『ハイテル』ネット回線総合メディア ~節約・仕事・投資~

Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル)

当メディア記事内には一部広告を掲載しています。消費者庁の「ステルスマーケティング規制法」に基づいた表記をしておりますのでご安心頂ければと思います。気になる点がございましたらお問い合わせ頂ければ幸いです。
関西地方におすすめの光回線

通信・インターネット

【プロ監修】関西地方でベストな光回線選び方解説。候補から探せ!

更新日:

関西地方(大阪・兵庫・奈良・京都・滋賀・和歌山)でネット回線の選び方を解説します。

関西は、ネット回線の選択肢が豊富なので選ぶのに物凄く迷います。

 

 

TERU
自分は元々光回線の訪問販売キャンペーンサイト経由での販売をしてた経験があるので、自分が選ぶなら目線で解説します。

迷ってる人はこの通りに選択しても失敗なく選べます。

業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

YouTube上でもネット回線の最新情報を発信中

チャンネル登録しておくと便利です

合わせて読むべき記事↓

関西地方で使える主要光回線一覧【※ここから選ぶ】

※↓の各光回線名をタップクリック)すると最適な光コラボ窓口・キャッシュバック窓口比較詳細へ飛べます。

光回線 エリア 通信速度 初期工事費 月額料金 特典 スマホセット割
光コラボ
ドコモ光
ビッグローブ光
ソフトバンク光
GMOとくとくBB光
など…
◎◎ ◎◎
※キャリアによりけりだが
一部工事費完全無料アリ
◎◎ キャリアによるが
auスマートバリュー
自宅セット割
おうち割 光セット

おうち割 光セットA

ドコモ光セット割
それぞれアリ。
eo光

※実質無料
auスマートバリュー
自宅セット割
auひかり
※実質無料
auスマートバリュー
自宅セット割
NURO光
※実質無料だが高め
おうち割 光セット

優先順位↓

  1. 光コラボ
  2. eo光
  3. auひかり(※マンションタイプのみで戸建てプランは利用不可
  4. NURO光

※↑をタップ/クリックすると詳細解説へ飛べます。

 

関西エリアでネット回線を契約するなら、まず↑の順番で調べていって「使えたら申し込む!」でOKです。

ただし、現状主要スマホキャリア(docomo・au・UQmobile・Softbank・Ymobile)を使ってる人は、各スマホセット割が適用できる光回線を選択するのが最優先です。
(※スマホ1台につき毎月最大1,100円安くなり、割引額が大きいから)

 

反対に主要スマホキャリア以外(格安スマホキャリアなど)の格安スマホキャリアを使ってるなら、光回線単独でも月額料金が安い光コラボを探して契約すればOKです。
(※光コラボは他社光回線と比較して圧倒的に提供エリアが広いので大半の人が使えることが多いから)

稀に格安スマホキャリアでも光回線とのセット割があるけど、毎月100円~200円程度の割引しかないので、それ以上に安い光コラボを探して申込みした方が結果的に安くなるわけです。

 

スマホキャリア×光回線セット割組合せ

※↓の各光回線名をクリックするとキャッシュバック特典比較ページへ飛べます。

スマホキャリア セット割可能
光回線
セット割名
docomo ドコモ光 ドコモ光セット割
au
UQmobile
ビッグローブ光
※↑au・UQmobileなら1番推奨光回線

eo光
auひかり

So-net光プラス
@nifty光
auスマートバリュー
自宅セット割(UQmobileセット割)
Softbank ソフトバンク光
※↑SoftBankなら1番推奨光回線
NURO光
おうち割光セット
Ymobile ソフトバンク光 おうち割光セット(A)

 

TERU
↑のように主要スマホキャリアならスマホ1台の月額料金割引額も[tax price=1000]あるので、セット割が組める光回線を選択するのが最良です。

docomo・au・UQmobile・Softbank・Ymobile以外のスマホを使ってる人は、セット割のことを考えずに通信品質・特典・月額料金を考えて選べば良いわけです。

 




 

光コラボ

光コラボ

光コラボ

格安スマホユーザー料金最安値
追記したい人は↑確認推奨です。

光コラボがおすすめなポイント↓

  • 全国対応
  • NTT光回線だから利用可能エリアが全国1位
  • 新方式IPoE(IPv6)対応で速度安定
  • 工事費実質無料(※キャリアによる)
  • 違約金補填特典アリ(※キャリアによる)
  • 複数プロバイダから選べる
  • docomoauUQmobileSoftbankYmobileスマホとのセット割可能
  • 代理店キャッシュバックが高額
  • 一部エリアで10Gbposまで対応
    参考NTT光回線含む10ギガプラン解説【光コラボ含む】

