端末のイメージですが、USB接続は旧型のType-Bです。
Type-Cが当たり前の世の中になってるが使えないのご注意を!

Rakuten WiFi Pocketブラック②

Rakuten WiFi Pocketのブラック
シックな感じでかっこいい

Rakuten WiFi Pocketブラック③

↑はRakuten WiFi Pocketの側面

Rakuten WiFi Pocketブラック④

Rakuten WiFi Pocketの端末のボタンは↑のサイドボタン2個のみ
今どきストラップとか付ける人は居ないと思うけど付けることも可能

Rakuten WiFi Pocketブラック⑤

↑裏側には楽天のキャラクターデザインが…
個人的には嫌いじゃないです

Rakuten WiFi Pocketブラック⑥

Type-Cと違って差し込む上下が決まってるから↑

Rakuten WiFi Pocketサイズ比較

W04とサイズ比較

Rakuten WiFi PocketとWiMAXのW04とサイズ比較↑
長さと太さ考えると同じくらい

W04とサイズ比較②

↑で見るとRakuten WiFi Pocketの方が厚みはある
片手で持てるから厚みはそこまで気にならない

iPhone6sと比較

iPhone 6sと比較した様子↑
さすがにRakutenの方がコンパクト

 

TERU
開封時の様子とRakuten WiFi Pocketのサイズ感は何となくわかったと思います。

気なった点はUSB充電接続場所が旧型のType-Bって点だけかな。

次はSIMカードの装着バッテリーパックの装着方法を解説します。

 

Rakuten WiFi Pocket/SIMカード設置編

Rakuten WiFi Pocket裏側

SIMカードを設置する場所はコチラ↑
裏側は下側から少しずつ開けてくと開きます

楽天SIMカード

Rakuten UN-LIMITのSIMカード↑
裏側から上に押し出すと簡単に取れます

楽天SIMカード(通常SIM)

nanoSIM・MicroSIMが当たり前の世の中ですが
接続は通常SIM

SIMカード設置後の様子

↑のような感じでSIMカードを設置するが
上の画像は完全にSIMカードを差し込めてないので奥まで挿そう

バッテリー設置完了

SIMカード装着後はバッテリーをセットして完了↑

Rakuten WiFi Pocket起動

サイドの電源ボタン長押しで起動↑
Rakutenの文字が登場

 

TERU
SIMカードの設置はこれで完了です。

あとは電源をつけて、端末との接続設定をしていきます。

 




Rakuten WiFi Pocket/接続設定編

充電中の様子

電源を入れると自動的に日時設定されます↑
0000/00/00
00:00
と表示される場合はネットに繋がってない状態

電池残量・通信量確認

ディスプレイで通信量などを確認してる様子↑

接続ID・PASSWORD設定

↑ディスプレイから接続ID・PASSWORDの確認が可能

WiFi接続完了画面

端末と接続完了↑

端末内ログイン画面

【端末内ログイン方法】

  1. Rakuten WiFi PocketにWiFi接続後プライベートIPアドレスの「192.168.0.1」をブラウザURLに入力すると、端末内に接続できます。
  2. 端末接続後は、設定変更・通信状況を確認できますが、ユーザーID・パスワードを入力が必須になるので初期設定は両方とも「admin」を入力すればOK

 

TERU
端末にアクセスしてると、トータルでどのくらい通信してるかが確認可能です。

ただし、楽天回線au回線(パートナー回線)別の内訳はわからないので、au回線の月間利用量を確認する場合、↓を参考にしてみてください。

 

パートナー回線(au回線)通信利用量確認方法

マイページ上からパートナー回線通信容量確認

実際にマイページで確認した様子↑

パートナー回線利用通信量確認方法

  1. 楽天モバイルのマイページ上からログインする。
  2. 「データ通信量」⇒「国内」にパートナー回線の月内利用状況が表示されます。

楽天回線で通信してる場合なら基本無制限だから、問題ないけどパートナー(au)回線に接続時は月間5GBの通信容量上限があります。

楽天回線エリアでも屋内で楽天モバイルの電波が受信できないと、パートナー(au)回線に接続変更される場合があるため、油断できません

 

通常時は、楽天回線以外で絶対に通信したくない場合は↓のように、パートナー回線へ接続しない設定にすれば楽天回線のみになります。

パートナー回線を非常時だけに使いたい人は、↓のように設定しておきましょう。

 

パートナー回線をOFF

↑のようにデータ高速モードをOFFにすれば
au回線接続時に制限がかかる

 

