freeeの税理士紹介サービス

税理士

【詳細】freeeの税理士紹介サービス発見!利用はアリ?【評判】

更新日:

クラウド会計業務ソフトで有名な「freee株式会社」。

実は密かにクラウド会計ソフト以外にも、そのネットワークの広さから税理士紹介サービスも行ってます。

今回は、freeeが提供してる税理士紹介サービスについて詳しく解説します。

 

TERU
私自身も事業をやっていて、今契約してる顧問税理士を税理士紹介サイト経由で紹介して貰いました。

その経験と業界を調べてる経験から、自分ならどの税理士紹介サイトが良いか解説していきます。

※↓に自分が利用した税理士紹介サイトや人気サイトを比較・解説レポートを掲載してるのでご参考に。

 

YouTube上でも税理士の選び方について解説中↓

合わせて読むべき記事↓

freeeの税理士紹介サービスの企業情報

freeeのオフィスのある五反田のビル↑

会社名 freee株式会社
所在地 〒141-0031
東京都品川区西五反田2-8-1
五反田ファーストビル 9F
従業員数 572人
(※2021年6月末時点、正社員数)
設立日 2012年7月
事業内容 freee会計
freee人事労務
freee会社設立
freee開業
freeeマイナンバー管理
freee申告
など…
※他にも事業はあるので詳細は↓コーポレートサイト参照
コーポレートサイト https://corp.freee.co.jp/

 

freee株式会社は、東証マザーズに上場してる企業で、事業を営んでる人なら知らない人は少ないであろうクラウド会計ソフト「freee会計」を提供してる企業です。

設立して、10年もせず上場を果たした、言わずもがなの大企業です。

 

そのfreeeの事業で多くの会計事務所・税理士事務所と提携してることもあり、税理士紹介サービス(freee税理士検索)もやっています。

すでにfreeeのユーザーの人も少なくないと思うので、そのまま利用しやすいメリットのある安心感のある企業です。

 

TERU
零細、中小企業と違って、上場してるような大企業なので特別何か言うことは無いと思います。

あとは、サービス内容の品質とか、評判、強みなどをそれぞれ見ていって利用するかどうかを判断していけば良いです。

企業体は全く問題ないです。

 




freeeの税理士紹介サービスの評判

要するに…

  • すでにfreeeのクラウド会計を利用してる人がそのまま税理士紹介サービスを使ってる人が多い
  • 基本的には好評な印象だけど、たまに対応が微妙なこともある

 

結論、freeeユーザーが顧問契約や確定申告が必要になった際に、freeeの税理士紹介サービスを使ってる印象です。

基本的にそのまま利用するのはアリだと思います。

 

ただし、freee側の対応に疑問を感じる人も一定数いるようで、その中でも長期間放置されてたり、退会後も連絡が来たりと個人情報の管理について疑問視されてることも。

紹介された税理士の腕・品質に関して言及されてるものは見つかりませんが、税理士への依頼を断られたなんてケースもあるようです。

 

↓にユーザーの口コミを詳しく掲載しておくので参考にしてみてください。

 

WEB・SNS上の口コミ

 

退会後も連絡が来る

freeeを退会したあとに、↑の人はfreee経由の税理士紹介の連絡が来たようです。

すでにサービスを利用してないのに、営利目的のために個人情報だけ利用されるのは、良い気分しませんよね。

税理士紹介サービス自体が悪いわけではないですが、退会者に連絡するのはあまり良いことではないと感じます。

 

freeeを名乗って来るが…

↑はfreeeを利用してる、もしくは登録してる税理士の方の口コミです。

詳細は不明ですが、2パターン考えられて、freeeが税理士紹介は別企業に依頼してて、その企業から連絡が来たパターン。

2パターン目は、freeeの税理士検索サイトを見て、第三者である税理士紹介サービス企業が税理士へ営業をかけてきたパターン

多分、後者(2パターン目)なので、その場合、freeeが悪いわけじゃなく営業をかけてきた企業です。

 

freeeで税理士紹介されたので使ってみる

↑の人は、freeeの税理士紹介サイトを教えてもらって、税理士を探してるようです。

結果的に、freee経由で見つけたかどうかはわかりませんが、信頼のあるクラウド会計ソフトの運営だから利用してるようです。

 

freee経由の税理士から自体すると言われた

↑の人は、税理士紹介サポートを使ってたそうですが、税理士からなのか、freeeからなのか不明ですが、辞退の連絡が来たようです。

提示した条件が悪くて、マッチする税理士が見つからなかった可能性があります。

 

突然忘れた頃に連絡が…

↑の人は、freeeの税理士紹介サービスに問い合わせ記憶がなく、聞いたら1年前に登録してた内容で電話がかかってきたとか。

結論、1年間放置されてて、いまさら連絡がきたから笑ってしまったということだそうです。

1年間放置されるのは、サービスとしてNGだと感じます。

 

freeeの税理士紹介で確定申告はお願いしてる

↑の人はフリーランスのようで、確定申告などは全てfreeeの税理士紹介で丸投げ依頼してるようです。

freeeユーザーの人はそのまま信頼して利用してる人多めです。

 

以上!