初期費用

  • キャリアによってバラバラだが、0円のものもあり。ベースの工事費は22,000円~に設定されてることが多い。
    ※ただし、大手の人気光回線であれば基本的に工事費無料が適用される。

月額料金

  • キャリアによってバラバラだが、大手の人気光回線の場合↓をご参考に。

※↓以下、各スマホユーザーにおすすめ最適光コラボの月額料金目安です。光回線名をタップクリック)するとキャッシュバック特典比較に飛べます。
※↓の料金表は税込みです。

契約タイプ 戸建てプラン
月額料金
マンションプラン
月額料金
docomo利用者向け▼】
×
ドコモ光
ドコモ光※docomo利用者に最適光コラボ▲
5,720円
※↑は最安料金タイプA
※別途ドコモ光セット割適用有り
(スマホ1台毎月1,100円割引×最大20台
実質毎月4,620円以下になる
※スマホ台数に応じてもっと安くなる
4,400円
※↑は最安料金タイプA
※別途ドコモ光セット割適用有り
(スマホ1台毎月1,100円割引×最大20台
実質毎月3,300円以下になる
※スマホ台数に応じてもっと安くなる
auUQmobile利用者向け▼】
×
ビッグローブ光
ビッグローブ光※au・UQmobile利用者に最適光コラボ▲
5,478円
※別途auはauスマートバリュー適用有り
※別途UQmobileは自宅セット割適用有り
(スマホ1台最大毎月1,100円割引×最大10台)
実質毎月4,378円以下になる
※スマホ台数に応じてもっと安くなる
4,378円
※別途auはauスマートバリュー適用有り
※別途UQmobileは自宅セット割適用有り
(スマホ1台最大毎月1,100円割引×最大10台)
実質毎月3,278円以下になる
※スマホ台数に応じてもっと安くなる
SoftBankYmobile利用者向け】
×
ソフトバンク光ソフトバンク光※SoftBank・Ymobile利用者に最適光コラボ▲
5,720円
※別途SoftBank・Ymobileは
おうち割光セット(A含む)適用有り
(スマホ1台最大毎月1,650円割引×最大10台)
実質毎月4,620円以下になる
※スマホ台数に応じてもっと安くなる
4,180円
※別途SoftBank・Ymobileは
おうち割光セット(A含む)適用有り
(スマホ1台最大毎月1,650円割引×最大10台)
実質毎月3,080円以下になる
※スマホ台数に応じてもっと安くなる
格安スマホ利用者向け】
×
GMOとくとくBB光GMOとくとくBB光※格安スマホ利用者に最適光コラボ▲
4,818円
※セット割はないが単体最安値
スマホセット割がなくても充分安い
3,773円
※セット割はないが単体で最安値
スマホセット割がなくても充分安い

 

フレッツ光のNTT回線を使った光コラボシリーズです。(ドコモ光・ビッグローブ光・ソフトバンク光・GMOとくとくBB光など)

関西エリアで光回線の契約をするのであれば真っ先に光コラボシリーズから検討するのを推奨します。

 

NTT回線を使うからユーザー数が多く信頼度が高いです。

最近は次世代通信方式のIPoE対応プロバイダが増えて快適に通信できる力が増しています。

料金・特典・セット割バリエーションが一番多いので迷ったら光コラボから選択してもOKです。

 

TERU
コスト・還元キャッシュバック・通信品質・提供エリアで1番バランスが取れてるのが光コラボシリーズです。

他社光回線が使えなくても光コラボだけは使える人も多いので安心できる要素です。

急ぎの人・迷ってる人はまっさきに選びましょう。

 

eo光

eo光

eo光

eo光がおすすめなポイント↓

初期費用

内訳 費用
工事費 29,700円
(税込)
実質0円特典アリ
契約事務手数料 3,300円
(税込)

※30ヶ月間×990円割引され工事費分割費用が相殺される仕組みです。

 

月額料金

料金プラン ネット ネット+電話
ホーム・メゾン
※戸建向け
5,448円
(税込)
※1年間は3,248円
5,762円
(税込)
※1年間は3,562円
マンション 3,876円
(税込)
※2年間は3,326円
4,190円
(税込)
※2年間は3,640円

※マンションタイプは、住まいによって料金プラン月額料金が異なるため、申込時に料金案内してもらうのをおすすめします。
※自宅がeo光の提供エリアの確認を自分でしたい人はコチラからも可能です。

 

関西地方で根強い人気があるのがeo光です。

関西電力系のeo光が関西にあるから、auひかりの戸建プランが使えない協定になってるわけです。

 

auひかり戸建プランが使いたかった人は、同じくauスマートバリューが適用可能なので、eo光を契約するのを推奨します。

とは言え!原則光コラボでauスマートバリューや自宅セット割が適用できるビッグローブ光があるので、eo光やauひかりにこだわる必要は強くないです。

 

