So-net光 minico(ミニコ)

So-net光プラス

【業界激震】So-net光 minico登場!特殊なプランと判明…【評判】

更新日:

So-net光シリーズで新しくリリースされた『So-net光 minico(ミニコ)』。(※2022年2月1日からリリース。)

この光コラボは、既存のSo-net光プラスと違って、契約縛りなし違約金0円工事費実質0円低料金を謳ってます。

やや後発にはなりますが、既存の人気光回線とも比較してどっちが良いかも詳しく分析します。

 

 

TERU
私は元々So-net光の代理店に勤めてて、訪問販売キャンペーンサイト経由で販売をしてました。

その経験から自分がこれから光回線を選ぶ目線でSo-net光 minicoはどうなのか解説していきます。

業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

YouTube上で契約縛りなしの光回線を比較解説しました↓

合わせて読むべき記事↓

So-net光 minico(ミニコ)のスペック徹底解説

※各↓の項目をクリック/タップすると、詳細解説まで飛べます。

 

まず、So-net光 minico(ミニコ)は、高スペックな光回線というより、ライトユーザー、ミドルユーザー(ライトユーザー寄り)向けの光コラボの回線です。

キャリアの商品設計自体が、単身向け(=1人暮らし)の光回線として売り出してますからね。

 

ただし!少し他社と違って、料金・契約内容・通信方式だけで判断するのが難しい特殊な内容になってるため、まずはベースになるスペックを1つずつ解説します。

最終的に、どういった人におすすめおすすめじゃないかをまとめます。

 




 

初期工事費用・月額料金(※工事費実質無料)

※価格・料金表記は全て税込みです。

【初期費用】

事務手数料 3,300円
新規工事費
※戸建て・マンション共通
26,400円
⇒ 36ヶ月間割引で実質0円
※転用・事業者変更は0円

備考

  • 新規契約時(フレッツ光・他社光コラボからの乗り換えを除く)のみ新規工事費が発生しますが、工事費実質無料特典が適用され36ヶ月間利用で実質0円になります。
  • 工事費実質無料の割引は、1ヶ月目:990円割引2~36ヶ月目:726円割引合計26,400円の割引で、工事費実質0円になります。
    ※途中解約した場合、工事費残債が一括請求されます。

 

【月額料金】

契約内容 戸建て マンション
月額料金 4,500円 3,400円

備考

  • 月額料金は割引などはないですが、どれだけ長く使おうが、↑の月額料金から変動することのない定額プランです。

 

TERU
ポイントの1つですが、新規工事費がぱっとみ他社よりも高く設定されてますが、工事費実質0円割引があるため、最終的に36ヶ月後は工事費自己負担0円になります。

途中で解約してしまった場合でも、残債のみ支払えばよいので、大きく損することはないです。

ただし、ド短期で解約した場合、工事費金額程度の残債が発生するため、注意が必要です。

(例、6ヶ月で解約した場合、30ヶ月×726円=21,780円が工事費残債になる。)

月額料金に関しては、他社光コラボ・契約縛りなし光回線と比較しても安価に設定されてます。

工事費実質0円と武器が2つあるので、目玉の光コラボです。

※一般的な光コラボ回線の新規工事費は18,000円前後が多い。

 

結論、月額料金は同業他社と比較しても安いのに、工事費も実質0円なので安い。(安くて、工事費0円が凄い。)

安さは↓の「So-net光 minicoと他社光コラボと比較」で似たように契約縛りなし他社光コラボと比較しています。

 

最低利用期間・違約金(※縛りなし光回線)

最低利用期間 無し
違約金 0円

備考

  • 最低利用期間、違約金ともに無しですが、新規契約の場合は解約時に工事費残債が発生することがあります。

 

So-net光 minicoも今流行りの契約縛りなしの光回線です。

※↑をクリックすると契約縛りなし光回線を比較した記事へ飛べます。

 

ただし、↑にも書いた通り新規契約の場合、工事費が発生します。

工事費実質無料といえど、解約時に残債が残ってると解約金が発生します。

工事費実質0円と工事費完全0円の違いは↓の記事を参考にしてみてください。(※So-net光 minicoは工事費実質0円。)

 

 

通信速度品質・IPv6/IPoE対応可否(※注意点アリ)