TERU
自分は、楽天回線エリアに住んでるけど、勝手にau回線に接続されてデータ消費されるのは困ると思ったから、OFFにしておいた。

ちなみに、月間5GBのうち0.2GBパートナー回線のデータ使ってるけど、これも知らないうちに消費されてたからね。

 

通信利用量の確認

 

TERU
↑で月間で利用した楽天回線使用時の通信パートナー回線使用時の通信内訳がそれぞれ確認できるようになってます。

 

実測速度レビュー(Rakuten WiFi Pocket)

Rakuten WiFi Pocket速度レビュー

楽天モバイルエリア検索

速度測定結果楽天回線のみパートナー回線含まず

測定時間 ダウンロード アップロード Ping値
21:13 15.6Mbps 1.77Mbps 28ms
21:14 7.72Mbps 10.2Mbps 28ms
21:20 13.7Mbps 2.08Mbps 56ms
22:54 18.7Mbps 12.1Mbps 29ms
0:35 15.6Mbps 13.6Mbps 27ms
0:46 15.5Mbps 31.7Mbps 53ms
1:19 16.8Mbps 21.8Mbps 52ms
23:46 13.2Mbps 8.07Mbps 35ms
18:29 20.8Mbps 12.2Mbps 52ms
22:12 40.1Mbps 11.2Mbps 49ms
3:24 23.3Mbps 37.1Mbps 51ms
4:45 22.2Mbps 30.7Mbps 48ms
20:25 1.86Mbps 19.0Mbps 38ms
20:37 4.44Mbps 18.6Mbps 40ms
21:39 21.0Mbps 6.84Mbps 36ms

【補足】

  • 数日使って、日・場所はバラバラで測定してます。
  • 大体平均すると10~20Mbps前後の速度が出ることが多い。

 

個人的な感想ですが、普段からよく使ってるSoftbank SIMと比較するとつながる所だとダウンロード・アップロードともに速度が速い印象があります。

Softbank SIMの場合、40Mbpsも下りで出る経験をしたことないからです。

 

TERU
使ってみるとわかるけど、繋がってる時はかなり快適に速度がでます

ただし、3大キャリアと違ってどうしても電波が弱いので屋内・地下・高層だと電波が途切れることがあります。

とは言え地下・屋内・高層でも繋がる所はあるので、必ずダメなわけじゃないです。

 

Rakuten UN-LIMIT Vのスペック

 

TERU
Rakuten UN-LIMIT Vのとにかく凄いのはこのスペック部分です。

一言で言えばコスパ最強

 

初期費用・月額料金

追記:2021年1月29日

楽天モバイル料金改定

引用元:楽天モバイル

  • 2021年4月1日より楽天モバイルの料金プランが変更になり、4段階定額の月額料金プランになり、内容は以前より改善しました。月間1GB以内の利用は0円と神対応です。
    ※↑は月額料金0円キャンペーン終了後の課金開始後の話なので、無料期間中の人には関係がありません。
会社員
これならキャンペーン終了後でも契約を継続してもコスト的なデメリットは少ないね。

【初期費用】

契約事務手数料 0円
MNP転出手数料 0円

【補足】

  • 別途端末料金が発生する場合、支払う必要があります。

【月額料金】新プラン改定後追記済み

利用通信量 月額料金
~1GB 0円
1GB~3GB 980円
3GB~20GB 1,980円
20GB~無制限 2,980円

【補足】

  • 製品代、オプション料、通話料等は別費用発生します。(通話料は通常の電話アプリで発信した場合)
  • 2回線目以降0GB~3GBまで980円になります。
  • 月額料金は1年間無料キャンペーンが終了した後に発生します。もしくは、300万回線突破後に新規申込みした場合に発生します。
  • このプランでデータ通信無制限(楽天回線エリアの場合)+音声通話(SMS含む)し放題(Rakuten Link使用時)です。
    ※データ通信はパートナー回線(au)接続時は月間5GBまで。音声通話はRakuten Linkのアプリ利用時は回数・時間無制限です。
  • Rakuten WiFi PocketはモバイルWiFi端末なので、音声通話はできない。
  • スマホのプランでも4G・5Gでも現状はこのプラン料金のみです。5G対応スマホ端末であれば、このプランで5G通信が可能です。
  • 音声通話はRakuten Linkのアプリ使用時のみ通話し放題になります。通常の発信した場合通話料が発生するため要注意

 

TERU
今回電波環境がまだ悪いのにRakuten UN-LIMINが人気・話題になってるのかは、初期費用・月額料金に理由があります。自分が選択したRakuten WiFi Pocketの場合、初期費用・端末代金・月額料金全て0円だから。(月額料金は1年間)

つまり、1年間はノーリスクで契約できて、楽天モバイルを試すことができるので、それなら契約するよね!ってことです。

 

