『ハイテル』ネット回線総合メディア ~節約・仕事・投資~

Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル)

当メディア記事内には一部広告を掲載しています。消費者庁の「ステルスマーケティング規制法」に基づいた表記をしておりますのでご安心頂ければと思います。気になる点がございましたらお問い合わせ頂ければ幸いです。
ドコモ光・さすガねっと比較

さすガねっと ドコモ光

さすガねっととドコモ光を比較。相互乗り換えメリットデメリット・・・

投稿日:

お互い光コラボである「さすガねっと(はやとくプラン)」と「ドコモ光」。

今回はこの両社を比較して、相互間で乗り換えメリット・デメリット、どっちを選択したら良いかを解説。

 

TERU
私は元々NTTの販売代理店に勤務していて、キャンペーンサイト運営や電話営業・訪問営業などで光回線を多く販売してきました。

そのプロ経験と現在はネット回線メディア運営しているので、私がこれから契約するなら目線で解説していきます。

業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

YouTube上で私が光回線の選び方を解説した動画▼

合わせて読むべき記事↓

さすガねっと・ドコモ光スペック比較

【さすガねっと・ドコモ光比較早見表】

光回線 さすガねっと
(はやとくプラン)
さすガねっと
ドコモ光
ドコモ光
初期費用
(事務手数料+新規工事費)
【契約事務手数料】
3,300円
※事務手数料は戸建・マンション共通
【新規工事費】
戸建:19,800円
マンション:19,800円
※工事費実質無料特典有り
※転用・事業者変更含めて工事費は全て0円
※転用・事業者変更時は3,300円のみ
【契約事務手数料】
3,300円
※事務手数料は戸建・マンション共通
戸建:19,800円
マンション:16,500円
※工事費完全無料特典有りのため完全0円
※転用・事業者変更時は3,300円のみ
月額料金 戸建:5,720円
マンション:4,400円
戸建:5,720円
マンション:4,400円
※各プラン1番安いプロバイダタイプAの月額料金
【10ギガプランの場合】
戸建・マンション共通
6,380円
※各プラン1番安いプロバイダタイプAの月額料金
セット割
※スマホやその他サービスとのセット割
大阪ガス
毎月330円の割引がされる
docomo
irumo/eximo含む)
※スマホ料金が毎月1,100円割引され最大20台まで適用
最低契約期間 24ヶ月間の自動更新型契約 24ヶ月間の自動更新型契約
違約金 戸建
1~2年目:4,565円
3年目以降:5,390円
マンション
1~2年目:3,245円
3年目以降:4,070円
※更新月以外に解約した場合にのみ発生
戸建:5,500円
マンション:4,180円
2022年6月30日以前に契約した人▼
戸建:14,300円
マンション:8,800円
※契約更新月以外に解約した場合にのみ発生
解約金
※工事費残債含む
戸建:最大25,190円
マンション:最大23,870円
戸建:最大14,300円
マンション:最大8,800円
通信速度 ダウンロード:最大1Gbps
アップロード:最大1Gbps
※VDSL方式などは最大100Mbps
ダウンロード:最大10Gbps
アップロード:最大10Gbps
※VDSL方式などは最大100Mbps
※10Gbpsプランは別途月額料金になる
通信方式 IPv6(IPoE)
IPv4 over IPv6
※朝日ネットのv6コネクトで利用
IPv6(IPoE)
IPv4 over IPv6
※プロバイダにより異なるがv6プラスなどアリ
対応エリア 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県
※上記且つフレッツ光、光コラボ対応エリア内
全国対応
※フレッツ光、光コラボ対応エリア内
乗り換え時
違約金補填キャッシュバック制度
最大19,800円 15,000円
※↑はプロバイダGMOとくとくBBの場合
キャッシュバック特典
※↑の違約金補填と併用可能
最大10,000円 10,000円前後
当メディア経由限定▼
◯◯,000円~

