当メディア記事内には一部広告を掲載しています。消費者庁の「ステルスマーケティング規制法」に基づいた表記をしておりますのでご安心頂ければと思います。気になる点がございましたらお問い合わせ頂ければ幸いです。
かっとび光事業者変更乗り換え

通信・インターネット

【※極技…】かっとび光から乗り換え・事業者変更で損しない方法は?

更新日:

イッツコムが運営しているNTT東日本エリア限定の光コラボ『かっとび光』。

今回はこのかっとび光から他社光コラボへ事業者変更で乗り換える方法と損しない極技を解説します。

 

TERU
私は元々ネット回線の代理店に勤務していて、訪問販売キャンペーンサイト運営経由の販売をしていました。

そのプロ経験と現状もネット回線メディアを運営しているので、私がこれからかっとび光から事業者変更するならどこにするのか目線で解説します。

業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

格安の光コラボをYouTubeチャンネル上で私が動画で解説↓

合わせて読むべき記事↓

かっとび光から乗り換え・事業者変更前にスペック比較

※当ページ上で記載ある価格・料金は全て税込み表記です。

光回線名 かっとび光
初期費用 【契約事務手数料】
3,300円
【新規工事費】
戸建:19,800円
マンション:16,500円
(新規工事費は新規契約のみです)
月額料金 戸建:5,720円
マンション:4,180円
スマホセット割 無し
通信速度 最大1Gbps
対応エリア フレッツ光の対応エリア内
キャッシュバック金額 無し
最低利用期間 24ヶ月間
※2022年7月1日以降に契約した人は無し
違約金 10,450円
※2022年7月1日以降に契約した人は0円
解約金
※工事費残債含め
戸建:最大30,250円
マンション:最大26,950円

 

かっとび光の月額料金は他社光コラボと比べて並程度です。(※特別高いわけでも安いわけでもない)

またスマホとのセット割があるわけでもないので、事業者変更で乗り換えることで充分安くすることは可能です。

2022年7月の電気通信事業法の「消費者保護ルール」改正によって、違約金に上限が設けられたと同時に以降に契約した人はかっとび光では違約金設定が撤廃されてます。

 

かっとび光はNTTのフレッツ光の光回線を使った光コラボレーションモデル(通称:光コラボ)なので、光コラボ間の乗り換えは事業者変更として光回線・機器はそのまま利用可能です。

そのため、基本的に物理的な工事は不要なので、作業員が来ることなく自動的に切り替わるイメージです。

(※例外として、1Gbpsから10Gbpsに変更するなどの場合は、一旦解約して契約が必要になるので再工事も必要です。)

 

ちなみに、現状かっとび光で利用中の人でひかり電話フレッツ・テレビを利用している人は乗り換え先の他社光コラボでも同料金で継続利用可能ですし、電話番号も継続可能です。

(※ただし、サービス内容は全く同じだが、乗り換え先の独自サービス名称に変わることはあります。)

反対に、かっとび光が独自に提供しているサービスがある場合は、他社へ乗り換えてしまうと解約になってしまうことがあるため注意も必要です。

 




 

かっとび光から乗り換え法【※事業者変更承諾番号は即日?】

要するに…

  1. かっとび光から事業者変更承諾番号をお客さまセンターへ電話して発行してもらう。お客さんセンターの連絡先は↓に掲載しておきます)
    ※事業者変更承諾番号とは…お客さんと光コラボキャリア間で他社光コラボへ乗り換えることを合意した証明番号のこと。

    参考よくある質問|かっとび光
  2. 事業者変更承諾番号を発行した日から15日間で、乗り換え予定の光コラボへ事業者変更で申し込み手続きを進める。
    ※事業者変更承諾番号の有効期限が15日間のため、16日経過後は再発行が必要になるため注意。
  3. 物理工事が不要なので、工事日になったらかっとび光から乗り換え予定の光コラボへ契約が切り替わり、かっとび光は自動的に解約となる。
    ※光回線と使ってる機器はNTTのものなので、そのまま据え置きで継続利用可能。
  4. プロバイダが変わるのでプロバイダの設定変更が必要になるが、現在主流になってるIPv6(IPoE)で利用する場合は設定変更不要
    ※乗り換え先の光コラボがIPv4・PPPoE接続の場合は設定変更をしないと使えなくなるため注意。

⇒ プロの私が選ぶおすすめの乗り換え先光コラボは?