楽天モバイル月額料金明細

契約後実際に料金明細を見たら
本当に2,980円分割引されてた↑

 

ちなみにここでは取り上げてないけど、0円キャンペーンってことでSIMカード発行・紛失時の発行手数料も0円でやってます。

コストは確実に最強状態の楽天で、大盤振る舞いです。

 

ちなみに、最低契約期間・違約金があれば当然他が0円でも気軽に契約はできません。

詳細は↓で解説します。

 

最低契約期間・違約金

【最低契約期間・違約金】

最低契約期間 ナシ
違約金 0円

 

TERU
↑の月額料金・初期費用・端末代金(Rakuten WiFi Pocket)がリアルに0円に加えて、最低契約期間も0ヶ月・違約金も0円。

結論、「楽天契約したけど通信できないからやっぱりすぐ解約しよ」がOK・「1年間無料だから無料期間終わったら楽天モバイル解約しよ」もOKなわけです。

 

ぶっちゃけ、自分自身もモバイルWiFi持ってるからRakuten WiFi Pocketを契約する必要は全くなかったけど、費用負担なしで使えるなら契約しない理由がないから契約しました。

 

月間通信容量制限

キャリア回線 月間通信制限
楽天回線エリア 無制限
パートナー回線エリア
(au回線)
5GB

【補足】

  • 楽天回線は公式で月間無制限と表記してますが、通信を使いすぎるとデイリー制限をかけると記載アリ。ネット上の情報だと1日10GBを超えると、3Mbps前後の速度に制限がかかるようです。

※3Mbpsの速度制限時の実用利用の参考は、DoRACOONのWiFiレビュー記事が参考になります。

参考記事↓

3Mbps前後の制限でYouTubeがどれだけ見えるか検証した記録↓

↑はDoRACOONというWiFiで3Mbps前後しか出ない時に計測した

 

TERU
楽天回線エリア内であれば実質的に無制限で利用できる点は、コスパ最強にも関わらず凄い点です。

楽天回線エリア内なら絶対に契約しておきたい所ですし、仮にエリア外でパートナー回線のみの人でも月間5GBは使えるから、外用のモバイル回線として持っておくのは全然アリです

 

Rakuten WiFi Pocketの評判

要するに…

  • 契約してる人は多数アリ、口コミも多い
  • 使ってみた感想は賛否両論
  • 1年間無料のうちに契約しておくのはだいぶアリな意見が大半

 

SNS上で評判を探すと参考になる意見がかなり多く、検討してる人には役立つと思います。

自分と同じように、1年間無料でリスクがないから契約した!って人が大半です。

⇒ SNS・WEB上の利用者口コミ一覧へ

 

総じて評価するなら、「品質に不満はまだまだあるが、無料だから良かった!」です。

キャンペーン終了後の契約はややリスクがあるけど、無料なら積極的に申し込むのはアリだと自分も思います。

 

SNS・WEB上の利用者口コミ一覧

 

メインモバイルWiFiへ変更!

↑の人はWiMAXを解約してメイン回線としてRakuten WiFi Pocketを使うようです。

個人的にはまだメインモバイルWiFiにするには早い段階な気がするけど、今後改善される期待値を考えればよいのかもです。

 

到着も早かったし満足

↑の人は使ってて総合的に満足してる様子です。

個人的に私自身もこの人と同じ感想です。

 

爆速出るし、コスパ最強!

ダウンロード 71.7Mbps
アップロード 70.4Mbps

↑の人はエリアが良いのか、70Mbpsも速度が出てます。

モバイルWiFiで70Mbps出るのはもはや爆速の域です。

 

自宅は光回線・外はRakuten!

ダウンロード 5.88Mbps
アップロード 4.01Mbps
Ping値 54ms

楽天回線に繋いでて、↑の人は文句なく使えてるようです。

5Mbps前後でれば日常利用で不便することはそこまでないからかもです。

…が!個人的には5Mbpsしか出てないのは少し遅い気がします。

 

楽天回線エリア外だけど無料だから契約!

↑の人も楽天回線エリアの予定がないけど、無料だからって契約してるようです。

確かにau回線月間5GBが1年間無料で使えるなら悪くないっちゃ悪くないですからね。

 

楽天回線だと快適だが…

↑の人がテストした結果、楽天回線エリアだとものすごく速度が出てることがわかります。

ちなみに、自分の住居でも↑くらいの速度が出てます。

楽天回線エリアは屋内とかだと弱いのでつかめないリスクがあるので注意。

 

電波安定しないから無料じゃなかったら…

↑の人Rakuten WiFi Pocketが正直微妙と評価してます。

実は気づいたらWi-Fiが切れることは自分もよくあります。

この辺が改善されないと、メインとして使うのはきついのは同意見です。

 

オンラインゲームをやったがPing値が…

Ping値が高いとオンラインゲームは厳しいですし、実際に自分もこの記事内で計測データ掲載しましたが、Ping値が高いです。

以前に「オンラインゲームやるなら絶対に固定回線!」と解説した記事を書いたので、Rakuten WiFi Pocketでゲームをやるのは考えない方が良いです。

 

 

以上!