※↑は当メディア経由限定窓口GMOとくとくBB選択時
ドコモ光キャッシュバック比較はコチラ

参考①料金プラン(ドコモ光/ahamo光)|NTT docomo
参考②はやとくプラン・さすガねっと|大阪ガス

※↓の各項目で詳しく1つずつ解説しているのでタップすると飛べます。

 

まず大前提ですが、さすガねっと(はやとくプラン)もドコモ光も同じNTTのフレッツ光回線をベースにした光コラボレーションモデルを採用しており、どちらかが利用可能な対応エリアであれば両方利用可能です。

そのため、新規、乗り換え含めてどっちが良いのか乗り換え検討してみると良いです。

ただし!さすガねっと(はやとくプラン)は、さすガねっと自体が大阪ガスが提供している関西エリア限定のサービス提供になってるので、フレッツ光・光コラボが利用できたとしても、関西エリア以外での契約はできないので注意が必要です。

 

↑の早見表ですぐわかるようにまとめましたが、細かくポイントに分けて↓の各項目で解説していきます。

 




初期工事費用・月額料金(セット割考慮)で比較

【初期費用工事費用】

光回線 さすガねっと
(はやとくプラン)
ドコモ光
事務手数料 3,300円 3,300円
新規工事費
※新規契約時のみ発生します
戸建:19,800円
マンション:19,800円
※工事費実質無料特典有り
※転用・事業者変更含めて工事費は全て0円
戸建:19,800円
マンション:16,500円
※工事費完全無料特典有りのため完全0円
※転用・事業者変更含めて工事費は全て0円

【備考】

  • さすガねっとは、825円×24ヶ月間分割(総額19,800円)で工事費を支払うわけですが、同時に毎月825円×24ヶ月間割引相殺するため24回分割引を受けたら実質0円。
  • ドコモ光ははじめから工事費0円なので、そもそも工事費が発生しません。(キャンペーン期間中のため詳細は↓の記事をご参考に。)
    参考【延長なし】ドコモ光工事費無料キャンペーンがいつまで続くか解説

 

【月額料金】

光回線 さすガねっと
(はやとくプラン)
ドコモ光
月額料金 戸建:5,720円
マンション:4,400円
 戸建:5,720円
マンション:4,400円
※各プラン1番安いプロバイダタイプAの月額料金
【10ギガプランの場合】
戸建・マンション共通
6,380円
※各プラン1番安いプロバイダタイプAの月額料金
各種セット割額 -330円
※大阪ガスとセット契約で毎月割引される
docomoスマホ料金から
-1,100円
docomo
(irumo/eximo含む)
irumo・eximoのセット割解説はコチラ
※スマホ料金が毎月1,100円割引され最大20台まで適用
実質月額料金 戸建:5,390円
マンション:4,070円
戸建:4,620円
マンション:3,300円
※↑はスマホ1台分の月額料金の場合で複数台あると台数分安くなる

【備考】

  • さすガねっとは初年度のみスタート割が適用され、↑の月額料金から戸建2,420円割引の2,970円、マンション1,540円割引の2,530円で利用可能です。
    (※スタート割+大阪ガスセット割併用時)2年目以降は↑の「実質月額料金」に戻ります。

 

単純に比較すると初期費用に関してはドコモ光が優勢です。

とはいえ、さすガねっとも実質無料特典をやってるので、決して悪いどころか良いです。

あくまで今回は工事費完全無料特典をやってるドコモ光が良すぎただけです。
※完全無料…工事費0円なので途中解約しても残債支払いが発生しないこと

 

工事費実質無料と工事費完全無料の違いについては↓の記事に詳しくまとめてるので参考にしてみてください。

 

 

月額料金に関しては単純に比較するならドコモ光が優勢に見えます。

ただし、これはdocomoスマホ有りきの話なので、現状docomoスマホ以外を利用してて、docomoスマホに乗り換える予定もないのであればさすガねっとが優勢です。

docomoスマホユーザーであれば圧倒的な恩恵を受けられますが、さすガねっとの場合はスマホキャリアに限られずガスを統一すれば全員恩恵が受けられるメリットがあります。