TERU
唯一残念なことが、キャッシュバック特典が少ししょぼいです。その分コストは安めですが…。

どうしても、高額キャッシュバックを希望する人、もしくはauスマホユーザーじゃない人は王道の光コラボ(ビッグローブ光)から選択するのが良いです。

 

auひかり(※マンションタイプのみ)

auひかり

auひかり

auひかりがおすすめなポイント↓

  • 専用の独自光回線を使ってて速度安定
  • 工事費実質無料
  • 違約金補填特典アリ
  • プロバイダが選べる
  • auスマホとのセット割可能(※auスマートバリュー)
  • 代理店キャッシュバックが最高峰の金額

※関西エリアのauひかりはホームタイプは未提供で、マンションタイプ設置されてる場合のみ利用可能

初期費用(マンションタイプ)

内訳 費用
工事費 30,000円
(税込33,000円)
実質0円特典アリ
登録料 3,000円
(税込3,300円)

※マンションタイプ工事費は、1,250円(税込1,375円)×24ヶ月間割引され工事費実質0円です。

 

月額料金(マンションタイプ)

提供プラン ネット ネット+電話
タイプV 3,800円
(税込4,180円)
4,300円
(税込4,730円)
都市機構 3,800円
(税込4,180円)
4,300円
(税込4,730円)
タイプE
(16契約以上)
3,400円
(税込3,740円)
3,900円
(税込4,290円)
タイプE
(8契約以上)
3,700円
(税込4,070円)
4,200円
(税込4,620円)
マンションギガ 4,050円
(税込4,455円)
4,550円
(税込5,005円)
マンションミニギガ 5,000円
(税込5,500円)
5,500円
(税込6,050円)
タイプF 3,900円
(税込4,290円)
4,400円
(税込4,840円)

※マンションタイプの「提供プラン」は建物で始めから決まっています。自分で希望する提供プランを選択できません。
例、「タイプV」が導入されてるのに「マンションギガ」を選択しようとしても不可能。
※料金プランを知りたい場合、コチラの提供エリア判定もしくはキャンペーンサイト申し込みフォームを送信すれば調べて案内してくれます。

 

関西地方でauひかりが使えるのはかなりレアです。

集合住宅に住んでて、auひかりのマンションタイプが導入されてるのが必須条件だからです。

コスパが良く、高品質・高還元のauひかりが使えたらラッキーなので、集合住宅住まいの人は調べてみても良いかもしれません。

ただし、特別auひかりの優先度が高いわけではないので、光コラボ(NTT回線)やeo光が使えなかった場合に調べる程度で問題ありません。

auひかりという名前ですが、au・UQmobile利用者以外でも契約可能です。

 

TERU
auひかりは全国でも人気光回線ですが、光コラボやeo光が利用できるなら個人的には不要に感じます。

ちなみにauひかりはプロバイダを複数から選べる光回線なので、プロバイダ選びに迷った人は↓の記事も合わせて読んでおくと迷いなく契約可能です。

 

 

NURO光

NURO光

NURO光がおすすめなポイント↓

  • 専用の独自光回線を使ってて速度安定
  • 工事費実質無料
  • Softbankスマホとのセット割可能(※おうち割 光セット)
  • 高額キャッシュバックアリ
  • 一部エリアで10Gbps対応

初期費用

内訳 費用
工事費 44,000円(税込)
実質無料特典アリ
契約事務手数料 3,300円(税込)
光電話工事費 3,300円(税込)

※31ヶ月間で分割費用を割引相殺して実質工事費0円になります。(途中解約した場合は残債分を一括支払い)

 

月額料金(戸建・マンションミニ共通)

提供プラン ネット+電話
NURO光 G2 V 5,217円
(税込)
NURO光でんわ
北海道・関東エリア
550円
(税込)
NURO光でんわ
九州・関西・東海エリア
330円
(税込)

※NURO光でんわは、NTT東日本・西日本の管轄で月額料金が変わります。

 

NURO光は、「通信速度重視ならNURO」と言われるくらいに速度狂に好かれる光回線です。

大元の光回線が、2Gbps出るため実測値も速いです。(モデム以降は1Gbps)

 

ただし!今回優先順位が最後になったのには理由が2つあります。

優先順位が低い理由↓

  1. 基本戸建て方式だから使えない確率が高い
  2. 申し込みから開通までの期間が長い
    ※申込みしたのに利用できるまでに時間が他社光回線と比較して倍以上かかることがあるため。

 