 

【かっとび光お客さんセンター】

電話番号 0120-109-199
受付期間 9:30~18:00
自動ガイダンスで③⇒①を押す

 

かっとび光から事業者変更する方法は↑の手順のみなので難しくありません。

ただし、事業者変更承諾番号の発行でどのくらいかかるのか記述が見当たらないので、即日発行してもらえるか不明です。

光コラボによっては事業者変更承諾番号が手元に届くまでに、平均1週間前後かかるキャリアもあるようなので、予定より早めに行動しておくのを推奨します。

 

TERU
光コラボ間での乗り換えを「事業者変更」というわけですが、あまり詳しく知らない人は↓の記事に詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

 

 

かっとび光から乗り換え時の注意点

※↓の項目をタップ/クリックすると詳細へ飛べます。

  1. 高額な解約金発生リスク

 

かっとび光の事業者変更での乗り換え時の注意点は↑の1点のみです。

正直そこまで特別な注意点はないのですが、この部分のみ知っておく必要があるので、↓に詳しく解説しました。

 

高額な解約金発生リスク(※対処法有り)

要するに…

  • かっとび光は解約時には、違約金に加えて、工事費残債があると同時一括支払いの必要がある。(※かっとび光へ転用・事業者変更で契約した人には関係なく、新規契約で工事費した人のみ)
    ※最大30,000円前後の解約金になるケースもある
  • 解約金のでないタイミングに合わせて解約すると、結局高い月額料金を払い続けないといけないのでそれもデメリットになる。

かっとび光の高額な解約金対処法

  1. 乗り換え先の光コラボの事業者変更特典のキャッシュバックを活用して、解約金をカバーする。

 

光コラボの解約と同時に発生するのが違約金と工事費残債です。

違約金自体は2022年7月以降の電気通信事業法改正によって高額化がなくなりましたが、工事費残債自体は高額になるケースが未だにあります。

 

そんな時であっても、自己負担なく他社光コラボへ乗り換えるのは可能なので、ぜひ事業者変更でキャッシュバックが貰える光コラボキャリアや窓口の活用を推奨します。

TERU
ということで↓に実際に事業者変更乗り換えでキャッシュバックが貰える光コラボについて詳しくまとめたので乗り換えを検討している人は参考にしてみてください。

 

かっとび光解約金負担キャッシュバック【※極技】

かっとび光解約金負担キャッシュバック

要するに…

  • かっとび光で高額な解約金が出た場合は事業者変更のキャッシュバック特典を活用して、解約金相殺補填すれば自己負担なく気軽に乗り換え可能。
    ※解約金0円の人の場合も高額キャッシュバックが受けられるので、丸々自分のお小遣いとして受け取ってしまえばOK。
  • ただ、多くの光コラボで事業者変更のキャッシュバック特典をやってることが少なく、9割型の光コラボはそもそもキャッシュバックが1円も貰えない
  • 事業者変更でキャッシュバックが貰える光コラボキャリア・窓口を厳選する必要があるので、これから選ぶ人は↑の「キャッシュバック比較表」を参考に。

 

結論、解約金が発生する以上どうしようもないので、次の契約先で高額キャッシュバックもらって相殺、もしくは補填しちゃおうって話です。

場合によっては高額キャッシュバックのおかげで、おつりすら出るケースも珍しくないので、絶対に活用しない手はないです。

 

注意点としては、同じ光コラボキャリアであっても申込む窓口が異なると本来数万円単位でキャッシュバックが貰えるのに、1円も貰えないなんてことも多いにあるので要注意。

↑の「キャッシュバック比較表」にはどの窓口で契約すると1番お得になるかもまとめてあるの活用推奨です。

 

