通信・インターネット

【急遽】在宅ワークに最適なネット回線環境を解説【結論、内容による!】

更新日:

今回は在宅ワーク(テレワーク)に最適なネット環境の話を解説します。

結論から言うと、業種によって全然違うから細かく解説していく中で、自分の会社で必要なものを当てはめて判断してみてください。

 

 

TERU
自分は元々通信業界にいて、個人・法人に営業してた経験があるのでネット回線の選びはかなり詳しいです。

自分が選ぶなら目線で解説するから参考にしてみてください。

業界歴光回線の訪問販売・電話勧誘やってたけど質問ある?【営業トーク・クーリングオフ】

 

デフォルト下り最大2Gbps高速回線
NURO光↓

NURO光公式

在宅ワークにも人気光回線の1つ↑

合わせて読むべき記事↓

在宅ワークに必要なネット環境について

在宅ワークに必要なネット環境

業務用途 推奨ネット回線
メール送受信 固定回線・モバイル回線
チャットアプリ利用 固定回線・モバイル回線
ビデオ会議 固定回線推奨
※モバイル回線でもできなくはない
社内の独自システム利用 固定回線推奨
※モバイル回線でもできなくない
セキュリティ上有線推奨される

【業務内容例】

  1. メール・チャットアプリの送受信
  2. ビデオ会議システムの利用
  3. 外部へ電話(音声通話)

ビデオ会議に必要な通信速度目安(Zoom例)↓

人数 ダウンロード アップロード
1対1 高画質ビデオ:600kbps
HDビデオ:1.2Mbps
1080pHDビデオ:1.8Mbps
高画質ビデオ:600kbps
HDビデオ:1.2Mbps
1080pHDビデオ:1.8Mbps
グループビデオ 高画質ビデオ:800kbps
HDビデオ:1.5Mbps
1080pHDビデオ:2.5Mbps
高画質ビデオ:1.0Mbps
HDビデオ:1.5Mbps
1080pHDビデオ:3.0Mbps

参考必要なネットワーク帯域を教えてください|Zoomサポート

【必要なネット環境】

  • インターネット回線(※固定・モバイルどちらでもOK)
  • スマホ・携帯電話(※営業職などの場合、電話することもある)

 

TERU
ちょっと待ってそんなことは知ってるからさっさとネット回線の導入しなきゃだから、おすすめの回線を教えてくれ!」って人は↓から飛んでほしい。

⇒ ネット回線はモバイル・固定どっちがいい?

 

在宅ワークでやることをリストアップしてみると、意外と高度なネット環境は不要だったりします。

極論、モバイルWiFi回線があればビデオ会議もできちゃうわけです。(上り/下りで10Mbps程度出れば余裕で可能)

ビデオ会議自体、そこまで通信速度もいらないし、容量も必要としません。

 

つまりネットと音声通話(電話)ができれば、基本仕事は可能なわけです。

 

専門的で特殊な職業の場合だと、ネット環境をもっとシビアに考える必要はあるかもですが、クラウド・VPNなどで会社のソフトにアクセスする場合でもビデオ会議システム以上に使うことはないです。

ネット回線のプロから見たら↑のような業務ならそれぞれの環境を整えればOKだと判断します。

 

TERU
では本題に入っていきます!

 




在宅のネット回線はモバイル・固定どっちがいい?

要するに…

  • 一般的な会社業務内容で考えればモバイル・固定どちらでも可能
    ※例外として、明らかに大容量通信を必要とする業務がある場合は固定回線一択
  • 大容量通信を必要とする業務は、大半の場合ないと考えられるから。つまり極論どちらでも良い。
  • ただし、会社からネット回線代金が経費(一部含む)として出るなら固定回線推奨
    ※業務がスムーズになるし、自宅のネット環境も会社の経費で快適になるから。
  • 業務は基本自宅ですることが多いのでわざわざモバイル回線を選択する必要がない
  • モバイル回線を私物化したいなら、あえてモバイル回線を選ぶという方法もある
    ※とは言え会社から経費が出るならモバイル回線はNG出る可能性有り
  • 社内システムを導入するにあたって、セキュリティの関係上有線(固定回線)じゃないとダメな場合がある

 

結論、基本どちらでもOKだと思います。

 

会社員
え?大体「在宅ワークにおすすめなネット回線って何?」題材だと「絶対に固定回線!」って出てくるけど、モバイル回線でも良いってことなの?
TERU
極論の話ね。確かに在宅ワークなら基本光回線を選択しておくのが無難だし、そっちの方が業務効率とか考えても多少良くなるからね。