So-net光 minicoの通信品質

引用元:So-net光 minico

ダウンロード 最大1Gbps
アップロード 最大1Gbps
通信方式 IPv6(IPoE)対応
IPv4 over IPv6対応

備考

  • So-net光 minicoは、PPPoE接続に対応していません。
  • So-net光プラスの通信と違って、夜間などの通信が混雑する時間帯通信制限がかかる場合があります。
    ※他社光回線と同等レベルがSo-net光プラスだとすると、So-net光 minicoはそれより通信品質がやや劣る
  • 「さくさくスイッチ(ワンデー)」の有料オプション(1日220円)を使うと混雑せず使うことも可能
  • 10Gbpsのクロスプランは未対応です。

 

ここでポイントになるのが、通信方式は最新のIPoE/IPv4 over IPv6対応になってますが、夜間や通信混雑時には通信を制限するというのがSo-net光 minicoです。

キャリア自体が、”その代わりに通常のSo-net光プラスよりも圧倒的に安く且つ、契約縛りなしで利用できる”ということをウリにしてるわけです。

 

TERU
通信品質を第一に考えてるならあまり向かないのが、So-net光 minicoです。

品質と価格のバランスを調整した光コラボが、今回のminicoという光コラボになったので、「適度なコスパで充分」、「混雑しても問題ない」って人は、おすすめです。

とは言え、動画視聴・テレワーク・ネットサーフィン程度の日常利用であれば全く問題がないので、ヘビーユーザーでなければ選択しても問題ないです。

 

So-net光 minicoにおすすめスペック

 

結論、ここで注意すべき点は、通信方式はIPoE/IPv4 over IPv6対応してますが、混雑時に通信制限される可能性がある点です。

これを正式にキャリア側が発表してるのは、So-net光 minicoくらいなので、速度遅延する可能性がある仕様です。

ただし、どうしても通信速度を混雑にさせたくない日がある場合は、「さくさくスイッチ(ワンデー)」(1日220円)オプションを活用すれば、翌日のみSo-net光プラスと同等の品質になります。

 

TERU
↑に記載のない瞬発反応が求められるオンラインゲームを日頃からプレイする人の場合は、So-net光 minicoだと混雑時によってはやや弱い気がします。

その場合は↓でまとめたオンラインゲーム向けの記事を参考にして選ぶか、始めからSo-net光プラスを選択するのが良いです。

 

合わせて読むべき記事↓

 

So-net光 minicoとSo-net光 プラスの違い【どちらがいい?】

So-net光 minicoとSo-net光プラス比較

要するに…

  • ライト・ミドルユーザーならSo-net光 minicoで、1日にネットを利用する頻度の多いヘビーユーザーはSo-net光プラス
  • 夕方以降、夜間・深夜などにネットを使うことがメインならSo-net光プラス
  • 契約縛りが嫌いならSo-net光 minico
  • auスマホがある人で、契約縛りがあることに問題のない人ならSo-net光プラス
    ※「auスマートバリュー」のセット割を加味しても、So-net光 minicoの方が安い場合もあるが、数百円の差で品質がSo-net光プラスの方が高いから。
光コラボ名 So-net光 minico So-net光 プラス
工事費 26,400円
※工事費実質無料特典アリ
26,400円
※工事費実質無料特典アリ
月額料金 戸建て:4,500円
マンション:3,400円
戸建て:6,138円
マンション:4,928円
最低契約期間 無し 36ヶ月間の自動更新型契約
違約金 0円 20,000円
※更新月以外の解約で発生
キャッシュバック金額 無し 有り
※時期によって異なるので
So-net光キャッシュバック比較」をご参照に
スマホとのセット割 無し auスマートバリュー
自宅セット割
通信方式 IPv6・IPoE
IPv4 over IPv6
IPv6・IPoE
IPv4 over IPv6
速度品質 混雑時に制限アリ 快適

 

↑に箇条書きと表でまとめましたが、そもそもSo-net光 minicoとSo-net光プラスは、名前は似ていても利用者層が全く違うため本来比較になりません。

そのため、箇条書きで例をいくつか書いたので参考にしてみてください。

 