 

総括すると、freeeの税理士紹介を使ってる人は比較的多めで、特別ココが悪い!みたいなこともない印象です。

引き続き、freeeの税理士紹介サービスについて口コミを見つけたら更新していくので、当ページをブックマーク推奨です。

TERU
ちなみに!当ページ最下部に誰でも書き込めるコメント欄を設置しました。

freeeの税理士紹介サービスの情報交換で自由に活用ください。

 

コメント欄活用方法例↓

  • 実際にfreeeの税理士紹介サービスを使ってみた感想
  • 担当スタッフ・エージェントの対応
  • 利用検討中の人の疑問・質問・相談

コメント欄へ

 

業界人によるfreeeの税理士紹介サービスへの評価【※結論はココ】

結論、freeeの税理士紹介サービスを活用するのはアリだと判断します。

税理士事務所にも多くクラウド会計の導入実績があるfreeeは、提携先が多く選択肢も豊富なので良い税理士を探すサービスの1つだと感じます。

ただし、freeeの税理士紹介サービスのデメリットもあると思うので、そちらも知っておく必要があります。

 

freeeの税理士紹介サービスデメリット↓

  1. 税理士紹介業務が元々メインじゃないので、しっかり最適な選定・案内ができるか
  2. 提携先税理士事務所が多いから、提案が偏りがちになるリスク
TERU
freee自体は、クラウド会計ソフトがメイン事業であって、税理士紹介サービスはまだまだ浅いわけです。

そのため、長年税理士紹介事業をやってる企業と比較するとやや弱い気もするわけです。

同じ税理士業界でビジネスしてる企業であっても、税理士事務所を紹介するのと、クラウド会計を導入するのでは見る部分が異なります。

顧客側(顧問依頼などする法人・個人)の目線にたって対応できるかは熟練度が必要になりますから。

また、税理士選定に慣れてない期間では、ある程度実績のある税理士事務所を紹介しがちになるのでは?とも感じます。

↑の面をカバーする方法としては、freeeの税理士紹介サービス以外にも、複数社(目安最低2~3社税理士紹介サイトへ同時に登録しておくのを推奨しています。

その中で、税理士紹介サービスで老舗的な企業が複数あるのでその辺りを全て抑えておけば、税理士選びで失敗しない確率は大幅にアップします。

大手・人気老舗税理士紹介サイト↓

  1. ビスカス
  2. 税理士紹介エージェント
  3. 税理士ドットコム

元々、当サイト上では、税理士紹介サイトを使う場合は2~3社程度は最低でも同時登録しておくことを推奨してましたし、自分もその方法で決めています。

複数社登録した方がいい理由は、現状税理士紹介サービスは無数にあり、税理士ですら全てのサービスを把握しておらず、有名どころにしか登録してなかったりします。

(※税理士事務所側は、登録自体にお金がかかってたり、1件見積もり依頼を貰うだけでも紹介料が発生することもあり、全てのサイトに登録する余裕もない)

1社だけでは、到底良い税理士事務所を紹介してもらうのは難しいので、複数社登録しておく必要があり、多ければ多いほど良いわけです。

ただし、大手・人気有名サービスを利用しておけば大体はカバーできるので、2~3社程度でも充分というわけになります。

 

freeeの税理士紹介の強みはコレ!

  1. 提携事務所の圧倒的数(クラウド会計サービスを利用してる税理士事務所多数だから)
  2. 税理士事務所1社1社の情報が細かくまとめてある
TERU
freeeは上場企業という立場でもありますが、すでに税理士事務所とクラウド会計システムを通して多くの税理士と提携してる点があります。

また、税理士紹介サービス専用サイトを見てみると、1社1社の情報がより細やかにまとめてあるため、ピンポイントで探してる人にとっては物凄くわかりやすいです。

自分の住んでるエリアで気になる税理士事務所がある人にとっても、わかりやすい作りになってると思います。(※ただし、中には全然情報が更新されてない税理士事務所もある)

 

まとめ

  • freeeは多くの人に利用されてるクラウド会計ソフトを提供してる企業で、東証マザーズに上場してる企業でもある。
  • 利用者評価は元々freeeを使ってる人が、延長線上で利用してる印象。評価自体は特別気になる点はそこまでない
  • 提携先事務所の多いfreeeで税理士紹介サービスを利用するのはアリ。ただし、他社税理士紹介サイトも併用で利用するのを推奨
    ※税理士紹介サービスではまだ歴史が浅いので、ベテランの有名サイトも併用することで良質なマッチする可能性がアップするから

 

TERU
freeeの税理士紹介サービスは、すでにfreeeユーザーならガンガン利用していけば良いかと思います。

反対に、非ユーザーであっても利用するのはアリですが、その場合は「別にfreeeの税理士紹介サービスを使わなくて…」と言った感じもします。

↓に人気税理士紹介サイトをまとめた比較記事がありますが、ユーザーでなければ王道なその辺りを利用すれば良いわけですからね。

自分ならfreeeを使いつつ、人気税理士紹介サイトを併用して、相性の良い税理士と出会った方で契約するイメージになると思います。

 

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSでシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-税理士

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2022 AllRights Reserved.