enひかり ドコモ光

【事業者変更】enひかりとドコモ光で乗り換え解説!【比較】

更新日:

光コラボ間の事業者変更乗り換え)が可能に!(※2019年7月1日から

 

 

今回は、光コラボトップシェアドコモ最安で話題enひかりを比較・分析!

 

enひかりの詳しい解説↓

【評判】enひかり完全解説!安いけど通信速度は遅いのか…【デメリット】

光コラボ最安クラスと話題の「enひかり」。 全然聞かない光コラボです。   enひかり 公式サイトはコチラ▶▶   業界歴:「光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業 ...

続きを見る

 

このページでわかること↓

  • ドコモ光とenひかりの比較
  • どっちを選択すればよいか検証
  • 事業者変更の方法
  • 乗り換え時に損しない方法

 

TERU
通信業界で5年間ネット回線の訪問販売特典サイト経由のWEB販売に携わってたので、自分が選ぶ目線で解説します。

 

ドコモ転用で人気特典サイト
GMOとくとくBB

ドコモ光キャンペーン比較はコチラ▶▶

光コラボ最安&縛りなし
enひかり↓

enひかり

enひかりの解説はコチラ▶▶

enひかりとドコモ光を比較

光コラボ ドコモ光 enひかり
戸建
ネット月額料金
タイプA:5,200円
タイプB:5,400円
※v6プラス標準付与
4,300円
※v6プラスつけると4,480円
マンション
ネット月額料金
タイプA:4,000円
タイプB:4,200円
※v6プラス標準付与
3,300円
※v6プラスつけると3,480円
セット適用に
光電話契約
有無
不要 不要
スマホとの
セット割
ドコモセット割
※割引率はプランで異なる
参考ドコモ光セット割のプラン別割引額
👉 割引シミュレーションはコチラ▶▶
勝手に割り
※UQモバイルとのセット割
enひかりの料金100円割引
再転用時の費用 3,000円
※光電話・テレビ追加時は別途費用発生
2,000円
※光電話・テレビ追加時は別途費用発生
転用時解約金 戸建:13,000円
マンション:8,000円
↑契約更新月当月・翌月・翌々月以外での転用した場合
0円

※光電話・テレビなどのオプションは共通の料金です

 

圧倒的に、、、enひかりが安いです。

 

TERU
と言っても、ドコモ光と同等の通信速度品質を保つ場合、enひかりはv6プラスのオプション月額料金180円)が必須になることを忘れずに!それでもだいぶ安いけど。

 

enひかりのUQモバイルとのセット割は、enひかりの月額料金が安くなります。
※UQモバイルの月額料金が安くなるわけじゃない

 

TERU
ここでは異質なenひかりをもう少し掘り下げて解説するけど、契約縛りがなく解約しても違約金0円です。仮にドコモ光からenひかりへ乗り換えた場合、工事費残債を支払い完了してれば、いつでも解約可能になるわけです

 

・・・とここまでだと、「enひかりの方が安いし、違約金もないから、新規契約だろうと事業者変更だろうと、絶対にenひかりが良いやん!」ってなるかもですが、必ずしもそうじゃないです。

詳細は↓で解説してます。

 

どっちが良いのか検証結果

要するに…

docomoスマホユーザー】

  • docomoスマホユーザーで複数台スマホ契約があったり、家族で利用してる場合ドコモの方が圧倒的に良い
    解説【旧プラン含】ドコモ光セット割を完全解説【条件・割引額・申し込み方法】
  • 新規契約の場合でも、公式キャンペーンで20,000円分のdポイント加えてプロバイダ特典サイトでキャッシュバック最大20,000円分貰え、工事費以上に還元がある。長く利用するならenひかりより始めの還元も以後も安く利用できるケースがある↓
    戸建新規契約にかかる費用と月額料金↓】

    光コラボ ドコモ光 enひかり
    工事費
    +
    事務手数料
    最大21,000円 最大18,000円
    公式キャンペーン特典 dポイント
    20,000円分
    なし
    プロバイダ特典サイト
    キャッシュバック特典
    最大20,000円 なし
    還元差額 +19,000円 -18,000円