また例外的にさすガねっとは、初年度のみスタート割なる大きい割引が適用できるので1年間のみは大幅に安く使えます。(2年目以降は通常料金に戻るので、docomoスマホユーザーははじめからドコモ光で良い)

 

TERU
そのためバランスを考えて選択するのが良いですね。

 

ちなみに、10ギガプラン(クロスプラン)はドコモ光のみの提供で、1ギガプランより高くなりますが、同じくドコモ光セット割が適用できるので実質月額料金は下がります。(※docomoスマホとのセット割については↓をご参考に。)

 

最低契約期間・違約金で比較

光回線 さすガねっと
(はやとくプラン)
ドコモ光
最低利用期間 24ヶ月間の自動更新契約 24ヶ月間の自動更新契約
違約金 戸建
1~2年目:4,565円
3年目以降:5,390円
マンション
1~2年目:3,245円
3年目以降:4,070円
※更新月以外に解約した場合にのみ発生
戸建:5,500円
マンション:4,180円
2022年6月30日以前に契約した人▼
戸建:14,300円
マンション:8,800円
※契約更新月以外に解約した場合にのみ発生

【備考】

  • 新規工事費残債がある場合は↑に加えて別途請求されるため注意。

 

↑の結果を見るとぱっとみさすガねっとの方が優しいように見えます。

転用・事業者変更で契約した人にとっての違約金リスク自体はその通りです。

ただし、新規契約者で工事費残債がある場合、ドコモ光はそもそも新規契約者も工事費0円なのでいつ解約しても違約金のみですが、さすガねっとは新規契約者には工事費残債が別途発生するため数万円単位の高額化する可能性があります。

そのため、新規契約ならドコモ光優勢で、フレッツ光や他社光コラボからの乗り換えであればさすガねっとが若干優勢といった印象でしょうか。

 

ちなみに、ドコモ光が2022年6月30日までの契約者違約金が高いのは法律改正前だったからです。詳細は↓の電気通信事業法の消費者保護ルールをご参考に。
参考電気通信消費者情報コーナー|消費者保護ルール|総務省

 

通信速度品質・通信方式(IPoE・IPv6)で比較

光回線 さすガねっと
(はやとくプラン)
ドコモ光
ダウンロード 最大1Gbps 最大10Gbps
アップロード 最大1Gbps 最大10Gbps
通信方式 IPv6(IPoE)
IPv4 over IPv6
※朝日ネットのv6コネクトで利用
IPv6(IPoE)
IPv4 over IPv6
※プロバイダにより異なるがv6プラスなどアリ

【備考】

 

同じフレッツ光回線を使ってる光コラボシリーズなので、スペックは基本同じで、プロバイダによって通信方式が異なるためv6コネクトかv6プラスか分かれています。

どちらも次世代型の通信方式を採用しているので、全く問題はないです。

 

↑にも書きましたが、さすガねっとの方はクロスプラン(10ギガ)対応ではありませんが、ドコモ光もクロスプランに対応しているのは一部エリアなのでそこまで優劣を付けるまでのものではないです。

ただし、ドコモ光の方はプロバイダ選択肢の自由があるので、選ぶプロバイダである程度通信品質を調整・コントロールできる幅はあるかもしれません。
(※マイナーなプロバイダやIPv4しか対応していないプロバイダを選択すると速度が遅くなるなどのデメリットもありますが。)

ドコモ光のプロバイダ選び方についての基準・解説は↓の記事にまとめてるのでご参考に。

 

 

ここの項目に関してはどちらも次世代通信方式に対応しているのでドローとしておきます。

 

TERU
次↓の項目では具体的に「自分ならどっちが良いのか?」という点をわかりやすく解説しているので、ここまでで判断つかない人は参考にしてみてください。

 