ただし、今自分がやってる仕事内容をよく振り返ってみて。実際、大容量通信やることってある?ほとんどの人がないと思うんだよね。業務内で。

会社員
大容量通信するよ。YouTube見るから!!
TERU
…。仕事中にYouTube…。業務の一環で見ることはあるよね。とは言えモバイル回線でもYouTube視聴は充分にできるでしょ。ずっと見るわけじゃなければ問題ないよね。
会社員
じゃあほら!ビデオ会議で打ち合わせするし、出勤確認もビデオ会議で朝礼するし!
TERU
ビデオ会議もモバイル回線で充分できるんだよね。ほら、外でライブ配信とかしてる人って山程いるでしょう。ビデオ会議自体は高画質じゃなければ、容量もたくさん使うわけじゃないし、大体並画質程度で充分でしょ。
会社員
ぐぬぬぬ・・・。
TERU
とは言ってきたけど、ここまではモバイルWiFiを推し進める場合のポジショントーク。選択できる・経費にできるならやっぱり固定回線の方が良いかな。だって会社がお金出してくれるなら、わざわざ業務効率が悪くなるモバイル回線を選ぶメリットないでしょ。

家以外のカフェとかで業務しても良いとか今風企業ならモバイル回線の選択肢はあるけど、自宅で仕事するならネット重くなるリスクのあるモバイル回線を選ぶメリットはないかな。通信量も上限があるから調整しなきゃだめだからね。

会社員
じゃあやっぱり固定回線の方が良いってことだね!!ヤッター!
TERU
そうだね。ちなみに、固定回線と言っても基本は光回線を選択しようね。

ADSL・CATVなんて選択肢もあるかもだけど、コストは微妙に安いかもだけど、品質は大きく落とすから光回線一択だよ。

 

ちなみに、会社から経費が出るからモバイルWiFiを選択してプライベートでも使いたいって人もいるかもだけど、プライベートで使ってると月間通信量の上限に達してしまうかもだからおすすめできないです。

会社によってはそもそも、「経費扱いするから光回線必須!」みたいな条件があるかもです。セキュリティ面で考えても有線指定される可能性もあります。

 

固定回線としておすすめな光回線

光回線評価表↓

光回線 通信品質・速度 月額料金 工事費 提供エリア キャッシュバック
光コラボ ○~
3,000~5,000円

実質無料から無料有り
NURO光
5,000円程度

実質無料有り
~○
auひかり ○~ ○~
3,000~5,000円

実質無料有り
~○
電力会社系光回線 ○~ ○~
4,000~5,000円
○~
無料有り

選択肢候補

  • 光コラボ ※確実に使える選択肢!申込みから工事が早いので急ぎの人はおすすめ
  • NURO光 ※通信速度重視!申込みから開通までが長いのが少しネック
  • auひかり 通信品質・コスパ・還元のバランス型。使えるならコレを選びたい
  • 電力会社系光回線 ※通信品質・コスパ良し。エリア内ならauひかり並に選択候補

※↑の順番に解説していきます。

 

結論、固定回線として選ぶなら大きく分けると↑の4種類の光回線に集約されます。

最初にも書いたとおり、高スペックなネット環境が求められるわけじゃないから、↑の4種類であればどれを選択しても在宅ワークには対応可能です。

 

TERU
あくまで在宅ワークでの目的なら、どれでも良いけどプライベートでも使うこと考えると、もう少し慎重に選ぶ必要があるね。

ちなみに、ネット回線の準備に会社から経費が出る人は、かなり朗報

裏技があって高額キャッシュバックが貰える光回線を選択すれば、貰えたキャッシュバックは自分で受け取れるんだよね。キャンペーンサイト窓口限定の特典だから、当然会社側はキャッシュバックの有無は加味してないからね。絶対に好条件でキャッシュバックが貰える窓口を選択しておこう!

 

光コラボ

光コラボ

光コラボにするなら↑の解説ページ
明確にどの光コラボが良いかキャリアを診断

おすすめな理由

  • 提供エリアが広く、ほとんどの人が使えるNTTの光回線を使ったサービス
  • 豊富な選択肢がある
    ※コスパが低いものもあれば最強クラスなものもある
  • 3大キャリアdocomoauSoftbankスマホとのセット割は全てある
  • 特定の光コラボから乗り換えたいと思った時、光コラボ間ならすぐ乗り換えしやすい
  • 高額キャッシュバック工事費無料違約金補填などの特典がある光コラボもある

 

TERU
光コラボはフレッツ光回線・設備を丸々使ったサービスです。要するにフレッツ光です。

各プロバイダ事業者がセットプランを用意してて、どのキャリアに加入するかでサービス・料金・契約内容・プロバイダが変わります。

NTT回線網なので提供エリアが最も広い光回線で、日本中のほとんどの人がこの光回線を使ってます

利用者が多い都合もあり、速度が遅く安定しないと言われてましたが、現状はIPoE対応光コラボを選択することでデメリットが解消されました。

 