TERU
基本全て光回線を直接宅内まで持っていく方式しかないので、通すことができない集合住宅などでは絶対に使えません。

また↓の動画・解説記事でまとめてますが、申し込みから工事完了までの期間が他社光回線よりも高く、それまでのやりとり中にトラブルも多くあります。

なるべく早く光回線を自宅に引きたい人は、NURO光を避けるのが無難です。

 

NURO光をおすすめできない解説動画↓

↑のコメント欄内でも賛否両論あるのでご参考に

 

 

光回線が使えない場合の選択肢

  1. 固定回線ならCATV(J:COM)
  2. ライトユーザーならモバイル回線

※↑をそれぞれ解説していきます。

 

もし、↑で紹介した光回線が使えない場合、↑の2つから選択するのが無難です。

光回線が使えないから、ネットをどの程度使うかで優先順位を選択すれば良いと思います。

 

固定回線ならCATV(J:COM)

J:COM

CATV

提供エリアは↑から確認推奨です

CATVを選んだ方がいい人↓

  • オンラインゲームなどやる
    ※Ping値が低いのが条件だから、固定回線必須
  • 月間通信容量無制限を希望
  • 山間部などの地方に住んでる
    ※モバイル回線は通信電波が弱い

 

結論、光回線が使えないなら次に選んだ方が良いのはCATVです。

CATVはテレビ回線の同軸ケーブルを使ったネット回線です。山間部でも使えることが多いです。

 

自宅で使うことがメインなら、固定回線を引いておいた方が良いです。

 

モバイル回線の場合だと基本月間通信容量に上限があるので、動画などをたくさん見る人は問答無用でCATVを選択しよう。

 

 

ライトユーザーならモバイル回線

モバイル回線

候補のモバイルWiFi・ホームWiFi

※↓の各ネット回線を契約すると解説ページや特典窓口・プロバイダ比較ページへ飛べます。

モバイルWiFi 通信品質・速度 月額料金 初期費用 契約縛り 月間容量
New
docomo home 5G

端末実質無料

無制限
Doracoon

端末買取

月間310GB
MONSTER MOBILE

端末レンタル
選択可能
月間155GB
WiMAX ~○ △~○
※キャッシュバック特典アリ

端末買取
○~◎
月間無制限
※3日で10GB制限有
Softbank Air ~○ △~○
※キャッシュバック特典アリ
※Softbankスマホとセット割アリ

買取・レンタル選択可

月間無制限
楽天モバイル
キャンペーン期間中は0円

月間無制限

 

現状、モバイル回線をメインで使うならおすすめできるのは↑の6種類に厳選してます。

モバイル回線は無数に出てますが、大きく分けると、Softbank回線・Softbank Air・クラウド回線・WiMAX・楽天回線です。

 

自宅用且つ無制限を希望するなら、Softbank Airが無難です。

楽天モバイル回線は、提供エリアが狭い電波が弱いからメインで使うにはキツイわけです。

 

追記

4G・5G含めてワイヤレス回線の各キャリアが出してるホームルーターを比較解説したので、ホームルーターを検討してる人は↓の記事も参考にしてみてください。

合わせて読むべき記事↓

 

Softbank回線・クラウド回線・WiMAXは基本的に通信容量制限があるので、メイン回線として使うのはも心もとないです。

 

TERU
ちなみに、自宅だけでなく外出先でもモバイル回線を持ち運びたいなら、Softbank Airはダメなので別の回線を選択しましょう。

自分がモバイル回線しか選択する余地がないなら、自宅利用だけならSoftbank Airで、外出先にも持っていくなら、DoRACOON・MONSTER MOBILE辺りから選ぶと思います。

契約縛りのないモバイル回線を希望するなら、MONSTER MOBILEです。

 

まとめ

  • 関西地方は使える光回線が豊富だが、auひかりはマンションタイプのみしか使えない。使えたらラッキーだが、関西ではauひかりの優先度は低いので光コラボやeo光が使えない場合に選択する。
  • 基本は、スマホとのセット割が組める光コラボ(NTT)回線を選択すればOK。ただし、格安スマホのセット割は割引額が少ないので最安値光コラボから選べばOK。
  • 光回線が使えない場合、基本はCATVを選択すればOK
  • モバイル回線は、月間通信容量制限が多いから、基本は容量無制限もしくは、容量の多いものを選択

 

関西地方で使える主要ネット回線を全て解説しました。

…が!都心部である大阪市内と地方では光回線すら使えないエリアもあります。

その場合、光回線以外のネット回線を参考にして選んで見るのをおすすめします。

 

とは言え、大半の人は光コラボは選択できると思うから、迷ったり、急ぎの人は光コラボから選択すればOKです。

 

 

TERU
関西エリアの光回線選びで迷った人は↓の公式LINEアカウント登録、もしくは↓のコメント欄に質問してもらえれば回答するので活用してみてください。

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)




-通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2024 AllRights Reserved.