TERU
そもそも、契約縛りなし・違約金なしを希望するなら、So-net光 minico1択です。

反対に契約縛りはあってもいいから、総合的にお得であったり、通信品質が高いものを希望したいなら、So-net光プラスです。

コスパで考えた場合だと、利用期間の長さやスマホセット割有無・キャッシュバック金額含めて、考える必要があるので、どちらに転ぶ事も考えられ、一概にSo-net光 minicoが良いとも限りません。

 

結論、表面上はSo-net光 minicoの方が安いけど、使う期間が長かったり、セット割・高額キャッシュバックがある場合だと、結果的にSo-net光プラスが安い場合もあるので、契約縛りなし・ありどちらを希望するかで選ぶ基準にするのが良いと思います。

 

TERU
自分のケースによるけど、割と数年以内に引っ越す予定があって、そこまで並程度にしかネット使わないならSo-net光 minicoで、ヘビーユーザー(またはauスマホ利用者)ならSo-net光プラスを選びます。

 

So-net光 minicoと縛りなし他社人気光コラボと比較

So-net光 minicoと他社人気光コラボと比較

※↓の各「光回線名」をクリックすると解説ページまで飛べます。

光回線名 So-net光 minico excite MEC光 enひかり BB.excite光 Fit GMOとくとくBB光
※特別プラン.Ver 
工事費 戸建て・マンション共通
26,400円
工事費実質無料特典アリ
(36ヶ月間利用で実質0円)
戸建て:0円
マンション:0円
工事費完全無料特典アリ
戸建て・マンション共通
16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
工事費実質無料特典アリ
(60ヶ月間利用で実質0円)
月額料金 戸建て:4,500円
マンション:3,400円
戸建て:4,950円
マンション:3,850円
戸建て:4,818円
マンション:3,718円
※↑はIPoEオプション込
※セット割適用で↑から110円割引
戸建て:3,520~5,830円
マンション:2,640~4,180円
※↑月間通信利用量で変動します
戸建て:4,818円
マンション:3,773円
最低利用期間 無し 無し 無し 無し 無し
違約金 0円
工事費残債が出る可能性アリ
0円 0円
工事費残債が出る可能性アリ
0円
工事費残債が出る可能性アリ
0円
工事費残債が出る可能性アリ
キャッシュバック特典 無し 無し 無し 無し 無し
スマホとのセット割 無し 無し UQモバイル/ahamo/povo 無し 無し
通信方式 IPv6・IPoE
IPv4 over IPv6
IPv6・IPoE
IPv4 over IPv6
IPv6・IPoE
IPv4 over IPv6
IPv6・IPoE
IPv4 over IPv6
IPv6・IPoE
IPv4 over IPv6
通信速度品質 混雑時に制限アリ 快適 快適 快適 快適

 

↑の表にまとめたのが、So-net光 minicoがライバル視してて、モデルとして作ったと思われる対抗人気光コラボキャリアです。

後発リリースしたということもあって、ぱっとみの月額料金は、最安設計になってますし、ただでさえ安い中で、工事費実質無料まで付けてる大盤振る舞いな光コラボです。

コスト面だけでみると、すでに人気の光コラボに全く劣ってないです。

 

ただし、唯一デメリットになる面は、通信速度面が弱いというのをデフォルトで提示してる点です。

※他社格安光コラボは、So-net光 minicoのような仕様はない。

コストを極限まで削減したため、通信設備にお金をかけることができないので、通信品質重視&契約縛りなしを希望な人はSo-net光 minico以外を選択するのが無難です。

 

また、他社にも言えますが、契約縛りなし・違約金0円と言っても、新規契約(転用・事業者変更じゃないまっさらな契約)の場合、短期間での解約で工事費残債が解約時に一括支払いで発生します。

ド短期(半年以内など)での解約が決定してる場合は、工事費完全0円のexcite MEC光を選択推奨です。

工事費精算済みである転用・事業者変更での契約なら全く気にする必要はなく、いつ解約しても正真正銘解約金0円が実現できるので、料金重視ならSo-net光 minicoは最強の選択肢です。

 

TERU
So-net光 minicoが登場する前だったら、転用・事業者変更でおすすめだったのが、GMOとくとくBB光enひかりでした。(※月額料金最安で高品質なので)

ただし、ライト・ミドルユーザーでそこまで通信速度を気にしないなら、今後はSo-net光 minicoを選択するのが最強のコスパになります。(※通信品質を重視する人は今まで通り、GMOとくとくBB光やenひかりを選択推奨。)