さすガねっと・ドコモ光どっちがいい?【新規契約向け】

大前提をまとめると▼

  1. 大前提自分がどこのエリアに住んでるのかで「さすガねっと」が使えるか決まるため、使えるエリアか判断する。
    さすガねっと利用可能エリア…大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県
    ※利用可能エリア外だった場合はドコモ光1択ですが、ドコモ光自体docomoスマホユーザーじゃないと恩恵は少ないので、その他のスマホユーザーであれば他の光コラボ含めて再検討推奨(※↓に詳細を解説しています。)
  2. それを踏まえて該当地域内であれば初めて、さすガねっとかドコモ光かを選択する

詳細解説へ▼

※↓の各項目をタップすると詳細まで飛べます。

 

↑の「1」「2」の大前提を踏まえた上でどっちが向いてるのかを各↓の項目でまとめてあるので、自分がそちらに該当する方を選択してみると良いです。

 

ドコモ光がおすすめな人

まとめると…▼

  1. 現在docomoスマホを利用している人は全ての光回線を比較してもドコモ光1択。
  2. docomoスマホ利用者以外は原則ドコモ光を選ぶ必要なく、ドコモ光以外を選択した方がメリットが大きい

 

基本的にdocomoスマホユーザーであれば、さすガねっとだけじゃなく全光回線の中で最も推奨するのはドコモ光です。

 

ドコモ光契約メリット▼

  1. docomoスマホとのセット割適用(家族含めて最大20台まで適用される)
  2. 工事費完全無料(最大18,000円が契約時から0円
  3. プロバイダが選べるので通信品質を調整しやすい
  4. 母体がNTTのため、1番大きい光回線事業者
  5. 高額キャッシュバックが貰える
    ※ただし申し込み窓口によって貰える金額は大きく異なるので窓口・プロバイダ選びに注意。(申し込み窓口選びは↓の項目をご参考に。)

↑の5点フルに発揮できるのがdocomoスマホユーザーです。

ただし、↑でも書いた通りdocomoスマホユーザー以外の場合1番大きい恩恵の「1」がないのでドコモ光にこだわる理由がなくなってしまうわけです。

充分2~5の部分も素晴らしいポイントではありますが、セット割が適用ないのであれば↓のような最安値の光回線などから選択した方が恩恵があったりするからです。

 

 

さすガねっとがおすすめな人

まとめると…▼

  1. 現状docomoスマホユーザーでなく、大阪ガスを契約中、もしくはこれから大阪ガスを契約予定があってセット割適用の予定のある人。
    ※スタート割も併用すると1年間はトップクラスの安さで利用できる
  2. ただし、2年目以降で単純に安さを追求する場合ならその他の選択肢も視野に入れるともっと安いものが見つかる。
    ※例、SoftBank/Ymobile…セット割が適用できるソフトバンク光。au/UQmobile…セット割が適用できるauスマートバリュー対応光回線等。セット割がないなら最安値級光回線
  3. 上記のスマホセット割や最安値級光回線を選ぶのであれば、ガスとのセット割を適用しているパターンよりも総額安くなる可能性がある

 

ここでは「ドコモ光さすガねっとか?」という話であれば、基本的にはdocomoスマホユーザー以外はさすガねっとが良いというのが回答です。
※ただし、できれば大阪ガスもセット契約しないと恩恵が弱いのでセット割適用前提。

↑のドコモ光がおすすめな人のところでも書いてますが、ドコモ光の契約はdocomoスマホユーザーじゃないと1番の恩恵が得られませんので、docomoスマホユーザーはそちらが最優先。

反対にそれ以外のユーザーで大阪ガス契約者、契約予定者であればさすガねっとが良いと言えます。

 

ただし、↑の1・2で書いた通り2年目以降は、その2つ以外の光回線も考慮して、単純に月額料金をもっと安くしたいのであれば選択肢は出てきます。

2年目以降の大阪ガスとのセット割適用月額料金よりもずっと安く使える光回線を↓から比較してみるとわかりやすいと思います。

 

 