TERU
ちなみに!プロである私なら「どこの光コラボへ乗り換えるか?」については、↓の項目で詳しく理由も含めて解説したので、結局どこの光コラボにするか迷ってる人はぜひ参考にしてみてください。

 

かっとび光から事業者変更する場合のおすすめ光コラボ

結論、プロの私がかっとび光から乗り換えで事業者変更するなら断然GMOとくとくBB光を選択します。

理由はトータルバランスが優れてる光コラボだからってのがありますが、↓に詳しくまとめていきます。

 

かっとび光からGMOとくとくBB光へ乗り換える理由↓

  1. 光コラボの中でも月額料金が最安値級である。
  2. 「1」にも関わらず通信速度制限がなく通信容量の上限がなく使い放題で定額
  3. 事業者変更のキャッシュバック特典が高額
    ※解約金が0円の人はキャッシュバックが大幅減額されますが、当サイト経由限定高額キャッシュバック水準が維持されるため活用推奨。
  4. 乗り換え後でも契約縛りなし違約金なしで契約内容が気軽
  5. プロバイダがユーザー評価の高いGMOとくとくBB
  6. 大手キャリアが運営してて資本力があるため、ユーザー増加しても通信品質の維持強化に力を入れられる。
    ※中小企業運営の光コラボの場合、格安でもココに力を入れられず後に速度低下などが起こる可能性がある

 

↑の6点を全て満たすことができるのは、GMOとくとくBB光のみです。

一言で伝えると、安くて、通信品質も良く、違約金0円、高額キャッシュバック還元をしているのがGMOとくとくBBくらいのキャリアじゃないとできないってことです。
(※そもそも月額料金を最小の剥離にして、違約金0円にしてるため、資本力がないと高額キャッシュバック還元などできないし、サービス品質も良くないと利益を捻出できない)

ちなみに、単純に月額料金の安い光コラボだけで言えば↓の記事でまとめてる通り、複数選択肢があります。

 

↑を見るとわかりますが、大手以外にも中小企業が格安光コラボを展開しています。

ただし、月額料金自体は安くできますが、高額キャッシュバックで還元ができなかったり、1番コストのかかる通信品質の維持強化に資本力を投下できない可能性があるので、契約後に「はじめのころは快適に使えてたのに、最近通信速度が露骨に遅くなった…」なんて事例が発生するリスクがあるわけです。

1番バランスが取れてる最安値光コラボがGMOとくとくBB光になる理由でした。

TERU
ちなみに人によっては、「通信品質なんてどっちでも良いから料金を安くしたい!」なんて要望の人もいると思いますが、その場合であっても高額キャッシュバックを考慮するとやっぱりGMOとくとくBB光に行きつくわけです。

とは言え、最終的に決めるのは自身なので、比較しながら検討してみるのをおすすめします。

迷った場合には、大きな失敗はないので、参考にしてみてください。

 

まとめ

  • かっとび光は他社光コラボと比較しても月額料金は並程度の設定である。スマホセット割もないので乗り換えやすい。
  • 事業者変更承諾番号の発行は電話連絡するのが必要。即日で対応はしてもらえるものの、番号が発行するのに時間が掛かる可能性はあるので早めの行動推奨。
  • かっとび光から事業者変更する注意点は、高額な解約金発生リスク。
  • 他社光コラボへ乗り換える時に貰える事業者変更キャッシュバック特典を活用して、解約金が出ても自己負担なく乗り換え可能余った分は全てお小遣いでOK
  • プロの私が乗り換え先に選ぶのはGMOとくとくBB光

 

TERU
かっとび光自体乗り換えに苦労する光コラボではないです。

ただし、月額料金は一般的な金額なので、月額料金を少しでも安くしたいと考えてる人は解約金が発生する場合であっても、すぐにでも乗り換えて安くするのは有りです。

↓に光コラボの安い水準をまとめてるので、どの程度安くなるのか比較しながら検討してみてください。

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2023 AllRights Reserved.

▼光コラボ乗り換え先で迷ってる人必見▼
【最安値】光コラボはコチラ
▼光コラボ乗り換え先で迷ってる人必見▼
【最安値】光コラボはコチラ