今回のSo-net光 minicoは「どこよりもおすすめ!」ってわけではないけど、状況に応じて選択肢が広がったので、視野に入れると良いです。

 

結論、So-net光 minico登場によってさらに安く使える可能性が増えたので、格安&契約縛りなしを希望してる人は要チェックです。

 

 

So-net光 minicoの運営企業はココ

↑は品川にある一等地のオフィスビル

会社名 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
所在地 〒140-0002
東京都品川区東品川4-12-3
品川シーサイド TSタワー
設立日 1995年11月1日
資本金 79億6900万円
株主 ソニー株式会社:100%
社員数 1,641名
[2021年3月31日時点連結]
814名
[2021年3月31日時点単独]
事業内容 ISP事業
NUROブランド事業
法人向けソリューション事業
メディア&アドプラットフォーム事業
コーポレートサイト https://www.sonynetwork.co.jp/

 

知らない人もいるかもしれませんが、So-net光を運営してるのはソニーです。

ソニーなので、同じネット回線で言えば、NURO光の運営企業でもあります。

 

親会社のソニーが上場してる規模ですし、知らない人はいないと思います。

So-net光やNURO光を運営してるのは、ソニーの子会社になるソニーネットワークコミュニケーションズです。

TERU
正直、今更ソニーの説明なんて不要だと思うので、これ以上は書くことないです。

プロバイダとしても、光回線キャリアとしても実績のある企業です。

 

So-net光 minico(ミニコ)の評判

要するに…

  • まだ登場したばかりなので利用者の評判は見つからない

 

結論、まだこの記事を書いた時点は、So-net光 minicoがリリースされてから1ヶ月程度しか経ってないので、ユーザー評判が見つかりません

見つかり次第、当ページ上で更新していくので、ブックマーク推奨です。

 

ユーザーのSNS・WEB上の口コミ

  • 現状So-net光 minicoの口コミは見つかりません。

 

TERU
ちなみに!当ページ上の最下部に誰でも書き込めるコメント欄を設置しました。

So-net光 minicoの情報交換で自由に活用頂ければと思います。

 

コメント欄活用方法例↓

  • 実際にSo-net光 minicoを申し込みしてみた感想
  • スタッフの対応について
  • 公式サイトの内容と相違がなかったかどうか
  • So-net光 minicoを検討中の人の疑問・質問・相談

⇒ コメント欄へ

 

業界人によるSo-net光 minicoへの評価【※プロの見解はコチラ】

YouTube動画上でもわかりやすく解説しました↓

結論、So-net光 minicoはかなりアリな光コラボだと思います。

ただし、それでも向き、不向きはあるので、おすすめの人おすすめじゃない人それぞれ↓にまとめていきます。

 

So-net光 minicoがおすすめの人

  1. ライト(ライトよりミドル)ユーザーや、夜間など混雑する時間にネットを多く使わない人
  2. 新規契約なら、36ヵ月以上利用すること(短期間の解約は工事費残債が発生するため)
    ※転用・事業者変更は工事費精算済みなので短期間で解約してもOK。
  3. 通信はたくさん使うけど、とにかく安く使いたい
    ※BB.excite光 Fitより高いが、月間通信量は無制限。あくまで混雑時に通信制限があるだけ。

So-net光 minicoがおすすめじゃない人

  1. とにかく通信品質を重視する人、もしくはネットヘビーユーザー、オンラインゲームなどを利用する人
  2. 新規契約の場合、短期間で解約予定がある人

ちなみに、自分の場合、通信品質を重視する点を優先するのと、混雑する時間帯にもヘビーにネットを使うこともあるので、So-net光 minicoはやや心もとない気がします。

実際に使ってみないと結論は出せないけど、あくまで自分の場合だとGMOとくとくBB光excite MEC光enひかりなどを選択した方が無難な気がします。

とは言え、混雑時の速度制限される度合いがどれくらいかわからないので、使ってみて微妙なら他社光コラボへ事業者変更すれば問題ない気もします。

TERU
思ってる以上に、混雑時も普通にネットが使える可能性もあるからね。

あと、月に数回だけヘビーに使いたい!なんて場合なら、1日ごとに220円付けられる「さくさくスイッチ(混雑制限を取っ払うオプション)で解決もしますし。

フレッツ光や他社光コラボからの乗り換えの場合なら、違約金や工事費残債が発生しないから気軽にSo-net光 minicoへ乗り換えるのはアリだと思います。

 