 

TERU
結論、無料だから品質に関係なく申し込むのはアリ。今後有料課金になった時品質改善されればアリだけど、現状のままだと少し厳しいかも!ってのが多いかな。

ちなみに、当ページ最下部にも楽天モバイルについて自由に情報交換できるコメント欄を設置したから、最新の情報交換に活用ください。

 

コメント欄活用方法例↓

  • ○○県のエリアではこれくらい速度が出る
  • 楽天モバイル使ってみて思った感想
  • Rakuten WiFi Pocketを検討中・疑問・質問・相談
  • 楽天モバイルのおすすめの端末情報交換
  • 端末の情報交換

⇒ コメント欄へ

 

業界人によるRakuten WiFi Pocketへの評価

YouTube動画上でも解説しました↓

結論、現状の0円キャンペーンを含めると最高に良いです。

正直現状なら誰でも契約していいじゃない?と言えるほどの評価です。

 

最高に良いと評価した理由↓

  1. 300万回線突破までは月額料金が1年間0円で使えるから
  2. Rakuten WiFi Pocketの端末本体も0円だから
    ※↑実際は1円販売だが、後日アンケート回答で1ポイント還元される
  3. 楽天回線エリア内なら月間通信制限なしの無制限で利用できるから
    ※実際には1日10GBを超えると3Mbps前後の速度に制限されるという声はあり
  4. 楽天回線エリア内で通信ができると割と高速通信できるから
TERU
無料で楽天モバイルWiFiを1年間使うことができるなら、はっきり言って契約しない理由がないです。

Rakuten UN-LIMINの強みはとにかく今はコスパ最強な点だからです。

 

ただし!正直、モバイルWiFiをこれから必須で欲しい人にとっては、Rakuten WiFi Pocketだけをメインに使うのは少し心許ないってのが正直な感想です。

モバイルWiFiだけど、メインのモバイルWiFiアリきでサブモバイルWiFiで持つには申し分ないです。もしくは、元々モバイルWiFiを必要としなくても不便しない人も契約するにはちょうど良いです。

これは楽天モバイル回線エリア内であったとしてもです。(※パートナー回線エリアだとau回線で使えるが月間5GBなのでメインスマホの通信量の足しにはなる)

 

Rakuten WiFi Pocketのデメリット(※電波が弱く繋がらない)

  1. 定期的に通信が断絶する
    ※端末感度が悪い可能性アリ。パートナー回線アリでも断絶するから
  2. 楽天回線エリア内でも頻繁に電波が拾えない
  3. 端末自体の性能は高くない
TERU
正直な話、現時点(2021年1月時点)では、メインのモバイルWiFiとして1つだけで持つには危うい気がします。

電波が頻繁に途絶えて、通信ができなくてストレスになるからです。

1・2で同じ内容に思えるかもですが、端末感度もあまりよくないのかもです。実際、楽天回線が途絶えて、パートナー回線に切り替わる際にも1回電波が途絶えますが、そこから復帰するまでに相当時間がかかるからです。

屋内・地下・高層などで、楽天回線の受信感度が悪くて途絶えるのは現状仕方ないけど、パートナー回線へもつながるのが遅いのは端末感度が良くないからなのかもです。

あくまで結論的には、現状キャンペーンで1年間無料&端末0円ということもあるから、誰でも契約するのはおすすめです。

ただし、今後0円キャンペーンがなくなって課金が開始するタイミングでモバイルWiFiのメインとして持つには少し不安が残る印象なので、慎重に検討する必要があると思いました。

 

楽天モバイルの0円・無料キャンペーンが凄い!【※みんなにおすすめ】

Rakuten WiFi Pocketキャンペーン

2つのキャンペーン

  1. Rakuten WiFi Pocketだれでも0円お試しキャンペーン
    ※↑のキャンペーンを適用するとRakuten WiFi Pocketが1円販売になる
  2. アンケート回答で1ポイントバックキャンペーン

※↑2つのキャンペーンは楽天モバイル公式サイトに表示されなければ終了しています。

 