光コラボに限った話じゃないけど、スマホがdocomoauSoftbankYmobile利用者なら、それぞれセット割が適用できる光回線を選択推奨です。

スマホセット割のある光コラボ例↓

光コラボ セット割適用キャリア IPoE対応可否
ドコモ光 docomo
※プロバイダによる
ソフトバンク光 Softbank
Ymobile
ビッグローブ光 au

※↑の光コラボ名をクリックすると、キャッシュバック特典比較解説ページに飛べます。

スマホの月額料金も安くなるから、圧倒的にコスパがよくなります。品質の高いIPoE対応光コラボセット割ができる組み合わせが望ましいです。

現状、格安スマホを使ってる人なら、月額料金・還元特典・契約内容を重視に選択すればOKです。

 

ちなみに、光コラボ回線でPS4をプレイする場合には↓のような注意点もあるから、踏まえて光コラボを選択しよう。

 

 

NURO光

NURO光

おすすめな理由

  • 使えればダウンロード速度がデフォルトで最大2Gbpsが出るスペック(アップロードは1Gbps)
  • Softbankスマホとのセット割がある
  • エリア限定光回線だけど、毎年徐々に拡大してる
    ※エリア判定は公式特設サイト上から可能です。
  • 高額キャッシュバック工事費実質無料特典がある

※プロバイダは自社プロバイダのSo-netです。

 

TERU
自宅にネット回線を引くとなる時、光回線の候補を探してると必ず話題になる光回線があります。それがNURO光です。

他社と違って基本、集合住宅でも戸建てタイプと同じ方式で光回線を直接引き込むので、専有の光回線で速度が安定します。

加えてダウンロード速度が2Gbpsに対応した設備を使ってることから、同じ1Gbpsクラスの他社光回線よりも抜き出てます

これでいて高額キャッシュバック・工事費実質無料なので提供エリア内であれば加入ハードルがグッと下がる人気光回線の1つです。

デメリットは集合住宅の月額料金が他社より高いのと、他社光回線よりも2回工事をすることから申込みから工事完了までに時間がかかりますコスパ重視・急ぎでネットを使いたい人には向かないです。

ただし、ソフトバンク光と同じSoftbankスマホとのセット割(おうち割 光セット)が適用できる回線なので、ユーザーであれば実質料金は安くなりますし、工事完了を少しでも早めたい人は↓の記事も合わせて読んでおくと良いです。

 

 

auひかり

auひかり

おすすめな理由

  • NTTに次いで全国対応してる光回線
  • 独自回線・設備を使ってるから速度が速く安定してる
  • auスマホとのセット割がある
  • 一流プロバイダの中から選択肢が豊富
  • 最高峰額のキャッシュバック工事費実質無料・違約金補填特典がある

 

TERU
auひかりはKDDIグループの光回線で、NTTに次いで全国エリアに拡大してる光回線です。

とは言えNTTみたいに光コラボみたいな形で業者にも貸してないし、ユーザー数も少ないこともあり混み合わず、速度が安定して速いと評価される光回線です。

光回線の中では、コスト・品質・還元で1番バランスが取れた光回線です。

代理店経由の高額キャッシュバックKDDI公式特典プロバイダ特典の還元が光回線でトップクラスです。

デメリットは、全国規模と言えどほとんど使えないことが多いのと、NTT系や電力会社系と同じくマンションタイプのVDSL方式の場合速度が100Mbpsしか対応しない場合もあります。

とは言えその場合だと、直接光回線を部屋に引き込むことが物理的に無理な場合が多く、他社含めてもそれしか選択肢がないので仕方ないところです

プロバイダは↓でまとめたように複数選択肢があるから、選び方を知っておくのをおすすめします。

 

 

電力会社系光回線

電力会社系光回線

※↓各光回線をクリックするとキャッシュバック特典比較ページに飛べます。

光回線キャリア 対応エリア
コミュファ光 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県
eo光 大阪府・京都府・奈良県・和歌山県・
滋賀県・兵庫県・石川県
メガエッグ 山口県・島根県・鳥取県・広島県・岡山県
ピカラ光 徳島県・香川県・愛媛県・高知県
BBIQ 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・
大分県・宮崎県・鹿児島県

※各光回線を申し込む場合は必ず特典比較ページの確認推奨

おすすめな理由

  • 西日本エリアの電力会社グループが作った光回線で地元に強い
  • 独自回線・設備を使ってるから速度が速く安定してる
  • auスマホとのセット割がある
  • 高額キャッシュバック工事費実質無料・違約金補填特典一部がある

 