転用・事業者変更の場合なら気軽に申し込めばいい理由↓

会社員
So-net光 minicoへ他社光コラボから事業者変更したけど、混雑時の通信が遅くて困ったー!自分が使う時間はドンピシャに速度が低下してる気がする。

どうしよ・・・。

TERU
他社光コラボからの乗り換えである事業者変更なら、工事費かかってないから、今すぐ他社光コラボに乗り換えても解約金は発生しないよ。
会社員
あ、、、そっか!So-net光 minicoは月額料金も安いし、制限されてない時間は充分速度出るけど、今回自分が使う時間には不向きだった。

↑のようなケースであっても、転用・事業者変更ならほぼ金銭リスクなく他社乗り換え可能なので、気軽に申し込みしても問題ないわけです。あわなければ、他社人気光コラボへ逃すことができるし、合えば試してよかったわけですから。

反対に、新規契約の場合、工事費残債が発生してしまう可能性があるので、「So-net光 minicoがおすすめの人」に該当する人が検討するのをおすすめします。

(※利用期間に関しては必ずしも、36ヵ月以上でなくても、仮に24ヵ月利用の場合だと12ヶ月分×726円=8,712円が工事費残債の解約金にまで減るので、問題なければOK。)

結論、自分的には四六時中ヘビーにネット通信やオンラインゲーム・YouTube配信をしたりするため、So-net光 minicoはやや不向きに感じるが、それ以外の人は多数いるので、該当する人にはかなりおすすめ。

 

【追記】夕方まで営業の店舗には最適【法人・事業者向け】

要するに…

  • 受付開始したばかりのSo-net光 minicoですが、店舗のネット回線としても人気があり、申込みが入ってるとのこと。
  • 夕方までしか営業してない花屋やサロンなどには混雑する時間を避けられて安く使える
  • トータルで考えるとお店のネット導入・乗り換えに最適(飲食店なども含め)
TERU
So-net光 minicoの現状を調べた結果ですが、個人の申込みもさることながら、店舗のネット回線としても法人・事業者が申込み増えてるそうです。

言われてみれば、夜まで営業してる店舗ばかりじゃないし、そもそも店舗でネットをヘビーに使うことないからです。

欲を言えば、最低限のネット通信や顧客向けにWi-Fiスポットの提供ができれば充分ですし、顧客側も店で高速Wi-Fiでなくても文句を言いません

ということで、私自身も、簡易ネット利用である店舗への導入は、夜でもやってる飲食店も含めて割りとアリだと思います。

ヘビー利用しない店舗利用であれば、So-net光 minicoは安く使えておすすめです。

反対に、店舗でああってもネットをヘビーに利用する時は、フレッツ光の事業者向け契約を選択するのが無難です。

 

So-net光 minicoのキャッシュバック特典

So-net光 minico×キャッシュバック

結論

  • キャッシュバック特典はなし!今後も貰える可能性は低い。

 

TERU
So-net光 minico自体が、そもそもキャリア側の利益が低い光コラボになってるので、現実的にキャッシュバックは難しいです。

今後も期待できないと考えて間違いないです。

どうしても、キャッシュバックがほしい人は、So-net光プラスを選ぶか、他社光コラボで高額キャッシュバックが貰えるキャリアを選択推奨です。

(※高額キャッシュバックが貰える人気窓口は↓の記事をご参考に。)

 

 

So-net光 minicoから事業者変更/解約方法

事業者変更方法

  1. So-netへ電話して事業者変更承諾番号を取得する。(※↓に連絡先電話番号を掲載しました。)
    参考リンクSo-net 光事業者変更承諾番号
  2. 15日間で乗り換え先の光コラボへ乗り換え申し込みをする。
    参考記事【IPoE接続】光コラボでIPv6が使えるオススメはコレだ!
  3. 乗り換え後、自動的に退会(解約)処理される。

事業者変更承諾番号発行電話窓口

連絡先電話番号 0120-45-2522
営業時間 9:00~18:00

 

解約(退会)方法

  1. コチラのSo-netの公式サイト上から解約手続きをすすめる。

 

事業者変更も実質的に退会(解約)になるわけですが、完全な解約方法とはやり方が異なります。

他社光コラボへの乗り換えである事業者変更は、電話のみです。

 

解約に関しては、WEB上から手続きを行います。

TERU
それぞれ手続き方法が異なるので、↑を参考にしてみてください。

ちなみに、他社光コラボへ事業者変更する場合は↓の記事も合わせて参考にしてみてください。

 

 

So-net光 minicoよくある質問と回答

 

So-net光 minicoの提供エリアは?