条件

  • キャンペーン期間中に、「Rakuten UN-LIMIT V」と「Rakuten WiFi Pocket」をセット購入
  • 特典は1人1回のみ
  • 「アンケート回答で1ポイントバックキャンペーン」は申込完了後に届くメールURLから回答すると1ポイント還元

メールに届くアンケート

※実際に申込後に届くメールの下の方にあるアンケート↑

併用不可

  1. 「Rakuten Hand発売記念キャンペーン」
  2. 「Rakuten Hand19,999ポイントプレゼントキャンペーン」
  3. 「Rakuten UN-LIMIT V+製品購入でポイント還元キャンペーン」
  4. 「期間限定増額!Rakuten UN-LIMIT V+製品購入で、さらにポイントプレゼントキャンペーン」

※1度適用すると、↑の4つのキャンペーンは適用できませんし、過去に4つのキャンペーンを適用した場合対象外。

 

TERU
このキャンペーンは1人1回のみなので、1人で複数回線申込みしても2回線目からは端末代金全額自腹になります。(端末代金9,073円)

また、基本キャンペーンは自動的に適用されるから、適用されないリスクはありません。

ただし、1円販売になってて1円だけは後日アンケート回答によるポイントバックになってます。回答を忘れた場合にのみ、実質1円になるわけです。

 

1円販売は法律の関係上完全に0円ができないから、抜け穴対策です。

 

Rakuten WiFi Pocket1円

↑実際に料金明細みたら1円になってる!

 

TERU
何か手続きをしないと、1円にはならないとかフェイク・罠もなく料金明細をみると早速割引が反映されてました。これは正真正銘1円です。

 

楽天ひかりとセットでネットも月額料金1年無料

楽天ひかり1年間無料

【特典内容】

  • 楽天モバイルを契約後、楽天ひかりも契約すると楽天ひかりの月額料金が1年間無料になる
    ※戸建・マンション、新規契約・転用・事業者変更全て対象

楽天ひかりの品質・特典詳細解説記事↓

 

余談ですが、Rakuten WiFi Pocketを契約後自宅のネット回線も楽天ひかりにした場合、ネット料金も1年間無料です。

ちょうど切り替えタイミングだった人は活用するのはアリだと思います。(※転用・事業者変更で乗り換えの場合はかなりお得)

 

ネット1年間無料の還元総額

契約タイプ 戸建 マンション
1年間無料
還元総額
57,600円
4,800円×12ヶ月
45,600円
3,800円×12ヶ月

【補足】

  • 新規契約の場合↑だけの還元があるけど工事費が発生するため合算すると、戸建:39,600円マンション:30,600円の実質還元になる

 

ちなみに、新規契約の人は楽天ひかりのセットに強くこだわる必要はないと思ってます。

↑で解説した通り新規工事費が発生することを加味すると、40,000円未満の還元なのでそこまでお得な光回線でなくなるからです。

 

TERU
ネット回線については↓の記事で詳しく解説してるけど、40,000円以上の還元をやってる光回線は多いからね。auひかりとかなら工事費実質無料とか含めたらヤバイ還元ですから。

あくまで今他社光コラボを使ってて、「Rakuten WiFi Pocket契約するから、楽天ひかりにして両方1年無料にしよう!」ならOKってことです。

 

 

まとめ

  • 総合的に考えると満足度は高いし、300万回線突破までなら誰でも無条件に契約推奨
  • 東京都港区で使ってたら、速度は充分出る。ただし通信が途切れることは頻繁にある
  • とにかくコストが最強だから、コスパも最強クラスに良い。端末スペックはさほど高くないが無料だから最強
  • Rakuten WiFi Pocketの評判は品質は賛否両論だが、総じて無料の盾があるから利用者も多く、評価は良い
  • 個人的には0円キャンペーン適用されてるなら積極的に契約推奨だが、今後キャンペーン終了後は、品質改善されないときついと思う

 

TERU
現時点だと楽天回線エリア内であっても、電波受信感度の問題があるのが1番のネックな気がします。対応エリアは今後拡大していくと思うから問題なし。

通信速度に関しても受信できてる時は速く快適です。月額料金は1年間無料で、2年目以降は2,980円なので、コストは高くないです。

契約してから1年後の通信品質で今後継続するかどうか決めるのが無難です。

 

とは言え、現状は1年間無料・端末0円だから積極的に契約すればOKです。

楽天モバイル自体も、タダで端末・回線を配って契約件数を増やすことを目的にやってます。

契約縛りがないから、無料期間終了後不要だと思うなら解約しても良いわけです。

 

TERU
自分自身も基本はそのつもりだからね。

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-Wi-Fiルーター

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2021 AllRights Reserved.