さすガねっと・ドコモ光解約金負担キャッシュバック知識【乗り換え向け】

さすガねっと・ドコモ光解約金負担キャッシュバック

光回線 さすガねっと
(はやとくプラン)
ドコモ光
解約金負担
キャッシュバック
最大19,800円 一律15,000円
※ただしGMOとくとくBB特設サイト限定
特典キャッシュバック
※解約金負担キャッシュバックと併用で貰える
最大10,000円 5,000円~
当メディア経由限定
◯◯,000円

※↑の金額は当メディア経由のGMOとくとくBB限定(時期によって変動します)

わかりやすく言うと▼

  1. 解約金負担キャッシュバック」…さすガねっと・ドコモ光それぞれ他社ネット回線からの乗り換えの場合で、他社ネット回線の解約金が発生した場合にキャッシュバック補填してくれる制度。
  2. さすガねっとは、最大19,800円までで発生した解約金の実費分キャッシュバックされ、ドコモ光は1円でも解約金発生したら満額キャッシュバックされる。
    ※具体的なキャッシュバック例、解約金が5,000円だった場合、さすガねっとキャッシュバックは5,000円でドコモ光は15,000円。
  3. 特典キャッシュバック」…新規契約・乗り換え問わず全員にキャッシュバック還元する特典で、「解約金負担キャッシュバック」と併用できるため、高額な解約金が出て解約金負担からはみ出した分もここからカバー可能。

 

さすガねっともドコモ光も両社キャッシュバック補填してくれる神がかった制度があります。

このおかげで他社ネット回線からの乗り換え時、高額な解約金があるのがネックで乗り換えられない場合にこの制度を活用すれば容易に乗り換えできます。

ドコモ光に関して言えば、1番最高峰に還元してくれる窓口・プロバイダを選択すれば5万円以上キャッシュバックしてもらえるので、解約金負担は大抵可能です。

さすガねっとも通常特典キャッシュバックと合わせれば充分補填可能な金額です。

 

さすガねっとは申し込み窓口が基本公式サイトのみなのでシンプルでわかりやすいのですが、ドコモ光に関してはプロバイダや代理店制度が充実しているため申し込み窓口が多く存在しています。

申し込み窓口を間違えると↑にあるような最高峰のキャッシュバック金額は貰えないので要注意です。

↓にドコモ光の申し込み窓口キャッシュバック特典を比較した記事を掲載しているので、ドコモ光へ乗り換え検討している人は合わせて参考にしてみてください。

 

 

まとめ

  • さすガねっととドコモ光を比較すると、ベースの月額料金は同じだが、それぞれ強みがあるのでマッチする方を選択するのが最良。
    ※docomoユーザーならドコモ光で、関西エリア在住且つ大阪ガス併用ならさすガねっとなど。
  • さすガねっとはフレッツ光の光コラボレーションシリーズだけど、関西エリア限定の光回線である。
  • docomoスマホユーザー以外の人は必ずしも2社だけで比較せず、安さを追求するなら他の選択肢も考えながら検討するのが良い。
  • ドコモ光を申し込む場合には必ず高額キャッシュバック特典が貰える窓口を活用する。

 

TERU
ドコモ光とさすガねっとを比較した結果でしたが、両社強いスペックを持った光コラボ回線でした。

ドコモ光はdocomoユーザーであれば最強の相性を持つ光回線で間違いないわけですが、さすガねっとに関しても1年目限定のスタート割の威力が強いです。

ただし、2年目以降は大阪ガスとのセット割だけになり、一般的な光回線よりもやや割安な印象にとどまります。

ずっと安く使い続けたいという要望であれば、同じくずっと安く使い続けられる光回線を探しても良いし、そのままさすガねっとを利用し続けても損なく使えるのでバランスを見ながら検討するのが良いです。

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-さすガねっと, ドコモ光

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2024 AllRights Reserved.

▼当メディア経由限定キャッシュバック特典▼
【最強】ドコモ光キャッシュバック
▼当メディア経由限定キャッシュバック特典▼
【最強】ドコモ光キャッシュバック