    ※実質月額料金も↓に書いてる通り、ドコモ光の方が安くなる場合もある

    TERU
    ドコモは2年契約縛りがあって、標準の月額料金は高いけど、初期還元がものすごく大きい。月額料金も安くなるdocomoユーザーならドコモ光の方がお得になる。enひかりは安くて、標準の月額料金も安いけど、新規契約の場合工事費は自己負担になるから。
  • ↓でも比較表に書いたけど、docomoスマホユーザーでもスマホ1台のみ割引額が1,200円未満だとenひかりの方が安くなる

 

auスマホユーザー】

 

Softbankスマホユーザー】

 

【格安SIMスマホユーザー】

各セット割適用時【戸建の場合】↓

光コラボ ドコモ光
※ドコモ光セット割適用
ギガホ・ギガライトの場合
ドコモ光
※ドコモ光セット割適用
カケホーダイ&パケあえるの場合
enひかり
※勝手に割り適用
戸建
ネット月額料金
5,200円
※v6プラス標準付与
5,200円
※v6プラス標準付与
4,300円
v6プラス付4,480円
セット割額 -2,000円
※1人が1,000円割引で
2人が500円割引としたプランの場合
参考ドコモ光セット割のプラン別割引額
-1,200円
ベーシックシェアパック10GB
-100円
※UQモバイルの契約数が複数
あっても100円割引のみ
実質月額料金 3,200円 4,000円 4,200円
※v6プラス付4,380円

👉 ドコモオンラインショップでMNP
※docomoスマホへMNPは、docomo公式オンラインショップで可能↑

👉 「UQモバイルへ乗り換え検討時に読む記事
※UQモバイルは特典サイト経由で契約すると高額キャッシュバックがあるので活用必須

 

enひかりかドコモ光か?の結論ですが、↓の結果によって変わるから一概にどっちが良いかは言えません

 

  • スマホキャリア・スマホ契約台数

 

TERU
ちなみに、docomoスマホ以外のユーザーならそもそもenひかり・ドコモ光以外の選択肢も出てきます。当然ですが、セット割組めた方が安くなる場合があるから

 

格安SIMスマホキャリアの場合、割引額がせいぜい100~300円程度です。

光コラボだけにこだわらず通信速度が速い高額キャッシュバックが貰える光回線を探して見るのが良いです。

↑の両方を兼ね備えてて、一例をあげたのがauひかりNURO光です。

 

TERU
2つは光回線の中でもトップクラスの人気で、高額キャッシュバックも群を抜いて多いです利用可能エリアとかの問題もあるから、↓の最適ネット回線診断ツールを使って調べるのがオススメです

 

最適ネット診断ツール付↓

光回線のおすすめを選択した結果…【完全版】

このページは 引っ越し等で光回線を解約⇒新規契約 ネット回線の乗り換え で新しい光回線の選択の参考になる内容なので、ブックマークしておくと役立ちます。   光回線のオススメ暫定版を用途別に解 ...

続きを見る

 

事業者変更の場合で更新月が来て乗り換えるか迷ってる場合、とりあえずenひかりへ逃すことで光回線の契約縛りから開放できます。

↑の結論を参考にして、乗り換えるか検討してみてください。

 



事業者変更方法【再転用】

  1. 今利用してる光コラボで事業者変更承諾番号を発行する
    ※事業者変更承諾番号の利用期限は15日間。経過後は再発行する必要あり。
    参考各事業者の転用承諾番号取得先一覧
  2. 次の光コラボへ事業者変更申し込みをする
  3. 切り替え予定日、プロバイダ情報を再設定して、切り替え完了!
    ※物理的な工事がないから、ネットは当日まで利用できる
  4. 今まで利用してた光コラボは自動的に解約になるが、プロバイダが別契約の場合、解約申請が必要
    ※ドコモ光はプロバイダ契約が別なので、各プロバイダに申請が必要

 

⇒ ドコモ光で事業者変更承諾番号を発行する
※ドコモ光から他社光コラボへ乗り換える場合は↑

⇒ enひかりで事業者変更承諾番号を発行する
※enひかりから他社光コラボへ乗り換える場合は↑。厳密にはフォームがないから03-5534-9997へ電話連絡。

 

基本、事業者変更にデメリットはなく↓の内容で事業者変更可能です。

 

解約新規でできなく事業者変更でできること↓

  • 今使ってる光電話の番号をアナログ戻し不要で継続できる
    ※光電話契約で作った番号も継続可能!
  • 工事も不要だから、ネットも工事当日まで使えてスムーズに乗り換え可能

 