So-net光 minicoはNTTのフレッツ光を使った光回線の「光コラボレーションモデル」です。

フレッツ光や他社の光コラボの利用エリア内であれば利用可能です。

具体的な提供エリアは、NTT東西のホームページ上から提供エリアの判定が可能ですし、申込み時にキャリア側が提供エリアかどうかを調べてくれます。

 

So-net光 minicoはIPv6・IPoE対応?

So-net光 minicoはv6プラスに対応してます。

IPoE・IPv4 over IPv6の新方式まで対応しています。

v6プラスの料金は月額料金に組み込まれてるため、別途有料オプションは不要です。

 

So-net光 minicoは10Gbpsプランに対応してますか?

未対応です。

上り・下り最大1Gbpsです。

 

So-net光 minicoの支払い・決済方法は?

クレジットカード・口座振替・NTT請求・KDDI請求の4種類から選択可能です。

 

So-net光 minicoはスマホとのセット割はありますか?

ありません。

その代わりに元々安い月額料金に設定されています。

 

So-net光 minicoのプロバイダは?

So-netです。

 

So-net光 minicoは法人契約可能か?

明確な記載がないので不明ですが、So-net光プラスが可能なので、できると思われます。

 

So-net光 minicoはキャッシュバック特典はあるの?

ありません。

元々月額料金や工事費を最小設定にしてるため、キャッシュバック分のメリットは充分あります。

 

So-net光 minicoは工事費無料特典はある?

あります。

36ヶ月間の利用で工事費実質無料になります。

 

So-net光 minicoは代理店キャンペーンサイトはある?

現状、代理店制度がないためありません。

将来的にできる可能性はあるかもですが、ソニー系の光回線は代理店制度に力を入れなくなってしまったので、期待できません。

 

上記以外に質問などがあれば、当ページ最下部にあるコメント欄を活用ください。

⇒ 【質問投稿可能】コメント欄へ

まとめ

  • So-net光 minicoは、契約縛りなしの光回線の中でも最安候補になる光コラボ工事費実質無料特典までつくからスペックが凄い。
  • ↑の代わりに、通信速度を一部制限するのがデフォルトにあるため、ヘビーユーザーにはおすすめしづらく、ライト、ミドルユーザー向け
  • 既存のSo-net光プラスとは全くの別物。そもそも比較対象にはならないが、「らくらくスイッチ」オプションを付けた日はSo-net光プラス同様のスペックになる
  • 契約縛りのない他社人気光コラボと比較してもSo-net光 minicoは圧倒的に安い。工事費残債のしがらみもない転用・事業者変更なら積極的に選択してもOK
  • まだ登場したばかりなのでユーザーの口コミが見つからないので、見つかり次第更新予定。
  • 総合的に考えると選択できる人の多い光コラボ。自分の場合だとネットヘビーユーザーなのでSo-net光 minicoの混雑時の速度低下はやや懸念点になる。
  • 元々安いコスト設定なので、キャッシュバック特典などはなし。今後もない。

 

TERU
NURO光やSo-net光プラスと、通信品質にこだわってるソニーネットワークコミュニケーションズが出してる新商品の光コラボなので、極端に「通信速度が遅くて使えない!」なんて心配は個人的にはないと思ってます。

ご丁寧に、混雑時には速度低下すると公表してるわけですからね。

とにかく品質より、安さ!利用のほとんどがスマホでWi-Fi接続するだけ!」なんて人には、So-net光 minicoはかなりおすすめだと思います。

元々、1人暮らし向けに設計された光コラボだとソニーネットワークコミュニケーションズも言ってるので、これからネット回線の新設、乗り換えを検討してる人は活用してみてください。

↓に総合的に光コラボの安さを比較した記事もまとめたので、参考にしてみてください。

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSでシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-So-net光プラス

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2022 AllRights Reserved.