TERU
電力会社系光回線はどちらかというとauひかりに近いイメージの光回線です。各都道府県の一部エリアで使えます。

各社が直接電柱に専用の光回線を引いてるから、快適に使えます。

地元特化光回線ということもあって、コスパが良く、品質・還元が良いです。

全ての業者がKDDIと提携してるので、auスマホとのセット割が適用されます。

各社代理店制度を引いてて、優良代理店窓口で契約すれば、高額キャッシュバックがありますし、公式キャンペーンも充実してます。

auひかりが使えなかった西日本エリアの在住の人は、電力会社系光回線を選択する人が多いです。各社対応エリアではトップクラスに人気の光回線です。

 

モバイル回線でおすすめなWiFi

モバイル回線

大前提

  • モバイルWiFiを新たに契約して在宅ワーク用のネット回線にするのは微妙
  • すでにモバイルWiFiを持ってて使うなら全然有り
  • 固定回線ではなく、どうしてもモバイルWiFiしか選択肢がない人は↓にピックアップしたモバイルWiFiの契約が良く、自分なら選ぶ

候補になるモバイルWiFi

※↓のモバイル回線をクリックするとキャッシュバック比較記事解説記事へ飛べます。

モバイルWiFi 通信品質・速度 月額料金 初期費用 契約縛り 月間容量
Doracoon

端末買取

月間310GB
MONSTER MOBILE

端末レンタル
有・無選択可能
月間155GB
home 5G
実質無料

※無制限だが制限すると記述アリ
WiMAX
※5Gホームルーター
~○ △~○
実質無料アリ
○~◎
月間無制限
※3日で15GB制限有
WiMAX ~○ △~○

端末買取
○~◎
月間無制限
※3日で10GB制限有
Softbank Air ~○
買取・レンタル選択可

月間無制限
楽天モバイル
キャンペーン期間中は0円

月間無制限

 

TERU
現状モバイルWiFiは類似プランがたくさん有りすぎて、全部細かく比較しても意味がありません。

なのでここでは、代表的なモバイル回線と、通信品質と月間通信容量・コスパで考えてピックアップしました。

結論、どうしてもモバイル回線で契約するなら、現状はDoracoon・MOSTER MOBILEあたりが無難に選択するかと思います。

契約縛りがないので自由に解約もしやすいですからね。コスパ&契約縛りなしだけで考えるなら1番良いのはハッピーWi-Fiです。安くて大容量だからです。

反対にプライベートでも使うから大容量が良いって人は、事業用クラウドWiFiのDoracoonは高品質なのに大容量だからおすすめ。

ただし、Doracoonは端末買取が必須なので、初期費用が高額になる点は少しだけネックです。

なみに、楽天モバイルは月間無制限だけど、プラチナバンドに対応してないため電波が弱くて、メイン回線にはおすすめできません。スペックは素晴らしいのですが。

 

ちなみに、Softbank Airのようなホームルーターを検討してるなら、↓に各社大手キャリア(docomo・au・Softbank)が出してるものを比較してるので、参考にしてみてください。

 

 

まとめ

  • 在宅ワークに必要なネット環境はそこまで高度なものは必要なく極論モバイル回線でも可能
  • ただし、現実的に「会社の経費になる」・「セキュリティ面」・「自宅で仕事する」(自宅以外で業務が許されてる場合は除く)なら固定回線を選択した方がいい
  • 固定回線を選択するなら光回線1択。その中で自分に1番マッチするのを選ぶと良い。
    例、通信速度ならNURO光・バランス型ならauひかり・早くネットを用意するなら光コラボなど。
  • これから新規契約するなら、モバイル回線はおすすめしないがどうしてもモバイルWiFiを選択するなら契約縛りないものがおすすめ

 

在宅ワークでは高度なネット環境は必要ないので割とすぐ構築できますが、基本は光回線を用意するのが望ましいです。

ただし、1番早く開通できる光コラボでも申込みからネット開通までに最短2週間前後はかかるので、急ぎで在宅ワーク・テレワークになる人は手配推奨です。

 

TERU
ちなみに急ぎだからと言っても、会社から月額料金分が経費で下りる場合契約特典のキャッシュバックは自分に貰えるから、必ずキャンペーンサイトは活用しましょう。

 

※この記事が役に立ったら、下部からSNSシェアしてみてください。

 

TERUの公式LINEアカウント開設のお知らせ

 

TERU
ネット回線の最新情報キャッシュバック情報をいち早く発信します。LINEなので個別でネット回線の選び方相談も可能です。登録しておくと良いことあるよ!

※私側からは公式LINEアカウントへ友達登録した人のアカウント・情報・名前は一切見えないので、お気軽に登録してみてください。

(※質問など個別やりとりをした場合にのみ、LINEのアカウントがこちらにわかります。)

 




-通信・インターネット

Copyright© Hi-TERUオフィシャルサイト(ハイテル) , 2021 AllRights Reserved.