TERU
乗り換えたかった人には朗報だけど、一応乗り換え時の注意点もあります。例えば乗り換え時の違約金発生など。事業者変更の注意点は↓にまとめてるので合わせて確認しておきましょう

 

事業者変更時の注意点↓

 

乗り換えキャンペーンを活用

ドコモ転用で人気特典サイト
GMOとくとくBB

ドコモ光キャンペーン比較はコチラ▶▶

光コラボ最安&縛りなし
enひかり↓

enひかり

enひかりの解説はコチラ▶▶

要するに…

  • ドコモ光は事業者変更時でも公式キャンペーンに加えて、特典サイト限定のキャッシュバック特典Wi-Fiルーター無料レンタル特典がある
    ※enひかりは元々安いからキャッシュバック等はない。たまに期間限定でキャンペーンをやってるから公式サイトで確認推奨
  • docomo公式サイト・docomo shop・家電量販店等では、キャッシュバックはないから必ず特典サイト経由で申込む
    ※仮にあっても店舗などは営業コストが高いから、還元率が低いから断るのが吉(docomo公式サイトはキャッシュバックはない)
  • ドコモ光の特典サイトは複数あるから迷うが、人気特典サイトを選択しておくといい。
    参考契約するならWEB特典サイトの理由

事業者変更時のキャッシュバック金額

光コラボ ドコモ光 enひかり
戸建
キャッシュバック金額
最大20,000円 0円
※稀に期間限定特典がある時も。
マンション
キャッシュバック金額
最大20,000円 0円
※稀に期間限定特典がある時も。

※変更になる場合もあるから、最新の情報は各キャンペーンサイト上で確認ください。相違がある場合、キャンペーンサイト上が最新の正しい情報です。

 

enひかりには、事業者変更で貰えるキャッシュバック特典はないです。
※ドコモ光と違って代理店展開もしてないからキャッシュバックもないし、公式キャンペーンも特別なし

 

それでも元々安いから、誰にでもフィットする光コラボだから、個人的には特典がなくても充分魅力的な光コラボです。

 

TERU
ドコモ光の特典窓口を探す中で迷うと思います。自分ならGMOとくとくBBの特典サイト経由で申し込みます。理由は通信速度も安定してて、キャッシュバック特典も付きます。無料レンタルして貰えるWi-Fiルーターのスペックも圧倒的に他社より高いです。結果的にドコモ光のプロバイダの中ではトップクラスの人気です

 

無料レンタルWi-Fiルータースペック比較↓

【おすすめ】ドコモ光ルーターレンタルはコレ…※料金・交換・購入

今回は、ドコモ光で使うルーターの話です。   業界歴:「光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】」   ドコモ光人気プロバイダ! GMOとくと ...

続きを見る

 

まとめ

  • enひかりの方が月額料金は圧倒的に安いが、セット割を加味するとdocomoスマホユーザーならドコモ光が安くなる可能性がある
    ⇒ 「enひかりとドコモ光を比較
  • スマホキャリア・契約台数によって、選択する光回線が代わり、必ずしもenひかりが良いとも限らない
    ⇒ 「どっちが良いのか検証結果
  • 事業者変更は工事不要光電話番号継続で可能。enひかりから乗り換える場合、電話で事業者変更承諾番号を発行してもらう必要あり
    ⇒ 「事業者変更方法【再転用】
  • enひかりには事業者変更特典はないが、ドコモ光へ事業者変更する場合、キャッシュバック特典があるから必ず特典サイト経由で行う

 

enひかり・ドコモ光間の事業者変更・比較でした。

必ずしもどっちが良い!とは断定できません

 

家族でdocomoスマホ利用してる人は、基本ドコモ光のままの方が良いかもです。
※各セット割が適用できるスマホキャリアも同じ

 

TERU
ドコモ光へ事業者変更する人で、自分で特典の窓口を決めたい人は、↓の各特典サイトの比較記事を活用して探すことをオススメします

 

ドコモ光特典サイト比較↓

【代理店】ドコモ光キャッシュバック比較!各窓口で違いがある…

追記 期間限定で新規契約時の公式キャンペーンで新規工事費0円になってます。突然終了する可能性があるのでお見逃しなく!(※特典サイト独自キャッシュバック併用可能)     ということ ...

続きを見る



-enひかり, ドコモ光

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト , 2019 AllRights Reserved.